最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

フィジー旅行は何泊がおすすめ?おすすめ旅行日数を解説

フィジー旅行は何泊がおすすめ?おすすめ旅行日数を解説

更新日:2020/05/06 15:07

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

南太平洋のおよそ中央部に位置し、330以上の島々からなるフィジー。白砂が美しいビーチ、雄大な自然、多彩なアクティビティが豊富な常夏の楽園です。日本から直行便が就航しており、子連れに優しいホテルが多いことからファミリーにもおすすめのリゾートです。

さてフィジー観光を満喫するためには、何泊・何日あればよいでしょうか。おすすめの過ごし方や体験したいアクティビティなどをご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

フィジーへのアクセス、現地での交通手段は?

東京・成田空港からナンディ国際空港のあるビチレブ島までは、フィジーエアウェイズの直行便が運航。基本は週2便、ハイシーズンなどは期間限定で週3便運航することもあります。

所要時間は約9時間。行きは日本を夜に出発し、翌朝フィジーに到着するので、お仕事帰りの出発もOK。帰りもフィジーを昼過ぎに出発し、同日の夜に日本に到着するので短い日程でも比較的滞在時間を長めに取れる点がポイントです。

フィジーへのアクセス、現地での交通手段は?

提供元:pixabay

https://pixabay.com/ja/

市街地でのおすすめの交通機関はタクシー。ホテルやタクシー乗り場から乗車することができ、公定料金があるのでどのタクシーに乗っても同じ料金となりますが、行き先を伝える際には念のため料金を確認しましょう。またマナ島などの離島へはフェリーや国内線を利用します。

基本は3泊5日!ゆっくり滞在するなら8日間

日本とフィジーを結ぶフライトは、火曜日・金曜日に運航しています。そのため日本を金曜日の夜に出発し、火曜日の夕方に日本に到着するフライトを利用する、下記のような3泊5日のスケジュールが一般的です。

<1日目>
夜に日本を出発。

<2日目>
朝にフィジー(ビチレブ島)に到着。ホテルにチェックイン後、フリータイム。

<3〜4日目>
終日フリー。マリンアクティビティや市内観光などを楽しみましょう。

<5日目>
午前中にチェックアウトし、午後昼過ぎのフライトで日本へ。夕方に日本に到着。

※2020年3月下旬〜5月31日の国際線は全線運休しています

基本は3泊5日!ゆっくり滞在するなら8日間

提供元:Photo by Savir C on Unsplash

https://unsplash.com/photos/qFkUUODm-Us

なお5日間でもビチレブ島に近いマナ島などのリゾートに滞在することもできます。この場合、到着した2日目にマナ島に渡って、4日目にビチレブ島に移動するパターンが主流。2島観光することができ、翌日の帰国当日もゆっくり過ごせますよ。

またもう少し滞在できるなら6泊8日もおすすめ。少し離れたママヌザ諸島やヤサワ諸島などを訪れたり、ひたすらビーチでのんびりしたり…さらにフィジーステイを満喫することができます。デナラウマリーナから出航している、日帰りで離島を訪れるクルーズを組み合わせるのもおすすめですよ。

フィジーで体験したいアクティビティ

フィジーを訪れたら、やはり透明度の高い美しい海を目一杯楽しみたいもの。フィジーの海には多くのサンゴが生息しており、世界有数のダイビング、シュノーケリングスポットとして知られています。

また近年話題なのがマロロ島沖に浮かぶ水上バー「CLOUD 9(クラウドナイン)」を訪れる現地オプショナルツアー。透明度抜群の海の上でシュノーケリング等(有料)を楽しんだあとは、窯焼きピザのランチが待っています。ビチレブ島から気軽に行ける人気の日帰りツアーです。

フィジーで体験したいアクティビティ

提供元:pixabay

https://pixabay.com/ja/

またフィジー滞在中に見逃せないのがフィジーの伝統文化。地面に掘った穴の中でバナナの葉に乗せた食べ物を蒸し焼きにする「ロボ料理」、古くから伝わるおもてなしの「カバの儀式」など、ここでしかできない体験に出会えます。またエネルギッシュな男性のショー、優美な女性のショーが交互に行われる伝統舞踊「メケ」ショーも必見。フィジーカルチャービレッジを訪れれば、いずれも1日で体験することができますよ。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

子連れ旅行にぴったり!おすすめホテル

子連れ旅行にぴったり!おすすめホテル

提供元:pixabay

https://pixabay.com/ja/

まだまだ日本人に馴染みのないフィジーですが、実は子連れファミリー旅行におすすめのビーチリゾート。多くのリゾートホテルが3歳以上の子どもが無料で利用できるキッズクラブを完備しており、レストランではキッズメニューが無料、または格安で用意されています。フィジーはグアムやハワイに比べるとフライト時間は長いですが、ゆったりとした自然の中でのびのびリゾートステイを楽しみたい方にぴったりです。

子連れ旅行にぴったり!おすすめホテル

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/sofitel-fiji-r…

特に子連れファミリーにおすすめのホテルをご紹介します。

・ソフィテル フィジー リゾート&スパ(ビチレブ島)
フィジー最大級、スライダーもあるプールが魅力のホテル。キッズメニューは無料、キッズクラブも無料で利用できます。お部屋は全室オーシャンビューで、3つあるレストランではフレンチから和食までバラエティ豊かなグルメに舌鼓。リゾート内にショッピングアーケードがあるので、ホテルにいながらお買い物も楽しめますよ。

子連れ旅行にぴったり!おすすめホテル

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/mana-island-re…

・マナアイランドリゾート(マナ島)
人気の離島・マナ島にあるリゾートホテルで、キッズクラブをはじめ充実したアクティビティが人気のホテル。日本人スタッフが常駐しているのもポイントです。お部屋タイプも豊富で三世代旅行にもおすすめ。

フィジー旅行は3泊5日が基本!

フィジーを訪れる場合、フライトスケジュールに従って3泊5日が基本となります。もう少しゆったり過ごしたい場合は6泊8日もおすすめです。泊まりたいホテルや体験したいアクティビティ、予算等に合わせて自分にあった旅行スケジュールを立ててくださいね。

※2020年5月現在の情報です。フライトスケジュール等は変更となる場合があります。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

エリア・カテゴリ別 記事リスト

このナビゲーターの記事一覧(国内)

このナビゲーターの記事一覧(海外)

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -