元旅行会社スタッフが教えるカナダツアーの選び方 〜ポイントを詳しく解説〜

元旅行会社スタッフが教えるカナダツアーの選び方 〜ポイントを詳しく解説〜

更新日:2019/01/16 08:27

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

カナディアンロッキーやナイアガラの滝といった、雄大な自然が魅力のカナダ。紅葉、雪景色、オーロラなど四季折々の美しい景色は必見です。人気の旅行先であることから旅行会社各社が多数のツアーを発売しており、どのツアーに参加したらよいか迷ってしまうことも。

今回はカナダツアーを選ぶ際のポイント、ベストシーズンなどを詳しく解説。あなたにぴったりのカナダツアーの選び方をご紹介します!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

カナダ旅行はパッケージツアーがお得!

カナダ旅行はパッケージツアーがお得!

提供元:AdobeStock

カナダへ行くなら航空券とホテルがセットになったパッケージツアーが断然オススメ。旅行会社がツアー用に仕入れた航空券とホテルを利用するため、個別に手配するよりもお得な料金が設定されています。

参考までに、2月発のカナダ行きのパッケージツアーと個人手配の場合の値段を比較してみましょう。

<パッケージツアーの場合>
東京発バンクーバー行き6日間:80,700円〜
※航空券&ホテルのみのフリープラン

<個人手配の場合>
東京発バンクーバー行き往復航空券:83,000円〜(乗継便)、106,000円〜(直行便)
ホテル:1泊10,000円前後〜

またパッケージツアーには、スケジュール内に事前に一部観光が含まれている「観光付きプラン」や、スケジュールがあらかじめ決まっており、日本から添乗員が全行程に同行する「添乗員同行プラン」があります。いずれもフリープランに比べて金額がアップしますが、観光施設に優先的に入場できたり、チケットを買う手間が省けたりするなどメリットは多数。添乗員同行プランは海外旅行が初めての方、言葉に不安がある方にもオススメです。ご自身のスケジュールに合ったツアーを選びましょう。

<パッケージツアー 観光付きプラン>
東京発ナイアガラの滝4日間:185,000円〜
※現地係員が同行するプラン、しないプランがあります

<パッケージツアー 添乗員同行プラン>
東京発カナディアンロッキー&バンクーバー5日間:299,800円〜

※表示料金はすべてLINEトラベルjpで検索(2019年1月現在)

旅行日数は何日あると良い?目的別にスケジュールを立てよう

旅行日数は何日あると良い?目的別にスケジュールを立てよう

提供元:AdobeStock

広い国土を持つカナダ。西海岸のバンクーバーであれば最短で5日間(現地での滞在時間は約2日間程度)からツアーが存在しますが、6〜8日間の旅行が一般的です。

またハイキングやスキーといったアクティビティを目的にカナダ旅行を検討している場合は「現地に何日間滞在したいか」を基準にスケジュールを決めるとよいでしょう。冬にはオーロラ観測もできますが、自然現象のため必ず滞在時に見られるとは限りません。余裕をもったスケジュールを組むことをおすすめします。

ここでは一般的なカナダ旅行の日数をご紹介します。

バンクーバー:5〜7日間
バンフ、カルガリー(カナディアンロッキー):6〜8日間
ウィスラー(スキー):6〜8日間
トロント、ナイアガラフォールズ(ナイアガラの滝):6〜8日間
モントリオール、ケベック:7〜8日間

気になるカナダのベストシーズン、服装は?

気になるカナダのベストシーズン、服装は?

写真:LINEトラベルjp 編集部

カナダは日本より緯度が高いため基本的に夏は涼しく、冬は厳しい寒さとなります。国土が広いため都市やエリアによって国内でも気温差があります。ここでは人気スポットのベストシーズンをご紹介します。

ナイアガラの滝・・・夏
夏は水量が多くなるため、他の季節に比べてダイナミックな水しぶきを楽しめます。遊覧船「霧の乙女号」の運航は5月中旬〜11月初旬まで(年によって異なります)。

カナディアンロッキー・・・初夏〜初秋
ハイキングなどアウトドアを楽しむならこの季節。秋には山々が美しい黄色に染まります。

メープル街道(ナイアガラ〜ケベック)・・・秋
山々や高原が赤やオレンジ、黄色に染まった姿は圧巻です。モントリオール、オタワ、トロントでも美しい紅葉が楽しめます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

カナダ旅行で訪れたい観光スポット

カナダ旅行で訪れたい観光スポット

提供元:AdobeStock

ツアーを選ぶコツを一通り学んだところで、続いてカナダ旅行で外せない観光スポットをご紹介します。

・バンクーバー
西海岸を代表する都市。都会ながらも自然が多く開拓時代の面影を残すガスタウン、自然と都市の景観が調和したスタンレーパークなど見どころ多数。

・バンフ
バンフ国立公園内に位置し、カナディアンロッキー観光の拠点となる街。山岳リゾート風の宿泊施設も多く、予算とスケジュールに合わせてぴったりの施設を選びましょう。

・トロント
オンタリオ湖に面するカナダ最大の都市。CNタワーやロイヤルオンタリオ博物館といった観光スポットを始め、セント・ローレンス・マーケットなどの市場も人気です。トロント発のナイアガラの滝ツアーも多く、セットで観光する方も多数。

・モントリオール
カナダ第二の規模でフランス語圏の都市。ノートルダム大聖堂や旧市街を始め、フランスの面影を残す街並みがあることから「北米のパリ」とも呼ばれています。

・ケベック
中世ヨーロッパの雰囲気が残る旧市街の歴地地区は世界遺産にも登録。紅葉シーズンには街が赤やオレンジ、黄色に彩られます。

カナダで体験したいこと

カナダで体験したいこと

提供元:photoAC

続いてカナダを訪れたらぜひ体験したいことをご紹介します。個人で申し込みすることもできますが、旅行会社のオプショナルツアーに申し込めば割引や送迎がついてお得なことも。旅行計画を立てる際にじっくり調べておきましょう。

・カナディアンロッキー
バンフ、ジャスパーなど4つの国立公園で構成され、世界自然遺産にも登録されているカナディアンロッキー。3,000メートルを超える山々や「ロッキーの宝石」と呼ばれるレイクルイーズを始め、美しい見どころにあふれています。ハイキングやサイクリング、雪上車での氷河観光といったアクティビティが楽しめます。

・ウィンタースポーツ
スキーのメッカとしても人気のカナダ。全土にスキー場があり、10月〜5月頃までウィンタースポーツを楽しめます。カナダのスキー場は日本に比べて規模が大きいのが特徴。オリンピックのコースに選ばれたことで有名なウィスラー・ブラッコムスキー場にはなんと200以上のコースがあります。

・オーロラ観測
北欧と並んでカナダもオーロラ観測の旅行先として人気。カナダではなんと夏(8月中旬〜9月中旬)でもオーロラを観測することができます。夏のカナダ旅行は冬に比べて値段が高い傾向にありますが、マイナス30度に及ぶこともある冬の寒さが苦手な方にはオススメ。イエローナイフとホワイトホースがオーロラの2大観測地で、冬は犬ぞりやスノーモービルといったアクティビティも楽しめます。

カナダ旅行は比較サイトで探そう!

パッケージツアーを探すなら旅行比較サイトを利用するのがオススメ。LINEトラベルjpなら各旅行会社のカナダ行きツアーを検索・比較できるので希望にあったツアーがきっと見つかるはずです。

旅行に行きたい時期、行ってみたい観光地が決まったらぜひ探してみましょう。じっくり探して、素敵な旅行を楽しんでくださいね。

2019年1月現在の情報です。掲載しているツアー情報、価格などは変更される場合があります。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -