アライバルビザって何?簡単に取得できるの?

アライバルビザって何?簡単に取得できるの?

更新日:2019/12/03 10:39

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

ビザ(査証)とは自国以外の国を訪れる際に必要なもの。しかし日本のパスポート所持者は多くの国でビザを免除されていて、2019年11月現在のその数は何と190か国!

この190か国にはアライバルビザを取得して入国できる国も含まれますが、「アライバルビザ」とは何でしょうか?どの国で取得できるのでしょうか?海外旅行初心者の方に向けてご説明します。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

アライバルビザとは?

アライバルビザとは?

写真:LINEトラベルjp 編集部

ビザとは「入国を許可する証書」となるもので、本来は渡航前に取得して入国時に提示する必要があります。しかし日本は多くの国と査証免除協定を結んでいるため、日本のパスポート所持者は短期観光なら各国へビザなし渡航が可能です。ただし、渡航目的が留学や商用、観光でも長期滞在する場合は、ビザが免除されている国でも学生ビザや商用ビザなどの取得が必要です。

ブータンやガーナなど、渡航目的に関わらずビザ取得が必須となる国を訪れる際には、出発前に各国の駐日外国公館(大使館、総領事館)でビザを申請、取得しなくてはいけません。

ただし、ビザが必要な国の一部には現地到着時に空港で取得可能な国があり、これが「アライバルビザ(Visa on Arrival、VOA)」と呼ばれるものです。

アライバルビザが取得できる国

アライバルビザが取得できる国

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

日本のパスポート所持者がアライバルビザを取得できる国はどこでしょうか?以下、一部の国を抜粋してご紹介します*。

・インド
・カンボジア
・スリランカ
・ネパール
・パキスタン
・モルディブ
・ジンバブエ
・パプアニューギニア

本記事では、日本人観光客に人気の「インド」「カンボジア」のアライバルビザ取得方法についてご紹介します。

*2019年11月現在。最新情報を必ずご確認ください。

アライバルビザの取得方法:インド

インドでは2017年から“日本人向け到着時ビザプログラム”が始まり、観光目的で滞在期間が60日以内の渡航であれば、到着空港でビザの取得が可能です。

ただし、運用空港がバンガロール、チェンナイ、デリー、ハイデラバード、コルカタ、ムンバイに限られていること、パスポートの有効期間が6ヶ月以上、帰国便のチケットを提示するなど条件があるので、インド大使館のHPを必ず確認してください。

またアライバルビザでは滞在期間の延長、他の種類のビザへ変更ができない点も注意しましょう。

アライバルビザの取得方法:インド

提供元:Pixabay

https://pixabay.com/ja/

アライバルビザの申請書は、インド大使館のHPからダウンロード、もしくは現地の空港でも入手可能です。航空会社によっては機内で配布されます。用紙はもちろん英語表記なので、事前にプリントアウトして記入した方が安心でしょう。

現地空港に到着したらビザカウンターへ行き、記入済みの申請書と入国カード、パスポートを提示。ここでビザ発給担当官による審査があります。

問題なければカウンターを移動し、ビザ申請料を支払います。申請料は1人2000ルピー(約3000円)で、子供も同額です。アメリカドル、日本円、クレジットカードの支払いも可能。支払いが終わればパスポートにスタンプが押され、晴れてインド入国です!

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

アライバルビザの取得方法:カンボジア

アンコールワットをはじめとする遺跡観光が人気のカンボジアも、ビザの取得が必要な国のひとつ。現地の空港で申請すると、30日間滞在可能なツーリストビザを取得することができます。

運用空港はプノンペン、シェムリアップのみで、有効期間が6ヶ月以上のパスポートが必要。顔写真(パスポート写真と同様のもの)1枚を用意することとされていますが、写真がなくても問題なかった、1〜2ドル支払えば取得できたなど、担当官の対応によってバラつきがあるようです。ただし急に制度が変わることもあるので、念のため持参しましょう。

アライバルビザの取得方法:カンボジア

提供元:AdobeStock

https://stock.adobe.com/jp/

現地空港に到着したら、アライバルビザのカウンターへ。2019年6月にカンボジアの出入国カードが一新され、ビザ申請書も兼ねたイミグレーションカードになりました。書類をダウンロードしたり、現地到着時に記入したりする必要はありません。機内でカードを受け取って、到着前に記入しておけば手続きがスムーズです。

申請カウンターにパスポートとイミグレーションカードを提出し、ビザ取得料金の30ドルを支払います。アメリカドルで支払うため、日本で両替をしておくか空港ATMで現金を引き出せるようクレジットカードを持って行きましょう。

所要時間は約10〜20分と言われていますが、到着便が集中した場合などは時間がかかることが予想されます。

【番外編】アライバルビザの取得方法:ベトナム

ベトナムは短期の旅行であればビザは不要ですが、15日以上の滞在や、前回ベトナムを出国してから30日以上経過していない場合はビザが必要です。条件だけを聞くと無縁のようにも思われますが、ベトナムにビザなしで入国し、タイやカンボジアなど近隣国を旅行するため出国、再度ベトナムに再入国、というパターンが該当するので要注意。

アライバルビザの申請には招聘状(インビテーションレター)という書類が必要です。代行会社を通じて取得する必要があるため、インドやカンボジアのように“何の手続きもせずに現地で取得”ということができない、という点に注意しましょう。

アライバルビザで注意すること

ビザの要件は情勢によって予告なしに変わることが多いため、常に最新情報を得るようにしましょう。SNSの書き込みやブログの体験記ではなく、大使館や総領事館のHPなどで、正確な情報をチェックするのが重要です。

また、到着便が集中したときなど、ビザ取得カウンターが大混雑する場合もあります。書類の記入に手間取ってしまうと、貴重な滞在時間をロスしてもったいないですね。現地ガイド同行ツアーを利用する場合は、同じツアーの参加者と現地ガイドを待たせてしまうことにもなります。

アライバルビザで注意すること

写真:LINEトラベルjp 編集部

言語に不安のある方や旅行初心者の方は、少々割高でも日本であらかじめビザを取得しておく方が安心です。インドやカンボジアのビザはインターネットを使ったe-VISAで申請すれば、わざわざ大使館へ行く必要はありません。

旅行会社のツアーで参加する場合は、どのような方法でビザを取得するのがいいか事前に相談してもよいでしょう。手数料がかかりますが旅行会社でも代行取得してもらえるので、とにかく手続きが不安という方はあわせて確認を。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

最新のビザ情報を必ず確認!

スリランカの観光ビザが2020年1月31日まで取得料が無料、ミャンマーは2020年9月30日まで観光ビザ免除など、各国でさまざまな施策が行われています。また、取得が楽なe-VISAを導入する国も増えています。

条件に当てはまる人がアライバルビザの取得に失敗、ということはあまりないようですが、取得条件は急に変わることがあります。パスポートの査証欄の残りページが足りない、過去の渡航歴が原因で却下される、ということも。

ビザの情報は目まぐるしく変わるため、渡航前に必ず最新かつ正確な情報を確認するようにしましょう。

※本記事はアライバルビザの概要を説明したもので、2019年11月現在の情報です。
※写真はイメージです。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -