東京からウラジオストクまでの行き方 直行便・経由便・市内へのアクセスについて解説

東京からウラジオストクまでの行き方 直行便・経由便・市内へのアクセスについて解説

更新日:2019/09/25 10:39

トラベルjp 編集部のプロフィール写真 トラベルjp 編集部

気軽にヨーロッパの雰囲気を味わえる、エキゾチックな港町ウラジオストク。ロシアの極東にあるこの都市の玄関口は、ウラジオストク国際空港です。

ここでは、直行便や経由便でウラジオストクまで行く方法と、到着した後の空港から市内までのアクセスをご紹介します。

海外渡航情報については、各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

ウラジオストクまで直行便はある?

ウラジオストクまで直行便はある?

写真:トラベルjp 編集部

東京からウラジオストクまでは、アエロフロート・ロシア航空、S7航空の直行便が運航されており便利です。関空からも直行便があります。

SU5481:成田13:05発→ウラジオストク16:25着(月)
SU5481:成田13:55発→ウラジオストク17:15着(土)
SU5481:成田14:05発→ウラジオストク17:25着(火・水・木・金・日)

SU5480:ウラジオストク11:05発→成田12:15着(月)
SU5480:ウラジオストク11:45発→成田13:00着(土)
SU5480:ウラジオストク11:55発→成田13:10着(火・水・木・金・日)
※時刻はいずれも現地時間

この他にS7航空が毎日運航しています。

※発着時間の情報は2019年9月2日現在、LINEトラベルjp調べ

ウラジオストクまでの経由便は?

ウラジオストクまでの経由便は?

写真:トラベルjp 編集部

東京からウラジオストクまでの飛行時間は約2時間半。東京、大阪からなら直行便が最も便利ですが、地方空港からなら韓国の仁川国際空港を経由する方法もあります。

仁川からウラジオストクまでは、アエロフロート・ロシア航空、S7航空の他に、韓国のコリアンエアー、アシアナ航空、イースター航空、済州航空などが運航。飛行時間は約2〜3時間。

ウラジオストク国際空港から市内までのアクセスは?

ウラジオストク国際空港から市内までのアクセスは?

写真:トラベルjp 編集部

東京からの便が到着するウラジオストク国際空港は、市内中心部から北東へ約50kmほど離れた位置にあります。市内までの移動は鉄道、バス、タクシーのいずれかになります。

■鉄道
アエロエクスプレスがウラジオストク中央駅と空港間を結んでいます。朝8時から17時半までの1日5往復で所要時間約55分。日本からの航空便は殆ど夕方着ですのであまり利用価値はありません。

■バス
空港を出て正面にバス乗り場があります。1日に10往復で20時まで運行されています。

■タクシー
タクシー乗り場か空港内のタクシー会社のカウンターで手配できます。市内中心部までの料金は、約1500ルーブル。到着ロビーには白タクの客引きもいるので注意しましょう。市内までは約1時間。

東京からウラジオストクまでの移動は旅のスタイルに合わせて決めよう

ウラジオストクまでのアクセスを解説しました。成田、関空から直行便があり約2時間半で行くことができます。また、韓国の仁川国際空港経由のロシア系、韓国系の航空会社を利用する方法もあります。

ご自身の旅のスタイルに合わせてウラジオストクまでの行き方を検討してみてくださいね。

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

エリア・カテゴリ別 記事リスト

このナビゲーターの記事一覧(国内)

このナビゲーターの記事一覧(海外)

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -