クルーズ旅行の予約方法は?初めての方におすすめのツアーも

クルーズ旅行の予約方法は?初めての方におすすめのツアーも

更新日:2019/08/26 06:41

小浜 みゆのプロフィール写真 小浜 みゆ アラサー女子旅ライター、トラベルフォトグラファー、ドバイ好き旅人

「憧れのクルーズ船に乗ってみたい!」と思っても、初めてだとどこで予約したらいいかわかりませんよね。特に海外クルーズは「個人で簡単に予約できるの?」「ネットから予約できる?」など、疑問はつのるばかり。

今回はクルーズの魅力と予約方法をご紹介します。おすすめのクルーズや基本情報もご覧ください。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

クルーズ旅行の基本情報&流れ

クルーズ旅行の基本情報&流れ

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

観光地を優雅に船で巡る、クルーズ旅行。船上でエンターテインメントを楽しみながら、楽々目的地にたどり着けるという贅沢を体験できます。

さらに最近のクルーズ船は大進化を遂げていて、「クルーズ船に乗ること」が旅行の目的になります。基本の食事、エンターテインメント、プール利用料などが乗船料に含まれているため、料金を気にせず思いっきり遊べるのが特徴です。

クルーズ旅行の基本情報&流れ

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

クルーズというと高額な豪華客船のイメージが強いかと思いますが、1泊1万円〜で乗れるクルーズもあることをご存知でしょうか。料金・寄港地・泊数はクルーズによってさまざまで、日本発だけではなく海外発の船を含めると、選択肢が大きく広がります。

日本発なら台湾・韓国に行くクルーズは、3泊4日〜と短い期間で楽しめます。なかにはアラスカの氷河を目的に3週間クルージングするものや、数カ月かけて世界一周する、夢のようなクルーズも素敵です。

海外発なら中国やシンガポール発着のリーズナブルなアジア周遊クルーズ、アメリカ発着のカリブ海クルーズ、ヨーロッパ発着のエーゲ海クルーズ、ホノルル発着のハワイ4島周遊クルーズなど、選びたい放題。船や海上を楽しむ目的で、寄港地なしのクルーズもあります。

クルーズ旅行の基本情報&流れ

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

海外発着の場合、予約〜帰国までの大まかな流れは、こちらの通り。乗船時の手続き・楽しみ方は船によって異なるので、申し込み時に確認しましょう。

<クルーズ旅行の流れ>
クルーズ旅行の申し込み(数カ月前〜)
→期日までに入金
→飛行機で港のある都市へ(乗船前日or当日)
→港から乗船
→寄港地で一時下船
→寄港地から乗船
→最終目的地の港で下船
→下船した国から飛行機で帰国

今回は海外発・外国船のクルーズ旅行を中心に、ご紹介します。

クルーズ船って、そもそもどんな種類があるの?

クルーズ船って、そもそもどんな種類があるの?

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

クルーズ船はホテルのように船ごとにランクがあり、カジュアル・プレミアム・ラグジュアリーと大きく3つのクラスに分かれます。実は「船が巨大な豪華客船=高額」ではなく、船が大きいほど多くの客が乗れるため、客1人に対するクルーの数が減り、旅費が安くすむことも多いんですよ。

「まずクルーズ船というものを体験したい」という方であればカジュアルクラスを、「多くのクルーに囲まれ、至れり尽くせりのサービスを期待したい」という方であれば、ラグジュアリークラスをチョイスしましょう。

クルーズ船って、そもそもどんな種類があるの?

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

どの船に乗るか決めたら、次は客室選び。クルーズ船は客室によって料金が異なります。船という限られた空間のため、「広さ」や「海が見られるかどうか」で室料が変わってくるのです。

海が見えない客室は「内側」、窓から海が見える客室は「海側」や「オーシャンビュー」、客室から外に出られる客室は「バルコニー」や「ベランダ」という表記が一般的。贅沢な「スイート」もありますが、客室数が限られるため、予約が難しくなっています。

クルーズ船は退屈にならない仕掛けが盛りだくさんなので、コスト重視なら内側客室がおすすめ。ラグジュアリークラスは、全室オーシャンビュー&スイートルームという船もありますよ。

クルーズ船って、そもそもどんな種類があるの?

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

滞在時は、船の施設や食事を思いっきり楽しみましょう。先ほどもご紹介した通り食事や遊びは基本インクルーシブ、乗船料に含まれています。レストランでは思いっきりお腹いっぱい、豪勢な食事を味わえます。

無料で利用できるレストランの数や食事の回数は船によって異なるので、比較するポイントの一つ。無料・有料の施設やレストランを予約前に確認しておきましょう。基本的には、無料施設のみでたっぷり遊べます。

海外クルーズの予約方法は?その1:クルーズだけ予約

海外クルーズの予約方法は?その1:クルーズだけ予約

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

クルーズに行くことが決まったら、いよいよ予約です!予約の方法は、大きく「クルーズだけ予約する」「クルーズ+飛行機のツアーを予約する」の2つ。いまはインターネットでも簡単に予約ができます。

クルーズだけ予約する場合は、各クルーズ会社公式HPや旅行代理店から予約が可能。海外発着の場合、飛行機は別に予約することになります。各クルーズ会社公式HPでは1年以上前〜早期予約が可能で、特にクルーズ旅行に慣れている方向きです。外国船の場合、日本語HPがないケースもあります。

支払いは最初に予約金を入金し、後日残金を支払う流れが一般的。最初に表示されている料金に港湾税・政府関連諸税、船内チップなどが含まれていないことが多々あるので、総額のご確認を。キャンセル料は各船会社やプランによって異なるので、チェックしてから予約・入金を進めてくださいね。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

その2:ツアーを予約。飛行機つき・添乗員同行

その2:ツアーを予約。飛行機つき・添乗員同行

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

2つ目の方法が、旅行代理店で「クルーズ+飛行機のツアーを予約する」。現在主流の予約方法はこちらで、クルーズ旅行が初めての方におすすめです。クルーズ+飛行機を一緒に申し込めるツアーなら、ちょうど良いスケジュールを組んでくれるほか、空港から出発する港まで送迎がついてくることもあります。

特に言葉の不安がある方は、日本から添乗員が同行してくれるツアーを選ぶと安心。クルーズならではの手続き方法を、日本語で説明してくれます。

クルーズ+飛行機ツアーの場合、空港税・空港使用料や燃油サーチャージが旅行代金の他にかかることもあるので、総額を確認してくださいね。

どんなクルーズがいい?海外クルーズ旅行の選び方

どんなクルーズがいい?海外クルーズ旅行の選び方

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

世界中から出航している、さまざまなクルーズ船。どのクルーズに乗ったら良いのか、選び方をご紹介します。

1.寄港地で選ぶ

船旅の醍醐味の一つが、「遊んでいる間に、目的地に着く」という贅沢。アジア・地中海・カリブ海・中東・オセアニアなど、行ってみたい場所を選んでみましょう。

どんなクルーズがいい?海外クルーズ旅行の選び方

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

2.船で選ぶ

食事・エンターテインメントがインクルーシブのクルーズ船では、各船によって趣向を凝らしたサービスを提供してくれます。カジュアルクラスのクルーズ船であれば、例えば船上にアイススケート場がある「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」、イタリアの雰囲気を楽しめる「MSCクルーズ」、アジア・中華料理が美味しい「ワールド ドリーム」など、それぞれ魅力が異なります。

また、酔いやすい人は揺れにくい大型船を選ぶのがおすすめです。

どんなクルーズがいい?海外クルーズ旅行の選び方

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

3.日数で選ぶ

クルーズ旅行はショート〜ロングクルーズがあり、休日の日数に合わせて選ぶのもおすすめ。アジアクルーズであれば、3泊4日〜格安でクルーズを楽しめるツアーも充実しています。シンガポール・タイ・マレーシアを周遊できるクルーズは、人気の3カ国を一気に観光できますよ。

たっぷり遊べて、最高の思い出に。海外クルーズの楽しみ方

たっぷり遊べて、最高の思い出に。海外クルーズの楽しみ方

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

クルーズ船に乗ったことのない方は、「目的地に着くまで暇じゃない?」と思うかもしれません。でもそんな心配はご無用です。

大型客船にプール・ジャグジーがあるのは、ほぼ当たり前。ウォータースライダー、ジップライン、アイススケート、ロッククライミング、船上サーフィン、バスケットボール、卓球、ボウリング場、スパ、エステ、カジノなど、各クルーズ船によって楽しい施設で遊べちゃいます。

たっぷり遊べて、最高の思い出に。海外クルーズの楽しみ方

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

船内で上演される、質の高い無料ショーも見逃せません!ミュージカルやサーカスさながらのアクロバティックショーなど、お金を払って劇場に見にいくレベルのエンターテインメントを楽しめます。

たっぷり遊べて、最高の思い出に。海外クルーズの楽しみ方

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

アクティビティやショーを楽しんだあとは、海を眺めながらゆっくり過ごしましょう。船は360度オーシャンビューで、天気が良い日に眺める夕日はこの上ない美しさ。

また、クルーズ船は人との交流を楽しむこともできます。毎日会うクルーやたまたま出会ったお客さんとのおしゃべりは、心に残る思い出に。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

まずは予約から!初めての海外クルーズ旅行を楽しもう

クルーズ旅行がどれだけ楽しいか、百聞は一見にしかず。まずは予約することが第一歩です。憧れの海外クルーズ旅行を、今こそ体験してみてはいかがでしょうか?

2019年8月現在の情報です。予約方法などは利用するクルーズ船によって異なります。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -