世界最先端のエコスクール、バリ島「グリーンスクール」でエコ体験!

| インドネシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界最先端のエコスクール、バリ島「グリーンスクール」でエコ体験!

世界最先端のエコスクール、バリ島「グリーンスクール」でエコ体験!

更新日:2015/05/25 14:47

かとう とものプロフィール写真 かとう とも スタンダップパドルインストラクター、子連れ旅ブロガー

バリ島のデンパサールから車で約20分、ウブドからは約15分のシバンカジョ村のジャングルの中にある、奇跡の学校と言われているグリーンスクール。世界中から子供達が集まるこのインターナショナルスクールは、校舎が竹でできていて、電力や飲み水や食べ物などを自給しています。取り上げるメディアも数多く、毎日見学者がたえません。

美しいバンブーの校舎や、子供達が受けているエコ教育を見学&体験してみましょう!

竹を使ったユニークで美しいキャンパス

竹を使ったユニークで美しいキャンパス

写真:かとう とも

地図を見る

グリーンスクールでは、成長がはやく環境に優しいという理由から、ほとんど全ての建造物に竹が使われています。校舎だけではなく、机や椅子、バスケットゴールや遊具、川に架けられた橋も竹で作られています。

そして、環境に優しいだけではなく、デザインもクオリティーもかなりハイレベル。流れる曲線のユニークで美しいデザインに世界中から注目が集まり、見学者が後をたちません。

そしてこの竹でできた教室は、壁も窓も扉もなく、かなり自由でオープンな雰囲気です。教室にある竹の机は、円形や扇形など、色々な形をしています。創始者のジョン・ハーディー氏は、固定概念にとらわれない、四角ではない形の机にこだわったのです。

机の並べ方もとてもユニーク。中心を向いて丸く並べたり、いくつかのグループごとに丸く並べて座ったり。黒板の方をまっすぐ向いて整列して机を並べて正しい姿勢で授業を受けるという日本のスタイルとは遠くかけ離れています!こんな教室で学んでいる子供達は、固定概念にとらわれることがなく、かなりクリエイティブになることでしょう。

排泄物は畑の肥料に!!!地球に優しいコンポストトイレ

排泄物は畑の肥料に!!!地球に優しいコンポストトイレ

写真:かとう とも

地図を見る

水洗トイレを使用すると、人は1日にどのくらい水を使用するのかご存知でしょうか?平均的なトイレで1回に6Lの水が必要とされるので、1日に5回トイレに行くと、30Lの水がただ糞尿を流すだけのために毎日使用されているのです。

グリーンスクールではコンポストトイレというものを取り入れています。コンポストトイレというのは、用をたした後におがくずなどを入れて微生物の力で自然に分解し、分解した排泄物を堆肥として畑にまき再利用していく、環境に配慮されたグリーンなトイレです。グリーンスクールではその畑でとれた野菜を学校のランチで食べるので、子供達は循環していくシステムを日常生活で自然に学ぶ事ができます。

グリーンスクールのコンポストトイレが通常のコンポストトイレと違いより優れている点は、大と小用に2つのトイレが分離されて設置されているところです。ヨーロッパでは糞尿を別々に集めるスタイルはわりと一般的なのですが、2つを分ける事により、悪臭はかなり軽減されます。

エコなのに、お洒落で快適なトイレに、衝撃を受ける事間違いなしです。見学に行かれた際は、是非1度実際に利用してみる事をお勧めします。

電力も自然エネルギーで自給!太陽光と水力発電

電力も自然エネルギーで自給!太陽光と水力発電

写真:かとう とも

地図を見る

食べ物も自給なら、エネルギーだって自給!グリーンスクールの環境に対する徹底ぶりは目をみはる物があります。校内で使われている電力の約8割は太陽光発電、2割は川の水を利用した水力発電によって賄われています。そして、ソーラーパネルや水車の設置などにも竹が利用されています。

教室にはそもそも照明がほとんどなく、外の光を上手く取り入れて照明がわりにしています。この学校に毎日通っている子供達は、自然と電気のありがたさを身につけていくのでしょうね。

子供達も大好き!名物の泥プール&川のプール

子供達も大好き!名物の泥プール&川のプール

写真:かとう とも

地図を見る

グリーンスクールの人気の授業の1つに、泥プールで行われる泥んこレスリングと川のプールで遊ぶ水遊びがあります。

泥プールで行う泥んこレスリングは、ただ子供達が泥プールに入って遊ぶだけではありません。なんと、バリで有名なプロの格闘家が授業に来て、自ら泥んこになって指導してくれるのです。派手に投げ飛ばされたり、投げ飛ばしたりで、子供達も大喜び!!!泥=汚いというイメージではなく、泥=楽しいという意識が自然と身に付いていきます。

そして、もう1つのプールは、川のプール。敷地内を流れるアユン川を利用して、水遊びも行われています。ライフジャケットを身につけて水に飛び込んだりして、こちらも大盛り上がり!プールでしか泳いだ事のない子供達は衝撃をうけるかもしれませんね。

素晴らしい自然環境を利用した楽しい授業に、子供も大人も感激!グリーンスクールの見学ではこの素晴らしい環境を説明付きで(英語)見て回る事ができ、グリーンキャンプでは、実際に体験する事ができます。

豪華なラインナップのオーガニックカフェ

豪華なラインナップのオーガニックカフェ

提供元:green school

http://www.greenschool.org/weekly-newsletter/jan-1…

グリーンスクールの施設内には、カフェが数軒あります。校内で生徒達が育てた野菜や果物を使った学校直営のお店や、有名なコーヒーショップ、ローフードカフェなど、どれもオーガニックで美味しいものがいっぱいで、さすがグリーンスクールです!

朝早くからOPENしているので、登校前の生徒や、送迎の親達、見学にきたビジターが利用したりと、1日中賑わっています。意外と早くCLOSEしてしまうので、学校見学に行く際には是非集合時間より早く行って、カフェでゆっくりしてみてください。美味しくて質の高い食べ物に、舌もお腹も身体も大満足する事でしょう。

グリーンスクール見学とグリーンキャンプ

グリーンスクール見学ツアーは、週末を含む毎日14:45〜に行われています。料金は大人Rp.12万(約1,100円 2015年5月現在)、子供Rp.6万(約550円)。5歳以下は無料です。ツアーにはガイドが付きますが、説明は英語でされます。(記事下MEMOのリンク「グリーンスクール見学ツアー」よりご確認ください)

グリーンキャンプは、子供だけで参加するキッズキャンプや、大人も一緒に参加するファミリーキャンプなど、日程や種類も色々です。HPをチェックして、自分にあったものを選びましょう。(記事下MEMOのリンク「グリーンキャンプ」よりご確認ください)

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/16−2015/01/18 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ