北陸旅行を計画しよう!押さえておきたい10のこと(地図付き)

| 旅の専門家がお届けする観光情報

北陸旅行を計画しよう!押さえておきたい10のこと(地図付き)

北陸旅行を計画しよう!押さえておきたい10のこと(地図付き)

更新日:2018/10/16 20:34

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

北陸新幹線が開業し、注目度・人気度ともにますます高まっている北陸3県(富山・石川・福井)。日本海で獲れるおいしい海鮮のイメージは定着していますが、それ以外にも、行きたい・食べたい・体験したいことがたくさん!

旅行インフルエンサー「LINEトラベルjp ナビゲーター」が取材したスポットのなかから、北陸旅行に行くなら押さえておきたいおすすめ情報、計画に便利なポイントを地図を使いながらお届けします。

    1.地図でご案内!北陸ってどんなところ

    1.地図でご案内!北陸ってどんなところ
    提供元:LINEトラベルjp編集部

    富山県、石川県、福井県の3県で構成される北陸地方。まずは地図をご覧下さい。2015年に北陸新幹線が開業し、東京駅から終点の金沢駅までは2時間半とグッと旅しやすくなりました。

    日本海に面しているため海のレジャーや海鮮グルメが充実、内陸では本格登山からトレッキングまで山のレジャーも楽しめます。

    世界遺産に登録された五箇山や金沢の茶屋街など、日本の素晴らしさを再確認できるスポットが多いのも特徴。永平寺など、海外観光客から注目を浴びる観光名所も多いんですよ。

    2.北陸旅行のベストシーズンは?

    2.北陸旅行のベストシーズンは?
    風祭 哲哉

    能登半島観光は絶景ドライブがおすすめ!1泊2日モデルコースby 風祭 哲哉

    さて、ここからは旅行計画に役立つ情報をご紹介。まず、北陸観光のベストシーズンはいつなのでしょうか。

    北陸は自然が豊かなので、新緑が眩しい春、紅葉が美しい秋が特におすすめです。春のおすすめは富山県砺波市のチューリップ、石川県輪島市の白米千枚田。人気の山岳観光ルート、立山黒部アルペンルートも毎年4月に開通します。この写真の記事を見る ≫

    2.北陸旅行のベストシーズンは?
    東郷 カオル

    紅葉の“立山黒部アルペンルート”富山側日帰り往復ガイドby 東郷 カオル

    地図を見る

    立山黒部アルペンルートの営業は毎年11月まで。秋の立山は色彩豊かで、緑の中に赤や黄色が映えます。麓の立山と室堂では標高差がありますので、紅葉は9月下旬から11月上旬の約1ヶ月半ほど楽しむことができます。

    食欲の秋はやっぱりグルメ!越前ガニは例年11月頃から解禁。気候によりますが、タイミングが合えば寒ブリがいただけるかも。北陸の冬は寒さが厳しいので、なるべく寒くないうちに観光して海鮮を楽しむ、ということであれば11月がおすすめです。

    写真提供:(公社)富山県観光連盟この写真の記事を見る ≫

    2.北陸旅行のベストシーズンは?
    Mayumi T

    金沢と近郊 冬のおすすめ雪景色スポット5選by Mayumi T

    おすすめは春と秋、といいながらも、冬の北陸も捨てがたいもの。兼六園の雪吊りは幻想的で、一度は見ていただきたい風景です。能登半島では岩場に打ち付けられた白い泡が花吹雪のように空高く舞い上がる、「波の花」という現象が見られることも。

    そして寒ブリやカニは寒い時期がおいしい!この写真の記事を見る ≫

    3.北陸旅行は何泊する?

    3.北陸旅行は何泊する?
    浅井 みらの

    2回目の金沢旅行で訪れたい「にし茶屋街」周辺で過ごす静かなひとときby 浅井 みらの

    見どころがたくさんある北陸。訪れる場所によって泊数も変わってきますが、一部プランをご紹介します。

    ■金沢…1泊
    1泊あれば大丈夫。中心地に近いホテルに宿泊して、市内の主要スポットを効率よく観光しましょう。

    ■金沢と能登エリア…1泊
    新幹線で金沢駅に到着したら市内観光、夕方には移動して和倉温泉などの温泉地に宿泊。2日目は能登エリアを観光します。

    ■金沢と富山…2泊
    1日目は金沢観光と宿泊、2日目は富山に移動して観光・宿泊します。富山駅から立山・黒部や五箇山は距離があるので、組み込むなら3泊は欲しいところ。

    ■金沢と福井‥2泊
    こちらも2泊がおすすめです。金沢駅から芦原温泉駅は特急で40分ほどなので、福井ではあわら温泉に宿泊して東尋坊などを観光するプランも◎。この写真の記事を見る ≫

      4.北陸旅行のルートは?

      4.北陸旅行のルートは?
      まきの つぐみ

      いろんな角度から体感!「黒部ダム」を楽しむ5つの方法by まきの つぐみ

      地図を見る

      東京方面から北陸新幹線で向かう場合は、手前が富山駅、次の金沢駅までは20分ほど。すべての新幹線が富山、金沢駅に停車し、福井へ向かう場合は特急に乗り換えます。中部・関西方面からは米原駅(名古屋駅)から特急が早くて便利です。

      東京方面から富山と金沢を回るなら、先に富山を観光するのはいかがでしょうか。新幹線は金沢駅始発なので、もし帰りが自由席の場合は席が確保しやすいというポイントも。

      富山の観光スポットと言えば、やはり黒部ダム。峡谷を縫うように走る黒部峡谷トロッコ電車もここでのお楽しみです。富山駅周辺で観光するなら、富山城や富山市ガラス美術館など。蜃気楼が見られることで知られる富山湾沿岸部では、雨晴海岸など絶景スポットが点在しています。この写真の記事を見る ≫

      4.北陸旅行のルートは?
      水津 陽子

      福井・永平寺、北陸新幹線開業「行きたかった日本へ」杏CMの舞台by 水津 陽子

      地図を見る

      福井と金沢または富山を観光するなら、初日を福井にするプランはいかがでしょうか。ひかりで東京から米原へ向かい、特急に乗り換えると最短で3時間半で到着します。

      福井で思い浮かぶのは東尋坊、という方が多いのでは?近くのあわら温泉とあわせて訪れるのがおすすめです。初日の移動疲れをのんびり癒しましょう。他にも写真の永平寺、CNNの『日本の最も美しい場所31選』に選ばれたことで話題の小浜市にある「蘇洞門(そとも)」も訪れたい場所。世界三大恐竜博物館のひとつにも選ばれた福井県立恐竜博物館は、ファミリーに大人気の観光スポットです。この写真の記事を見る ≫

      4.北陸旅行のルートは?

      兼六園はここを見て!広大な兼六園での楽しみ方ガイド

      地図を見る

      金沢だけ滞在する、という方も多いでしょう。金沢市内の観光スポットと言えば、兼六園、金沢城、近江町市場、金沢21世紀美術館をはじめとする美術館・博物館など……。それぞれの観光スポットはバスや徒歩で移動することができるので、北鉄バス1日フリー乗車券を購入して効率よく回りましょう。

      おすすめは、初日に主要観光地を巡り、2日目はのんびり茶屋街を散策するコース。和菓子とお抹茶をいただきながら静かな時間を過ごしたり、金箔貼りなどのものづくり体験もいいですね!金沢駅にはお土産屋さんが充実しているので、帰りの出発時間より少し早めに向かいましょう。この写真の記事を見る ≫

      5.北陸でどこに泊まる?

      5.北陸でどこに泊まる?
      西藤 カオル

      古き良き昭和の風情のこる山中温泉「翠明」で憩う加賀温泉郷by 西藤 カオル

      地図を見る

      北陸には温泉地がいくつもあります。街の中心部のホテルに泊まるのも便利ですが、せっかくなら足を延ばして温泉に滞在して、良質なお湯とおいしいお料理を満喫する旅はいかがでしょうか。

      石川県には和倉温泉、湯涌温泉などがありますが、粟津、片山津、山代、山中で構成される「加賀温泉郷」は金沢からのアクセスが良いのでおすすめ。

      創業130年の「翠明」は、山中温泉を代表する老舗旅館です。温泉旅館を舞台にしたドラマ『はるちゃん』のロケ地、というとピンとくる方も多いのでは?この写真の記事を見る ≫

      5.北陸でどこに泊まる?
      風祭 哲哉

      社長自らご案内?富山・宇奈月温泉「延楽」は早朝ガイドツアーが面白い!by 風祭 哲哉

      地図を見る

      富山で一番の温泉地は、黒部峡谷の入り口にある「宇奈月温泉」。最寄りは富山地方鉄道・黒部峡谷鉄道の宇奈月温泉駅ですが、旅館によっては新幹線が停車する黒部宇奈月温泉駅まで送迎があるところも。

      宇奈月温泉を代表する老舗旅館「延楽」は雄大な黒部川を眼下に見下ろす客室、富山湾の旬の恵みを生かした創作料理など魅力は様々ですが、社長自らが案内する「宇奈月温泉早朝ガイドツアー」が特にユニーク。この写真の記事を見る ≫

      5.北陸でどこに泊まる?

      本物の温泉を堪能できる癒やしのお宿!福井・芦原温泉「つるや旅館」

      地図を見る

      福井の「あわら(芦原)温泉」では各旅館が自前の源泉を持つことが特徴。それぞれの源泉によって微妙に泉質・成分が異なり、それぞれ違った感触のお湯を楽しめます。なかでも「つるや旅館」では、敷地内に3本の源泉を持ち、湯量豊富で加水なし、加温なし、消毒もなし。完全源泉掛け流しの本物の温泉です。この写真の記事を見る ≫

      6.北陸でドライブ!おすすめはココ

      6.北陸でドライブ!おすすめはココ
      Mayumi T

      なぎさドライブウェイ近く!「道の駅 のと千里浜」は石川のドライブ旅に最適by Mayumi T

      北陸へは新幹線で向かう方が多いと思いますが、ぜひ現地でレンタカーを借りて観光してみましょう!風光明媚な北陸エリアは、ドライブが楽しめるルートがたくさんあるんです。

      日本国内で唯一波打ち際を走行できる砂浜として知られる、石川県羽咋市の「千里浜なぎさドライブウェイ」は特におすすめ!この写真の記事を見る ≫

      6.北陸でドライブ!おすすめはココ
      bow

      天空の庭園!福井『三方五湖レインボーライン』は恋人の聖地!by bow

      地図を見る

      2014年7月、「若狭さとうみハイウェイ」の愛称がついた舞鶴若狭自動車道が全線開通し、一気にアクセスが向上した福井県の嶺南地方。その代表的な景勝地でもある三方五湖で、おすすめしたいドライブコースが「三方五湖レインボーライン」。日本海若狭湾と三方五湖などの絶景を楽しみながらドライブできる快走ルートです。この写真の記事を見る ≫

      6.北陸でドライブ!おすすめはココ

      絶景、紅葉&名滝!白山白川郷ホワイトロードで世界遺産も!

      地図を見る

      白山国立公園の山中を走り、世界遺産の白川郷へと至る「白山白川郷ホワイトロード(旧白山スーパー林道)」は、石川県と岐阜県を結ぶ山深い絶景林道です。標高差900mの山岳地を駆け巡るダイナミックなドライブ、自然の中で楽しむ足湯や名滝、そして燃えるような紅葉の山々と雪化粧した白山の創り出す絶景など、もう見どころだらけ。この写真の記事を見る ≫

        7.北陸で楽しみたいアクティビティ

        7.北陸で楽しみたいアクティビティ
        Ayumi Saito

        世界遺産・五箇山へ!民宿「与茂四郎」茅葺き合掌造りに泊まろうby Ayumi Saito

        ただ観光するだけではなく、体験を組み合わせることで旅は特別なものになります。

        世界遺産・五箇山で合掌造りに泊まる、という体験はいかがでしょうか。囲炉裏を囲んで素朴な食事をいただくのは貴重な体験になりますよ。

        日帰りで訪れた観光客が去った後の夜と早朝の、本来の静かな五箇山を堪能することができるのも、宿泊者の特権ですね。この写真の記事を見る ≫

        7.北陸で楽しみたいアクティビティ

        手ぶらで楽チン!レンタル着物で小粋に金沢を歩こう!!

        地図を見る

        金沢のひがし茶屋街、にし茶屋街は着物が似合う町。ただ観光するだけではなく、日本の文化や歴史を感じながら自分自身も着物を着て、いつもと違った雰囲気と装いで城下町を歩いてみませんか?

        金沢駅から徒歩5分程の便利な場所にある「着物レンタルshop心結」では、事前にインターネットから予約をしておけば、あとは当日行くだけというお手軽さ!この写真の記事を見る ≫

        7.北陸で楽しみたいアクティビティ
        金長 たぬ子

        ビギナーもOK!可愛い高山植物に癒される「立山トレッキング」by 金長 たぬ子

        立山黒部アルペンルートの中でも、乗り物を乗り継いで標高2450mまで一気に登ることができる室堂周辺は、ビギナーでも楽しめるお手軽なトレッキングコースがたくさん。6月から9月頃にかけては、高山植物が可愛い花をつけて短い夏を彩ります。

        トレッキング初心者の方であれば、アクティビティに参加するのが安心。レンタル装備などもあるので気軽に挑戦できますね。この写真の記事を見る ≫

        8.北陸で食べたいグルメ

        8.北陸で食べたいグルメ
        たぐち ひろみ

        目も胃袋も大満足!行かなきゃ損する金沢の「近江町市場」by たぐち ひろみ

        旅の楽しみといえばやっぱりグルメ。北陸旅行でおすすめをピックアップしました。

        まずはやはり外せない海鮮。のどぐろや寒ブリ、白エビなど新鮮な海鮮グルメをお腹いっぱいいただきましょう。石川産のブランドガニ「加能ガニ」、ズワイガニのトップブランド「越前がに」など、冬に訪れたらカニは絶対に食べて下さいね!この写真の記事を見る ≫

        8.北陸で食べたいグルメ
        スズキ イチロウ

        寒ぶり!のどぐろ!B級グルメも!?金沢・絶品グルメまとめ♪by スズキ イチロウ

        地図を見る

        旅先でその土地ならではのグルメを食べる、というのも旅の楽しみ。

        ケチャップライスに薄焼き卵を乗せて、その上に魚の白身フライとケチャップ、タルタルソースがかかった、なんともハイカロリーそうな魅惑のメニュー「ハントンライス」は金沢名物です。この写真の記事を見る ≫

        8.北陸で食べたいグルメ
        高橋 しゅう

        富山観光におすすめ!路面電車に乗って名物ます寿しめぐり旅by 高橋 しゅう

        地図を見る

        富山グルメといえば「ます寿司」。駅弁フェアや物産店などで気軽に食べられるようになりましたが、せっかく本場に来たならぜひ食べ比べを。富山地方鉄道ではます寿司の引換クーポンと1日乗車券がセットになった、「ぐるっとグルメぐりクーポン」を販売中!路面電車に乗って気軽に食べ歩きができます。この写真の記事を見る ≫

        9.北陸で買いたいお土産

        9.北陸で買いたいお土産
        浮き草 ゆきんこ

        女子のハートをわしづかみ!不思議かわいい金沢土産5選!by 浮き草 ゆきんこ

        地図を見る

        旅行することが決まったら、お土産も何を買うか予習しておきましょう。

        金沢は工芸品やお菓子など欲しいものはたくさん!金沢駅にはお土産屋さんが充実しているので、帰りが金沢駅発であれば旅の最後に購入することができます。

        写真の「かいちん」など、オシャレな和菓子で金沢らしさをアピールしちゃいましょう。この写真の記事を見る ≫

        9.北陸で買いたいお土産
        加藤 雅

        懐かしい“越中富山の置き薬”「池田屋安兵衛商店」で丸薬体験&薬膳料理!by 加藤 雅

        富山と言えば置き薬。昔懐かしいレトロなパッケージの薬をお土産にするのはいかがでしょうか?昔ながらのパッケージも、逆にオシャレでかわいいですね。バラまき土産にもぴったりです。この写真の記事を見る ≫

        9.北陸で買いたいお土産
        Shinkurou

        世界に一つのマイ箸作り!若狭小浜「箸匠せいわ」by Shinkurou

        日本を代表する文化のひとつ「漆塗り箸」。その80%以上が福井県の若狭小浜で生産されているってご存知でしたか?少し高級ではありますが、毎日使うものなので良いものを1本揃えておきたいですね。せっかくなら本場で購入するのが一番です!この写真の記事を見る ≫

          10.北陸旅行のツアーはどう選ぶ?

          10.北陸旅行のツアーはどう選ぶ?

          混雑を避けたい!知っておくと便利な金沢の観光地攻略法

          地図を見る

          お住まいの地域によりますが、北陸旅行は新幹線・特急などを利用する方が多いのでは?きっぷとホテルを別々で手配すると割高になることが多いので、希望通りのプランがあればパッケージツアーがおすすめ。

          料金にどれくらい差が出るのか、比べてみましょう。

          ■条件
          日程:2018年6月1日出発/6月2日帰着(1泊2日)
          交通:北陸新幹線 普通車利用
          宿泊:ホテルリソルトリニティ金沢(ツイン・朝食付き)
          ※2018年5月17日LINEトラベルjpで検索時の最安値から算出

          <ツアー>28,200円
          <別手配>37,640円

          なんと、ツアーが9,440円も安くなりました!
          (限定された時間の中から列車を選ぶプラン)

          富山・金沢を観光する場合は飛行機を利用するツアーもお値打ちなものが揃っています。空港からホテルまでの交通費は別途必要ですが、訪れる場所によっては列車プランよりお安くなることも。

          パッケージツアーには、レンタカー付きや市内バス乗車券付きなどのプランもあるので、旅程に合わせて上手に利用しましょう。

          ※パッケージツアーは列車/飛行機の時間帯やホテルグレードで金額が変わり、乗車時間の変更など制限のあるプランが多いため、条件を確認して選びましょう。この写真の記事を見る ≫

          10.北陸旅行のツアーはどう選ぶ?

          白銀の世界から燃えるような紅葉まで!富山「立山黒部アルペンルート」四季折々の魅力

          立山黒部アルペンルートを観光する場合は、JR東海が発売する「立山黒部アルペンきっぷ」を使うのがおすすめです。ただし購入できる場所が限られ、かつ自分で列車の時刻やルートを調べないといけないため、慣れない方には少し手間。パッケージツアーで添乗員付きのものを選ぶと、無駄なく観光することができます。慣れたガイドに案内してもらえる安心感もいいですね。

          いろいろなプランがあるので、下のリンクから比べてみて下さいね。この写真の記事を見る ≫

          次のお休みは北陸旅行へ

          自然あり、歴史スポットあり、温泉あり、グルメありの北陸。アクセスが良くなった今、ぜひ訪れてほしい場所です。この記事を参考に、ぜひ旅行計画を立ててみて下さい。

          2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

            - PR -

            条件を指定して検索

            LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

            - PR -

            旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
            この記事に関するお問い合わせ