台湾のフラッグキャリア「チャイナ エアライン」でビジネスクラスデビューはいかが?

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾のフラッグキャリア「チャイナ エアライン」でビジネスクラスデビューはいかが?

台湾のフラッグキャリア「チャイナ エアライン」でビジネスクラスデビューはいかが?

更新日:2018/01/11 18:17

Koji Kitajimaのプロフィール写真 Koji Kitajima 航空ライター、航空ブロガー、航空ジャーナリスト協会会員

チャイナ エアラインは日本に就航して50年!隣国のエアラインとしてすっかりお馴染みです。成田空港開港時に羽田空港にとどまった唯一の国際線を運航していた会社として記憶に残ります。成田から台北桃園空港線はもちろん、羽田から台北松山空港線も好評です。短距離区間だから運賃も手ごろなビジネスクラスの旅もおすすめ。アジアで2番目に受領した最新鋭機エアバスA350路線も増えてきました。

日本と台湾間の最大便数を誇るチャイナ エアライン

日本と台湾間の最大便数を誇るチャイナ エアライン

写真:Koji Kitajima

LCCなど最近は台湾へ就航する会社も増えましたが、チャイナ エアラインは台湾の顔と言える航空会社です。日本の15の空港から台湾の各都市へ週に約300便が就航。成田・羽田・関西・セントレア・福岡からはワイドボディー機エアバスA330が使われ短距離でもゆったりとした余裕の旅ができます。新千歳と沖縄線は日本路線では希少になってきたジャンボジェットが活躍中です。その他、日本の8つの空港からはボーイング737が就航します。熊本空港発は高雄行きのみの運航です。

短距離だからこそビジネスクラスデビューを

日本と台湾間では、距離が短いのでビジネスクラスの料金も往復で10万円を切る時期があります。3〜4時間程度ですので、ビジネスクラスのデビューをするにはハードルの低い利用しやすい路線です。主要機材のエアバスA330では、最前方に2-2-2配置で5列ないし6列のシートがゆったりと並びます。フルフラットにはなりませんが、夜行便ではないので充分です。132cm以上になるシートピッチで快適に台湾へ。3つのメニューからメインで肉料理の洋食か和食のご膳料理などもラインナップ。デザートにアイスクリームも付いてきて寝ている暇はありません。

短距離だからこそビジネスクラスデビューを

写真:Koji Kitajima

エコノミークラスでも、楽しい旅を

座席配置は、ワイドボディー大型機で2-4-2、ナローボディー小型機では3-3と標準です。LCCが多く就航するようになり、隣国韓国と台湾へ向かうエアラインの機内食は簡素化しています。その中で、チャイナ エアラインはエコノミークラスでも従来のトレイにセットされたメイン、副菜におやつ、パンを提供するスタイルを継続しています。短距離でも温かい食事が出て来るとほっとします。

エコノミークラスでも、楽しい旅を

写真:Koji Kitajima

機内食だけじゃない、ドリンクと免税品販売も充実!

機内食にはエコノミークラスでも赤白ワインに加え「台湾ビール」と「サッポロビール」の2種類のビールが用意されています。200種類以上の商品構成のある機内販売「スカイブティック」のワゴンがまわります。オリジナルロゴ入りグッズなどは他では手に入らない商品です。台北から東京行きだとジェット気流の影響を受けて、3時間を切ることがありますので、客室乗務員は大忙し。確実に手に入れたければ、搭乗前にホームページからこの免税品販売を予約できるサービスも利用できます。

機内食だけじゃない、ドリンクと免税品販売も充実!

写真:Koji Kitajima

チャイナ エアラインのおすすめ旅プラン

台湾へ行くエアラインとして第一候補にあがります。台北便は成田と関西空港からはJALとのコードシェアの2便を入れて1日6便づつ。羽田空港からは松山空港へJALのコードシェア2便を入れて1日4便。台湾の旅行者に人気の沖縄が1日2便。新千歳は1日1便。その他、台湾の高雄、台南、台中にフライトがが設定されています。便数が多いということは万が一遅延や欠航があっても代替が効くので、便利に使えます。旅のプランとしては日本からの乗継ぎ先として欧米、アジアやオセアニアの主要都市が目的地として候補にあがると思います。ここでは、利用者が多い欧州線を例にご紹介します。台北桃園空港から深夜発の欧州行きであれば、羽田と熊本を除く日本各地からの便が当日夜もしくは日付けの変わった深夜に接続可能です。フランクフルト(毎日)、ウィーン(週3で2018年春から週5便)アムステルダム(週4便)がその都市。帰り便でも同日に接続し利便性が高いです。ロンドンとローマ向けは台北で翌朝接続です。地方からでも欧州は近いものです。長距離国際線にJALも導入する最新鋭のエアバスA350を就航させ、快適な空の旅ができる機材が揃いました。

マイレージのご紹介

スカイチームに属するチャイナ エアラインのマイレージは、「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」。ステータス順にダイナスティー、ゴールド、エメラルド、パラゴンと上がっていきます。ゴールド以上にはバースデイ加算マイルや、最上位のパラゴンでは常にフライトの20%のマイルが加算されるインセンティブマイル制度があります。JALとのコードシェア便でマイルは貯まりますが、相互利用は出来ないので注意が必要です。多くの日本人が持つデルタ航空のマイルと一緒に貯めていくという計画もありでしょう。

LCCとの差別化が明確な古き良きエアライン

LCCのタイガーエア台湾を傘下に持つチャイナ エアライン。エコノミークラスでLCC寄りのサービス簡素化に走るエアラインがある中で、きっちりと差別化できています。台湾へ行くのに便利なチャイナ エアラインは、機内サービスが充実した航空会社です。そして、短距離だからこそ気軽に体験できるビジネスクラスのデビューは、チャイナ エアラインからではいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ