ドイツの「インスタ映えスポット」13選 カラフルで可愛い町並みが魅力

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ドイツの「インスタ映えスポット」13選 カラフルで可愛い町並みが魅力

ドイツの「インスタ映えスポット」13選 カラフルで可愛い町並みが魅力

更新日:2018/07/31 16:15

LINEトラベルjp 編集部 新垣のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部 新垣

ドイツは、中世のロマンチックな雰囲気が残る町並みや美しい街道が人気の歴史深い国。伝統的な木組みの家々が連なる光景や、幻想的な教会の建物など、どこを見ても絵になるフォトジェニックなスポットがいっぱい。

クリスマスマーケットやベルリンの光の祭典など、秋から冬にかけての季節限定で見られるSNS映えする光景も外せません。そんなドイツで“いいね!”がもらえるインスタ映え抜群のスポット13選をお届けします。

1.木組み家屋の町並み(ドイツ各地)

1.木組み家屋の町並み(ドイツ各地)
Hiroko Oji

フランクフルト郊外に潜むおとぎの世界!豪華な木組みの町並み4選by Hiroko Oji

地図を見る

木組み家屋が数多くあるドイツ。特にフランクフルト郊外には、豪華な木組み家屋が軒を並べ、石畳の路地の両側や広場周辺には、情緒溢れるおとぎの世界が広がっています。イトシュタインには、建設中の資材不足から傾いてしまった木組み家屋も。これはこれでフォトジェニックですよね。この写真の記事を見る ≫

1.木組み家屋の町並み(ドイツ各地)
Hiroko Oji

ドイツ「フロイデンベルク」モノトーンで統一された町並みとクリスマスby Hiroko Oji

地図を見る

木組み家屋は、彩色されたカラフルで豪華な木彫りが見所のところも多いのですが、全てモノトーンで統一された木組み家屋の町もあります。それが、フロイデンベルク。白壁にグレーの屋根、黒っぽい木枠がデザインされたその姿はインスタ映え必至。近くからでも遠くからでも、どこから見ても絵になります。この写真の記事を見る ≫

2.クリスマスマーケット(ドイツ各地)

2.クリスマスマーケット(ドイツ各地)
Hiroko Oji

独メルヘン街道の出発点・ハーナウの街で楽しむクリスマスマーケットby Hiroko Oji

地図を見る

ヨーロッパではクリスマスシーズンになると各地でクリスマスマーケットが行われますが、中でも盛んなのがドイツ。グリューワインなどのお酒やグルメに加え、お土産になりそうな装飾品や置物の屋台も軒を並べます。ドイツならではの素敵な木組みの家も、陶器のミニチュアとなって売られていますよ。この写真の記事を見る ≫

2.クリスマスマーケット(ドイツ各地)
かわい ゆうこ

おもちゃの街ニュルンベルグ!世界一有名なクリスマスマーケット散策by かわい ゆうこ

地図を見る

クリスマスマーケットでは、日本の屋台でもお馴染みのチョコバナナやチョコリンゴ、リンゴ飴といったお菓子もたくさんあります。とっても可愛くてカラフルでインスタ映えもバッチリ。特に、果物の酸味とチョコの甘さが絶妙なキウイやパイナップルなどのフルーツチョコは、さっぱりしていて女子だけでなく男子にもオススメですよ。この写真の記事を見る ≫

3.ブレーメンの町並み

3.ブレーメンの町並み
car min

ブレーメンの可愛いがいっぱい!「シュノーア地区」でお土産探しや地元のグルメを!by car min

地図を見る

グリム童話“ブレーメンの音楽隊”でも知られているドイツのブレーメン。世界遺産に指定された美しい市庁舎もあり、観光地としても人気の町。中でもシュノーア地区には、音楽隊グッズや可愛い雑貨の店、ローカルグルメを楽しめるレストランやカフェなどが勢揃い。路地には可愛いお店があちこちにありインスタ映え必至。この写真の記事を見る ≫

3.ブレーメンの町並み
car min

ブレーメンの可愛いがいっぱい!「シュノーア地区」でお土産探しや地元のグルメを!by car min

地図を見る

ラベンダー色の車と大きなキャンディーの看板が一際目を引くフォトジェニックなお店は、キャンディー専門店のブレーマー ボンボン。100種類以上のキャンディーが勢揃い! お店に入った途端、甘い匂いに包まれ、万華鏡のようにきらきらしたキャンディーが目に飛び込んできます。目だけでなく味でも楽しめますよ。この写真の記事を見る ≫

4.アーヘン大聖堂(アーヘン)

4.アーヘン大聖堂(アーヘン)
Miyuki Sakai

心も身体も美しく!ドイツ西部のアーヘン「カルロステルメ」by Miyuki Sakai

地図を見る

ドイツ西部に位置し、ベルギーやオランダとの国境にも近い街アーヘンにある世界遺産「アーヘン大聖堂」。数ある世界遺産の中でも、1987年に初めて世界遺産に登録された12のスポットの内の一つで、ステンドグラスと装飾の豪華さはとてもフォトジェニックで圧倒されます。この写真の記事を見る ≫

4.アーヘン大聖堂(アーヘン)
car min

言葉に出来ない美しさ!ドイツ初の世界遺産「アーヘン大聖堂」by car min

地図を見る

特にこの60年かけて造られたガラスの礼拝堂は必見。400個もの宝石をちりばめたカール大帝の聖遺物箱が置かれ、金色に輝く聖母子像のレリーフが吊り下がる姿は、思わずインスタでシェアしたくなるほどの圧倒的な美しさ。この写真の記事を見る ≫

5.聖シュテファン教会(マインツ)

5.聖シュテファン教会(マインツ)
Grace Okamoto

シャガールの幻想的な青!ドイツ・マインツ「聖シュテファン教会」by Grace Okamoto

地図を見る

ドイツでインスタ映えする美しい教会と言えば、マインツにある「聖シュテファン教会」も外せません。フランスの画家マルク・シャガールが手がけた、青いステンドグラスが素晴らしく“ドイツで最も美しい教会の一つ”と呼ばれています。陽光が緩やかな曲線で構成されたガラスに射込み、そこはまるで深海の底。この写真の記事を見る ≫

5.聖シュテファン教会(マインツ)
Grace Okamoto

シャガールの幻想的な青!ドイツ・マインツ「聖シュテファン教会」by Grace Okamoto

地図を見る

この写真の記事を見る ≫

6.レジデンツ(ミュンヘン)

6.レジデンツ(ミュンヘン)
Hiroko Oji

絢爛豪華さにウットリ〜!独・ミュンヘンの「レジデンツ」は観光の目玉by Hiroko Oji

地図を見る

ドイツ南部バイエルン州都のミュンヘンは、12世紀頃から発展し始め、王家の宮殿が置かれて華やかな宮廷文化が花開いた町。ここにある「レジデンツ」は、5世紀に渡ってバイエルン王家として君臨したヴィッテルスバッハ家の本宮殿。中に入ると洗練された豪華な装飾で溢れ、フォトジェニックな光景が見る人を包み込みます。この写真の記事を見る ≫

6.レジデンツ(ミュンヘン)
Hiroko Oji

絢爛豪華さにウットリ〜!独・ミュンヘンの「レジデンツ」は観光の目玉by Hiroko Oji

地図を見る

出入り口付近に延びる長い廊下は、祖先画ギャラリーと呼ばれる部分。ヴィッテルスバッハ家の王と一族の肖像画が121枚展示されている煌びやかな回廊となっています。白地に金細工が額縁となる肖像画がこれほどたくさん並ぶと、壮大な眺めで絢爛豪華! 窓から入る光が優しく肖像画の人物を照らしている光景はインスタ映え間違いなし。この写真の記事を見る ≫

7.フェスティバル・オブ・ライツ(ベルリン)

7.フェスティバル・オブ・ライツ(ベルリン)
miyoshi yuca

ベルリンの街を彩る光の祭典「フェスティバル・オブ・ライツ」by miyoshi yuca

地図を見る

ドイツ最大のフォトジェニックなイルミネーションイベントと言えるのが、ベルリンで毎年秋に行われる「フェスティバル・オブ・ライツ」。世界各国のアーティストたちが腕をふるい、プロジェクションマッピングなどの最先端技術を駆使して、ベルリン中の象徴的な建物や街角など30カ所近くをライトアップし来場者を魅了します。この写真の記事を見る ≫

7.フェスティバル・オブ・ライツ(ベルリン)
miyoshi yuca

ベルリンの街を彩る光の祭典「フェスティバル・オブ・ライツ」by miyoshi yuca

地図を見る

特に、昼間はターコイズ色のドーム型屋根が可愛らしいベルリン大聖堂が、プロジェクションマッピングによって見事に大変身した姿は圧巻。日暮れから深夜まで楽しむことができるこのイベント。インスタ映えする写真だけでなく、ムービージェニックも狙えますよ!この写真の記事を見る ≫

8.ベルリンのおしゃれカフェ

8.ベルリンのおしゃれカフェ
Grace Okamoto

ベルリン女子御用達!SNS映え最高のおしゃれカフェ5選by Grace Okamoto

地図を見る

ベルリンの街ではフォトジェニックなおしゃれなカフェも外せません。特にクロイツベルク地区は、個性的なお店が多いところ。インスタ映えを狙うならこのエリア周辺を散策してみましょう。ヴィヴィッドな黄色の外観が印象的でベルリン女子にも人気な“Hello Good Pie”もこちらにあります。この写真の記事を見る ≫

9.チョコレート博物館(ケルン)

9.チョコレート博物館(ケルン)
Hiroko Oji

あのリンツの博物館がドイツに!ケルン「チョコレート博物館」は世界最大級by Hiroko Oji

地図を見る

スイーツ大好き女子にオススメなのがケルンにある「チョコレート博物館」。スイスの有名メーカー“リンツ”が運営する施設で、工場での生産工程の見学、体験・試食コーナー、カフェやお土産売り場などがあり、チョコレート好きにはたまらないミュージアムです。この写真の記事を見る ≫

9.チョコレート博物館(ケルン)
Hiroko Oji

あのリンツの博物館がドイツに!ケルン「チョコレート博物館」は世界最大級by Hiroko Oji

地図を見る

ここで一番インスタ映えするところが、黄金に輝くカカオの実を模したチョコレートファウンテン。高さ3メートルもあるファウンテンからは、200キログラムもの温かい液体チョコレートが、4つの噴出口から噴水ボウルへと流れ続けています。ここでは、ウエハースにチョコレートをからめて手渡してくれますので、是非お立ち寄りを!この写真の記事を見る ≫

10.リンゴ酒電車(フランクフルト)

10.リンゴ酒電車(フランクフルト)
浅井 みらの

かわいいリンゴ酒電車に乗って「フランクフルト市内」をぐるり!by 浅井 みらの

地図を見る

フランクフルトでは週末と祝日だけ街中を走り回る、カラフルな電車があります。その名も“エベルバイ・エクスプレス(Ebbelwei-Express)”。「リンゴ酒電車」とも呼ばれ、約1時間で主要な観光地を巡りながら、フランクフルト市内を1周します。この電車の車体がとてもフォトジェニック。木組みの家やリンゴ酒を入れる青い容器などのポップアートが描かれ、インスタ映え必至。この写真の記事を見る ≫

10.リンゴ酒電車(フランクフルト)
浅井 みらの

かわいいリンゴ酒電車に乗って「フランクフルト市内」をぐるり!by 浅井 みらの

地図を見る

車内も遊園地のような楽しい雰囲気。チケットにはスナックと飲み物1本分の金額も含まれています。リンゴの甘さがほんのり、スッキリとした後味が特徴のリンゴ酒を是非試してみましょう。この写真の記事を見る ≫

11.シュタイフ・ミュージアム(ギーンゲン)

11.シュタイフ・ミュージアム(ギーンゲン)
ジュマペル ヤマモト

テディベア生誕秘話〜ドイツ「シュタイフ・ミュージアム」を訪ねようby ジュマペル ヤマモト

地図を見る

子供から大人まで誰しもをやさしい気持ちにさせるテディベア。その本家本元であるシュタイフ(Steiff)社が、創業地であるドイツ・ギーンゲンに設けているのが「シュタイフ・ミュージアム」。テディベアが世界で愛されるようになるまでの歴史や、豊富なラインナップのショップなど、テディベア好きになたまらないスポットで、インスタ映えするコーナーもたくさんあります。この写真の記事を見る ≫

11.シュタイフ・ミュージアム(ギーンゲン)
ジュマペル ヤマモト

テディベア生誕秘話〜ドイツ「シュタイフ・ミュージアム」を訪ねようby ジュマペル ヤマモト

地図を見る

ショップには、シュタイフのテディベアで埋め尽くされんばかりで、テディベア好きなら悶絶すること間違いなし。定番品はもちろん、日本では手に入らない限定品やビンテージ品など、豊富なラインナップが、日本より手頃な価格で販売されています。この写真の記事を見る ≫

12.美しい壁絵の町 ミッテンヴァルト(バイエルン)

12.美しい壁絵の町 ミッテンヴァルト(バイエルン)
フルリーナ YOC

ゲーテが“生きた絵本”と絶賛!ドイツ「ミッテンヴァルト」はバイエルン珠玉の町by フルリーナ YOC

地図を見る

ドイツのオーバー・バイエルン地方は、山々の美しい風光明媚な地方。昔から沢山の文豪や芸術家を虜にしてきました。そのバイエルンに、壁絵で有名なフォトジェニックな町「ミッテンヴァルト」があります。町のシンボルは聖ペーターと聖パウルが壁に描かれ教会。この写真の記事を見る ≫

12.美しい壁絵の町 ミッテンヴァルト(バイエルン)
フルリーナ YOC

ゲーテが“生きた絵本”と絶賛!ドイツ「ミッテンヴァルト」はバイエルン珠玉の町by フルリーナ YOC

地図を見る

ゲーテはイタリア旅行の途中に、ここミッテンヴァルトに立ち寄り“イタリア紀行”の中でその感動を“生きた絵本”と表しました。まさに、絵本の中のおとぎの国に迷い込んでしまったかのような町並みはインスタ映え間違いなしの美しさ。ランチやお茶を楽しみながら壁絵ウォッチングを楽しみましょう。この写真の記事を見る ≫

13.世界で最も可愛らしい街 ローテンブルク

13.世界で最も可愛らしい街 ローテンブルク
ろぼたん

おとぎ話やRPGの世界が実在!ドイツ・ローテンブルクのベストシーズンは?by ろぼたん

地図を見る

カワイイものが大好き、童話のようなメルヘンチックなヨーロッパを体験したいと思うなら、ドイツの旧市街を巡る旅がオススメ。中でも「ローテンブルク」は、“童話の世界”、“世界で最も可愛らしい街”などとその美しさを表現されるところで、街中にフォトジェニックな光景が広がります。中でも、この写真のプレーンラインというスポットは、街並みが最も美しく見えると言われるところ。インスタ映え間違いなしの必見スポットです。この写真の記事を見る ≫

13.世界で最も可愛らしい街 ローテンブルク
Ai Mo

可愛すぎる街並み!ドイツ・ローテンブルクで絵本の世界に迷いこむby Ai Mo

地図を見る

街の中心、マルクト広場にある市庁舎の塔から見る街の光景もフォトジェニック。眼下に360度広がるオレンジ色の屋根、カラフルな街並み、それらをぐるりと取り囲む城壁や門は、まるでおとぎ話に出てくるワンシーンのよう。時間を忘れてうっとりしてしまうでしょう。この写真の記事を見る ≫

インスタ映えするドイツのスポットはこれでキマリ!

いかがでしたか? ドイツのインスタ映えスポット。
特にドイツ特有の木組み家屋が軒を連ねるスポットが多く、どこを歩いてもフォトジェニック。その可愛い光景は思わず写真でシェアしたくなってしまいます。

是非あなたも、スマホ、カメラを片手にドイツのインスタ映えスポットをたどってみてくださいね。

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ