バリ旅行は何泊する?日数ごとのおすすめプランを解説!

| インドネシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バリ旅行は何泊する?日数ごとのおすすめプランを解説!

バリ旅行は何泊する?日数ごとのおすすめプランを解説!

更新日:2019/09/17 08:46

Yamaneco Mのプロフィール写真 Yamaneco M 旅ブロガー

「神々の島」とも呼ばれる癒しの南国リゾート・バリ島。独自の宗教・バリヒンドゥーの伝統文化、歴史的な遺跡や寺院、海や山の美しい自然など多彩な魅力に溢れています。観光名所以外にも、ヴィラ滞在にスパやヨガ、バリ雑貨のショッピングなど楽しみ方は盛りだくさん!

見どころの尽きないバリですが、旅行をするなら何日間がベスト?何泊で何ができる?短い滞在からゆったりステイまでバリを楽しめるプランをご紹介します。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

バリ島の基本情報

バリ島の基本情報

写真:Yamaneco M

地図を見る

1万4500以上の島々からなるインドネシア、そのほぼ中央に位置するバリ島。東京都の約2.5倍の大きさの島には様々な魅力満載のスポットがあり、世界中から年間に約570万人が訪れる人気のリゾート地です。その多彩な魅力でリピーターが多い海外旅行先としても有名!主な観光スポットは島の南部に集まっています。

バリ島の基本情報

写真:Yamaneco M

地図を見る

バリ島の人気観光エリアとしては、バリ島一番の繁華街で賑やかなクタ&レギャンをはじめ、美しい緑溢れる大自然と芸術が盛んな山間のリゾート・ウブド。

洗練されたショップやグルメが楽しめるお洒落エリア・スミニャック、海辺でのシーフード屋台が楽しめる高級リゾートと漁村の面影が共存するジンバラン、落ち着いた大人のリゾートが人気のサヌール、大型高級ホテルが立ち並ぶバリ島随一のリゾート地・ヌサドゥアなどがあります。

またお洒落なカフェやトレンドのショップが次々とオープンし、新しいトレンドエリアのチャングーも注目スポットです!

バリ島の基本情報

写真:Yamaneco M

日本からバリ島へのフライトは、直行便だと所要7時間半ほど。経由便だとシンガポール航空・マレーシア航空・フィリピン航空などアジア系航空会社が一般的で、アジア内で1回乗継ぎが必要。直行便よりも安く行くことはできますが、バリ到着までに時間がかかります。

※本記事では日本人旅行者が多く利用する往復とも直行便利用、往路夕方到着・復路夜出発となるスケジュールを基にしています。

バリ島で2泊4日!何ができる?

バリ島で2泊4日!何ができる?

提供元:pixabay

https://pixabay.com/ja/地図を見る

旅行会社のツアーでも2泊4日からというのが一般的で、バリ島旅行の最低限必要な日数だと言えます。直行便利用の場合、1泊目の夕方以降着・3日目の夜出発となるので実質現地での終日フリータイムは約2日間となります。

<1日目>朝、出発→夕方、バリ島到着。
<2日目>ウブド観光→ウルワツ寺院でサンセット&ケチャダンス鑑賞
<3日目>クタ&スミニャックを散策。夜、バリ島を出発。(機内泊)
<4日目>午前中、帰国

バリの主要観光スポットを押さえた駆け足プランで短い滞在でもバリ島観光を満喫しましょう!2日目は丸一日時間が使えるので、少し遠出するならこの日がベスト。効率良く観光するにはカーチャーターがおすすめです。3日目の最終日はフライトは夜発ですが、通常チェックアウト後でもホテルに荷物を預かってもらえることが多いのでディナーやスパなど出発ギリギリまで楽しみましょう。

バリ島で3泊5日の場合、どう過ごす?

バリ島で3泊5日の場合、どう過ごす?

提供元:moaru

https://www.moaru.net/地図を見る

バリ島旅行で多くの方が選択する最もスタンダードな日程が3泊5日。3泊5日の日程の場合、移動を除くと実質現地での終日フリータイムは3日間となります。

<1日目>朝、出発→夕方、バリ島到着。
<2日目>ウブド観光→ウルワツ寺院でサンセット&ケチャダンス鑑賞
<3日目>レンボンガン島へ
<4日目>クタ&スミニャックなど散策 夜、バリ島を出発。(機内泊)
<5日目>午前中、帰国

2泊4日の駆け足プランに更にもう1日終日観光できる日が増えるので、選択肢も広がります。南国リゾートのバリを訪れるなら、ぜひビーチも楽しみましょう。

サヌールから船で約40分、日帰りで行ける離島・レンボンガン島はフォトジェニックな場所も多く人気急上昇中の注目スポット!マリンアクティビティや、大自然のマングローブの森を探検、ビーチでのんびりなど美しいエメラルドグリーンの海と大自然を満喫できるおすすめの穴場リゾートです。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

バリ島で1週間の場合

バリ島で1週間の場合

写真:Yamaneco M

地図を見る

見どころの尽きないバリ島。時間が許すなら、1週間の日程を計画してみてはいかがでしょうか。実質現地での終日フリータイムは約5日間!バリ島の魅力を余すことなく楽しみ尽くしましょう。

<1日目>朝、出発→夕方、バリ島到着。
<2日目>クタ&スミニャックなど散策
<3日目>ウブド近郊観光
<4日目>ウブド市内散策。ウルワツ寺院でサンセット&ケチャダンス鑑賞
<5日目>レンボンガン島へ
<6日目>買い物、スパなどでゆったり 夜、バリ島を出発。(機内泊)
<7日目>午前中、帰国

バリ島の伝統文化やパワースポットなどの魅力が凝縮されたウブド。日帰りも可能ですが、1泊してゆっくり時間を過ごして欲しいエリアです。テガラランの美しいライステラスや自然景観が良いカフェでランチ、夜は伝統舞踊鑑賞、朝日を浴びながらモーニングヨガなども!

バリ島で1週間の場合

提供元:pixabay

https://pixabay.com/ja/地図を見る

1週間の日程だと他にもこんな過ごし方はいかがでしょうか?時間に余裕があるのでバリ島+離島との組み合わせもおすすめです。

遺跡派にはジャワ島のボロブドゥール遺跡、海派には山と海の雄大な大自然が楽しめるロンボク島、まだ日本人には馴染みが少ない秘境の美しい楽園・ギリ島などバリ島本島とはまたひと味違った雰囲気を味わうことができるのが魅力的ですよね。

バリ島で1週間の場合

写真:Yamaneco M

アクティブに色々な場所へ出かけるのももちろんいいですが、1日はのんびりDAYにしてとことんゆっくり過ごす日を作ってみるのもいいですね。ヴィラやホテルでゆったり寛いだり、ビーチに寝転がって海を眺めたり、スパで癒されたり、リゾートらしいリラックスした時間をお楽しみください。

短い滞在だとバリ島の観光に利便性の良いクタエリアでの滞在が便利ですが、1週間なら南部エリア内でもクタとサヌール、スミニャックとヌサドゥアなど宿泊エリアを変える分泊プランもおすすめです。

新婚旅行でバリ島へ行くなら何泊がいい?

新婚旅行でバリ島へ行くなら何泊がいい?

提供元:pixabay

https://pixabay.com/ja/

新婚旅行先としても人気が高いバリ島!ゆっくり2日、観光2日と最低4泊6日は欲しいところ。例えばこんなプランはいかがでしょうか。

<1日目>朝、出発→夕方、バリ島到着。
<2日目>スミニャックでお洒落なお店巡り。サンセットを見ながらロックバーで優雅なひとときを。
<3日目>ウブドへ。テガラランで絶景ランチ。可愛いバリ雑貨店&神秘的な寺院巡り。森の中のリゾートホテルで宿泊。
<4日目>ウブドからビーチエリアへ戻り、着後はヴィラでのんびり。プールやビーチでリラックスタイム。
<5日目>極上リゾートでゆったりスパ。夜、バリ島を出発。(機内泊)
<6日目>午前中、帰国

さらに現地で結婚式をするなら+1日、と考えて1週間ほどが理想的な日程です。

新婚旅行でバリ島へ行くなら何泊がいい?

提供元:pixabay

https://pixabay.com/ja/

物価が安いバリ島では高級リゾートにもお得に泊まれるので、新婚旅行なら滞在はやはりプライベートヴィラがおすすめ!景色が良い場所でキャンドルライトに囲まれながらのディナーなど、滞在も食事もハネムーンならではの2人でステキな時間を過ごせる場所を探してみましょう。

宿泊先や航空会社によってはウェルカムフラワーブーケやハネムーンスイーツなど、ハネムーン特典があることも!事前にリクエストが必要な場合がほとんどなので、予約時に確認してみてくださいね。

バリ島旅行へ行くなら、お休みは5日以上がベスト!

バリ島旅行の最低限必要な日数・4日間でもポイントを絞ってバリ島滞在を楽しむことはできますが、やはり魅力が盛りだくさんのバリ島では3泊5日以上がベスト!3泊5日以上の日程なら海も山もショッピングも満足度の高い滞在を楽しめるでしょう。バリ島で何がしたいか、ご自身の旅の目的とスケジュールに合ったバリ島旅行の計画をぜひ立ててみてくださいね!

2019年9月現在の情報です。空港によって出発、帰国時間が異なります。フライトスケジュールが変わる場合もあるため、行程はあくまでも参考としてご覧ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -