グアム旅行の予算はいくら?滞在費から節約術まで大調査

| グアム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

グアム旅行の予算はいくら?滞在費から節約術まで大調査

グアム旅行の予算はいくら?滞在費から節約術まで大調査

更新日:2019/01/24 10:45

木内 つばめのプロフィール写真 木内 つばめ 子連れ海外トラベラー、海外旅育応援ブロガー

日本から約3時間半で行ける身近なリゾート・グアム。国内旅行のような気軽さで海外のリゾートを満喫できるところがグアムの最大の魅力。でもやっぱり気になるのが「いくらくらいでグアムに行けるか?」ですね。

そこで今回は2泊3日を想定したグアム旅行の予算を大調査!旅行代金の相場や滞在中の費用、またお得にグアムへ行く節約術などをご紹介。個人手配とツアーそれぞれのポイントも見てみましょう!

個人手配で行く場合の航空券とホテル料金について

個人手配で行く場合の航空券とホテル料金について

写真:木内 つばめ

地図を見る

まずは個人手配で行く場合の旅行費用についてです。旅費のメインとなるのは航空券代(交通費)とホテル代(宿泊費)。まずはこの2つの料金から見ていきましょう。

【航空券】
グアム行きの航空券は時期によって大幅に変化します。成田発直行便のエコノミー往復で見てみると、日本航空・ユナイテッド航空ともに閑散期で4万円台からのものも。ただし土日を絡めたり、滞在時間が長めに取れる午前発・午後帰りなど人気の便を選ぶと料金はアップ。さらにGWや年末年始になると2倍以上に跳ね上がります。

また成田空港からのLCCについては現在チャーター便(ツアー専用)の運航のみで、定期便はありません。

【ホテル代】
続いて宿泊費。1泊1部屋のグレード別ホテル料金をざっくりですが出してみましょう。
・スタンダード 8,000〜18,000円
・スーペリア 17,000〜40,000円
・デラックス 20,000〜50,000円

室料なので2名で利用する場合は1人あたり半額になります。スイートルームやクラブルームなどお部屋のランクアップをするとやはりそれなりのお値段に。またホテル予約サイトで「本日中の予約だと○○%オフ」というような破格の商品などを見かけますね。そういったものを上手に利用するとグレードのよいホテルでもっとお得に宿泊できたりも。ただ特価商品は予約と同時にキャンセル料が発生したりするので、そのあたりは慎重に検討する必要があります。

グアムのツアー料金の相場

グアムのツアー料金の相場

写真:木内 つばめ

地図を見る

自分で空港からホテルへ行ったりするのがちょっと不安というなら、現地でのサポートなどがあるパッケージツアーでグアムに行くとよいでしょう。商品によっては航空券+ホテルの個人手配よりもお得になることも。グアムのツアーは添乗員なしのフリープランが主流。航空券+ホテルのほかに、現地スタッフによるホテル空港間の送迎、そしてツアーの特典(アクティビティや島内交通など)がついています。

典型的な2泊3日グアムツアー(2名1室)で1人あたりのホテルランク別のおおよその料金は以下の通りです。
・スタンダード 100,000〜250,000円
・スーペリア 120,000〜290,000円
・デラックス 130,000〜320,000円

LCCのチャーター便を使ったツアーなら3泊4日で5万円台のもの、また旅行会社のセールなどで破格の3万円台のツアーなどもありますが、出発日が限定されていたり、減延泊ができなかったり、ホテルが泊まるだけのような簡素なものであったりするので内容をきちんとチェックする必要があります。

グアムの物価はどのくらい?

グアムの物価はどのくらい?

提供元:グアム政府観光局

https://www.visitguam.jp

グアムは関税や消費税のかからない免税アイランド。ブランド品などはお買い得という印象があります。しかし滞在中マストでかかる交通費や食費は日本に比べると少々お高め。

1ドルあたり約108円(2019年1月現在)で計算したとき、グアムのだいたいの物価はこのようになります。

・プレートランチ:8ドル(約864円)〜
・パンケーキ:10ドル(約1080円)〜
・アイスクリーム:4ドル(約432円)〜
・アメリカンダイナーでの夕食:30ドル(約3240円)〜
・赤いシャトルバス(路線バス) 1回乗車:4ドル(約432円)
・赤いシャトルバス(路線バス) 1日乗り放題券:12ドル(約1296円)
・スパ60分:125ドル(約13,500円)〜
・体験ダイビング:65ドル(約7,020円)〜
・グアムミュージアム入場料:大人3ドル(約324円)

食事はかなりボリューミーなのでシェアしてちょうどよい場合も。しかしながらアジア旅行に慣れてしまっている方などには、グアムの物価は結構高めに感じてしまいますね。

2泊3日グアム旅行の滞在費モデル

2泊3日グアム旅行の滞在費モデル

提供元:グアム政府観光局

https://www.visitguam.jp

では実際に、グアム2泊3日で滞在費は1人いくらかかるのか一例をご紹介。

<プラン>
1日目:ホテルチェックイン後、アンダーウォーターワールドへ。夕食はアメリカン・ダイナーで食事。
2日目:午前はマリンスポーツ。午後からマイクロネシアモールで買い物。夜はステーキハウスでディナー。
3日目:午前はスパへ。お土産を買い、ランチを食べてから空港へ。

<1日目>
空港からタクシー:11ドル(約1,188円) ※同行者と折半
水族館入場料:23ドル(約2,484円)
夕食(アメリカンダイナー):30ドル(約3,240円)

<2日目>
朝食(パンケーキ): 10ドル(約1,080円)
スノーケルツアー:50ドル(約5,400円)
シャトルバスで移動:4ドル(約432円)
昼食(プレートランチ):8ドル(約864円)
買い物:80ドル(約8,640円)
休憩(アイスクリーム):4ドル (約432円)
シャトルバスで移動:4ドル(約432円)
夕食(ステーキ):40ドル(約4,320円)

<3日目>
朝食(エッグベネディクト):16ドル(約1,728円)
フェイシャルスパ60分:125ドル(約13,500円)
お土産(バラマキお菓子):70ドル(約7,560円)
昼食(ハンバーガー):5ドル(約540円)
タクシーで空港へ:11ドル(約1,188円) ※同行者と折半

3日間で約53,028円。

フライト時間によって現地での食事回数が変わったり、買い物の量によって個人差はあるものの、定番の滞在を想定するとざっとこのくらいはかかります。

グアム2泊3日だとトータルいくらに?

グアム2泊3日だとトータルいくらに?

提供元:グアム政府観光局

https://www.visitguam.jp

先ほど出した滞在費モデルを参考に旅行費用のトータル代金を考えてみましょう。

<個人手配>
価格重視で航空券とホテルを選び、滞在費をプラスすると約10万円から。

<ツアー>
ホテル空港間の往復送迎、島内の交通、アクティビティ1つ、ホテル朝食がツアーに含まれていると仮定すると滞在費は約4万円に。スタンダードなツアーに参加した場合、旅費全体で約14万円から。チャーター便を使ったツアーやセール商品のツアーを利用すると10万円以下におさえることも可能になってきます。

あくまでも目安としてご参考にどうぞ。

安くグアムへ行きたい!旅行費用をおさえるには?

安くグアムへ行きたい!旅行費用をおさえるには?

写真:木内 つばめ

地図を見る

【ツアーの特典を比較してフル活用!】
マリンスポーツや観光を盛り込んだアクティブな滞在を考えているなら、各旅行会社のパッケージツアーの特典は必ずチェックを。オプショナルツアーを無料で1つ選べたり、ショッピングモールを巡回するシャトルに乗れたり、ディナー1回分がサービスなんていうツアーも。滞在費込みのトータル代金で考えると個人手配よりツアーの方がお得になることもよくあります。

【民泊を利用】
安い価格設定が豊富で人気のAirbnb。暮らすように滞在できるのでのんびり派にはおすすめです。ただレンタカーを要するような立地だったりするとかえって予算オーバーになることも。条件は細かくチェックしてから予約しましょう。

【マイルでグアムに行く】
飛行距離が短いグアムは航空会社のマイルで行けるチャンスがあります。長距離フライトは実費で行き、グアム旅行はマイルが貯まったときのお楽しみにとっておくのもいいですね。

【滞在費も節約!レストランの無料送迎を使おう!】
グアムでのディナーは予約をした方がよりスムーズ。予約の時に確認した方がよいのが送迎サービスの有無。カジュアルなお店でも無料で送迎サービスをしてくれるところが結構あります。赤いシャトルバスを使うと往復8ドル。デザートが食べられるようなお値段ですよね。グアムのホテルは日本語が話せるコンシェルジュが多いので、自身でのディナーの予約が難しそうな場合はお願いしてしまいましょう。

グアム旅行の高い時期・安い時期

グアム旅行の高い時期・安い時期

提供元:グアム政府観光局

https://www.visitguam.jp

【安い時期】
連休を外した4月・5月、そして6月が比較的お安め。さらに月〜水出発の土日を絡めない日程だともっとお得。いつでも行ける!というラッキーな人はこのあたりが狙い目です。

【高い時期】
GW、お盆、年末年始は安い時期の2倍以上の料金に。続いて春休み、夏休み、シルバーウィークが比較的高めの料金設定です。

グアム旅行予約の際はツアーも検討する価値あり

個人手配は自分たちのペースで動けて、プライベート感があるところが魅力的ですね。ただ実際にグアムに行って旅行会社の巡回シャトルバスやツアー参加者用の素敵なラウンジを目のあたりにすると、パッケージツアーの利便性を実感せずにはいられません。グアム旅行を計画の際は個人手配派・リピーターの方も一度ツアーの内容を見てみる価値はあるでしょう。

LINEトラベルjpでは、海外航空券、ホテル、パッケージツアーなど検索・比較できます。ぜひこまめにチェックしてお得なグアム旅行を見つけてみてはいかがでしょう?

※2019年1月現在の情報です。航空券、ホテル料金、ツアー料金、ツアー特典などは時期によって異なります。また、滞在費用などは一例となりますので、あくまでも目安としてご覧ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/27−2018/04/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -