イリノイ州シカゴ観光でやりたい15のこと〜感性を刺激する旅へ〜

| 旅の専門家がお届けする観光情報

イリノイ州シカゴ観光でやりたい15のこと〜感性を刺激する旅へ〜

イリノイ州シカゴ観光でやりたい15のこと〜感性を刺激する旅へ〜

更新日:2018/06/01 11:16

トラベルジェイピー編集部のプロフィール写真 トラベルジェイピー編集部

旅は未知との出会いを通じて新しいアイデアやインスピレーションを得られる絶好の機会。壮大な自然と都会が共存する美しい街シカゴでは、全米トップクラスの美術館や博物館、本場のジャズやブルースを楽しめるライブハウスなど、刺激的なカルチャーが盛りだくさん。周辺には知られざる魅力的な街も点在しています。訪れるだけで感性が刺激されるイリノイ&シカゴで、クリエイティブな生き方のヒントを見つけてみませんか。(PR)

1. シカゴのシンボル、ミレニアムパークで自然と都会とアートを満喫する

1. シカゴのシンボル、ミレニアムパークで自然と都会とアートを満喫する
ホリタナツミ

シカゴ・ミレニアムパークで自然と都会とアートの共演を満喫by ホリタナツミ

地図を見る

ニューヨークの「自由の女神像」のように人々から親しまれているシカゴの街のシンボル、それがミレニアムパーク内にある巨大なオブジェ、「ザ・ビーン(豆)」。168枚のステンレス板をつなぎ合わせて作られているものの、表面は充分に研磨されているため、一切継ぎ目の見えない不思議でユーモラスな渾身のアート作品です。その設計やデザインから、制作当時は実現不可能なのではと囁かれたそう。鏡面にはシカゴのスカイラインが映し出されます。

周囲をぐるりと回ってさまざまな角度から眺める度に、ころころと表情を変えるザ・ビーン。映り込む景色を眺めていたら、柔軟な発想も生まれそうな予感!

写真提供:City of Chicagoこの写真の記事を見る ≫

2. 全米屈指のシカゴ美術館で珠玉の名作を鑑賞する

2. 全米屈指のシカゴ美術館で珠玉の名作を鑑賞する
松田 朝子

シカゴ美術館の必見アートを90分で全部見る!by 松田 朝子

地図を見る

旅の刺激は、日常では得られないもの。シカゴはニューヨークのメトロポリタン美術館、ボストンのボストン美術館と並びアメリカの3大美術館に数えられる世界でも有数の美術館。特に印象派のコレクションはフランス国外では最大規模、最高品質を誇り、必見。全部見るには1日あっても足りないのですが、見どころを選りすぐった駆け足コースでは、90分で見て回ることができます。

素晴らしいアートと触れ合うことで、自分自身のクリエイティブな部分も刺激されそうです。この写真の記事を見る ≫

3. シカゴ・アーキテクチャー(建築)クルーズで圧巻の摩天楼を巡る

3. シカゴ・アーキテクチャー(建築)クルーズで圧巻の摩天楼を巡る
ホリタナツミ

摩天楼を巡るシカゴ・アーキテクチャークルーズで建築三昧by ホリタナツミ

地図を見る

「摩天楼発祥の地」とも称されるシカゴ。ダウンタウンを訪れてまず目に入るのは、抜けるような青い空に向かって建ち並ぶ、個性豊かな高層ビルの数々。1871年にシカゴで起きた大規模な火災「シカゴ大火」の後に建築ラッシュが始まり、のちに「シカゴ派」と呼ばれる才能ある建築家たちが数々のユニークでアーティスティックなデザインの高層ビルを生み出しました。

そんな歴史を持つシカゴの摩天楼と美しいスカイラインは、今ではシカゴ観光のハイライトのひとつとして人気を博しています。高層ビル群を鑑賞するシカゴ建築クルーズは摩天楼を縫うように進み、船上から眺めるシカゴの街並みは、さながら屋外の建築美術館!

写真提供:City of Chicagoこの写真の記事を見る ≫

4. フランク・ロイド・ライト邸で近代建築の巨匠の人生に触れる

4. フランク・ロイド・ライト邸で近代建築の巨匠の人生に触れる
松田 朝子

シカゴ郊外「フランク・ロイド・ライト邸」に見る家造りのノウハウby 松田 朝子

地図を見る

建築の街シカゴで、摩天楼に加えて必見なのが、シカゴ郊外にある高級住宅地オークパークにある「フランク・ロイド・ライト邸」です。フランク・ロイド・ライトは旧帝国ホテルやニューヨークのグッゲンハイム美術館の設計で知られ、20世紀を代表する建築家のひとりと言われる巨匠。その彼が20年暮らした自宅と仕事場が一般公開されています。

人気のライト邸見学ツアーに参加すれば、普段の住まいや暮らしにも役立つノウハウを学べそう。この写真の記事を見る ≫

5. フィールド自然博物館で世界最大級の恐竜と出会う

5. フィールド自然博物館で世界最大級の恐竜と出会う
ホリタナツミ

世界最大級の恐竜と出会える!シカゴ「フィールド自然博物館」by ホリタナツミ

地図を見る

アメリカ中西部の経済・文化の中心地であるシカゴは、近代的なアートや科学、産業や文化活動の発展に力を入れていて、シカゴ美術館をはじめとするさまざまなジャンルのミュージアムの宝庫! 数多くの美術館・博物館の中でも、展示の規模、そして質や量すべてにおいて世界トップクラスの自然博物館が、「フィールド自然博物館」です。

ここで見逃せないのが、全長13メートル、高さ4メートルもの巨大なティラノサウルス「スー」の骨格標本。90%以上が本物という、世界最大規模の恐竜化石標本を見ながら、太古の昔、恐竜がいた世界に思いを馳せてみては。

写真提供:City of Chicagoこの写真の記事を見る ≫

6. シカゴ摩天楼の壮大な夜景を見渡す

6. シカゴ摩天楼の壮大な夜景を見渡す
松田 朝子

夜景、空中散歩、ルーフトップバー!シカゴ「摩天楼スポット4選」by 松田 朝子

地図を見る

摩天楼発祥の地、シカゴではその高さを楽しむアトラクションや、眺めの良いルーフトップレストランが数多くあります。そのうちの一つ、ジョン・ハンコック・センターの94階にある「360°シカゴ」はなんと360度見渡せる展望フロア。天井から床まで窓ガラスがあるので、ダウンタウンやミシガン湖はもとより、イリノイ州、インディアナ州、ミシガン州、ウィスコンシン州 と4 つの州にわたるパノラミック景色を楽しむことができます。

この場所でしか楽しめないシカゴの景色を、しっかりと心に刻んでおきたいですね。この写真の記事を見る ≫

7. 本場シカゴでディープディッシュピザを食べる

7. 本場シカゴでディープディッシュピザを食べる
高野 祥

シカゴピザは分厚い!「ル・マルナーティズ」名物のディープディッシュピザby 高野 祥

地図を見る

多種多様な人種が暮らすシカゴでは、世界最高級のレストランも豊富で、グルメも充実しています。特に注目したいシカゴの名物グルメと言えばピザ! 一般的なピザは平らで薄い生地ですが、シカゴピザはケーキのような深い焼き型を使用して作り、キッシュのように分厚いのが特徴。なかにはたっぷりのチーズとトマトソースがとろり。ディープディッシュピザまたはシカゴピザとも呼ばれるほど、シカゴでは有名な料理です。

ほかではなかなか食べることのできないこのピザ、本場シカゴでカリッサクッ食感をぜひご堪能あれ。この写真の記事を見る ≫

8. ルート66をドライブして近郊の街へ足を延ばす

8. ルート66をドライブして近郊の街へ足を延ばす
浅井 みらの

ルート66ファンにおすすめ!イリノイ州「ポンティアック」by 浅井 みらの

地図を見る

アメリカは日本と反対の左ハンドルですが、道路が広いので慣れれば初めての海外レンタカーでも運転を楽しめます。おすすめは世界的にも有名なアメリカの旧国道「ルート66」。アメリカの作家スタインベックが「マザーロード(母なる道)」と呼び、現在もアメリカの観光ドライブルートとして大人気。そんなルート66の途中に、まるで時が止まってしまったかのような印象を受ける町、「ポンティアック」があります。

ルート66の歴史を辿れる博物館もあり、アメリカの田舎町らしいゆったりとした空気が感じられる場所。「ROUTE 66」の看板もぜひカメラに収めておきましょう。この写真の記事を見る ≫

9. シカゴ近郊のかわいい町、ガリーナで街歩きする

9. シカゴ近郊のかわいい町、ガリーナで街歩きする
浅井 みらの

時代を遡る!イリノイ州のかわいい町「ガリーナ」でしたい5つのことby 浅井 みらの

地図を見る

シカゴからドライブで足を延ばすなら、ぜひ立ち寄りたいのがシカゴから約3時間のところにある小さな街、ガリーナ。アメリカでも「小さくてチャーミングな街」としても人気です。目抜き通りには19世紀に建てられた赤レンガ色の建物が並び、歩みを進めるごとにどんどん時間が逆行していく錯覚を覚えるほど。また、ガリーナを流れるガリーナ川は住民の憩いの場で、多くの人たちが川の流れのようにゆったりとした時間を過ごしています。

川沿いでリラックスする時間が、ガリーナの人々にとってのマインドフルネスであり、自由な発想やクリエイティブを促しているようです。この写真の記事を見る ≫

10. 古き良きアメリカを思わせるおしゃれなお店でアイスクリームを食べる

10. 古き良きアメリカを思わせるおしゃれなお店でアイスクリームを食べる
浅井 みらの

イリノイ州の町ガリーナのアイスクリーム屋さんがオシャレ過ぎる!by 浅井 みらの

地図を見る

全米でもかわいい街として人気のガリーナは、週末になると多くの旅行客で賑わいます。街歩きの途中で立ち寄りたいのは、古き良きアメリカを感じさせるおしゃれなインテリアが魅力のアイスクリーム屋さん! なんとここは1846年のオープン時には薬局だったため、当時の家具が残り、独特の雰囲気を醸し出しています。

アイスクリームがおいしいのはもちろん、アイスクリーム屋さんと思えない店内のギャップも魅力のひとつ。クラシカルなデザインの椅子に腰かけ、優雅な気分で昼下がりを過ごすのにぴったり。この写真の記事を見る ≫

11. ガリーナのショッピングストリートを散策する

11. ガリーナのショッピングストリートを散策する
浅井 みらの

スイーツやお土産も!イリノイ州ガリーナのおすすめショップ5選by 浅井 みらの

地図を見る

ガリーナ中心地のメインストリートは800メートルの距離にも関わらず、集まっているお店は20以上。地元アーティストによるハンドメイドのピアスやペンダントが揃うジュエリーショップや、アメリカらしいポップで明るいグッズが並ぶキッチン用品店、手作りで丁寧に作っているチョコーレート店など、眺めるだけでも楽しくなるお店がずらり。

ジュエリーショップでは、ビーズやガラスなどアクセサリーのパーツも組み合わせて作れるオリジナルジュエリーもおすすめ。旅の思い出に自分だけのジュエリーを作るのも楽しそうです。この写真の記事を見る ≫

12. 夜明けとともに、気球に乗って空中散歩する

12. 夜明けとともに、気球に乗って空中散歩する
浅井 みらの

大空をゆら〜りゆらり空中散歩!イリノイ州ガリーナの気球ツアーby 浅井 みらの

ガリーナでは、5月から10月にかけて、1日2回、朝日と夕日の時間に合わせて広大なイリノイの大地の上空を飛ぶ熱気球ツアーが行われています。標高1000メートルまで上がった先に広がる景色は、言葉にできない美しさであふれています。東の方へ目を向ければ、地上から顔を出したばかりの日の出も。手前のガリーナ湖に太陽光が反射し、あたりは黄金色に包まれます。

世界の広さや地球の丸さを感じる気球の旅は、忘れられない経験に。人生観をも変えてしまうかもしれません。この写真の記事を見る ≫

12. 夜明けとともに、気球に乗って空中散歩する

提供元:Illinois Office of Tourism

https://www.enjoyillinois.com/

13. あのマーク・トウェインも泊まった老舗ホテルに泊まる

13. あのマーク・トウェインも泊まった老舗ホテルに泊まる
浅井 みらの

あの著名人たちも泊まっていた!ガリーナ「デソトハウス・ホテル」by 浅井 みらの

地図を見る

1855年にオープンした「デソトハウス・ホテル」はイリノイ州で一番長い歴史を誇る老舗ホテル。160年以上もの歳月の間には、『トムソーヤの冒険』で知られる作家のマーク・トウェインなど著名な小説家や歴代の大統領も訪れるほど。

19世紀の面影が感じられる客室やフロントには、まるで時が止まったかのような非日常な雰囲気が漂います。芸術家も惚れ込む情緒あるホテルは、クリエイティブな発想も刺激してくれそうです。この写真の記事を見る ≫

14. アメリカの歴史とリンカーンの足跡を辿る

14. アメリカの歴史とリンカーンの足跡を辿る
浅井 みらの

リンカーンのホーム「スプリングフィールド」で訪れたい場所5選by 浅井 みらの

地図を見る

歴代のアメリカ大統領のなかでも高く評価されている第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーン。彼が1837年から1861年まで暮らしていたのがスプリングフィールドです。現在はイリノイ州の州都を担い、政治の中心部になっています。

リンカーン関連の観光スポットも豊富で、リンカーンが暮らしていた家やリンカーンが眠る墓地なども徒歩圏内に集まっています。なかでも必見は、リンカーン元大統領のすべてが詰まっていると言っても過言ではない充実度の「エイブラハム・リンカーン大統領博物館」。博物館正面には、リンカーンに関する資料を保存する図書館もあり、こちらも見学可能です。

偉業を成し遂げたリンカーンの足跡を辿れば、目の前の悩みもちっぽけに思えてくるかも……!?この写真の記事を見る ≫

15. アメリカンドッグ発祥の地で本場のアメリカンドッグを食べる

15. アメリカンドッグ発祥の地で本場のアメリカンドッグを食べる
浅井 みらの

アメリカンドッグ発祥の地!スプリングフィールド「コージードッグ」by 浅井 みらの

地図を見る

ルート66の観光スポットとして外せないのが、アメリカンドッグ発祥の地「コージードッグ」。アメリカンドッグは英語でコーンドッグと言いますが、その発祥の地がイリノイ州スプリングフィールドにあります。ルート66のカルチャーを今も受け継ぎ、店内はルート66の雰囲気にあふれています。

地域の人たちが開店と同時に訪れ、仲間と楽しく過ごす場所としても人気です。地元の人に混じって、自分のためだけのゆったりとした時間を過ごしてみませんか。この写真の記事を見る ≫

シカゴ+近郊の街が楽しいイリノイ観光

世界を代表する美術館や博物館、アメリカが誇る近代建築の数々、そして圧巻の高層ビル群など、クリエイティブな感性を刺激するアートが充実しているシカゴ。そして、シカゴからドライブで足を延ばすと、クラシックで可愛らしいガリーナや、アメリカの歴史が身近に感じられるスプリングフィールドなどもあり、都市と自然、都会と田舎の両方が楽しめるのがイリノイ州観光の大きな魅力。

また、広大な農業地帯の広がるイリノイ州は、多様な食文化や食材の良さでも知られています。アートや絶景を見て五感を磨き、おいしいもので心と体を満たす、シカゴ&イリノイ州はそんな体験がしたい人にぴったりの旅行先です。

【この記事は シカゴ・イリノイ州観光局 とのタイアップです】

この記事の関連MEMO

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ