グアムの移動手段!絶対知っておくべき3つの交通機関ガイド

グアムの移動手段!絶対知っておくべき3つの交通機関ガイド

更新日:2020/06/23 13:46

木内 つばめのプロフィール写真 木内 つばめ 子連れ海外トラベラー、海外旅育応援ブロガー

2時間あれば車で島内一周できるサイズのグアム。しかし実際行ってみると、ホテルとショッピングモール、観光地が意外と離れており、食事や買い物のたびに交通機関を利用することになります。バスの乗り放題パスを用意した方が良いか、レンタカーを借りるべきか…宿泊先や同行する人数によってベストな移動方法はさまざま。今回ここでグアムの主な交通方法をマスターして、自分に合ったお得で効率的な移動手段を見つけましょう!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

グアムの主な交通機関の概要

グアムの主な交通機関の概要

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com

まずはグアムの主な交通機関の概要を確認しましょう。

・バス
観光客の移動の基盤となるのがバス。ウェスティン、ハイアットリージェンシー、オンワードなどのタモン湾沿いのほとんどのホテルやショッピングモールを巡回する「赤いシャトルバス」と「レアレアトロリー」、DFSとホテルを往復する無料バス「Tギャラリア エクスプレス by DFS」などがあります。

・タクシー
空港〜ホテル間の往復やショッピング後の荷物が多い時、また目的地まで短時間でダイレクトに行きたい場合などに利用されます。

・レンタカー
島を一周ドライブしたり、民泊などでバスのルートから外れた場所に滞在したりする場合などに使われます。

グアムの移動方法はかなり限定されています。この3つの交通機関の詳細を1つずつ見ていきましょう!

グアム観光の基本!乗り放題パスが便利なバス

グアム観光の基本!乗り放題パスが便利なバス

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com

ほとんどの観光客がメインで利用するバス。なかでも代表的なものがラムラムツアーズが運行している「赤いシャトルバス」です。

赤いシャトルバスは全部で8路線。主要ホテルやショッピングモールを繋ぐ4路線は1回乗車が$4(約430円)。乗り放題のパスもあり、1日券が$12(約1,289円)、2日券が$15(約1,611円)、 5日券$25(約2,685円)。1日に4回以上乗車するなら1日券の方がお得。パスはドライバーから直接購入できるほか、グアムの空港、DFS、ショッピングモールのチケットカウンターでも購入可能。またラムラムツアーズの公式アプリでは、時間制のチケットも販売しています。

残りの4路線は運行する曜日が限定された朝市シャトルなど。こちらは乗り放題のパス対象外で、行き先ごとに決まった金額を支払うことになります。

赤いシャトルバスの停留所に並んでさえいれば停車してくれるので、現金で乗車券やパスを購入、またはパスを提示して乗車。車内のモニターに停車場所が表示されるので、目的地に着いたら降車しましょう。

グアム観光の基本!乗り放題パスが便利なバス

提供元:グアム政府観光局

https://www.visitguam.jp

現地で頻繁に見かけるもう1つのバスが「レアレアトロリー」。旅行会社HISが運行しているもので、内容は赤いシャトルバスとほとんど一緒。ホテルやショッピングモールを往復する毎日運行の4路線と、チャモロヴィレッジのナイトマーケットなどへ行く曜日限定の2路線(パス対象外)から成るものです。

HISの対象ツアーに参加したら乗れる…というのは想像がつきますが、なんと個人旅行の方でもパスのみの購入が可能。

毎日運行している4路線は1回乗車が$4(約430円)、乗り放題パス1日券が$10(約1,074円)、3日券で$15(約1,611円)、5日券で$20(約2,148円)。

現地のツアーデスクでも購入が可能ですが、おすすめは事前にHISの公式HPから予約する方法。セールなどで現地での販売価格よりもだいぶ安くなっていることがあります。

グアム観光の基本!乗り放題パスが便利なバス

提供元:グアム政府観光局

https://www.visitguam.jp

DFSが運行している「Tギャラリア エクスプレス by DFS」はDFSで買い物をしなくても乗車できる無料バス。DFSはお店やレストランが集中しているタモンエリアのちょうど真ん中にあるので、中心部から離れた場所に滞在している方には重宝されるバスです。

ルートは2つのみ。ホテル ニッコーグアム方面を往復する北ルートと、PICグアム方面を回る南ルートがあります。運行間隔は約20〜30分。赤いシャトルバスやレアレアトロリーが21時頃に終了してしまうのに対して、こちらのエクスプレスは夜23時近くまで運行しています。

人数が多い時はタクシーがお得になる場合も

人数が多い時はタクシーがお得になる場合も

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com

グアムでは道路交通法に則り、流しのタクシーはいません。タクシーを利用する際はホテルやレストランのスタッフに呼んでもらう(その際は$1程度のチップを渡すのがマナー)、商業施設ではタクシー乗り場から乗るというのが一般的です。

基本料金は$2.40(約258円)、 約400m毎に80セント(約86円)加算されます。ドライバーへのチップとして運賃の15%くらいを上乗せしましょう。またスーツケースなどの大型の荷物1つに対して$1のチャージがかかります。

人数が多い時はタクシーがお得になる場合も

提供元:グアム政府観光局

https://www.visitguam.jp

例えばDFSからマイクロネシアモールまでは約2.5キロ。タクシーを利用すると運賃はチップ込みでおよそ$9(約967円)。シャトルバスの片道が$4(約430円)なので、3人以上ならタクシーを利用して運賃を割り勘する方がお得ですね。

このように人数が多めで短距離であれば、タクシー移動の方が安上がりになることもあります。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ホテルの駐車場が無料?!レンタカーを借りたままのプランも

ホテルの駐車場が無料?!レンタカーを借りたままのプランも

提供元:グアム政府観光局

https://www.visitguam.jp

自分たちのペースで移動でき、ドライブ自体を楽しむために利用する人も多いレンタカー。グアムでは日本の運転免許証でも運転が可能ですが、万が一のトラブルのためにも国際免許証を用意しておくことをお勧めします。

レンタカー会社の店舗は空港やホテル内などにあります。当日申し込むこともできますが、ハイシーズンになると希望の車種が無かったり、チャイルドシートが用意できなかったりということも。早めに日本で予約しておいた方が確実です。

ホテルの駐車場が無料?!レンタカーを借りたままのプランも

提供元:グアム政府観光局

https://www.visitguam.jp

料金は会社や車種により異なりますが、1日$25(約2,685円)くらいからで、さらに保険料等も必要。特典でWi-Fiルーターが付いていたり、チャイルドシートが無料だったりと会社によりサービスが様々。トータル代金で比較することは必須です。

グアムの道路網はシンプルなのでガイドブックの地図だけでも十分。不安ならば、海外仕様のナビを有料で借りるよりも、Wi-FiルーターやSIMカードを用意して普段利用しているスマホの地図アプリを活用した方がわかりやすいでしょう。

ホテルの駐車場が無料?!レンタカーを借りたままのプランも

提供元:グアム政府観光局

https://www.visitguam.jp

グアムで驚きなのが、ほとんどのホテルで駐車場が無料であること。人数分のバス料金や空港までの往復運賃を計算すると結構な金額になるので、短い滞在の場合はレンタカーを借りたままで全て車移動にするというプランを考えてもいいですね。

どうする?空港〜ホテル間の移動

どうする?空港〜ホテル間の移動

提供元:グアム政府観光局

https://www.visitguam.jp

空港到着後、ツアーの場合は旅行会社が用意した車に乗り込むだけですが、個人手配の場合は自力でホテルへ行くことになります。空港・ホテル間のアクセス方法は事前に決めておきましょう。

・タクシー
方面ごとに料金が決まっている定額制のMIKIタクシーが有名。到着ロビーのタクシー乗り場にMIKIタクシーのカウンターがあり、そこで車を呼んでもらえます。タモンまでの片道で$20(約2,148円)、それにチップ等をプラス。復路はホテルのベルボーイなどに呼んでもらい空港へ。約15分で着く道のりですが、渋滞する場合があるので余裕を持ってホテルを出発しましょう。

・ホテルの送迎サービス
宿泊するホテルのスタッフに空港まで迎えにきてもらうサービス。事前にWEBやメールで直接ホテルに申し込みますが、予約期限があるのでご注意を。各ホテルごとに料金は異なり、大体1人あたり片道$15(約1,611円)前後なので2人以上ならタクシーの方がリーズナブル。

どうする?空港〜ホテル間の移動

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com

・混載バス
旅行会社にオプションとして送迎のみを申し込むことができます。乗車するのはツアー用の相乗りバス。他のホテルを巡回するので時間がかかり、料金もお得とは言えませんが、空港で現地スタッフが案内してくれる安心感があります。

・赤いシャトルバス
Tギャラリア発・空港行きの片道のみですが、毎日12:30〜16:00の間、30分間隔で運行。チケットはTギャラリアの1階で購入でき、料金は$7(約753円)。

グアムでは多い!レストランの無料送迎も活用しよう!

グアムでは高級レストランに限らず、ステーキハウスやカジュアルダイニングでも無料送迎サービスを行っているお店が結構あります。このサービスを上手に活用すれば交通費がだいぶ節約できるほか、徒歩圏内以外で食事するという選択肢も増えます。ホテルの日本語対応のコンシェルジュなどを通してレストランに予約してもらうことができるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょう?

ホテルがお目当てで観光はあまりしないからパスは要らない、子供がまだ小さくてまわりに気を遣うからレンタカーにする…など、移動の回数も重視するポイントも人それぞれ。自分にぴったりの移動方法で、貴重なグアム時間を満喫しましょう!

2020年6月現在の情報です。$1=約107.4円で計算しています。料金、路線、運行時間等は変更となる場合があるため、旅行前には公式サイトなどで最新情報を必ず確認してください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -