1週間のヨーロッパ旅行にかかる予算を徹底調査!節約方法やおすすめプランも

| 旅の専門家がお届けする観光情報

1週間のヨーロッパ旅行にかかる予算を徹底調査!節約方法やおすすめプランも

1週間のヨーロッパ旅行にかかる予算を徹底調査!節約方法やおすすめプランも

更新日:2018/10/12 12:28

カジヤマ シオリのプロフィール写真 カジヤマ シオリ ヨーロッパ女子ひとり旅専門家、アートライター

旅行のスケジュールを立てるとき、具体的な国は思い浮かばなくても「ヨーロッパ旅行がしたい」と考えている人は多いのではないでしょうか。

まだ国は決まっていなくても、費用の相場が分かっていれば、スケジュールも立てやすくなります。そこで、ヨーロッパを1週間かけて旅行すると、費用は一体どのくらいかかるのか?ツアー料金や滞在費用の相場を徹底調査しました。

    まずはヨーロッパ旅行の相場を知ろう!

    まずはヨーロッパ旅行の相場を知ろう!

    提供元:Pixabey

    https://pixabay.com/ja/%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%95…

    ヨーロッパ旅行に人気の都市は、フリープランのツアー数も豊富です。もちろん個人手配もできますが、お得で自分にあったツアーを、まずは「LINEトラベルjp」で検索してみましょう。

    個人手配で必要なのは、おもに航空券と宿泊場所です。ヨーロッパへは最短で5日間(2泊5日〜)のツアーもありますが、特定の国にじっくり滞在したり、複数の国を周遊したりするなら、1週間はほしいところ。ヨーロッパを1週間旅行したときの予算を把握するため、まずはこの2つの費用の相場を調べてみました。

    〈航空券代〉
    ヨーロッパの人気都市を1週間旅行する場合、ヨーロッパや中東諸国で乗り継ぐ便なら、大人1名当たり往復で70,000円台〜購入可能です(諸税含む)。直行便は成田・羽田・関西国際空港などから多くの人気都市へ就航していて便利ですが、同じスケジュールでも乗り継ぎ便よりお高め。100,000円台〜が相場です。

    〈宿泊代〉
    イタリアやフランス、スペインなどの人気都市でホテルを手配すると、
    ■スタンダードクラス:15,000〜25,000円
    ■スーペリアクラス:25,000〜35,000円
    ■デラックスクラス:35,000円〜

    ……ぐらいかかります。大きな駅や観光スポット近くのホテルにこだわると値段はアップ。

    一方フリープランのツアーなら、航空券やホテルをそれぞれ自分で手配する必要がないため、旅慣れていない人に安心です。航空券とホテルのみのプランは、最安で70,000円台〜手配することができます。

    ヨーロッパをめぐる旅では、添乗員同行のパッケージツアーが人気です。なぜなら「ヨーロッパ旅行はハードルが高い」と思っている人にも安心だから。出発〜帰国までのサポートを任せることができ、言葉の心配も不要です。入場観光でのチケット購入や現地ガイドが含まれているのも、うれしいポイント。個人手配やフリープランに比べて価格は高めに設定されていますが、セールを狙えば100,000円台〜で手配できることもあります。

    ヨーロッパの物価は?

    ヨーロッパの物価は?

    提供元:Unsplash

    https://unsplash.com/photos/5ouOIrUG0C0

    ヨーロッパの人気都市は、物価が高い傾向があります。レストランやアクティビティも観光客向けの高い値段が設定されていることが多いので、費用が気になるなら覚えておくと安心です。

    ちなみに、ヨーロッパの広域で流通している通貨はユーロで、1ユーロあたり約126円。イギリスではポンドが流通しており、1ポンドあたり約141円です。(2018年8月現在)

    これを踏まえ、人気都市の物価を把握する手がかりとなるコーヒー・ランチ・地下鉄の料金を紹介します。

    <コーヒー(1杯)>
    パリ:2.5ユーロ(約315円)〜
    ローマ:2.5ユーロ(約315円)〜
    ロンドン:3ポンド(約420円)〜

    <ランチ>
    パリ(メイン+デザートのセット):15ユーロ(約1900円)〜
    ローマ(パスタ):10ユーロ(約1260円)〜
    ロンドン(フィッシュアンドチップス):8ポンド(約1130円)〜

    <地下鉄(1回券)>
    パリ:1.9ユーロ(約240円)〜
    ローマ:1ユーロ(約126円)〜
    ロンドン:1.7ポンド(約240円)〜

    ここでミニ知識としてひとつ。国によってはスーパーなどで売られているミネラルウォーターよりも、その土地名産のお酒のほうが安い、ということも。お酒を楽しみたいなら、ぜひ値段をチェックしてみてください。

    ヨーロッパ現地での滞在費

    ヨーロッパ現地での滞在費

    提供元:Pixabey

    https://pixabay.com/ja/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%B3…

    人気都市の物価を踏まえ、ヨーロッパ現地での滞在費を見ていきましょう。

    現地で観光する場合は、交通費や食事代、観光スポットへの入場料やお土産代などが必要です。さらに、現地でのショッピングやアクティビティへの参加料が加わることも。

    ここで、一例としてドイツの人気観光都市・ミュンヘンの1日観光プラン・滞在費用の目安を紹介します。

    【プラン】
    街の中心部・マリエン広場からスタート。レジデンツを見学したのち、美の殿堂・ピナコテーク美術館で美術鑑賞。

    【食事代金】
    朝食:0円 ホテルの朝食バイキング
    昼食:12ユーロ(約1512円) ビアホールで、名物白ビールと白ソーセージ
    夕食:34ユーロ(約4284円) 郷土料理店で、豚すね肉のロースト(ハーフ)とマッシュポテト、赤キャベツの酢漬けとビール

    【観光費用】
    レジデンツ:13ユーロ(約1638円)
    ピナコテーク:12ユーロ(約1512円)

    このプランで観光した場合、1日で71ユーロかかります(約8946円)。

    いずれのスポットも徒歩で移動できるので、交通費はかかりません。なお、ミュンヘン郊外には、ロマンチック街道沿いに見どころが点在しています。郊外へ移動すると、バス代や現地ツアー代などの費用がかかることも念頭においておきましょう。

    1週間のヨーロッパ旅行にはいくらかかるのか

    先ほどのプランをもとに計算すると、ミュンヘンでの1週間滞在には497ユーロ(約62,622円)かかることがわかります。物価によって異なるものの、ヨーロッパの人気都市に滞在する場合の相場として把握しておくと安心です。

    この相場を踏まえたうえで、フリープランのパッケージツアーの場合、1週間のヨーロッパ旅行にかかる総費用は、少なくとも200,000円台と考えておくと安心です(お土産代含まず)。お得なセールや乗継便のプランを活用すれば、100,000円台でのヨーロッパ旅行もできます。

    オプショナルツアーや入場観光を増やすと、費用はさらに高くなります。予算や自分のこだわりも考えつつ、スケジュールを組みましょう。

    ヨーロッパで複数都市を周遊すると…?

    ヨーロッパで複数都市を周遊すると…?

    提供元:Pixabey

    https://pixabay.com/ja/%E3%82%B0%E3%82%A8%E3%83%AB…

    鉄道や長距離バス移動が便利な国なら、複数都市を周遊する旅も楽しめます。ここで、周遊プランが人気の都市をいくつかピックアップして、予算の相場を見ていきましょう。

    【プラン1】
    イタリアの人気都市(ローマ、ヴェネツィア、フィレンツェ)を1週間で巡る。ローマでは夜にオペラ鑑賞。
    【食事代金】
    ミュンヘンに滞在した場合と同程度と想定。
    1日あたり50ユーロ(約6300円)。
    【交通費】
    鉄道で移動する。
    フィレンツェ−ヴェネツィア:45ユーロ(約5670円)〜
    ローマ−フィレンツェ 34ユーロ(約4284円)〜
    【観光費用】
    オペラ鑑賞:50ユーロ
    1日に2〜3か所を入場観光すると考えて、1日あたり40ユーロ(約5040円)を見積もっておく。

    このプランでは、1週間のイタリア旅行に759ユーロ(約95634円)かかることがわかります。イタリアには、教会や大聖堂、有名な映画のロケ地など風光明媚なスポットが目白押し。入場観光をすると、ほとんどに入場料がかかります。そのぶん費用もかさむことを覚えておきましょう。

    【プラン2】
    スペインの人気都市、マドリードとバルセロナを巡る。バルセロナではサッカー・FCバルセロナの本拠地カンプ・ノウ・スタジアムを見学するツアーに参加。

    【食事代金】
    ミュンヘンに滞在した場合と同程度と想定。
    1日あたり50ユーロ(約6300円)。

    【交通費】
    鉄道で移動する。
    マドリード−バルセロナ:60ユーロ(約7560円)〜
    【観光費用】
    スタジアム見学ツアー:59ユーロ(約7434円)
    1日に2〜3か所を入場観光すると考えて、1日あたり30ユーロ(約3780円)を見積もっておく。

    このプランなら、1週間のスペイン旅行に679ユーロ(約85554円)かかることがわかります。

    もちろん、訪れる場所を少なくしたり、外観の見学をメインにしたりすれば、その分費用を抑えることも可能です。自分のこだわりと節約できる部分をはっきりさせておくと、予算を把握しやすくなります。

    ヨーロッパで安く旅行ができる国は?

    ヨーロッパで安く旅行ができる国は?

    写真:カジヤマ シオリ

    地図を見る

    ヨーロッパの物価については先述しましたが、すべての国がそうとは限りません。地域にもよりますが、中欧〜東欧、旧ソ連圏には日本よりも物価が安い国も。航空券の値段は他の地域と同等でも、現地での滞在費や宿泊費が節約できてしまうんです。特にユーロではなく、独自通貨が流通する国は、物価も安い傾向があります。

    ただし、これらの国はパッケージツアーの数が少ないという面も。個人手配に慣れていれば、物価の安さをポイントとして旅先を選ぶのもアリです。

    ヨーロッパをお得に楽しむには?

    費用を抑えてヨーロッパを旅するには、なるべく夏シーズンを避けるのが鉄則。夏になると、人気都市には世界各国から観光客が訪れます。特に海沿いの人気都市は、夏に予約が殺到するだけでなく、ホテル代や滞在費も割高に。カーニバルやクリスマスマーケットなど、お祭りやイベントを開催する時期も同様です。

    逆に、冬は安い航空券やパッケージツアーが目白押しで、費用を抑えたいときにおすすめです。旅行のしやすさ重視ならベストシーズンを狙うべきですが、どのシーズンにも地域それぞれの楽しみ方があります。

    宿泊費を抑えるなら、エアビー(Airbnb)などで民泊に挑戦してみるのもひとつの方法。現地のアパートやヴィラ、一軒家に、ホテルよりお得に泊まることができます。人気都市はもちろん、ヨーロッパの広範囲の民泊物件が見つかるので、周遊旅行にも便利です。

    おわりに

    旅慣れていない人や、ヨーロッパを訪れたことがない人には、個人手配よりもパッケージツアーを選ぶのがおすすめです。航空券・ホテルを自力で手配する必要がなく、オプショナルツアーや空港―ホテル間の送迎など、アレンジ次第でぐっとヨーロッパを旅行しやすくなります。

    ヨーロッパは、国によって街並みががらっと変わり、旅をするのが面白いエリアです。LINEトラベルjpでは、ヨーロッパ行きの航空券やパッケージツアー、ホテルなどを幅広く検索・比較することができます。気になる国・都市が複数あれば、エリアごとに検索することも可能です。

    自分のわくわくする旅先を見つけて、ぜひ活用してみてください。

    ※2018年8月現在の情報です。それぞれのプランによって旅行条件、価格などは異なります。また、滞在費用などは一例となりますので、あくまでも目安としてご覧ください。

    掲載内容は執筆時点のものです。

    - PR -

    旅行プランをさがそう!

    このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

    条件を指定して検索

    LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

    - PR -

    旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
    この記事に関するお問い合わせ

    - PR -