東京〜大阪間を安く移動するには?“早く安く”行く方法は?

東京〜大阪間を安く移動するには?“早く安く”行く方法は?

更新日:2019/12/20 09:11

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

東京〜大阪間を移動する交通機関は主に、高速バス、飛行機、新幹線、在来線があります。さて、どれが一番安く行けるでしょうか?

安く行けても時間がかかるのはちょっと……という方向けに、所要時間もあわせてご紹介。安く購入するためにおすすめしたい、パッケージツアーの選び方もご案内します!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

東京〜大阪間の移動で一番安いのは高速バス

東京〜大阪間の移動で一番安いのは高速バス

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

東京〜大阪間をとにかく安く移動したいなら、やっぱり高速バス。平日出発の夜行バスであれば2000円を切るような破格の料金設定があることも!学生の長期休み、帰省シーズンなどは価格が上がりますが、それでも1万円以上になることはほぼありません。

ただし乗車時間が長く、停車回数によって7〜10時間ほどかかります。お値打ちなバスはシート幅が狭い、車内にトイレがない、ということも。予約する前にバスの車両設備を必ず確認しましょう。

飛行機で安く移動するには?

飛行機での移動なら、東京都心からだと羽田空港、大阪は伊丹空港か関西空港を利用するのが一般的。

航空会社や航空券の種類、搭乗時期によって異なるものの、料金はエコノミークラスで片道およそ1万円から。このほかに国内線旅客施設使用料、ネット予約なら手配手数料がかかります。

格安航空会社(LCC)では5,000円を切るような破格の航空券が登場することもありますが、就航しているのは成田空港〜関西空港の路線のみです。

飛行機で安く移動するには?

提供元:Pixabay

https://pixabay.com/

東京〜大阪間のフライト時間は1時間10分ほど。自宅〜空港、空港〜目的地までの移動時間を足しても、高速バスより早く移動できます。

しかし金額にはかなりの差が出るので、飛行機移動を検討するなら早割航空券を狙いましょう。各航空各社では早めの申し込みがお得となる、早期割引の運賃を設定しています。ただし早割航空券は変更不可、取消手数料が高い、などの制約があるのでご注意を。

東京〜大阪間はビジネス利用の乗客も多いので、ビジネス客が移動しやすい時間帯のフライトは料金設定が高めになる傾向があります。早朝フライトなどは比較的お値打ちなので、頑張って早起きしてみてはいかがでしょうか。

新幹線で安く移動するには?

東京〜大阪間で新幹線のぞみの普通指定席を利用すると、片道14,720円。自由席だと13,870円です。駅窓口や自動券売機で購入する新幹線のきっぷの料金は一定で、指定席を利用する場合のみ繁忙期に200円高く、閑散期に200円安くなります。

新幹線で安く移動するには?

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

ネット予約サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」では会員向けに、かなりお値打ちな早特商品が販売されています。例えば「EX早特21」を利用すると、のぞみ普通指定で11,200円。

さらに、旅行会社のジェイアール東海ツアーズが販売する「ぷらっとこだま」という旅行商品を使えば、こだま普通指定席になりますが10,700円で1ドリンク付きとお値打ち。

いずれも購入箇所が限られていて、決められた列車の中から選ぶ、乗り遅れ無効、など条件が多いため、各公式サイトを必ずご確認ください。

新幹線で安く移動するには?

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

東海道新幹線の列車は3種別あります。一番早く移動できるのが「のぞみ」で、乗車時間は約2時間半。のぞみより停車駅が多い「ひかり」は約3時間、各駅停車の「こだま」は約4時間かかります。

飛行機の速さは魅力ですが、お住まいの地域によってはJRの移動の方が近くて便利、という方も多いのではないでしょうか。新幹線と飛行機の比較については、リンクの記事をお読みください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

JRの在来線で行くという方法もある!?

大阪〜東京間をJR在来線を乗り継いで行く、という方法もあります。新幹線や特急に乗らなければ、かかるお金は乗車券の運賃のみで片道8,910円。

ただし、とにかく時間がかかるのがネック。4回以上は列車の乗り換えが必要で、トータルで9〜11時間ほどかかります。高速バスとの価格差も考えると、あまりお得な方法とは言えません。

JRの在来線で行くという方法もある!?

提供元:Unsplash

https://unsplash.com/

ただし、春・夏・冬に発売される青春18きっぷを使うとなると、話は変わってきます。JRの快速、普通列車に乗り放題のきっぷで、5日間分の乗車券がセットで12,050円。1回あたりで考えると、何と2,410円!

注意したいのは、5回分が1枚のきっぷになっている点。バラバラで使えないので、複数人で一緒に旅行する、1人で期間内に5日は使う、という場合にのみ割安になります。発売期間が限られていること、使用開始後は余っても払い戻しができないなど注意が必要です。

飛行機・新幹線移動はパッケージツアーが安い

先ほど、飛行機だと片道約1万円から、新幹線の場合は片道約1万4千円ほどかかるとご説明しました。飛行機でも新幹線でもとにかく早く安く行きたい方におすすめは、パッケージツアーです!パッケージツアーなら往復の航空券と1泊宿泊代込みで2万円台という商品があります。

また、羽田空港〜神戸空港を結ぶスカイマークを利用するツアーは比較的お値打ち。神戸空港から大阪駅までは電車を乗り継いで1時間ほどです。

パッケージツアーだとマイルが貯まらない、もしくは貯まっても一部のみ、という商品があります。マイルを貯めている方は事前に確認しましょう。

飛行機・新幹線移動はパッケージツアーが安い

提供元:Pixabay

https://pixabay.com/

新幹線利用のパッケージツアーは各駅停車のこだま利用がお値打ちで、1泊2日で2万円を切る商品も!日帰りのツアーもありますが、こちらはひかりとのぞみ利用がメインでおよそ2万円から設定があります。個別に買うよりかなり安くなりますね。

特に、商品の説明に「限定列車」などと書かれたコースがお値打ちですが、決められた時間内から列車を選択する必要があり、列車の変更不可、乗り遅れ無効など規定があります。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、東京ディズニーリゾートなどテーマパークへの旅行を検討している方にもパッケージツアーがおすすめ。パークチケットが含まれている格安な商品もありますよ!

東京〜大阪間を安く行くなら、比較サイトを活用!

とにかく安く行くなら高速バス。早く安く行くということであれば飛行機、新幹線のパッケージツアー利用がおすすめです。(高速バス利用のパッケージツアーもあります)

パッケージツアーは各旅行会社が取り扱っているので、ご自分のプランにピッタリな商品を検索して比較するのがポイント。旅行比較サイトを活用しましょう。下のリンクからチェックしてくださいね。

2019年12月現在の情報です。本記事は概要を説明したものとなり、各航空券、ツアー商品等により価格、内容は異なります。予約時には必ず公式サイト等の情報を確認してください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -