旅行会社スタッフが教える!プーケットツアーの上手な選び方

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

旅行会社スタッフが教える!プーケットツアーの上手な選び方

旅行会社スタッフが教える!プーケットツアーの上手な選び方

更新日:2019/04/03 10:28

インディカ マイのプロフィール写真 インディカ マイ 3泊4日トラベラー

アンダマン海の真珠と称され、数々の美しいビーチを有するプーケット島。タイでもっとも有名なリゾートアイランドとして国内外から数多くの観光客が訪れています。リゾートでゆっくり過ごすもよし。マリンアクティビティやジャングルではしゃぐもよし。夜の街で遊びつくすもよし。多種多様な楽しみ方が可能なプーケットのツアーを検索する際に、押さえておきたいポイントや賢い選び方を紹介いたします。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

プーケットツアーの基本:料金と日数の相場を知ろう!

プーケットツアーの多くが航空券とホテルと送迎がセットになったフリープランです。格安ツアーはこのフリープランである場合がほとんどで、最安値はなんと5日間のツアーで54,800円から。格安ツアーの内容は?プーケット滞在に必要な日数とツアー代金の相場は?比較サイトで検索しながら見ていきましょう。

日本の各都市からプーケットへのフライトは乗り継ぎ時間をいれて片道約9時間。2019年4月現在プーケットへの直行便がないため、バンコクやシンガポールで乗り継ぐ方法がスムーズです。プーケットでは海のアクティビティに参加すると1日時間を費やしますし、街の見所もたくさんあるため、最低2日間は現地で過ごせる時間が必要です。

プーケットツアーの基本:料金と日数の相場を知ろう!

提供元:shutterstock

https://www.shutterstock.com地図を見る

基本的なツアーには【羽田発着4日間】、【成田発着5日間】等があります。飛行機の出発時間によって、日中移動する場合と深夜に移動する場合がありますが、基本的に現地で2日間の滞在は確保されています。フライトパターンによっては、現地で3日間過ごせる格安ツアーもありますので、比較サイトで【5日間ツアー】を検索後、行程を確認してみましょう。出発日と滞在ホテルによってお値段は変わりますが、プーケットツアーの相場は7万円前後と言えます。

ホテルのエリアやグレードによっても料金に大きな違いがあります。プーケット滞在中の予定を立て、目的に沿った滞在場所とホテルを選ぶ事がツアー選びの重要なポイントです。

プーケットの人気宿泊エリアを総まとめ

プーケットは美しいビーチと港を拠点に宿泊エリアが分かれています。それぞれに特色があり、どのエリアに宿泊するかによって滞在中の過ごし方が変わってきますので詳しく見ていきましょう。

・パトンビーチ
空港から南へ約1時間強、プーケット随一の繁華街です。シーフードレストラン、アジア雑貨、マッサージに街スパ、スーパー等々、なんでもそろっています。ビーチのほぼ中央に位置するバングラー通りには無数のバーが集まり、深夜までタイならではのナイトライフが楽しめますし、大人気ショッピングモール、ジャンクセイロンもここにあります。

・カロン・カタビーチ
空港から南へ約1時間半、パトンビーチからは約30分の距離にある落ち着いたビーチです。歩くとキュッキュッと音がする鳴き砂のビーチとして知られ、リゾートホテルが並びます。パトンビーチの喧騒から離れリゾート気分を味わいたいけど夜遊びにも行きたい、という方にお勧めです。

・マイカオビーチ
空港から北へ約15分、ウミガメの産卵で有名なビーチです。パトンビーチや港からも遠く、レストランやスーパー等も少ないため、お目当てのラグジュアリーホテルでゆったり過ごす目的の方が滞在するエリア。

プーケットの人気宿泊エリアを総まとめ

写真:インディカ マイ

地図を見る

・バンタオビーチ
空港から南へ約40分、開発が進行中の高級リゾートビーチです。ビーチ沿いには雰囲気のよいレストランやバーが立ち並び、サンセットを見ながら食事を楽しむ事ができます。

・東海岸エリア
空港から約1時間、プーケットタウンや各島への船が発着する港エリアです。西海岸のロングビーチから一転、いくつもの湾にひっそりと建つ隠れ家リゾートで何もしない贅沢な時間を過ごす事ができます。

これらのエリアはタクシーやソンテオ、トゥクトゥクにて移動可能ですが、島は意外に広く、主要道路も少ないため時間がかかります。例えば、空港よりも北にあるマイカオビーチに宿泊し、繁華街のパトンビーチへ夜出かけようとした場合、車で約1時間半の道のりです。

ツアー代金重視。まずはプーケットを満喫したい!という方にはパトンビーチがおすすめです。格安ツアーの多くは滞在ホテルを指定できませんが、パトンビーチになる確率が高いです。ツアーの詳細には滞在先ホテルの候補が記載されているので調べてみましょう。滞在中の過ごし方を考えると、必然と滞在エリアも決まりツアーが選びやすくなりますね。

プーケット旅行のおすすめ時期とソンクラン

プーケット旅行のおすすめ時期とソンクラン

提供元:shutterstock

https://www.shutterstock.com地図を見る

せっかくのビーチリゾート。透明度の高い海でカラフルな魚を見たり、ビーチでゆっくりと日光浴をしたりして過ごしたいですよね。プーケットには11〜4月の乾季(べトスシーズン)と5〜10月の雨季(オフシーズン)があります。

乾季は雨がほとんど降らないため、海の透明度が高く波も穏やかです。最も暑くなる4月には、ソンクランと呼ばれる水かけ祭りが催され、タイ人も観光客も一緒に盛り上がります。ソンクランはタイ暦のお正月であり、国民の祝日になります。そのため、航空券もホテルも1年で最も高い時期となり、必然的にツアー代金も高くなります。気温は35度を超えることもしばしば。日差しもかなり強いので熱中症に要注意です。

雨季は季節風(モンスーン)がやってくるため、雨によって気温が下がったり、西側のビーチは波が高くなったり、遊泳禁止の赤いフラッグが立つこともしばしば。そんな雨季のシーズンでもメリットはあります。オフシーズンだからこそ、期間限定でプロモーションを行うホテルも多く、高級ホテルに安く宿泊できるチャンスなのです。海のアクティビティを目的とせず、高級ホテルのビーチやプール、スパ等を利用して優雅なホテルステイを楽しむ旅はいかがでしょうか。

雨季乾季に関わらず、タイのショッピングセンターやデパートは驚くほど冷房が強いため、羽織るものは忘れずに持っていきましょう。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

せっかくのビーチリゾート!ホテルにもこだわろう

せっかくのビーチリゾート!ホテルにもこだわろう

提供元:shutterstock

https://www.shutterstock.com地図を見る

タイで最も有名なリゾート地であるプーケットには、気軽なバンガローから超高級ホテルまで、多様な要求に応えてくれるホテルがそろっています。ビーチに徒歩で行くことが出来るホテルや繁華街に近いホテル、熱帯雨林の中の隠れ家コテージや無料アクティビティが充実しているホテル、水上コテージ等々、自分なりのこだわりポイントを明確にしてホテルを探してみましょう。

年齢制限があり子供が宿泊できない、ハネムーンなのに家族向けホテルに泊まってしまった、特定の国籍が集まるホテルだった等々、ホテル毎に特色が異なるため、口コミなどで情報を集めましょう。

早期予約でお部屋のアップグレードや夕食付きなどの特典が受けられるツアーもあります。泊まってみたいホテルがありすぎて選べない!リゾートホテルは高すぎる!という方へ。ホテルのレストランやスパ等の施設だけを利用し、優雅なひと時を過ごすという使い方もおすすめです。

プーケットの人気オプショナルツアーをご紹介!

プーケットの人気オプショナルツアーをご紹介!

写真:インディカ マイ

地図を見る

プーケットといったら、ピピ島を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ピピ島は、透き通るようなエメラルドグリーンの海を楽しむことができ、周辺にはカイ島、バンブー島など珊瑚に囲まれた美しいシュノーケリングポイントがあります。これらの島を回るツアーやピピ島に宿泊するツアー、帰りの空港送迎付きツアー等、人気だからこそバリエーション豊富に用意されています。

他にも、ショッピングにスパにダイビング、ゴルフやジャングルアクティビティにニューハーフショー等々。1週間滞在しても飽きないほど、観光は充実しています。

GWやお盆、年末年始に旅行される方は、出発前にオプショナルツアーを申込みましょう。日本人に人気のオプショナルツアーはどうしても重なりがちですし、申込む時期によって値段が大きく異なることもありません。取消規定もツアーと比較すると緩いため、ツアーと同時に検討、申し込みがおすすめです。

プーケットツアーに迷ったら、まずは比較サイトで検索してみよう!

日程が決まっている人も未定の人も、まずは比較サイトでツアーを検索してみましょう。値段や旅行日数のイメージを掴む事ができ、旅行の計画が立てやすくなります。複数の会社のツアーを一挙に検索できるため、比較する手間も省けますね!今回の記事を参考にして、自分の希望に合った最高のプーケット旅行をアレンジしてみてはいかがでしょうか。南国のプーケットをぜひ楽しんで下さいね!

2019年4月現在の情報です。ツアー情報、価格、訪問都市などは変更される場合がありますので、最新情報は公式サイトやリンク先をご確認下さい。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -