本物のMADE IN KOBE!神戸ワイナリーで「KOBEワイン」を味わおう

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

本物のMADE IN KOBE!神戸ワイナリーで「KOBEワイン」を味わおう

本物のMADE IN KOBE!神戸ワイナリーで「KOBEワイン」を味わおう

更新日:2016/06/02 11:09

万葉 りえのプロフィール写真 万葉 りえ アマチュア写真家

神戸のグルメというと、神戸ビーフに、スイーツ、灘の銘酒に、焼き立てパン・・など、いろいろなものが挙げられます。しかし・・神戸ワインを忘れてはいけません!原料のブドウも神戸産100%で、人気飲食店だけでなく、あの神戸の一流ホテルでもご提供。
そんなワインが作られている「神戸ワイナリー」へ行ってみましょう。ワインの製造過程を見学したり味わったりするだけでなく、美味しいものも待ってます。

ブドウ生産から醸造まで、すべて神戸産100パーセント

ブドウ生産から醸造まで、すべて神戸産100パーセント

写真:万葉 りえ

地図を見る

ワインというと、山梨県などを思いおこされる方が多いのではないでしょうか。かつて社会科で学びましたよね。扇状地の水はけが良い土地はブドウの栽培に適していると。神戸の丘陵地も瀬戸内海気候で雨が少なく、いろいろな果物が栽培されているのです。もちろんブドウも栽培されて、一からワインが作られています。

しかも神戸ワイナリーのワインは、神戸の有名ホテルやレストラン、有馬温泉の旅館などで提供されていて、大阪や京都、そして関東圏の飲食店でも取り扱っているというものなのです。

南欧風のワインのお城

南欧風のワインのお城

写真:万葉 りえ

地図を見る

神戸ワイナリーへは、神戸市の中心部・三宮から市営地下鉄とバスを利用して40分少々(バスの時間を確認しておくと、乗り継ぎがスムーズです)。レンガで作られた古城風ゲートを抜けると、南欧に来たかのようなワイナリーが見えてきます。

ここですぐに建物のほうに行ってしまいそうですが、ぜひ左側のブドウ畑のほうへ足を向けてください。
四季折々の花もあり、ブドウ畑では品種のあれこれを見るだけでなく、ブドウのオーナーの看板も掲げられています。「こんな会社が!」「あんな団体が…」。さて、どんなオーナーの看板があるのかは・・・現地で。

ワインが眠る地下倉庫

ワインが眠る地下倉庫

写真:万葉 りえ

地図を見る

ブドウは、この広い園内だけでなく近郊の農家でも栽培されており、ブドウの収穫期にはブドウを積んだトラックがワイナリーへと続々と並びます。

そんなブドウがワインへと醸造されていく過程は、建物の方で見てみましょう。説明を読みながらガラス越しに見学できるように整備されており、地下にあるワイン熟成館では、並んでいるワイン樽を近くで見ることもできます。
これであなたもちょっとワイン通になるかも。

おいしいだけでなく、神戸らしさも召し上がれ

おいしいだけでなく、神戸らしさも召し上がれ

写真:万葉 りえ

地図を見る

広い園内を見学しているうちにお腹がすいてきても、ご心配なく。
神戸ワイナリーでは、手ぶらでもバーベキューを楽しめるようになっています。しかも、なんと1000席!みんなでワイワイというときにはおすすめ。神戸牛もここだとかしこまらずに味わえます。

もう少し簡単にというのであれば、ワイナリーカフェへどうぞ。観光施設にある食事処では量や質の割に価格が高いと感じることがありますが、このワイナリーカフェではワインを使ったおいしいシチューやカレーが街中と変わらない価格で味わえるのです。
それだけでなく神戸北野にあるレストランのキッシュや、元町で人が並ぶほど人気がある精肉店のコロッケやミンチカツもここでは並ぶことなく食べられます。

もちろんバーベキューでもワイナリーカフェでも、神戸ワインを味わいながら食事ができます。

赤、白、ロゼだけじゃない、迷うほどの種類からお気に入りを探そう

赤、白、ロゼだけじゃない、迷うほどの種類からお気に入りを探そう

写真:万葉 りえ

そろそろ帰途につこうかという前には、園内に設けられたワインショップも忘れずに。

神戸市内にある店では神戸ワインが当たり前のように売られているけれど、ショップに足を踏み入れたら「神戸ワインってこんなに種類があるんだ」と、きっと驚かれるはずです。赤、白、ロゼ、スパークリングとそれぞれに何種類も出ているだけでなく、現在ではここで作られているブランデーも並びます。

あまり見ることがないハーフサイズのワインもあるし、指定の場所に送ることもできます。
どんなワインがいいのか迷った時には、店員さんに価格や好みを相談して、ぜひ記念の1本を選んでください。きっと後日、栓を抜かれた時に、香りと共に旅の思い出も立ち上ってくることでしょう。

もちろん、菓子や海産物など港町神戸らしいお土産も取り扱っています。

入場料も駐車料金も、うれしい無料!

ここではオリジナルラベルのワインもできるので、記念品にする会社や商店からのオーダーも入ります。それだけでなく、結婚の記念にもお勧め。時をかけて熟成していくワインのように、月日を重ねていく願いも込められた思い出深い一品になることでしょう。

また、高速道路のインターチェンジからでもアクセスしやすい場所にあるので、建物外では広い園内でワンちゃんが散歩する姿も見られます。リードを外さないなどのマナーを守ってリフレッシュしてください。

神戸ワイナリー(農業公園 神戸ワイン城)は、駐車料、入場料ともに無料という、大変うれしい施設です。(車の場合はお酒を飲まない方が運転してきてくださいね)
観光ツアーにも組み込まれたりする人気の場所。自然も近い都市・神戸の魅力を楽しんできてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ