パスポートが有効期限切れ!申請手続きと注意する点は?

| 旅の専門家がお届けする観光情報

パスポートが有効期限切れ!申請手続きと注意する点は?

パスポートが有効期限切れ!申請手続きと注意する点は?

更新日:2019/04/26 07:59

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

久しぶりの海外旅行!張り切って引き出しの奥からパスポートを取り出すと、まさかの有効期限切れ。……なんていう経験をされた方は、結構多いのではないでしょうか。

パスポートの有効期限が切れていたら、どのような手続きをすればいいのでしょうか?期限が切れていても旅行予約はできるでしょうか?もし海外で期限が切れてしまったら??

期限切れパスポートにまつわる疑問を、分かりやすくご説明します!

    パスポートの有効期間とは

    パスポートの有効期間とは

    提供元:写真AC

    https://www.photo-ac.com/

    まずは、基本的なお話から。パスポートは有効期間が「5年」と「10年」の2種類のタイプがあります。20歳以上であればどちらでも好きなほうを取得できますが、20歳未満は5年用しか取得できません。

    有効期間は氏名や顔写真などが載ったページの「有効期間満了日/Date of expiry」という項目に記載されています。

    パスポートの有効期限が切れたら新規?切替?

    パスポートの申請には「新規」と「切替」があります。パスポートの有効期限が切れたら、どちらで申請しないといけないのでしょうか?

    答えは「新規」です。有効期限まで1年を切ったときや、有効なパスポートを損傷してしまった場合などは「切替」として申請します。

    パスポートの有効期限が切れたら新規?切替?

    提供元:写真AC

    https://www.photo-ac.com/

    新規のパスポート発給申請では、以下の書類を揃えて提出します。

    ・一般旅券発給申請書
    ・顔写真
    ・戸籍謄本または抄本
    ・住民票の写し(必要に応じて)
    ・本人確認書類(運転免許証など)

    ちなみに、上記の必要書類の内、切替申請では以下の書類が省略できます。

    ・戸籍謄本または抄本(戸籍上の身分事項に変更がない場合)
    ・本人確認書類(運転免許証等)
    ※有効な旅券を持参する必要があります。

    切替の方が揃える書類が少なくて済むので、有効期間内に切り替える方が少し楽ですね。申請手数料は、新規も切替も同額です。

    新規発給申請の手順は?

    有効期限切れのパスポートは新規発給として申請しますので、先述した書類をすべて用意する必要があり、受け取りまで1週間〜10日ほどかかります。

    申請〜受け取りまでの手順については、こちらの記事をお読みください。また、最新情報は外務省や各パスポートセンターのHPを必ず確認してください。

      パスポートの有効期限が切れていても旅行予約はできる?

      パスポートの有効期限が切れていても旅行予約はできる?

      提供元:写真AC

      https://www.photo-ac.com/

      パスポートの有効期限は切れているけど、早めに旅行の予約をしておきたい!ということもありますよね。有効なパスポートが手元になくても、旅行予約はできます。

      旅行を申し込む際にパスポート情報を聞かれたら、「これから申請します」、と伝えておけばOKです。受け取ったら旅行会社に連絡、Web予約なら予約情報画面に情報を入力します(旅行予約サイトによっては入力の必要がない場合もあります)。

      ここで注意したいのは、パスポートに記載通りの氏名で予約する、ということ。氏名が間違っていると飛行機に搭乗することはできません。パスポートでの氏名表記にはヘボン式ローマ字が採用されていますが、長音表記(例:ITO→ITOH)などヘボン式によらない表記を選択されている方もいらっしゃいます。間違いがないように、期限切れのパスポートでつづりを確認しながら予約をしましょう。

      海外滞在中にパスポートの期限が切れたら?

      有効期限ギリギリのパスポートで渡航、事情があって帰国が延びてしまい、現地でパスポートの期限が切れてしまった!そんな場合はどうすればいいでしょうか。

      基本的には現地の大使館、総領事館で新規発給として申請しますが、先述した必要書類を揃える必要があり、受け取りまで日数もかかります。とにかく早く帰国する必要がある場合は、「帰国のための渡航書」の発給を申請します。受理されれば新規で申請するより短期間で発給してもらえますが、状況によって発給の可否、必要な書類、発給までにかかる期間は異なります。

      期限切れのパスポートはどうすればいい?

      期限切れのパスポート、自宅の引き出しの奥にそのまま眠っていないでしょうか?

      実はパスポートは国の公文書という扱いになっているため、所有権は国にあります。ですので、法律上では期限切れのパスポートは国に返すことになっています。

      ……と言っても本当に返すわけではなく、実際はパスポートセンターで穴を開けて失効処理をしてもらうだけですが、新規申請だと必要書類に含まれていないので持って行かずそのまま、という方も多いのでは?

      失効処理をせずに新しいパスポートと一緒の場所にしまっておいて、旅行にうっかり期限切れのパスポートの方を持っていってしまった!ということもあり得ます(別の場所に保管しておくことを推奨します)。

      期限切れパスポートは、新規申請であっても持参して、必ずパスポートセンターで失効処理をしてもらいましょう。

        パスポートの有効期間は定期的にチェックを!

        頻繁に海外旅行する人は別ですが、普段の生活の中でパスポートを開いて見る機会は少ないので、知らないうちに有効期間が過ぎていた、ということはよくあることです。

        旅行を計画するときには、まずパスポートの有効期間を確認しましょう。もし有効期限が切れていても、申請からおよそ1週間〜10日ほどで受け取ることができるので慌てずに。

        とは言え、書類を揃える時間、パスポートセンターの窓口の営業時間内に合わせて手続きに行けるかどうか、という点も考慮しないといけないので、気づいたらすぐに手続きの準備を始めましょう。GWや年末年始などのピーク時期の前は、パスポートセンターが大変混雑するのでご注意を。

        なお、有効期間とは別に海外旅行では「残存有効期間」という点も注意する必要があります。別記事で詳しくご説明していますので、下のリンクからぜひ読んでみてくださいね。

        ※本記事はパスポートの有効期限切れについての概要を説明したもので、2019年4月現在の情報です。申請時の必要書類などの情報は変更される場合がありますので、外務省や各パスポートセンターのHPなどで最新の情報を必ずご確認ください。

          この記事の関連MEMO

          掲載内容は執筆時点のものです。

          - PR -

          旅行プランをさがそう!

          このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

          条件を指定して検索

          LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

          - PR -

          旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
          この記事に関するお問い合わせ

          - PR -