西表島は何日間あれば楽しめる?おすすめ泊数を紹介

西表島は何日間あれば楽しめる?おすすめ泊数を紹介

更新日:2020/03/23 08:41

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

八重山諸島の中で最も大きく、島の90%が亜熱帯性のジャングルに覆われた西表島。島内には広大なマングローブ林が広がっており、天然記念物のイリオモテヤマネコなど珍しい動物が生息する貴重な自然の宝庫です。

さて西表島旅行を満喫するには、何日間必要なのでしょうか。おすすめの日数や過ごし方、旅行日数の決め方のコツをご紹介します。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

西表島へのアクセス、現地での主な交通手段は?

西表島には空港がなく、八重山諸島観光の拠点である石垣島から高速船、またはフェリーで島に渡ります。西表島には上原港、大原港の2つの港があり、所要時間は下記の通りです。

・上原航路(石垣島〜上原港)
高速船で約40分、フェリーで約105分

・大原航路(石垣島〜大原港)
高速船で約35分、フェリー約45分

※天候等により、所要時間は変動します

西表島へのアクセス、現地での主な交通手段は?

提供元:pixabay

https://pixabay.com/ja/

観光スポットが点在していて坂道も多い西表島。観光にはレンタカーを利用するのがおすすめです。特典でレンタカーがセットになったパッケージツアーもありますよ。レンタルバイクやレンタサイクルを利用してもよいでしょう。この他、観光タクシー、観光バス、路線バスなどが運行しています。

西表島を満喫するなら1泊以上がおすすめ!

石垣島から西表島行きの船は1日に多数運航しているため、日帰りでの観光も可能。しかし見どころが点在しており、カヌーやハイキングなど体を使ったアクティビティが多いことから、1日に観光できるスポットはどうしても限られてしまいます。そのためゆとりを持って、最低1泊2日のスケジュールを組むことをおすすめします。

西表島を満喫するなら1泊以上がおすすめ!

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

ここでは1泊2日で西表島を観光した場合の過ごし方をご紹介します。

<1日目>
石垣島からフェリー・高速船にて出発し、お昼前に西表島・大原港に到着。レンタカーを借りてランチを済ませたら、仲間川のマングローブクルーズに出かけましょう。その後は大原港近くの水中観光船や、水牛車で渡る由布島など島の南東部を中心に観光しましょう。夜は星空鑑賞&ナイトジャングルツアーに参加するのもおすすめです。

<2日目>
沖縄一の落差を誇るピナイサーラの滝やサンゴでできたバラス島、シュノーケリングが楽しめる星砂の浜など、西表島の観光を満喫。石垣島へ戻る船は大原港、上原港いずれも17時台には終了するため、時間に気をつけてスケジュールを組みましょう。

3泊4日、4泊5日あればどんな風に過ごせる?

西表島に3泊以上滞在するのであれば、終日フリーとなる2日目にジャングルトレッキングや、陸路では行くことができないイダの浜へ行ってみるのもよいでしょう。ホテルやビーチでゆったりする時間を作るのもおすすめです。

3泊4日、4泊5日あればどんな風に過ごせる?

提供元:Adobe Stock

https://stock.adobe.com/jp/

また5日間以上お休みを確保できるなら、西表島以外の離島も含めてじっくり八重山諸島観光を楽しむのもおすすめ。5日間で八重山諸島をめぐる場合の例をご紹介します。

<1日目>
お昼過ぎに石垣島に到着し、終日石垣島観光

<2日目>
西表島に1泊して2日間観光、または西表島とその他の離島を1日ずつ観光

<3〜4日目>
小浜島、竹富島など石垣島周辺の離島を観光
※訪れる観光スポットを絞れば、1日に2島訪れることもできます

<5日目>
午前中に石垣島を観光し、午後のフライトで出発

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

知っておくと便利!西表島旅行・日程決めのコツ

さまざまな過ごし方ができる西表島。ここまで必要な日数の目安を紹介しましたが、その他に日程を決めるコツをご紹介します。

・オプショナルツアーを活用しよう
見どころが島内に点在する西表島は、現地オプショナルツアーに参加するのがおすすめ。スポット間を車で移動でき、マングローブクルーズなどのアクティビティを個別に申し込む必要もありません。西表島に1日しか滞在できない場合でも、現地ツアーに参加すれば見どころを効率よく観光できますよ。

知っておくと便利!西表島旅行・日程決めのコツ

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

・子連れの場合は無理のないスケジュールで
長めのフライトに加え、船でのアクセスが必要となる西表島。体力のない小さなお子さんの場合、長い移動時間やいつもと違った環境に疲れてしまい、体調を崩してしまうこともあります。1日に予定を詰めすぎない、体調次第で臨機応変に対応できるようなスケジュールにする、といった工夫をしましょう。

なお子連れの沖縄旅行に必要な持ち物はこちらで詳しく紹介しています。

知っておくと便利!西表島旅行・日程決めのコツ

提供元:pixabay

https://pixabay.com/ja/

・梅雨、台風シーズンにご注意を
沖縄の梅雨は例年5月中旬〜6月中旬ごろ。ゴールデンウィーク後で比較的旅行代金がお得な時期ですが、天気によっては滞在中ずっと雨で思うように遊べない、高速船が欠航してしまった、などのハプニングが起こることもあります。

台風シーズンの7〜10月も、台風の進路状況によっては急な予定変更を迫られる場合があります。悪天候でもスケジュールを調整できるように余裕を持った日程にしておく、可能であれば旅行の翌日も1日休みにしておくといった工夫をしておくと安心です。

西表島旅行は1泊以上がおすすめ!

西表島を訪れるなら1泊以上がおすすめ。2泊以上できればさらにじっくり西表島を観光したり、その他の離島へ足を延ばしたりすることができますよ。旅行のスケジュールや同行者の年齢、どんな過ごし方をしたいかにあわせて、自分好みの旅行日数にアレンジしましょう。

※2020年3月現在の情報です。フライトや高速船のスケジュールは変わる場合もあるため、行程はあくまでも参考としてご覧ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -