イスラム文化漂う古都コルドバ!美しき見どころを散策しよう

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

イスラム文化漂う古都コルドバ!美しき見どころを散策しよう

イスラム文化漂う古都コルドバ!美しき見どころを散策しよう

更新日:2015/07/16 14:38

かわい ゆうこのプロフィール写真 かわい ゆうこ トラベルライター、エッセイスト

スペインで最も美しい街の一つと言われるコルドバ。春はパティオを飾る花コンテストで有名ですが、それ以外の季節もイスラム文化漂う壮麗なメスキータや、白亜の建物が建ち並ぶ迷宮のようなユダヤ人街が人々を魅了します。コルドバは、アンダルシア地方を訪れたら是非立ち寄りたい街の一つ。今回は、時間のない方でも効率よく観光できる見どころをご紹介いたします。

グアダルキビル川からの絶景を望むローマ橋

グアダルキビル川からの絶景を望むローマ橋

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

イスラム文化の影響が色濃く残るコルドバですが、街の歴史は大変古く、古代ローマ時代に遡ります。当時は、ローマ帝国の属州スパーニア・バエティカの首都として栄えていました。

街には、古代ローマ時代の遺跡が点在していますが、グアダキビル川にかかるローマ橋は、古代ローマ時代から西ゴート王国、イスラム教、キリスト教時代へと至るまで、交易や防衛にずっと重要な役割を果たしてきました。

対岸には橋と街を防衛するために建設されたカラオーラの塔があり、今は博物館としてコルドバの歴史を知ることができます。ローマ橋からコルドバの街を見ると、堂々としたメスキータの建物を中心にしたとても美しい街の風景を眺められます。

美しき円柱の森メスキータは幻想の世界

美しき円柱の森メスキータは幻想の世界

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

756年、ダマスカスがらイベリア半島に逃れてきたイスラム教徒のアブドゥル・ラフマーン1世により後ウマイヤ朝が創設され、コルドバはその首都となりました。やがてトレドと並ぶ西方イスラム文化の中心地として発展し、多くの学者を輩出。10世紀には100万人以上とも言われる世界最大の人口を持つ都市となり、レコンキスタ(国土回復運動)により1236年にカスティーリャ王国のフェルナンド3世に征服されるまでイスラム都市として繁栄しました。

コルドバの象徴であるメスキータは、784年にアブドゥル・ラフマーン1世によりモスクとして建設が始められ、10世紀まで拡張が続きます。その見どころは赤レンガと大理石を交互に組み合わせたアーチが美しい「円柱の森」。足を踏み入れると、時代を超えた幻想世界に迷い込んだよう。レコンキスタ完了後、メスキータはキリスト教の聖堂として一部改築されますが、優美なイスラム建築と壮麗なキリスト教の芸術が混在し、両方の文化の魅力を堪能できるでしょう。

コルドバの街並みを一望できるアルカサル

コルドバの街並みを一望できるアルカサル

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

アルカサルは、レコンキスタでコルドバを奪還したアルフォンソ11世により14世紀に建設されました。その外観はイスラム文化の影響を残しつつも、異端審問の場として、また、イスラム勢力最後の砦となったナスル朝の首都グラナダ攻略の拠点となった中世の城です。

コロンブスが新大陸を発見する機会となった航海の資金援助を得るため、イサベル1世とフェルナンド2世のカトリック両王に謁見したのもこの城でした。

城の内部は宮殿のような絢爛豪華な派手さはありませんが、それが却って「戦いのための城」であったことを象徴しているかのようです。しかし、城内には大変美しいアラブ式の庭園があるほか、城の上からは壮麗なメスキータの建物や整然とした白亜のコルドバの街並みが一望できます。

白壁の街並みと可愛らしいポトロ広場

白壁の街並みと可愛らしいポトロ広場

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

迷路のような白亜の街並みが広がるコルドバのユダヤ人街。イスラム教の時代に、帝国の経済を支えるためイスラム教の歴代カリフに厚遇されきたユダヤ人が、レコンキスタ終了で追放さてるまで暮らしていたところです。

その一角に可愛らしいポトロ広場(Plaza del Potro)があります。ポトロ(potro)とはスペイン語で仔馬を意味し、コルドバ市の紋章でもあります。15世紀に仔馬の像がそこに置かれたことから、ポトロ広場と名付けられました。

そのポトロ広場の西側には、スペインを代表する有名な小説家セルバンテスが滞在した『旅篭屋ポトロ』があり、彼の代表作『ドン・キホーテ』の中でも登場します。また広場の東側には、フリオ・ロメオ・トレース美術館と県立美術館があるので、興味のある方は立ち寄っても良いでしょう。

コルドバに残る古代ローマの遺跡

コルドバに残る古代ローマの遺跡

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

コルドバには、古代ローマの遺跡が至る所にありますが、市庁舎の横には紀元前1世紀頃に建てられた円柱が残されています。コリント式で大きな神殿の円柱だったと思われますが、その姿は周囲が近代的な街中にあって圧巻。

様々な古き良き時代と、その高度な芸術性が複合して成り立っているコルドバの街の魅力を十分楽しめる場所の一つでしょう。

コルドバは美しくエキゾチックな街!

コルドバは然程大きな街ではありませんが、その見どころは歩ける範囲内に凝縮されていて、観光しやすいことにあります。

また、他のアンダルシア地方の街々と同じく、様々な時代と、異なった文化が見事に融合し合い形成された街並みは、エキゾチックな魅力を放っています。散歩気分で歩くだけで、異次元空間にタイムスリップし続けるような感覚を是非体感してみて下さい!

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/08/02−2015/06/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ