沖縄旅行の予算を徹底解説!おトクな旅の選び方はコレ!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

沖縄旅行の予算を徹底解説!おトクな旅の選び方はコレ!

沖縄旅行の予算を徹底解説!おトクな旅の選び方はコレ!

更新日:2018/12/12 13:24

中島 誠子のプロフィール写真 中島 誠子 3児の子連れ旅ライター、オシャレ旅研究家

沖縄旅行に行きたい!でも実際いくらかかるもの?ツアーを予約するか、自分で航空券やホテルを予約するか、悩むところですよね。

今回はどっちで予約したらおトクなのか、他にかかる費用や現地滞在費はいくらくらいなのか、沖縄旅行の予算を徹底解説したいと思います!しっかり予算を見てから旅の計画を始めましょっ。

沖縄までの航空券と宿泊代金

沖縄までの航空券と宿泊代金

写真:中島 誠子

まずは、旅の基本となる航空券代と宿泊代についてご説明します。航空会社は主に、日本航空(JAL)、日本航空系列航空会社、全日空(ANA)、スカイマーク、スターフライヤー、ソラシドエアなど。他、LCCのジェットスター・ジャパン、バニラエア、ピーチがあります。(発着の空港により就航する航空会社が異なります)

今回は、人気のある羽田発、沖縄本島2泊3日、行き朝発、帰り夜発のたっぷり沖縄を楽しめるフライトで料金を見てみましょう。日本航空、全日空、スカイマークの場合、往復の航空券代は・・・平均で「32,000円〜38,000円」。
※2019年3月平日料金/2018年12月現在、旅行比較サイト「LINEトラベルjp」検索

LCCの場合はもう少し安くなりますが、羽田発が成田発になる他、座席指定や受託手荷物などに追加代金がかかることがあります。また、安いプランの場合、予約してすぐにキャンセル料がかかるなど注意点がありますので、内容をよく見てみてくださいね。

沖縄までの航空券と宿泊代金

写真:中島 誠子

次に宿泊代ですが、スタンダードホテルをチョイスした場合、1泊大人ひとり5,000〜6,000円くらい。航空券とホテル代を足すと、ひとり平均42,000円〜50,000円となる計算です。
※2019年3月平日料金/2018年12月現在、旅行比較サイト「LINEトラベルjp」検索

ツアーで申し込んだ場合と比較しよう!

ツアーで申し込んだ場合と比較しよう!

写真:中島 誠子

続いては旅行会社のツアー(航空券+ホテル)を予約した場合の料金。上述と同じ条件(JAL羽田発2泊3日、行き朝発、帰り夜発、スタンダードホテル泊)でツアー代金を検索すると、最安値は大人ひとり38,800円!
※2019年3月平日料金/2018年12月現在、旅行比較サイト「LINEトラベルjp」検索

あれ?とここでお気づきでしょうか?さきほど航空券だけで、32,000〜38,000円とお伝えしましたが、なんと航空券とホテルがセットになって38,800円です。

さらに、このツアーは朝食とレンタカー、沖縄美ら海水族館のチケットも付いており、完全にツアー予約がおトクすぎる結果になりました。

現地滞在費用はどれくらい?

現地滞在費用はどれくらい?

写真:中島 誠子

現地での滞在費用も計算しておくと安心ですので、目安をお伝えします。

■交通費
○レンタカーの場合 2泊3日 セダン1台 0円〜8,000円

電車のない沖縄では、レンタカーは必須。空港または空港付近でレンタル&返却ができるので、とても便利です。上述のように、ツアー代にレンタカーが含まれていればここは0円!ただし、高速道路料金、ホテルや観光地の駐車場代、レンタカー保険料、ガソリン代は別途かかることがあるので、こちらもチェックしておきましょう。

○レンタカー以外の場合

那覇空港〜ホテルの移動は、那覇エリアへバスやゆいレール(モノレール)利用で片道220円〜。リゾートエリアへリムジンバスを利用の場合は、片道1,500円〜2,000円位。観光へ行かれる場合は距離にもよりますが、送迎つきの日帰り観光ツアーがおトクです。

現地滞在費用はどれくらい?

写真:中島 誠子

■観光費

観光にどれくらいの費用がかかるか、2泊3日王道の観光プラン(レンタカー利用)の一例を参考に計算してみます。

【1日目】空港→首里城公園→美浜アメリカンビレッジ→万座毛→恩納村または本部エリアに宿泊
【2日目】国営沖縄記念公園(海洋博公園)沖縄美ら海水族館→備瀬フクギ並木→古宇利島→那覇に宿泊
【3日目】おきなわワールド→海カフェ浜辺の茶屋→国際通り散策→空港

ここでの観光費用は、入場料のかかる首里城公園820円+沖縄美ら海水族館(1,850円のところツアーに含まれるため0円)+おきなわワールド(玉泉洞&王国村入場で1,240円)=2,090円
※一般大人の料金

意外と観光費用はかからないことがわかりますね。そして、2泊3日でも十分基本スポットがおさえられます。もう1日あればビーチでのんびり過ごすこともできるでしょう。

ビーチアクティビティをしたいという方は、どこかの観光を削るようになりますが、予算としては4,000円〜8,000円くらいの追加を見込んでおいてください。

現地滞在費用はどれくらい?

写真:中島 誠子

意外とかかるのは飲食代とお土産代。事前に調べておくことで予算が立てやすくなります。

■飲食代

現地での出費を抑えるには、朝食付きのホテルにするのがベスト。昼食や夕食は、沖縄そば(400〜600円)やチャンプルー定食(600〜800円)、タコライス(600〜700円)が人気。観光地のカフェやレストランでのランチは800円〜1,500円くらい、夕食も同じような場所でしたら値段はあまり変わりません。夕食を居酒屋やホテルのバイキングにした場合は、3,000円〜4,000円くらいとなります。

他、美味しいアイスやジュースの誘惑も待っているので、1〜2回プチ贅沢な食事をするとして、2泊3日で10,000〜13,000円くらいを見ておくといいかもしれません。

■お土産代

定番の紅いもタルトは6個700円くらい、ちんすこう10個300〜600円、シーサー置物1,000円〜、琉球グラス1個800円〜、泡盛1本1,300円〜。家族、友人、職場、など、渡す人数により予算の幅が出てきますが、自分へのお土産を含め、8,000円〜15,000円ほどを見ておきましょう。

合計どれくらいかかるか計算!

合計どれくらいかかるか計算!

提供元:photoAC

ざざっと費用をお伝えしましたが、ここで合計金額を計算してみます。

・ツアー代(朝食、レンタカー、沖縄美ら海水族館代込):38,800円
・観光代(王道コース):2,090円
・食事代:10,000〜13,000円
・お土産代:8,000円〜15,000円
・その他(駐車場代、高速道路代、レンタカー保険など):1,000円〜3,000円

ぜ〜んぶ合わせると、およそ60,890円〜69,800円。つまり、6〜7万円あればたっぷり遊べる計算になります。

離島へ行くならいくらかかる?

離島へ行くならいくらかかる?

提供元:photoAC

せっかく沖縄に行くなら、本島だけでなくて離島にも足を延ばしたい。そんな方のために、離島のツアー代金の目安もご紹介しておきますね。

■羽田発 石垣島2泊+那覇1泊のツアー(JALまたはANA)
42,000円〜48,000円ほど

■羽田発 宮古島2泊+那覇1泊のツアー(JALまたはANA)
45,000円〜51,000円ほど

■羽田発 石垣島3泊4日のツアー(JALまたはANA)
39,900円〜46,000円ほど

■羽田発 宮古島3泊4日のツアー(JALまたはANA)
38,000円〜44,000円ほど

上記金額はスタンダードホテルの場合。フライトの時間や直行便にするかしないかによって料金が変わります。もちろん、1泊追加して離島2泊+本島2泊などのツアーにアレンジも可能です!

※2019年3月平日発/2018年12月現在、旅行比較サイト「LINEトラベルjp」検索

沖縄旅行はいつが安い!?

沖縄旅行はいつが安い!?

写真:中島 誠子

沖縄の繁忙期(かつ旅行代金の高い時期)は、ゴールデンウィーク、夏休み(7〜8月)、9月のシルバーウィーク。一方、閑散期は、連休や年末年始を除く11月〜1月頃となります。マリンシーズンオフのため旅行代金が一番安くなりますが、実は暑くないため観光に最適のシーズンです。

筆者がお勧めしたいシーズンは、3月〜4月と6月下旬。なぜなら、閑散期と比べてあまり料金が変わらず、気候がとてもいいから。春休みシーズンは少し値上がりしますが、その幅は2,000〜4,000円ほど。5月〜梅雨に入るので、その前までに行きたいところです。ちなみに、梅雨が明けて台風シーズンがやってくる前の6月下旬頃は、海やプールにも入れるためピンポイントでお勧めです。

※ただし梅雨や台風シーズンは毎年ズレがありますので、天候に関してはあくまでも参考程度にお考えください。

節約のコツは?

節約のコツは?

提供元:photoAC

6〜7万円あれば2泊3日たっぷり遊べる計算になるとお伝えしましたが、節約をすれば5万円台で楽しめちゃうかもしれません!

最後に、節約するコツをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

・安い出発日を選ぶ
・レンタカー付きツアーを探す
・朝食付きホテルを探す
・早めにツアーを予約して早期割引を適用する
・LCCのツアーを探す
・フライトを安い時間帯にする
・コスパのいいレストランや食堂、お土産を事前リサーチする

ツアーの予約方法

ツアーの予約は店頭に行くより、WEBが断然おトク!さまざまな旅行会社のツアーが比較できるサイト(例、LINEトラベルjp)で検索をして一番安いツアーを予約をしよう。

ツアーの予約は簡単です!出発日を選択→フライトを選択→ホテルを1泊ずつ選択→オプションを追加の流れとなり、全てお好みでセレクトできるツアーがほとんど。1泊目は恩納村や本部のリゾートホテル、2泊目は那覇中心部というプランにもできるので、行きたい観光スポットに合わせてホテルを選びましょう。

予約完了になる前でストップすれば、自分のツアーがいくらになるのか画面上で計算が可能ですので、金額が気になる方は一度試してみてくださいね!

※2018年12月現在の情報です。それぞれのプランによって旅行条件、価格、特典などは異なります。また、滞在費用などは一例となりますので、あくまでも目安としてご覧ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -