北海道発着ツアーの活用法〜本場のグルメ・絶景と温泉を堪能する〜

| 旅の専門家がお届けする観光情報

北海道発着ツアーの活用法〜本場のグルメ・絶景と温泉を堪能する〜

北海道発着ツアーの活用法〜本場のグルメ・絶景と温泉を堪能する〜

更新日:2018/06/13 12:03

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

「北海道に行ったらドライブして回りたい!」いいですね!ですが実際に走ってみると想像よりずっと広いのが北海道。連日の運転、大変だと思います。
道外から観光旅行となると3泊4日くらいが普通でしょうか。そのうち1日2日くらいは、北海道発・北海道着のツアーに参加してみてはどうでしょう?
道内発着のツアーは基本的に北海道在住者の参加を想定。ホンモノのグルメや本場のイベントが待ってます。もちろん温泉も!

    舌の肥えた北海道の人も唸る美味の数々!

    舌の肥えた北海道の人も唸る美味の数々!

    提供元:『北海道釧路市の「鮭番屋」は、朝7時半から営業している海産物工場の炉端焼き食堂』

    https://www.travel.co.jp/guide/article/18754/

    北海道の食材は本当に、美味しいです。それもとれたてのグルメがお腹いっぱい食べられます。お取り寄せすると送料が高くなってしまったり、冷凍になったりしますが、地元の方が召し上がるものを同じようにいただける嬉しさったらありません!

    例を挙げますと
    ・増毛の甘えび
    ・白老の牛肉
    ・積丹の生うに丼
    ・夕張メロン、などなど。旬の時期にはこれら特産品のイベントも開かれます。

    日帰りツアーでお馴染みの詰め放題、北海道では「たらこ」だったりします!ちょっとコツがいるかもしれませんね?

    北海道の大自然やアクティビティを楽しむ

    北海道の大自然やアクティビティを楽しむ

    提供元:『ビッグウェーブで金運到来!?パワースポット支笏湖を遊び尽くせ!』 ろぼたん

    https://www.travel.co.jp/guide/article/10635/

    北海道の大自然を堪能するツアーも多く催行されます。「大自然」というからには「駅から車で数十分」という場所も多いため、ツアーで連れて行ってもらった方が疲れません。静内二十間道路の桜並木やひがしもこと芝桜公園、富良野のラベンダー、美瑛の青い池と、北海道の自然は季節によって様々な顔を見せてくれます。

    アクティビティ系ではノルディックウォーキングやスタンドアップパドルボード(SUP)、透明度を誇る支笏湖でレイクダイビングなど、北海道旅行で挑戦してみてはいかがでしょうか?海外旅行のオプショナルツアーを予約するような感覚で、どうぞ!

    道内で宿泊するツアーなら温泉が嬉しい

    道内で宿泊するツアーなら温泉が嬉しい

    写真:LINEトラベルjp 編集部

    北海道は温泉天国。あちらの新聞など読んでおりますと、毎日のように温泉ホテルの広告が大きく掲載されており羨ましい限り。どこか泊まりに行くのに温泉がついてないツアーのほうが少ないかもしれません!?

    観光や食事がついているツアーも多く魅力的です。温泉に泊まる北海道発着ツアーを探してみましょう!

    話は変わりますが、昨今、特に金曜日・土曜日や連休など、札幌のホテルはとてもとても混んでいます。そんなときに試してみる価値アリなのが、札幌に泊まる北海道発着ツアーです。ホテルの単独予約に真正面からぶつからずのアプローチです。

    ダイナミックパッケージで組み立てると便利

    ダイナミックパッケージで組み立てると便利

    写真:LINEトラベルjp 編集部

    美味しいモノが食べたくて、あの景色が見たくてと道内発着ツアーを選んでいると、北海道到着時の空港と、帰りに乗る空港が違うほうが便利なことがあります。広い北海道を移動して、また元の空港に戻ってくるのが大変なのですよね。

    道内ツアーで泊まるので、宿泊は1泊だけついていればいいという場合(1泊3日など)に、ダイナミックパッケージが威力を発揮します。

    ダイナミックパッケージとは、行きのフライト・帰りのフライト、宿泊先を選べるパック。例えばこんな感じです。
    羽田⇒旭川⇒(ここから1泊2日の現地ツアーなど)⇒新千歳⇒羽田

    函館といえば北海道新幹線、ツアーで片道乗りませんか?

    函館といえば北海道新幹線、ツアーで片道乗りませんか?

    写真:LINEトラベルjp 編集部

    「道内発着」とは少し離れますが、せっかくなら北海道新幹線に「ちょっと」乗る旅はいかがでしょう。北海道の新函館北斗から東北の新青森、あるいは盛岡まで乗車する片道ツアーです。

    下車後、観光した後はどう帰るかというと、例えば
    ・新青森:青森空港からJALやANAで東京/羽田、大阪/伊丹へ
    ・盛岡:いわて花巻空港から大阪/伊丹JAL、福岡JALなどで帰路に
    (ともに2018年3月現在の就航路線です)

    「行きは函館で飛行機降りたんだけど帰りは青森から?」ハイ。これも先述のダイナミックパッケージで自由に取りましょう。

    たとえばこんな旅程が考えられます。
    大阪/伊丹発⇒函館⇒(道内観光や宿泊など)⇒新函館北斗⇒(北海道新幹線)⇒盛岡⇒いわて花巻⇒大阪/伊丹着

    北海道内ツアーを旅程にうまく組み入れよう

    以前はパンフレットがあまり置いていないなど、道外では北海道発着のツアーが探しづらいことがありました。今やネットでの旅行検索が当たり前の時代。日本のどこにいても北海道発着ツアーの詳しい日程を確認することができます。

    もし現地の事でわからないことがあれば、申し込みの際に聞いてしまいましょう。特に冬場の服装など確認しておくといいですね。

    ちなみに桜が咲くのはたいていゴールデンウィーク。季節の歩みが違い、食べ物はとびきり美味しくて、でっかい北海道を回るのに、道内発着ツアーをうまく使ってみてくださいね。

    ※本記事は北海道内発着ツアーの概要を説明したものです。旅行会社・主催者によって価格帯や内容が異なる場合がありますのでご了承ください。料金・空席など詳細は申し込みの際にご確認ください。
    ※ツアーやイベントは年や場所により異なります。
    ※画像はイメージです。

    掲載内容は執筆時点のものです。

    - PR -

    旅行プランをさがそう!

    このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

    条件を指定して検索

    LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

    - PR -

    旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
    この記事に関するお問い合わせ