インド山奥でヨガ体験!ヨガ発祥の地リシケシュで心と体をリフレッシュ

| インド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

インド山奥でヨガ体験!ヨガ発祥の地リシケシュで心と体をリフレッシュ

インド山奥でヨガ体験!ヨガ発祥の地リシケシュで心と体をリフレッシュ

更新日:2015/04/26 18:53

藤岡 真悟のプロフィール写真 藤岡 真悟

インドの北西部に位置するヨガ発祥の地「リシケシュ」。この小さな町全体に多くのヨガ道場(アシュラム)が存在し、毎日たくさんの人が修行しています。近年の健康ブームの影響もあって、日本でヨガを体験したことがある方も多いのではないでしょうか。なんとこの聖地リシケシュでは観光客でも気軽にヨガ体験ができるのです。今回はそんなリシケシュでヨガと向き合う旅を紹介します。

ヨガの聖地リシケシュとは

ヨガの聖地リシケシュとは

写真:藤岡 真悟

地図を見る

リシケシュはニューデリーからバスで約7時間、ガンジス川の上流の山に囲まれた場所にあります。ニューデリーなどの都市のような喧噪はなく、空気もきれいで静かな時が流れています。町中にヨガの道場アシュラムがあり、ヨガの聖地として有名です。

世界中からヨガを求めて多くの人がここリシケシュにやってきます。かつてはあのビートルズもヨガの修行のため訪れたほどです。町に流れる落ちついた環境のもと、自分自身を見つめることができるのではないでしょうか。

初心者でも大丈夫!アシュラムでの生活とは?

初心者でも大丈夫!アシュラムでの生活とは?

写真:藤岡 真悟

地図を見る

ほとんどのアシュラムは外国人も受け入れており、ヨガと瞑想のクラスの参加は基本的に自由です。ヨガには、「自分のペースで継続し、頑張りすぎない」という考え方があるそうです。

宿泊には予約が必要な所とそうではない所があるので、事前に確認しておきましょう。また、他のアシュラムのクラスにも参加できるので、きっと自分にあった先生を見つけられると思います。

基本的に、どのアシュラムも早朝と夕方に瞑想とヨガのクラスがあります。アシュラムに宿泊すれば、ヘルシーな料理を3食作ってくれるところもあります。

ヨガの基本は呼吸から

ヨガの基本は呼吸から

写真:藤岡 真悟

地図を見る

どのクラスでもまずは基本的な呼吸法(プラーナヤーマ)から練習します。その後、徐々に簡単なヨガのポーズ(アーサナ)に入っていきます。ポーズは、個人の体の柔軟さ、体力に合わせて自分で調節できます。初心者でも先生がポーズをアジャストしてくれるので心配はいりません。

苦しいポーズをしながら呼吸を意識するのは難しいですが、先生のマネをしながらまずは呼吸を止めないということを意識してやってみてください。毎日クラスに参加していれば、自分の体がみるみる柔らかくなっていくのを実感できます。もちろんクラスの後は、心もリフレッシュできますよ。

お昼は自由時間 カフェでのんびり過ごそう

お昼は自由時間 カフェでのんびり過ごそう

写真:藤岡 真悟

地図を見る

多くのアシュラムでは、朝と夕方の瞑想やヨガの時間以外は基本的に自由時間です。カフェが集まっているラームジューラー橋とラクシュマンジューラー橋エリアを散策してお気に入りのカフェを見つけてみましょう。

リシケシュのレストランやカフェでは、アルコールと肉類は原則的に食べることはできません。しかし、バラエティに富んだ健康的なベジタリアン料理やスイーツがあるので、食には困らないと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか?
ヨガの修行と聞くと、とても厳しいものを想像すると思いますが、そんなことはありません。もちろんヨガのクラスはどれも質が高く、汗が吹き出しますが、強制ではありません。自分のペースで心と体をリフレッシュしてください。
ぜひ楽しんできてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/16−2014/08/31 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -