元旅行会社スタッフが教える香港ツアーの選び方 〜ポイントを詳しく解説〜

| 香港

| 旅の専門家がお届けする観光情報

元旅行会社スタッフが教える香港ツアーの選び方 〜ポイントを詳しく解説〜

元旅行会社スタッフが教える香港ツアーの選び方 〜ポイントを詳しく解説〜

更新日:2018/11/07 11:58

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

きらびやかな夜景にエネルギッシュなナイトマーケット、本場の飲茶など外せないポイント満載の香港。通年で高い人気を誇る海外旅行先です。

そのため大手旅行会社各社がツアーを企画しており、どのツアーを選べばいいか迷ってしまうことも。

今回は香港ツアーを選ぶ際のポイント、ベストシーズンなどを詳しく解説。あなたにぴったりの香港ツアーの探し方をご紹介します!

香港旅行はパッケージツアーがお得!

香港旅行はパッケージツアーがお得!

提供元:AdobeStock

香港へ行くなら旅行会社が企画しているパッケージツアーを利用するのがオススメ。ツアー用に航空券やホテル仕入れており、個人で手配するよりもお得な価格で手配することができます。

参考までに、11月出発のパッケージツアーと個人手配の場合の値段を比較してみましょう。

<パッケージツアー フリープラン>
香港4日間:34,500円〜/1名

<パッケージツアー 観光付きプラン>
香港4日間:39,000円〜/1名

<個人手配の場合(香港行き)>
往復航空券(直行便):約25,000円〜/1名
ホテル:約12,000円〜/1泊
※いずれも東京発着。2018年10月現在、LINEトラベルjpで検索

大きな価格差はないように見えますが、パッケージツアーの場合は空港〜ホテル間の送迎やホテルでの朝食といった特典がついていることがあります。観光付きプランは入場料や食事が含まれているので、効率よく観光したい方にオススメです。現地ガイドや添乗員が同行しているのも安心ですね。自由時間をしっかり取りたい方は「1日、または半日観光付き」のツアーを選ぶとよいでしょう。

旅行日数は何日あると良い?目的別にスケジュールを立てよう

旅行日数は何日あると良い?目的別にスケジュールを立てよう

写真:LINEトラベルjp 編集部

また一般的な香港ツアーは3〜4日間。現地に丸2日間滞在できる日程が人気です。LCCを利用した短い日程のツアーも販売されていますが、利用するフライト時間によっては1日半程度しか現地に滞在できないツアーもあります。予約前に必ず現地の滞在時間を確認しておきましょう。

ここではどんなスケジュールで香港を楽しむ方が多いか、目的別にご紹介します。

<王道・香港満喫コース>
九龍島、香港島の2つのエリアに分かれている香港ですが、それぞれ1日ずつじっくり観光するコースです。見逃せない夜景や有名スポット観光に加えて、飲茶やアフタヌーンティーといったグルメ、ナイトマーケット散策も十分満喫できるでしょう。

<香港市内観光&香港ディズニーランドコース>
日本では見られないアトラクションやショーが人気の香港ディズニーランド。せっかく行くならじっくり1日かけて遊びたいものです。市内観光を1日にまとめる必要があるため、市内観光付きのプランやオプショナルツアーを利用すると効率よく観光できますよ。

<香港&マカオよくばりコース>
香港のお隣の国、マカオ。コロニアルな街並みやカジノなど見どころが多く、香港とセットで訪れる方も多数。香港〜マカオ間はフェリーで1時間ほど。2018年10月24日には香港、マカオ、珠海を結ぶ世界最長の海上橋「港珠澳大橋」が開通し、香港〜マカオ間は約30分ほどで行き来できるようになりました。

気になる香港のベストシーズンは?

気になる香港のベストシーズンは?

提供元:AdobeStock

亜熱帯のイメージがありますが、香港には日本と同じく四季があります。ここでは旅行を計画するときに知っておきたい、香港の気候をご紹介します。

【春(3〜5月)】
平均気温は17〜26℃と日本よりも少し高め。夏に向かって気温や湿度が徐々に上昇し、雨の日も増えます。5月には早くも台風が訪れることも。

【夏(6〜8月)】
気温は30℃以上、湿度は90%以上とかなり高温多湿な香港の夏。台風も頻繁に訪れます。室内はしっかり冷房が効いているので、室内外の気温差に気をつけましょう。

【秋(9〜11月)】
気温、湿度が下がり、観光に最適な爽やかなシーズンとなります。秋・冬は空気が澄んでいるので夜景鑑賞にもオススメな季節です。

【冬(12〜2月)】
平均気温は12〜20℃ほど。真冬には気温が10℃を下回る日もあります。クリスマスには街中がイルミネーションに彩られます。

ベストシーズンは気温と湿度が落ち着き、お天気の日が増える10〜11月。夏に多い台風のリスクもぐっと下がり、名物の夜景観光にも最適な季節です。またショッピングをメインに楽しみたい方はバーゲンセールが行われる夏と冬もオススメ。特に冬はクリスマス〜旧正月にかけて多数のセールが行われ、イベントも多数。目的に合わせて旅行時期を決めるのもよいでしょう。

香港で訪れたい観光スポット

香港で訪れたい観光スポット

提供元:Dollarphotoclub

ツアーを選ぶコツを一通り学んだところで、続いて香港旅行で外せない観光スポットをご紹介します。

<ビクトリア・ピーク>
世界三大夜景のひとつ、香港の夜景は香港旅行で外せないスポット。100万ドルの香港の夜景を眺めるのにオススメなのが、香港島のビクトリア・ピーク(太平山)。ピークタワーの屋上「スカイテラス428」は夜景鑑賞に絶好のスポットです。

<香港ディズニーランド>
日本にはないアトラクションやショーはディズニーファン必見!平日だとファストパスがいらないほど待ち時間が短い日もあるそう。1DAYパス付きのパッケージツアーもありますよ。

<ナイトマーケット(女人街・男人街)>
ナイトマーケット散策も香港旅行で外せません。衣料品やアクセサリーの屋台が立ち並ぶ女人街が香港一の賑わいを見せる一番として有名。男人街は対照的に男性向けの商品の露店がメインです。グルメの屋台も出ているので、食べ歩きもオススメです。

<ガーデン・オブ・スターズ>
ブルース・リーやジャッキー・チェンといった香港の映画スターのブロンズ像や手形が展示されているガーデン・オブ・スターズ。ブロンズ像と同じポーズで写真を撮ればあなたも香港スター気分に!?

<黄大仙>
香港一のパワースポットと呼ばれる道教寺院、黄大仙。「筮竹占い」と呼ばれる竹の棒を使った占いは占い好きの香港人だけでなく観光客にも大人気。占いが好きな方は試してみてはいかがでしょうか。

香港で体験したいこと

香港で体験したいこと

写真:LINEトラベルjp 編集部

続いて香港で体験できる人気のアクティビティを紹介します。それぞれ個人でも予約できますが、行程に組み込まれているツアーを選ぶか、別途オプショナルツアーを申し込むのもオススメです。

<オープントップバス>
香港名物の2階建て観光バス。屋根がないので看板がせり出すネイザン・ロードでは、看板が頭にぶつかりそうなスリリングな体験もできますよ。昼間だけでなく、夜のネオン街を楽しむナイトツアーも人気です。

<飲茶>
香港グルメといえばやっぱり飲茶。ワゴンで運ばれてくるアツアツの点心は日本で食べるよりも断然お得!庶民的なお店から予約が必要な高級店まで、さまざまな種類の飲茶レストランがありますよ。

<シンフォニー・オブ・ライツ>
毎日夜8時から約15分間行われるナイトイベント。高層ビルから放たれるレーザービームによる光の競演は圧巻です。香港島と九龍島、それぞれのウォーターフロントから眺めるのがオススメ。後述するスターフェリーに乗って海上から眺めるのもよいでしょう。

<スターフェリー>
香港島と九龍島を隔てるビクトリアハーバー。スターフェリーは九龍島側の尖沙咀(チムサアチョイ)と香港島側の湾仔(ワンチャイ)を結んでいます。海を渡る途中に現れる香港の高層ビル群は絶景。上記のシンフォニー・オブ・ライツの開催時間に運航するフェリーに乗れば、海上から夜景を楽しむこともできますよ。

香港旅行は比較サイトで探そう!

行きたい時期や観光地などがある程度決まってきたら、旅行比較サイトの利用がオススメです。LINEトラベルjpでは希望の出発日、日数などを指定して検索することで約250社の旅行会社の中から希望にあったツアーを検索・比較できますよ。旅行比較サイトを利用して、あなたにぴったりの香港ツアーを見つけてくださいね。

2018年10月現在の情報です。ツアー情報、価格などは変更される場合があります。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -