高千穂は絶景&パワスポの宝庫!おすすめ観光スポット10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

高千穂は絶景&パワスポの宝庫!おすすめ観光スポット10選

高千穂は絶景&パワスポの宝庫!おすすめ観光スポット10選

更新日:2018/06/28 15:41

トラベルジェイピー編集部のプロフィール写真 トラベルジェイピー編集部

宮崎県の人気観光地、高千穂。神話や伝説が数多く残るこの街は、高千穂峡や天安河原のパワースポット巡りや、高千穂神社では毎日開催される夜神楽が楽しめます。

あまてらす鉄道のトロッコをはじめ、国見ケ丘などの絶景ポイントも多いんですよ。トラベルジェイピー・ナビゲーターが現地徹底取材したおすすめ観光スポットをご紹介します。

1.高千穂峡

1.高千穂峡
風祭 哲哉

夏の高千穂の賢い楽しみ方!高千穂峡ライトアップと朝ボートby 風祭 哲哉

地図を見る

「高千穂峡」は高千穂といえばココ!というくらい定番の観光地。大昔に阿蘇の火山活動で噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、急激に冷やされたために出来上がった峡谷です。火砕流が侵食されて柱状節理の素晴らしい断崖をつくりだしており、国の名勝、天然記念物にも指定されています。

周辺には遊歩道が整備されており散策を楽しめる他、ボートによる観光も人気です。貸しボートは雨天の影響や安全点検で運休になることがあるのでご注意ください。

<基本情報>
住所:西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井
電話番号:0982-73-1213(高千穂町観光協会)
アクセス:高千穂バスセンターから車で約10分この写真の記事を見る ≫

2.真名井の滝

2.真名井の滝
風祭 哲哉

夏の高千穂の賢い楽しみ方!高千穂峡ライトアップと朝ボートby 風祭 哲哉

地図を見る

高千穂峡のシンボルともいえる「真名井の滝」は、高千穂峡で最も人気のスポット。約17mの高さから渓谷に落ちる様子は迫力満点です。

毎年夏季にはライトアップも行われ、観瀑台へとつながる遊歩道には竹燈篭が並びます。昼とはまた違う真名井の滝を見ることができるので、夏に高千穂を訪れるという方は、ぜひライトアップの時間帯も訪れてみてくださいね。この写真の記事を見る ≫

3.天岩戸神社

3.天岩戸神社
肥後 球磨門

八百万の神々の声を聞く!神話の里 高千穂「天岩戸神社」by 肥後 球磨門

地図を見る

「天岩戸神社」は、神社の傍を流れる岩戸川を挟んで西本宮と東本宮の二つの社殿からなっています。西本宮は天照大神(あまてらすおおみかみ)がお隠れになった天岩戸をご神体として御祀りしていますが、天岩戸は生い茂る木に隠れて姿を拝むことはできず、誰も近寄れない禁足地となっています。西本宮拝殿の裏側に天岩戸が拝める遥拝所があり、社務所で受付の後、神職の同行のもと参拝することが可能です。

<基本情報>
住所:西臼杵郡高千穂町天岩戸1073-1
電話番号:0982-74-8239
アクセス:バス停 岩戸から徒歩すぐこの写真の記事を見る ≫

4.天安河原

4.天安河原
岡本 大樹

宮崎観光にハズせない絶景まとめ!美しい自然美を堪能しようby 岡本 大樹

地図を見る

天照大神が天岩戸にお隠れになった時に、八百万の神が集まって対策会議を行ったというのが、岩戸川沿いにある「天安河原」です。天岩戸神社の西本宮から徒歩10分ほどなので、あわせて観光するのがおすすめ。

パワースポットとして人気で、石を積みながらお願い事をすると叶うと言われており洞窟内はたくさんの小石が積み上げられています。神聖な雰囲気を味わうことができますよ。

<基本情報>
住所:高千穂町大字岩戸
電話番号:0982-74-8239(天岩戸神社)
アクセス:バス停 岩戸から徒歩約10分この写真の記事を見る ≫

5.高千穂神社

5.高千穂神社
結月 ここあ

天孫降臨伝説の地 高千穂へby 結月 ここあ

地図を見る

高千穂八十八社の総杜で、創建はおよそ1900年前といわれる「高千穂神社」。境内には2本の杉の幹がつながった夫婦杉や、祈ると人の悩みや世の乱れが鎮められるといわれる鎮め石、国指定重要文化財に指定された社殿など見どころが満載です。

<基本情報>
住所:西臼杵郡高千穂町大字三田井1037
電話番号:0982-72-2413
アクセス:高千穂バスセンターから徒歩約15分この写真の記事を見る ≫

6.夜神楽

6.夜神楽
羽田 さえ

神々の遊び!?パワースポット「高千穂神社」で夜神楽を体験しようby 羽田 さえ

地図を見る

「夜神楽」は国の重要無形民俗文化財に指定されており、神話をモチーフにした33もの演目があります。11月中旬から2月上旬頃限定で、集落ごとに民家の一室や公民館などを使って夜通し行われ、見届けるのも一晩がかり。

そんな中、高千穂神社では季節を問わず夜神楽を毎日開催しているので、気軽に体験することができますよ。約1時間で代表的な演目を上演。近隣の宿泊施設では無料のシャトルバスを運行しているので、利用すると便利です。この写真の記事を見る ≫

7.高千穂あまてらす鉄道

7.高千穂あまてらす鉄道
北原 りえこ

いつか乗りたい!宮崎・高千穂「スーパーカート」から拝む絶景by 北原 りえこ

地図を見る

「高千穂あまてらす鉄道株式会社」は旧高千穂鉄道の線路を利用して、往復30分かけて楽しめるアトラクションを運営。高千穂橋梁からの絶景や、乗客を魅了する楽しい演出が行われています。

2017年3月にグランド・スーパーカートが運行を開始した他、スーパーカートと呼ばれる軽トラックを改造したオープンエアのトロッコ車両も不定期で運行。雨天や風の強い日などは定休日以外でも休業となる場合があるのでご注意ください。

写真提供:高千穂あまてらす鉄道株式会社

<基本情報>
住所:西臼杵郡高千穂町三田井1425-1(旧高千穂駅駅舎内)
電話番号:0982-72-3216
アクセス:高千穂バスセンターから徒歩約10分この写真の記事を見る ≫

8.国見ヶ丘

8.国見ヶ丘
もり みさ

神話の世界がより身近に!高千穂「国見ヶ丘」で雲海を見よう!by もり みさ

地図を見る

標高513mの「国見ヶ丘」は、はるか昔神話の時代、神武天皇の孫である建盤竜命(たていわたつのみこと)が、この地から九州の国見をしたとの伝説があります。眼下には高千穂の里がのんびりと広がり、それを囲う阿蘇山や祖母連山も、さわやかに見渡せる絶景スポットです。

秋から冬にかけては雲海のシーズンで早朝、日の出前からがチャンス。条件があえば、素晴らしい景色を見ることができますよ。

<基本情報>
住所:高千穂町大字押方
電話番号:0982-73-1213(高千穂町観光協会)
アクセス:高千穂バスセンターから車で約15分この写真の記事を見る ≫

9.栃又棚田

9.栃又棚田
smileatrip あこ

高千穂峡だけじゃない!峡谷沿いの遊歩道や日本百選の棚田、絶景の丘もby smileatrip あこ

地図を見る

「栃又棚田」は高千穂町の中心部から天岩戸神社や天安河原まで行く県道7号線沿いにあります。2015年に世界農業遺産に認定された地域であるだけでなく、日本の棚田百選にも選ばれた美しい田園風景が広がっています。タイミングがあえば、高千穂鉄橋を渡る高千穂あまてらす鉄道を見ることもできますよ。

<基本情報>
住所:西臼杵郡高千穂町三田井
電話番号:0982-73-1213(高千穂町観光協会)この写真の記事を見る ≫

10.くし觸神社

10.くし觸神社
桜 小町

天孫降臨の地・高千穂、瓊瓊杵尊ゆかりの天真名井に槵觸神社by 桜 小町

地図を見る

天孫降臨の地として伝えられる「くし觸(ふる)神社」は、木々に覆われた神聖な空気が漂う場所です。境内には遊歩道があり、その昔、降臨した神々が高天原を懐かしみ遥拝した場所だと伝えられている高天原遥拝所まで続いています。

元はくしふる峰をご神体とし社殿はありませんでしたが、元禄7年(1694年)に初めて社殿が造営されました。参道の中ごろの神代川のほとり近くには、天村雲命が高天原から水源の種をうつしたとされる天真名井があり、御神水として信仰されています。

<基本情報>
住所:高千穂町三田井713
電話番号:0982-72-2413(高千穂神社)
アクセス:高千穂バスセンターから徒歩約10分この写真の記事を見る ≫

高千穂の観光はこれでキマリ!

高千穂は人気エリアのため、たくさんの観光客が訪れます。高千穂峡や天岩戸神社など人気の観光スポットは、人の少ない時間帯の早朝観光すると神秘的な雰囲気をより味わうことができるのでおすすめですよ。国見ケ丘の雲海が出現する時間帯も早朝ですし、高千穂神社では夜神楽が開催されるので、ぜひ宿泊をして高千穂エリアの旅を満喫してくださいね。

※2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ