成田から直行便で行ける!アメリカの都市5選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

成田から直行便で行ける!アメリカの都市5選

成田から直行便で行ける!アメリカの都市5選

更新日:2018/09/19 14:29

Nami Kitaのプロフィール写真 Nami Kita 温泉ソムリエ、子連れトラベラー

いつの世も時代の最先端を行く国「アメリカ」。アメリカンドリームという言葉が存在するように、チャンスや出会いが生まれる国として夢見る人が多い場所です。

日本からは遥か彼方といった印象もありますが、実は成田からはアメリカ5都市への直行便が就航。ひとたび飛行機に乗り込めば、あっという間に憧れの地へ飛び立てます。ここではそんなアメリカから魅力的な都市の数々をご紹介。求めていた場所がみつかるはずですよ!

1.ニューヨーク

1.ニューヨーク
さと しほ

目指すは「ワンワールド展望台」のキラキラ夜景!NY観光半日ルートby さと しほ

地図を見る

アメリカといえば誰しもが最初に思いつく場所「ニューヨーク」。「世界の中心」と称され多くの人々が夢を抱きこの地を訪れます。成田からは直行便でおよそ13時間。タイムズスクエアや、ブロードウェイ、自由の女神といった象徴的なスポットが密集しており、電車や徒歩で観光ができるのも魅力です。

お洒落なカフェや数々の流行が次々に生まれる場所。アンテナを張って素敵な出会いを探し求めたいものですね!この写真の記事を見る ≫

2.ロサンゼルス

2.ロサンゼルス
舟津 カナ

買・食・インスタ映え!ロサンゼルス王道1日観光モデルコースby 舟津 カナ

憧れのハリウッドサインや、ビーチ沿いの開放的な雰囲気を楽しむことのできる「ロサンゼルス」は一度は訪れたい憧れの場所の一つ。成田からは直行便にて10時間前後で到着します。

ニューヨークに比べて観光名所が点在しているので、バスや鉄道を上手に使って観光を楽しみましょう。最新のアートやショッピング、グルメなど飽きることのない楽しみの数々が待ち受けていますよ。人気スポットのサンタモニカやベニスビーチでは絵葉書で目にしたことがあるようなフォトジェニックな世界が広がります。この写真の記事を見る ≫

3.サンフランシスコ

3.サンフランシスコ
大川原 明

海に囲まれた美しい都市サンフランシスコで訪れるべき場所5選by 大川原 明

海に囲まれた街並みが美しい「サンフランシスコ」。街中を走るケーブルカーや中心地ユニオンスクエアの写真はガイドブックなどで目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

サンフランシスコの象徴的存在であるゴールデンゲートブリッジはフェリーに乗って海上からの景色を楽しむのがおすすめ。かつては刑務所として使われていたアルカトラズ島も近くに見ることができますよ。桟橋上にレストランなどの建物が連なるフィッシャーマンズワーフでは美味しいシーフードを堪能してくださいね。この写真の記事を見る ≫

4.シカゴ

4.シカゴ
高野 祥

シカゴピザは分厚い!「ル・マルナーティズ」名物のディープディッシュピザby 高野 祥

地図を見る

アメリカ第3の都市「シカゴ」。成田からは12時間弱でたどり着くことができます。分厚いシカゴピザやシカゴ風ホットドッグなどこの地ならではのグルメもお楽しみの一つです。

夜景の美しい高層ビル群にミシガン湖といったここだけの景色は思い出に残ること間違いなし。歴史あるシカゴシアターでのショーもお見逃しなく。この写真の記事を見る ≫

5.シアトル

5.シアトル
大川原 明

洒落た雰囲気が漂うシアトル・ウォーターフロントおすすめ観光名所by 大川原 明

ウォーターフロントの街並みが美しい「シアトル」。成田からは9時間前後と比較的短い移動時間で到着することのできる大都市です。

マイクロソフトなど数々の有名企業の本社があることでも知られていますね。折角この地を訪れたのであればスターバックスの1号店は是非とも訪れてみて。お洒落なレストランやカフェも軒を連ねています。この写真の記事を見る ≫

成田から直行便で行けるアメリカの都市はこれでキマリ!

お洒落で魅力的なスポットが点在するアメリカですが、都市によって特色があることがお分かりいただけましたでしょうか。

街歩きやグルメ、ショッピングなどいずれも多様な楽しみ方ができる大都市ばかりですが、移動時間や好みの過ごし方に応じて旅のプランニングを楽しんでくださいね。

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ