タヒチ旅行は何泊がおすすめ?おすすめ旅行日数を解説

タヒチ旅行は何泊がおすすめ?おすすめ旅行日数を解説

更新日:2020/05/05 07:58

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

南太平洋に浮かぶ南国の楽園、タヒチ。タヒチは118の島からなるフランス領ポリネシア最大の島で、首都パペーテや国際空港がある観光の拠点です。特にボラボラ島やモーレア島といった離島の海の美しさは格別で、ハネムーナーを始めあらゆる世代に大人気のビーチリゾートです。

さてタヒチ観光を満喫するためには、何泊・何日あればよいでしょうか。おすすめの過ごし方や、離島を訪れる場合のスケジュールをご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

タヒチへのアクセス、現地での交通手段は?

東京・成田から首都パペーテのあるタヒチ島まではエア・タヒチ・ヌイの直行便が週2便運航。所要時間は約11〜12時間で、19時間の時差があるため、行きは夕方に日本を出発し同日の朝にタヒチに到着、帰りは朝出発して翌日の昼過ぎに日本に到着します。

タヒチ島からボラボラ島などの離島へ移動する場合は、国内線を利用するのが基本。最も近いモーレア島は船で渡ることができます。

タヒチへのアクセス、現地での交通手段は?

提供元:pixabay

https://pixabay.com/ja/

タヒチ島内の最もメジャーな交通手段はタクシー。空港やショッピングモール等にはタクシー乗り場があり、ホテルやレストランでタクシーを呼んでもらうこともできます。政府の規定で料金が決まっているので、交渉する必要がないのが安心ですね。料金は停留所等で確認でき、夜間は日中に比べて料金がアップします。

また各ホテルが市内まで運行しているシャトルバスや、トラックを改造したル・トラックなどがあります。特にル・トラックは地元の人々も利用するタヒチ島唯一の公共交通機関で、タクシーに比べて割安。物価が高いタヒチにおいては、心強い存在です。

タヒチといえばやっぱり離島!基本は4泊6日

日本からタヒチへのフライトは月・土曜日、タヒチから日本へのフライトは金・日曜日に運航しています。そのため月曜日に出発し、金曜日の帰国便を利用する4泊6日が一般的です。

4泊6日でおすすめの過ごし方は、離島に3泊、タヒチ島に1泊するパターン。3泊あればゆったり離島ステイを満喫できますよ。ボラボラ島で過ごす場合の例をご紹介します。

※2020年3月27日〜2020年6月30日のフライトは運休です

タヒチといえばやっぱり離島!基本は4泊6日

提供元:pixabay

https://pixabay.com/ja/

<1日目>
夕方日本を出発し、同日朝にタヒチ島に到着。その後国内線に乗り換えてボラボラ島に到着。

<2〜3日目>
終日ボラボラ島ステイ。ホテルでくつろいだり、マリンアクティビティを楽しんだり、離島ステイを満喫しましょう。

<4日目>
ボラボラ島から国内線でタヒチ島へ移動。ホテルにチェックイン後、市内観光やショッピングへ。

<5日目>
早朝にチェックアウトし、朝のフライトで日本へ。

<6日目>
午後に日本に到着。お疲れさまでした。

なおもう少し長めに滞在したい場合は、上記に2泊追加した8日間がおすすめ。離島に最大5泊できるので「何もしない贅沢な日」を作ることができますよ。

タヒチ島を拠点に滞在する場合は?

タヒチ島を拠点に滞在する場合は?

提供元:pixabay

https://pixabay.com/ja/

大人気の離島のホテルはいずれも高級クラス。美しいラグーンに浮かぶ水上バンガローは魅力的ですが、タヒチの物価の高さも加わって、それなりの額の宿泊費や滞在費がかかります。

なるべく旅費を押さえるなら、タヒチ島を拠点に滞在するのもおすすめ。離島に比べて比較的お手頃価格のリゾートがありますよ。タヒチ島から近いボラボラ島とモーレア島へは、日帰りで訪れることができる現地ツアーも開催されています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

タヒチを訪れたら体験したい!モツピクニック

透明度の高いタヒチのラグーンを楽しむなら、モツピクニックがおすすめです。モツとはタヒチの言葉で「小さな島」のこと。美しいビーチが広がる島を訪れて、シュノーケリングやランチを楽しむ現地オプショナルツアーに参加するのがおすすめです。ボラボラ島には人懐っこいエイと触れ合えたり、サメを間近で観察できたりする現地ツアーがありますよ。

タヒチを訪れたら体験したい!モツピクニック

提供元:pixabay

https://pixabay.com/ja/

日中思いっきり遊んだ疲れは、スパで癒やしましょう。ディープ・オーシャン・スパでは海洋深層水を利用したタラソテラピーを体験することができます。

タヒチステイならここ!おすすめホテル3選

タヒチステイならここ!おすすめホテル3選

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/intercontinent…

ビーチリゾートであるタヒチは、やっぱりホテル選びが重要。各島を訪れたら滞在したいホテルをご紹介します。

<タヒチ島>
・インターコンチネンタル タヒチ リゾート アンド スパ
タヒチの中でも最大規模のディナーショーが自慢の老舗リゾートホテル。敷地内にラグーンを模した海水プールがあります。日本語対応が可能なスタッフがいるのも安心ですね(休日等で不在の場合もあり)。

タヒチステイならここ!おすすめホテル3選

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/le-meridien-bo…

<ボラボラ島>
・ル メリディアン ボラ ボラ
ボラボラ島の象徴といえるオテマヌ山がホテルの目の前にある絶好のロケーションが自慢。水上バンガローの床の一部がガラス張りとなっていて、部屋の中からカラフルな熱帯魚を観察できます。またリゾート内でウミガメを飼育しており、ウミガメと触れ合うアクティビティもあります。

タヒチステイならここ!おすすめホテル3選

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/hilton-moorea-…

<モーレア島>
・ヒルトン モーレア ラグーン リゾート アンド スパ
透明度の高いラグーンと絶景のサンライズ・サンセットが見られる、モーレア島で最も人気のホテル。水上コテージの桟橋にあるトアテアクレープリー&バーで、美しいラグーンに沈むサンセットを眺めながら食事を楽しみましょう。

タヒチ旅行は4泊6日が基本!

タヒチを訪れる場合、フライトスケジュールに従って4泊6日が基本となります。ハネムーナーなど、もう少しゆったり過ごしたい場合は6泊8日もおすすめです。泊まりたいホテルやアクティビティ、予算等に合わせて自分にあった旅行スケジュールを立ててくださいね。

※2020年5月現在の情報です。フライトスケジュール等は変更となる場合があります。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -