湯河原温泉「ほたるの宴」と「さつきの郷」は断然おすすめの絶景スポット!

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

湯河原温泉「ほたるの宴」と「さつきの郷」は断然おすすめの絶景スポット!

湯河原温泉「ほたるの宴」と「さつきの郷」は断然おすすめの絶景スポット!

更新日:2018/06/03 17:44

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

湯河原温泉「ほたるの宴」(神奈川県湯河原町)は、関東地方のホタル観賞スポットの中でも、コインパーキング完備で車で気軽に行けるのが最大の特徴。会場の万葉公園花木園で、存分に蛍の乱舞を楽しめます。花菖蒲展も同時開催され屋台も出て、お祭り気分も満点です!
星ケ山公園「さつきの郷」も同時に見頃を迎え、真鶴半島を一望する絶景が楽しめます。湯河原温泉「ほたるの宴」と「さつきの郷」を紹介!

湯河原温泉「ほたるの宴」は車で気軽に行けるホタル観賞スポット

湯河原温泉「ほたるの宴」は車で気軽に行けるホタル観賞スポット

写真:藤田 聡

地図を見る

湯河原温泉「ほたるの宴」が開催される万葉公園には無料駐車場はありませんが、一時間100円の町営コインパーキングが複数あり、車でも気軽に立ち寄れます。なお公園自体の入園は無料です。

ホタル観賞スポットは「花木園」と呼ばれる場所ですが、人の流れに従って歩いて行けば、迷う事無く到着出来ます。強い光を嫌うホタルに配慮して、グリーンの薄暗い照明が施されている場所が鑑賞スポットです。

横に細長いエリアで手前に人が集中しますが、奥の方にもホタルが居るので、一度全域を確認して気に入った場所で観察します。写真の消灯している街灯辺りが、おすすめポイントです。

照明の影響で写真がどうしても緑色になりますが、ホタルの撮影にも向いています。撮影にはマニュアル撮影が可能なデジカメと三脚が必要で、余分な光が出る場所を塞ぐ事前準備も必要です。詳細は熱海温泉「ほたる観賞の夕べ」の記事で解説しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「関連MEMO」内にリンクあり)

湯河原温泉でホタル鑑賞した後は、同時開催の花菖蒲展も楽しもう!

湯河原温泉でホタル鑑賞した後は、同時開催の花菖蒲展も楽しもう!

写真:藤田 聡

地図を見る

ホタルの発生状況は公式発表が無い場合が多いのですが、湯河原温泉では観光協会のサイトで「ほたる発生状況」を毎日発表しており、非常に参考になります。(記事最後の「関連MEMO」内にリンクあり)

ホタルは蒸し暑い日に多く飛ぶので、発生状況と週間天気で暑い日を確認して行けば、素晴らしいホタルの乱舞を鑑賞出来ます。

ホタル鑑賞の後は、同時開催の花菖蒲展も楽しみましょう。万葉公園入口の観光会館一階で行われており、夜も照明で照らされ一層美しいのです。こちらも入場無料で、気軽に楽しめます。

湯河原温泉のホタルの前は「さつきの郷」がおすすめ!

湯河原温泉のホタルの前は「さつきの郷」がおすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

湯河原温泉のホタルと同時に見頃を迎えるのが、星ケ山公園「さつきの郷」です。場所が非常に分かり難い山の上なので、写真をクリックして撮影場所の地図を良く確認して行って下さい。カーナビに出ない時は、ごみ焼却施設の「湯河原美化センター」を目指して行き、その手前を左折したすぐ上です。

「さつき」は「つつじ」の一種で、咲く時期が異なる以外にも違いがあります。花の時期に葉も出ており、つつじと異なり一斉には咲きません。よって、ややまだら模様ですが、それが「さつき」の特徴だと理解して楽しみましょう。

真鶴半島を一望する風光明媚な絶景が楽しめるので、天候が良い日に行くのがおすすめ。前述の通り、ホタルの乱舞にも天候が大事なので、ホタルに絶好の日に行けば、ここでも絶景が見られます!

入場無料で、無料駐車場も上部に完備、湯河原駅から臨時バスも運行されます。開花状況や臨時バスの時刻は、観光協会のサイトに掲載されます。(記事最後の「関連MEMO」内にリンクあり)

湯河原温泉「ほたるの宴」基本情報

開催期間:2018年6月1日(金)〜13日(水)
開催時間:19:30〜21:00
入園料金:無料
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566
万葉公園内花木園
電話番号:0465-64-1234(湯河原温泉観光協会)
アクセス:JR東海道本線湯河原駅から奥湯河原方面行きバス12分、落合橋下車すぐ

※2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -