海外でのスマートなチップの渡し方〜コツさえ分かれば安心〜

| 旅の専門家がお届けする観光情報

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

海外旅行中は日本にはない習慣に出会うこともしばしば。特に「チップ」は、多くの人が一度は頭を悩ませたことがあるでしょう。どこで、どのように、いくら渡せばいいのか……特に初めて海外旅行に行く方は気になるものです。

ここではチップが必要な国や場所、さらに渡し方のコツなどをご紹介します。旅行前にチップの悩みを解決しましょう。

    なぜチップが必要なの?理由と背景

    なぜチップが必要なの?理由と背景

    提供元:unsplash

    https://unsplash.com/photos/-rF4kuvgHhU

    日本には馴染みのないチップ。チップとはサービスに対する心付けで、欧米や中東を中心に多くの国に存在する文化です。最近はアジアの一部の高級ホテル、レストランでもチップを払う機会が増えました。そもそも、なぜこのような文化があるのでしょう。

    チップ文化のある国ではレストランの食事代、ホテルの宿泊費などにサービス料が含まれていません。そのためサービス料に相当する部分をチップとして支払います。日本では食事代などにサービス料が含まれているので気づきにくいのですが、実際はすでに払っているものなのです。日本では「サービス=無料」というイメージがありますが、実際は有料のもの、と覚えておきましょう。

    なぜチップが必要なの?理由と背景

    提供元:unsplash

    https://unsplash.com/photos/mwHzM7qB7vk

    チップ文化のある国々では、ホテルやレストランの従業員の賃金が安く設定されています。そのためチップ=収入源であり、適正な価格のチップをもらわないと生活が立ち行かなくなってしまうため、サービスを受ける側がチップを支払う必要があるのです。

    またチップはサービス料を含む・含まないとは別に、サービスを受けたことに対するお礼として支払うこともあります。例えばレストランで特別な注文をお願いして叶えてもらった時などは、感謝の気持ちを示すためにチップを払いましょう。また迷ったら少なく払うよりは多少多めに払ったほうが吉。いい顧客として扱ってくれるはずです。

    チップの払い方 〜ホテル〜

    チップの払い方 〜ホテル〜

    提供元:unsplash

    https://unsplash.com/photos/_O_2XJp3cKs

    ここからは具体的なチップを払うシーンと払い方を、米ドルとユーロに限定してご紹介します。チップの額は国によって若干異なりますので、目安としてご覧ください。

    ホテルではチップを払う機会が多数。高級ホテルに泊まる場合はホテルのクラスに見合うよう、少し多めに払いましよう。

    ■ポーター
    →荷物1個につき1ドル(ユーロ)程度〜
    荷物を運んでもらったあとに手渡しします。特に重い荷物を運んでもらった時は多めに払いましょう。

    ■ベッドメイキング
    →1泊につき1ドル(ユーロ)程度〜
    枕元やサイドテーブルなどに置いておきます。客室の清掃担当は毎日変わるため、最終日にまとめてではなく、毎日置いておきましょう。

    チップの払い方 〜ホテル〜

    提供元:unsplash

    https://unsplash.com/photos/xhML-z8Trtk

    ■ドアマン
    →1〜2ドル(ユーロ)程度〜
    タクシーを呼んでもらった時などに手渡します。呼ぶのに手間をかけた時は多めに払っても良いでしょう。

    ■コンシェルジュ
    →2ドル(ユーロ)程度〜
    レストランの予約などでお世話になることも多いコンシェルジュ。対応後に手渡しましょう。難しいお願いをした場合は多めに。

    ※参考:2019年6月17日現在のレート
    1ドル=108.61円
    1ユーロ=121.75円

    チップの払い方 〜レストラン〜

    チップの払い方 〜レストラン〜

    提供元:unsplash

    https://unsplash.com/photos/E6HjQaB7UEA

    チップが必要なレストラン・カフェを見極めるポイントは、店員が注文を取りに来て・料理の上げ下げをしてくれるかどうか。ファストフードやコーヒーチェーンでは席を利用してもチップは必要ありません。

    一般的なレストラン・カフェでは15%〜20%程度、店員が何度も様子を伺いに来てくれるような高級なレストランでは20%を目安に払いましょう。

    自分で料理を取りに行くビュッフェレストランでも、店員が飲み物を運んだり、お皿を下げたりしてくれる場合はチップが必要。合計10%程度は払いましょう。

    なお旅行会社で発行されるミールクーポンにはあらかじめチップ(サービス料)が含まれています。原則チップは不要ですが、特別なお願いをした際は払いましょう。

    チップの払い方 〜レストラン〜

    提供元:unsplash

    https://unsplash.com/photos/-JJg90OAnWI

    チップを払う際は、まずは伝票にサービス料が含まれているかどうかを確認しましょう。「TIP」や「GRATUITY」といった項目がチップに相当します。チップが含まれていなければ、現金の場合は精算時にチップ分を加算して払います。お釣りがちょうどチップの額に相当するような場合は「お釣りはいりません」と伝えるのもよいでしょう(例:合計が13.5ユーロで15ユーロ払う)。精算時に大きなお札しかない場合は、精算後にお釣りから相当分を手渡ししても問題ありません。

    カード決済の場合もチップ分を加算した金額を伝えて、その額で払います。食事代はカード払い、チップ分は現金で払っても問題ありません。

    なお、バーでは提供されたあと、1杯に付き1〜5ドル(ユーロ)程度〜をバーテンダーに手渡します。

      チップの払い方 〜タクシー・エステなど〜

      チップの払い方 〜タクシー・エステなど〜

      提供元:unsplash

      https://unsplash.com/photos/RbEW8KnE2us

      以下のサービスもチップが必要です。

      ■タクシー
      荷物の積み下ろし時:1ドル(ユーロ)相当
      下車時:合計の15〜20%(端数は切り上げ)

      ■ショッピングモール、駅などの公共トイレ
      利用時(または利用後):50セント程度

      ■エステ・ヘアサロン・ネイルサロン
      精算時:合計の15〜20%(端数は切り上げ)

      ■オプショナルツアー
      ツアー後:ガイド代として5〜15ドル(ユーロ)相当

      上記以外にもプラスアルファのお願いをした際は多めにチップを払いましょう。

      チップを上手に払うコツ、気をつけたいこと

      チップを上手に払うコツ、気をつけたいこと

      提供元:unsplash

      https://unsplash.com/photos/8lnbXtxFGZw

      ここではチップを上手に渡す方法をご紹介します。

      <小銭は原則NG!チップ用に小額紙幣を準備>
      チップは紙幣で払うのが原則。例えば1ドル分の小銭をじゃらじゃらと渡すのは逆に失礼にあたります。お買い物をした際は、なるべく1ドル札など小額紙幣を手元に残しておきましょう。お財布に入れず、マネークリップを使ってチップ用により分けておくのもおすすめです。

      なおユーロは紙幣の最少額が5ユーロで、1ユーロと2ユーロのコインがあります。こちらの2つの硬貨については、チップで使用してもOKです。

      <二重払いに注意>
      レストランのところでも述べましたが、支払う前にかならず伝票を確認し、チップが含まれているかどうか確認しましょう。チップ文化のある国でも、最近はサービス料を込みにして伝票を用意するところもあります。あとから二重払いに気づいても返ってくることはありません。

      チップを上手に払うコツ、気をつけたいこと

      提供元:unsplash

      https://unsplash.com/photos/JRwK0oSYSqY

      <渡しすぎに注意>
      金額に迷ったときや良いサービスを受けた際に多少多めに払うのは問題ありませんが、理由なくサービスに見合わない高額のチップを払うのは控えましょう。トラブルの原因となります。

      <断わられたらすぐに引っ込める>
      チップが必要と思われる場面でも、企業の方針でチップを受け取らないお店もあります。店員が固辞するようなら、無理に押し付けてまで渡す必要はありません。

      ルールを知れば難しくない!

      一見難しそうに見えるチップですが、ルールは意外と簡単。慣れによる部分も大きいので、チップ文化のある国を訪れたらぜひチャレンジしてみましょう。チップが面倒なので、チップ不要なファストフードで済ませてしまった、というのはちょっと残念。しっかり覚えて海外旅行を楽しんでくださいね。

      ※掲載したチップの金額はあくまで一般的な目安となり、国、地域によって多少異なります。訪れる国が決まったらガイドブック等でご自身でもご確認いただくことをおすすめします。

        掲載内容は執筆時点のものです。

        - PR -

        旅行プランをさがそう!

        このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

        条件を指定して検索

        LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

        - PR -

        旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
        この記事に関するお問い合わせ

        - PR -