旅行会社社員が教える!マレーシアツアーの選び方と知っ得情報

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

旅行会社社員が教える!マレーシアツアーの選び方と知っ得情報

旅行会社社員が教える!マレーシアツアーの選び方と知っ得情報

更新日:2018/10/04 10:51

インディカ マイのプロフィール写真 インディカ マイ 3泊4日トラベラー

マレー半島とボルネオ島にまたがるマレーシアは、クアラルンプールの大都市と各島々に広がる自然の魅力で溢れています。熱帯雨林に生息するオランウータンや世界最大の花といわれるラフレシア。美しい島にはラグジュアリーリゾートからエコロッジまで、様々なタイプのホテルが用意されています。マレーシアのどこへ行けばいいか迷ってしまう。そんな方へマレーシアツアーの選び方をご紹介いたします。

マレーシア旅行はツアー参加が断然お得

マレーシア旅行はツアー参加が断然お得

提供元:shutterstock

https://www.shutterstock.com地図を見る

マレーシアと言ったら、大都市クアラルンプールが思い浮かびますよね。ボルネオ島やランカウイ島、ペナン島等もありますが、まずはマレーシアの玄関口となるクアラルンプールへの旅行をどのように手配したらお得か検証してみましょう。航空券とホテルがセットになったツアーと、航空券とホテルを別々に手配する方法を比較してみました。

・ツアーの検索結果
成田発着 マレーシア航空利用 午前便(直行便)
クアラルンプール4日間(3泊4日):39,700円〜
※2018年10月1日現在、LINEトラベルjp調べ

・航空券+ホテルの検索結果(ツアーと同条件)
航空券:67,640円
スタンダードクラスホテル 3泊:11,700円
※2018年10月1日現在、LINEトラベルjp調べ

ツアーの方が断然お得ですね!今回は格安ツアーで比較しましたが、観光付きでお得なツアーもあります。

・観光付きツアーの検索結果
羽田発着 デラックスクラスホテル宿泊 47,900円〜
クアラルンプール、マラッカ、プトラジャヤを訪問、観光&食事付き
※2018年10月1日現在、LINEトラベルjp調べ

観光もマレーシアの名物料理も付いて、ホテルはデラックスホテルに宿泊。日程が合えばこんなお得なツアーが出ていることも!

クアランプールにある超高層ビル「ペトロナス・ツイン・タワー」の近隣に位置するラグジュアリーホテル宿泊ツアーや、LCCであるエアアジアの格安ビジネスクラスを利用するツアーなど、アジアだからこそ可能なお買い得ツアーが多数発売されています。

観光地によって変わるベストシーズンを要チェック!

観光地によって変わるベストシーズンを要チェック!

提供元:shutterstock

https://www.shutterstock.com地図を見る

観光地が広域に渡るマレーシアは、エリアによってベストシーズンが分かれています。希望の時期にベストシーズンの観光地へ行くもよし、希望の観光地がベストシーズンの時期に行くもよし、事前に雨季・乾季をチェックして思いっきりマレーシアを楽しみましょう。

■クアラルンプール
3月〜9月が乾季、10月〜2月が雨季となりますが、雨季でも日本の梅雨のように一日中雨が降り続くことはなく、季節による気温の変化はあまりないため、通年楽しむことができます。雨季の時期は折り畳み傘や滑らないサンダルを履くなどの工夫をするとより安心ですね。

■マレー半島西部の島々(ランカウイ島・ペナン島・パンコール島など)
10月〜4月が乾季、5月〜9月が雨季、ベストシーズンは12月〜2月頃となります。ベストシーズンは海の透明度が高く、観光客が多いためレストランやお土産店は活気が出ますが、ホテルの値段は高くなります。そのため、ホテル代金の下がる雨季にあえて旅行する方も。

■ マレー半島東部の島々(レダン島、ティオマン島など)
4月〜9月が乾季、10月〜3月が雨季となります。11月〜3月にかけては北東モンスーンの影響を受け、激しい雨が降り続くこともあり、ホテルやレストラン、お土産店は一定期間クローズすることもあります。そのため、雨季の時期は注意が必要です。

■ ボルネオ島西部(サバ州 コタキナバル)
4月〜9月が乾季、10月〜3月が雨季となり、11月〜3月にかけてはモンスーンの影響を受け時折激しい雨が降ります。コタキナバルはビーチだけでなくキナバル山やジャングル等の熱帯雨林を楽しむこともできるため、日本の夏休みである乾季がお勧めです。

マレーシアツアーのおすすめ訪問都市はここ!

マレーシアツアーのおすすめ訪問都市はここ!

提供元:shutterstock

https://www.shutterstock.com地図を見る

気軽にマレーシアを楽しみたい方にはクアラルンプール1都市滞在もお勧めですが、海を楽しむならクアラルンプール+ランカウイ島、山を満喫するならクアラルンプール+ボルネオ島などの2都市周遊もお勧めです。時期と目的とお得なツアーを比較して訪問先を選びましょう!

■クアラルンプール
マレーシアの首都であり東南アジア有数の大都市。繁華街のブキッ・ビンタンや高層ビルが建ち並ぶKLCC、イギリス統治時代の面影が残るムルデカ・スクエア、チャイナタウンなど見どころ満載です。

■コタキナバル
東マレーシア最大の都市で、世界で3番目に大きな島であるボルネオ島観光の起点として多くの観光客が訪れます。中心部のメインストリートには朝から夜までマーケットが立ち並び、海の透明度が高いサピ島や世界遺産のキナバル自然公園、近郊にはオランウータン保護センターもあり大人気です。

■ペナン島
マレーシアでも老舗のリゾートアイランド。中心のジョージタウンには白亜のコロニアル風からインドや中国風の建造物が連なり、それら「歴史的都市群」は世界文化遺産に登録されています。ペナンは地元の人も外食が一般的であるため美食の街としても知られており、ホーカーセンターと呼ばれる屋台が集まる場所は観光地としても人気。

■ランカウイ島
数々の伝説が残る神秘的な島はリゾート地として人気急上昇。ランカウイからフェリーで1時間半の距離にタイ最後の楽園と呼ばれるリペ島があり、こちらの島を目的とした観光客も集まります。島全体が免税地区のため、ショッピングも十分に楽しめます。また島全土が地質遺産に指定されているため、豊かな大自然も満喫できちゃいます!

クアラルンプール近郊の観光地をご紹介

クアラルンプール近郊の観光地をご紹介

写真:インディカ マイ

クアラルンプールから日帰り可能な人気観光地は、世界遺産にも登録されているマラッカや石灰岩の洞窟の中にあるヒンドゥー教寺院、バトゥ洞窟などがあげられます。マラッカやバトゥ洞窟はクアラルンプールから車で約2時間ほどの距離にあり、気軽に訪れる事ができる定番観光地です。添乗員や現地ガイドの案内が付いたマラッカ観光付クアラルンプールツアーも多く企画されています。

1泊2日の日程が可能であれば、英国植民地時代の顕著な建築物が残る街並みと温泉の沸くホテルで有名なイポーや、シンガポールにも行けちゃいます。クアラルンプールからシンガポールは東京から名古屋ほどの距離であり、バスを使って4時間半ほどで行くことが出来るのです。

マレーシアならではのアクティビティをご紹介

マレーシアならではのアクティビティをご紹介

提供元:shutterstock

https://www.shutterstock.com地図を見る

自然豊かなマレーシアでは、自然を満喫できるアクティビティが目白押し!透明度の高い海でのシュノーケリングや、海中に広がるダイナミックな地形とマクロからミクロまで多種多様な海洋生物を楽しむことができるダイビング、料金が安く、サービスが高い事に定評のあるゴルフは定番のアクティビティです。

また、マレーシアならではのアクティビティもご紹介致します!高さ40メートルの樹上に架けられたスリル満点の吊橋を歩くキャノピーウォークはマレーシアのコタキナバルを訪れたら是非挑戦してみて下さい。全長約150メートルの吊橋はしっかりと作られているため落ちる心配はありませんが、なかなかスリリングです。眼下には深い緑に覆われた熱帯雨林のジャングルが広がり、珍しい動植物を観察することが出来ます。もうひとつ、日本人にはあまり知られていませんが、コタキナバルはスカイダイビングが安く出来る場所としても有名です。大都市とジャングルと透明度の高い海の絶景を空を飛びながら眺められるなんて想像しただけでも素敵ですよね。

定番観光であれば、ツアーに組み込まれているアクティビティもあります。ツアー参加者が多ければ多いほど、お得に賑やかに楽しむことが出来ちゃいます。4名などのグループで現地を訪れる場合は、現地で申し込みをしても安いでしょう。

比較サイトを利用してマレーシアツアーを検索してみよう!

大都会と大自然の両方を楽しめるマレーシア。首都クアラルンプールは、アジア特有のエネルギッシュな熱気や雑多な雰囲気に満ちた国際都市であり、ショッピングセンターで買い物を楽しんだり、リーズナブルな屋台グルメで地元の料理を楽しんだりと魅力ある街です。マレーシアの島々はラグジュアリーリゾートからエコロッジまで予算に合わせた滞在を楽しむことができ、大自然のジャングルや珊瑚礁に囲まれた海でのマリンスポーツ、ゴルフなど様々なアクティビティが満喫できます。

数ある旅行会社のツアーから希望にぴったりなツアーを探すのは一苦労ですよね。申し込んだ後に、こんなツアーもあったのかぁ、なんて経験が無きにしもあらず。旅行比較サイトを上手に使えば、マレーシア1都市滞在の格安ツアーから添乗員同行のお得なパックツアーまで、膨大なツアーを一発で検索できちゃいます。こちらの記事を参考に、旅行時期とマレーシアの行き先と過ごし方を検討し、検索を絞り込みながらツアーを探してみましょう。

2018年8月現在の情報です。ツアー情報、価格、訪問都市などは変更される場合がありますので、最新情報は公式サイトやリンク先をご確認下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -