フィリピン旅行のベストシーズンは?気候や服装も詳しく解説!

フィリピン旅行のベストシーズンは?気候や服装も詳しく解説!

更新日:2019/12/09 10:28

aki sakuraのプロフィール写真 aki sakura フィリピン在住ライター

東南アジアの島国、フィリピン。常夏のイメージのあるフィリピンですが、南北に細長く、高い山も多いため、地域によってその気候は異なります。では、どの時期に旅行するのがベストなのでしょうか。ここでは、地域や目的毎に、フィリピン旅行のベストシーズンをご紹介していきます。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

フィリピンの気候は?

フィリピンの気候は?

写真:aki sakura

地図を見る

・マニラの気候
1年の平均気温が26〜27度と暖かい熱帯性気候のフィリピンですが、マニラのあるルソン島の一部などでは大きく2つのシーズンに分かれます。

【雨季:6〜11月】
雨季の雨は熱帯性気候らしいスコール。一日中降り続けるというよりは、激しい雨が突然降りだし、1〜2時間程度で止むことが多いです。マニラ首都圏内であっても排水設備が整っていないところがあり、スコールの後は至る所で道路が冠水します。雨季の中でも7〜10月は台風シーズン。最近では11〜12月にも台風が到来することがあり、急な天候の変化に注意が必要です。折り畳み傘は必ず持ち歩くようにしましょう。

【乾季:12〜5月】
雨が少なく、晴れた日が続きます。特に3〜5月は1年で最も気温が上がる時期で、フィリピンではSummer(真夏)と呼ばれます。この時期の平均気温は32度程度。日本の真夏ほど湿度が高くないため、暑いながらも比較的過ごしやすいです。ただ、紫外線が非常に強く、帽子や日傘、日焼け止めなどの対策が必要です。また熱中症になりやすいので、こまめに水分補給をすると良いでしょう。

フィリピンの気候は?

写真:aki sakura

地図を見る

・セブの気候
マニラほど雨季と乾季がはっきりと分かれておらず、1年を通して比較的雨が少ないのが特徴です。6〜7月頃は降水量が増え、スコールが断続的に降ることがありますが、マニラほど台風の直撃は多くありません。また、8月頃になると、季節風の影響で海が少し荒れることがあります。

フィリピンのベストシーズンは?

・マニラのベストシーズン
フィリピンの中心都市、マニラ首都圏は雨季と乾季が分かれています。乾期の中でもSummerと呼ばれる3〜5月は気温が上がるので、街歩きには12〜2月が良いでしょう。

キリスト教徒が大多数を占めるフィリピンではクリスマスを盛大に祝う文化があり、9月頃から街も店も華やかに装飾され、クリスマスソングが流れ始めます。特に12月は街に活気があって賑やかですが、渋滞がひどくなり、場所や時間帯によっては治安が悪化します。また、台風が到来する可能性もあるので、この時期に訪れる際にはご注意ください。

フィリピンのベストシーズンは?

提供元:Pixabay

https://pixabay.com/ja/

・セブのベストシーズン
フィリピンの人気ビーチリゾート、セブ。年間を通して比較的降水量が少なく、どのシーズンでも楽しむことができますが、おススメは1〜5月。快晴となる日が多く、空も海も穏やかです。

毎年1月第3日曜日には、フィリピン最大の祭典のひとつ、シヌログ祭がセブで開催されます。キリストの子ども時代を模した像「サントニーニョ」を称えるキリスト教のお祭りで、国内外から多くの観光客が訪れます。ただし、会場周辺では大規模な交通規制やテロ対策の通信規制が行われ、また、ボートパレード実施のためにアイランドホッピングなどの予約が取りづらくなります。セブ市内のホテルも早めに予約した方が良いでしょう。

アクティビティ別のベストシーズンをご紹介!

アクティビティ別のベストシーズンをご紹介!

提供元:Pixabay

https://pixabay.com/ja/

基本的には乾季がベストでも、旅行の目的によって最適な時期は異なります。ここでは、アクティビティ別にベストシーズンをご紹介していきます。

・ダイビング
【モアルボアル】
イワシの大群(イワシトルネード)や、それを狙うニタリザメやイソマグロなどを見ることができます。海底を埋め尽くす美しいサンゴも見どころ。ベストシーズンは海況が安定している4〜6月と10〜11月です。

【マラパスクア】
世界で最もニタリザメの遭遇率が高い海として人気のエリア。ニタリは1年を通して見ることができますが、マラパスクアのベストシーズンは3〜5月です。

【エルニド】
フィリピン最後の秘境と呼ばれるエルニドには綺麗なサンゴ礁が広がり、豊富なマクロ生物を見ることができます。ベストシーズンは気候や海況が安定している4〜5月です。

【ボホール】
ギンガメアジやバラクーダなど大物回遊魚の群れからマクロ生物まで見どころ満載。比較的海況が安定しているのは1〜3月と6〜7月です。

【ボラカイ】
4kmにも及ぶ白浜ビーチが有名ですが、多数のダイビングスポットがあり、ウミウシ、カエルアンコウなどのマクロ生物が充実。ベストシーズンは2〜4月です。

アクティビティ別のベストシーズンをご紹介!

提供元:Pixabay

https://pixabay.com/ja/

・アイランドホッピング(セブ)
7,000を超える島から成るフィリピンならではのリゾートアクティビティ。ボートに乗ってセブ島近海の離島に渡り、サンドバーと呼ばれる美しい白浜やエメラルドクリーンの海、シュノーケリング、BBQを楽しみます。ベストシーズンは比較的降水量の少ない1〜2月。1年の中で気温が低く、過ごしやすい時期です。

・コルディリェーラの棚田群
「天国への階段」と称される世界最大級の棚田、世界文化遺産のコルディリェーラ。「世界8番目の不思議」とも言われ、約2000年前に、イフガオ族が神への捧げものとして造ったという神話があります。コルディリェーラ山脈があるのは、ルソン島中央のバナウェ地区。最も美しい風景が見られるのは黄金期と呼ばれる6〜7月ですが、雨季は足元が悪くなり、また雨の影響で山の斜面が雲で隠れてしまうことも多いため、乾季(1〜5月)の来訪がベストです。

フィリピン旅行での服装は?

雨季と乾季の違いはありますが、1年を通してフィリピンは夏。服装は夏服で問題ありません。ただし、空港やショッピングモール、レストランなど、室内は冷房がかなり効いていて寒いことがあります。カーディガンや薄手のパーカーなど、長袖の羽織るものを1枚持っておくと良いでしょう。

ドレスコードがある場所は限られていますが、高級ホテルやレストラン、カジノなどに行く場合は、相応しい装いで行きましょう。反対に、ローカルマーケットやマニラ郊外に行くような場合は、Tシャツ・ジーンズのような、できるだけカジュアルな服装の方が安心です。防犯のため、華美な服装は避け、ブランドものやアクセサリーは身に着けないようにしましょう。

フィリピン旅行での服装は?

写真:aki sakura

地図を見る

足元は歩き慣れたスニーカーやサンダルがおススメです。フィリピンの道は整っていないことが多く、スコールの後は道路が冠水することもあります。サンダルは雨に濡れても気にせず歩けますが、水たまりの中を歩くのは衛生面で心配があります。シーズンや目的地に応じて用意しましょう。

そのほか、雨季はスコールに備えて折り畳み傘が必須。また、蚊を媒介して感染するデング熱に備え、虫除けスプレーや虫刺され薬があると安心です。一方で、乾季は日差しが強いので、帽子や日傘、サングラスなどがあると良いでしょう。海やプールではラッシュガードが活躍します。

シーズン・エリアで異なるフィリピンの魅力を満喫!

雨季と乾季、2つのシーズンがあるフィリピン。ベストシーズンに訪れることができれば一番良いですが、それ以外の時期でも楽しめる観光スポットは沢山あります。台風シーズンには注意して、どのエリアに行きたいか、どんなアクティビティを楽しみたいかを考えながら、旅行の計画を立ててみてくださいね。

2019年12月現在の情報です。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -