オーストラリアのWi-Fi事情 おすすめのインターネット利用方法は?

オーストラリアのWi-Fi事情 おすすめのインターネット利用方法は?

更新日:2019/07/06 11:20

SAORI GRAPHのプロフィール写真 SAORI GRAPH 現役弾丸バックパッカー、旅ライター、旅ブロガー

近代的な大都市に美しい自然、可愛らしい動物が魅力のオーストラリアは、海外旅行先として人気の高い国。

そんなオーストラリア旅行で気になるのが現地のインターネット事情。無料Wi-Fiはあるのか、別途ルーターをレンタルをした方が良いのか、ウルルでもインターネットは使えるのか等、気になる事が沢山ありますよね!

今回はオーストラリアのWi-Fi事情や、おすすめのインターネット利用方法をご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

気になる!オーストラリアのインターネット事情

気になる!オーストラリアのインターネット事情

提供元:unsplash

https://unsplash.com/photos/VM6iQeQB4DU

海外旅行で気になるのが、現地のインターネット事情。美味しいお店を調べたり、旅行中の写真をSNSにアップしたりと、インターネットが使えると旅行がより一層便利で楽しくなりますよね。

オーストラリアは比較的、旅行者がインターネットに接続しやすい環境が整っています。主要空港ではフリーWi-Fiが利用でき、都市部では図書館などの施設に公共Wi-Fiが設置され、無料で利用することができます。都市によっては街中や交通機関でもフリーWi-Fiが利用できるので、事前に訪れる都市の公共Wi-Fi情報を調べておくと安心です。

また「マクドナルド」や「スターバックスコーヒー」などのチェーン店でも、日本と同じようにWi-Fiが使えます。チェーン店でなくても店の入口付近に「Free WiFi」の表示があるカフェやレストランではWi-Fi利用が可能。

宿泊施設でもWi-Fiを設置しているホテルが増えていますが、ホテルによってはWi-Fi利用が有料だったり、時間制限がある場合も。ホテルでのインターネット接続を重視する場合は、予約前の確認をおすすめします。

気になる!オーストラリアのインターネット事情

提供元:Baillies Longitude 131

https://www.australia.com/ja-jp

では都市部以外のインターネット事情はどうなのでしょうか。例えば人気の観光地であるウルル(エアーズロック)は、オーストラリア大陸のほぼ中央、アウトバックと呼ばれる人口希薄地帯にあります。

ウルル観光の拠点となるエアーズロック・リゾート内や付近の宿泊施設では、フリーWi-Fiが設置されているので、ホテルでのインターネット利用には不自由しないでしょう。ただし一部の宿泊施設ではWi-Fi利用が有料となっているので事前に確認を。

またウルルのあるウルル-カタジュタ国立公園内は、ビジターセンター以外はほぼ圏外。現地の携帯電話会社と契約している場合や、プリペイドSIMを購入している場合は、部分的にネット接続する事もありますが、ほぼ繋がらないと考えておくのが無難です。

こうした事情を踏まえ、実際にオーストラリアでインターネットを利用する方法を次の段落から詳しくご紹介します。

方法1:フリーWi-Fiに繋ぐ

方法1:フリーWi-Fiに繋ぐ

提供元:unsplash

https://unsplash.com/photos/mSESwdMZr-A

まず、もっとも簡単にインターネットを利用する方法は、無料で利用できるWi-Fiを見つけること。

例えばシドニーやケアンズ、ブリスベン、メルボルンなどの主要空港ではフリーWi-Fiを利用することができます。フリーWi-Fiに接続するにはメールアドレス等の入力が必要ですので、接続方法はWi-Fi画面の案内に従って下さい。

また主要都市では公共のWi-Fi設置が進んでおり、図書館や博物館などの公共の施設で利用することができます。都市によっては街の中心部や、トラムやバス、フェリーといった交通機関でも利用できることも!(自治体により異なりますので、旅行前に確認しましょう)

その他、ファーストフード店やカフェ、レストランやホテルなど、フリーWi-Fiの表示がある場所で接続する事ができます。ただしオーストラリアは全てのホテルがフリーWi-Fiではなく、有料Wi-Fiであったり時間制限や利用できるエリアを限定しているホテルもあるのでご注意を。

方法2:海外用Wi-Fiルーターをレンタルする

方法2:海外用Wi-Fiルーターをレンタルする

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

2つ目は、現地で利用できるWi-Fiルーターをレンタルする方法。

レンタルWi-Fiは申し込むプランによりデータ容量の上限が決まっているので、使いすぎることもなく安心です。1台のルーターで最大5台程接続できるので、複数人での旅行では費用もお得に!出国前に空港で機器の受取や返却が出来るため、現地でWi-Fiを探し回ることも無く、スムーズに旅行できるのもメリット。使い方も丁寧に説明してくれるので、初めて海外でインターネットを利用する人にも使いやすい方法です。

また「データ容量を気にせず使いたい」という方向けに、レンタルWi-Fiの無制限プランを用意している会社もあります。利用人数や接続機器の台数、どのように利用するか(メールの送受信やSNS投稿だけか、動画を見たりゲームをしたりするのか)を考慮した上で、プランやレンタル会社を選ぶと良いでしょう。

Wi-Fiルーターは電池が切れるとインターネットに接続出来なくなるので、充電を忘れないように!

方法3:現地で利用できるプリペイドSIMを購入する

方法3:現地で利用できるプリペイドSIMを購入する

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

3つ目は、現地のSIMカードを購入し差し替える方法。現地でプリペイドSIMカードを購入し、普段使っているSIMカードと差し替えるだけでそのまま利用することができます。

SIMカードは空港や携帯電話ショップなどで購入可能。有効期間やデータ通信量によって料金は変わるので、滞在期間や用途に合わせて購入しましょう。SIMの差し替えや設定が分からない時は、店員さんにスマートフォンを渡して設定をお願いすればOK。現地でのやりとりに不安がある場合は、旅行前に海外で使えるSIMカードを購入しておくのも手です。

オーストラリアの大手キャリアは「Telstra(テルストラ)」「Optus(オプタス)」「Vodafone(ボーダフォン)」で、旅行で使うにはこの3社のプリペイドSIMが購入しやすいです。都市部での利用であればどの会社でも問題ありませんが、主要都市から離れる場合はカバー範囲の一番広い「Telstra(テルストラ)」がおすすめ。例として、「Telstra」では7日間2GBのSIMが10ドル(約757円)、「Optus」では5日間5GBのSIMが同じく10ドルで購入できます。(※2019年7月現在)

ただしこの方法は、SIMフリーのスマートフォンを使用している場合に限ります。

方法4:携帯電話会社の海外パケット定額サービスを利用する

方法4:携帯電話会社の海外パケット定額サービスを利用する

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

4つ目は、日本で契約しているスマートフォンをそのまま利用する方法。

契約しているプランにより異なりますが、各通信会社ごとに定額制のパケット通信プランが設定されています。料金や利用開始日の設定なども通信会社によって異なるので、利用時は事前に確認しましょう。旅行期間が長期になると、費用がかさむ場合があります。

旅行スタイル別!おすすめインターネット利用方法

旅行スタイル別!おすすめインターネット利用方法

提供元:unsplash

https://unsplash.com/photos/kSJTEv9w5l4

以上4つの方法をご紹介しましたが、「どの方法が自分に合っているのかしら?」と悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。ここでは旅行スタイルやインターネットの利用頻度によって、どの方法がおすすめかご紹介します。

<パッケージツアー、添乗員同行ツアーの場合>
観光が行程に組まれているので、旅行中にインターネットを利用して情報収集する必要はなさそうです。いつでもSNSやメールをチェックしたい方はレンタルWi-Fiがおすすめ。1日1回程度のチェックでよければホテルや公共施設等の無料Wi-Fiで十分でしょう。

<フリープラン、出張の場合>
旅先で情報収集をする必要がある場合は、レンタルWi-Fiがあると心強いです。さらに複数人での旅行や、出張の場合は大容量プランにしておくと安心。SIMフリーのスマートフォンを利用している場合は、現地プリペイドSIMの利用も快適です。

自分に合ったインターネット利用方法で、快適なオーストラリア旅行を!

オーストラリアの都市部では手軽にWi-Fiを利用できる場所も多いので、パッケージツアーに参加している場合はフリーWi-Fiだけでも旅行出来るでしょう。フリーツアーや個人旅行、出張など日本と同じように情報収集が必要であったり、安心してスマートフォンを使いたい方にはレンタルWi-Fiが最適と言えるでしょう。

ご自身にあった利用方法やプランを選んで、快適なオーストラリア旅行を過ごしてくださいね。

※2019年7月現在の情報です。旅行時には最新情報を必ずご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/12/25−2019/01/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -