ツアーで行くイタリア!おすすめ周遊コースと格安旅行ができる時期をご紹介

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ツアーで行くイタリア!おすすめ周遊コースと格安旅行ができる時期をご紹介

ツアーで行くイタリア!おすすめ周遊コースと格安旅行ができる時期をご紹介

更新日:2018/01/09 18:53

Etsuko Ciaoのプロフィール写真 Etsuko Ciao 旅するイタリアライター、美味しいもの愛好家

世界遺産ナンバー1の観光大国イタリア。縦に長いイタリアを周遊ツアーで巡るにはいくつかポイントがあります。ここでは格安ツアーの時期とプラン、学生旅行や一人旅でも満喫の旅をご紹介!

美しい四季と、南北に散りばめられた世界遺産が魅力的なイタリア。さらに美食の国として郷土料理やワインが堪能でき、ショッピングや芸術も楽しめるマルチな国。そんなイタリアを多彩なツアーで堪能してみてはいかがでしょうか?
海外航空券の最安値をチェック!

格安で行きたいパックツアー、その時期とプランは?

格安で行きたいパックツアー、その時期とプランは?

写真:Etsuko Ciao

・パックツアーのメリット
やはり往復航空券+ホテル+朝食代がセットであること。他にホテルランクが選べ、延泊、空港からホテル迄の送迎をオプションで追加すれば自分好みの旅へグッと近づきます。空港から自身で移動ならば最小限の交通費で済みます。出発時期によっては、自分で航空券とホテルを手配するよりかなり安くイタリア旅行ができるので、上手に使いたいところです。

・格安ツアーの時期とおすすめプラン
傾向として、クリスマス前の12月上旬と正月明けの1月から3月にかけて。3都市周遊プランより、ローマ等の1都市滞在型プランがお安め。1都市滞在とはいえ、オプションで近郊の名所巡りをしたり、自身で電車移動して近くの町を散策すると、オリジナルな旅を楽しめます。

・添乗員無しツアー
1月から3月オンライン限定の1都市滞在フリープランが最も安く、航空券+ホテル代込みで価格は6万円前後から。メリットは、添乗員有りプランより安く、滞在中自由に過ごせること。デメリットは、空港からのホテルへの移動と、緊急時は自分自身で対応しなければならないこと。

・添乗員有りツアー
1月から3月にかけて価格は10万前後から20万前後まであり。メリットは、到着から帰国時までの行程は、 全て添乗員付きで移動できるということ。デメリットは、 スケジュー ルがほぼ決まっているので自由時間は少ないこと。

・学生旅行
1月から3月にかけて添乗員無しプランで、最安値は6万円を切る1都市滞在プランあり。卒業旅行に数人で行くのにぴったり。

注意:いずれのツアーも、1人参加の場合は1人部屋使用となり別途追加料金がかかります。価格は2017年12月調査時のものを参考にしています。

観光旅行か、セール狙いか、目的別でベストシーズンに違いあり

観光旅行か、セール狙いか、目的別でベストシーズンに違いあり

写真:Etsuko Ciao

イタリア旅行のベストシーズンは、目的によりその時期が変わります。観光メインで行くのか、それともセールを狙ったショッピングで行くのか。

・観光におすすめなシーズン
4月下旬から6月、9月と10月が観光にベスト。理由は花や緑の自然が美しく、外を散策するのに暑すぎず動きやすい気温です。

・観光に不向きなのは?
8月は、北イタリアでも35℃〜40℃前後、南イタリアでは40℃以上。日中、観光地を歩いて散策すると疲労しやすいです。ホテルによっては冷房が完備されていない場合もあります。11月〜2月は花の咲いている時期ではないので、風景を眺めると少し寂しいかもしれません。

・セールを狙ったおすすめシーズン
冬は1月上旬から2月下旬、 お店により3月上旬までセールがあり、夏は7月上旬から8月末、 州により9月中旬までセールを開催しています。場所は、ローマ、ミラノ、フィレンツェ等の都市部がおすすめ。

効率よく名所を巡るには?一人旅でも満喫のイタリア周遊

効率よく名所を巡るには?一人旅でも満喫のイタリア周遊

写真:Etsuko Ciao

・効率よく巡るためエリアを選択
まずは「北」と「南」どちらを周遊するのかを選択。理由として縦に長いイタリア、移動時間が非常にかかります!「北」から「南」へ移動だけで片道5〜7時間費やし、名所観光もショッピングも満足できない「行っただけ」の旅になりかねません。旅行期間が限られているほど、効率良く巡るためにエリアを選択して満足な旅にしましょう。

・一人旅も楽しめる?
結論から言うと十分に楽しめます。格安時期のパックツアーを利用して自由気ままに博物館や朝市巡り、バールでカプチーノを飲みながら朝食するのもおすすめです。バールは軽食やコーヒー、お酒まで飲めるお店で朝から晩まで営業しており、イタリア人には欠かせない社交の場です。バールで、イタリア人との会話を楽しんでみるのはいかが?
裏ワザ的な楽しみ方としては、Airbnb等でホームステイのようにイタリアの家族と過ごすのも一人旅の醍醐味。現地に住んでいるような旅を経験することも可能です。

初めてのイタリア旅、あなたが選ぶ観光エリアは?

初めてのイタリア旅、あなたが選ぶ観光エリアは?

写真:Etsuko Ciao

イタリア全国、魅力的な名所だらけですが8日間程の日程ならば、やはり北か南にエリアを絞った観光がおすすめ。初めてのイタリア旅、代表的な周遊を北と南で各2パターンご紹介。さらに各地で郷土料理とワインも堪能できます。地域で異なる名物料理をぜひ味わって下さい。

・北イタリア
モデルプラン1、永遠の都ローマ→花の都フィレンツェ→ 斜塔の町ピサ
モデルプラン2、ミラノ→食の宝庫ボローニャ( 又はロミオとジュリエットの街、ヴェローナ)→ヴェネツィア

・南イタリア
モデルプラン1、ピザ発祥 のナポリ→古代都市ポンペイ→青の洞窟→アマルフィ
モデルプラン2、プーリア州を巡り、 三角屋根の家々が並ぶ人気のアルベロベッロ→世界遺産のマテーラ

持参した方がよいもの

持参した方がよいもの

写真:Etsuko Ciao

・Wi-Fi
駅やホテルにWi-Fiはありますが、電波は弱く、SNS投稿やメッセンジャーを送れないことも多いです。Wi-Fiは日本からレンタルし、携帯することをおすすめします。レンタルWi-Fiルーターは会社やプランにより、1日に使用できるデータ量や料金、接続台数が異なります。イタリアの料金は他のヨーロッパの国々と同じ料金であることが多いので、各社を比較されて日程に適したプランを使用されることをおすすめします。

・充電器と変圧プラグ
携帯用充電器は2つ持参されることをおすすめします。スムーズに充電ができないことがまれにあり、持参したもう1つの充電器で、充電ができることがあります。変圧プラグはイタリアはCタイプになります。念のため2〜3個持参するとよいでしょう。

・ビニール袋
意外かもしれませんが、買い物用のビニール袋は何枚か持参しておくと重宝します。イタリアのスーパーは、買い物用ビニール袋は有料。しかし日本のビニール袋よりも裂けやすいのです。

・薬類
イタリアは日曜日に薬局がお休み。薬類は持参した方が安心です。特に「解熱剤」は急な発熱時のために。その他、胃腸薬や靴ズレ用にばんそうこう。夏ならかゆみ止め、虫よけスプレーがあると便利です。

おわりに

一年中を通して観光可能なイタリアですが、いつ旅行をするかその選択は様々。初めてのイタリアで観光で行くのか、セールを狙ったショッピングで行くのか?それとも、とにかく格安の値段重視の旅なのか?ご自身の目的によって旅の出発時期、エリアは異なってきます。

ですが、効率よく8〜10日程でしっかりイタリアを感じたいなら、やはり「北」か「南」かどちらかに決めて旅をするのがおすすめ。南北縦断では移動時間に時間を費やし、肝心の観光する時間がわずかとなってしまうからです。

旅の目的をしっかり決めて、イタリアを存分に楽しまれて下さいね。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ