台湾旅行を計画しよう!押さえておきたい10のこと

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾旅行を計画しよう!押さえておきたい10のこと

台湾旅行を計画しよう!押さえておきたい10のこと

更新日:2018/09/19 11:59

LINEトラベルjp 編集部 新垣のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部 新垣

台湾は治安が良く親日的で優しい人々が多く、海外旅行初心者にもオススメの国。日本人の口に合う台湾グルメも人気で、魅力がいっぱい詰まった観光スポットも目白押し!

旅行インフルエンサー「LINEトラベルjp ナビゲーター」が取材したスポットのなかから、台湾旅行に行くなら押さえておきたいおすすめ情報、計画に便利なポイントをお届けします。

1.台湾ってどんなところ

1.台湾ってどんなところ
東郷 カオル

台北の景色はここからがベスト!象山から眺める台北101の夜景by 東郷 カオル

地図を見る

台湾は日本列島の南、太平洋西岸にあり、南はフィリピン群島、西は中国大陸を臨む島で、面積は日本の九州と同じぐらい。国の正式名称は「中華民国」で、首都は、台湾本島北部の「台北市」。台湾のほぼ中央、嘉義県付近に北回帰線が通り、年中温暖な気候です。

台湾の観光地は、台北、高雄、台南、台中とその周辺に集まっています。近代的な街並みと中国寺院などの伝統的な建築物とのコントラストが魅力で、日本統治時代に建てられた歴史的建造物の多くが観光スポットになっているのも他国にはない特徴。また、太魯閣渓谷、阿里山、日月潭など、風光明媚な大自然を満喫できる観光地も人気です。

台北には、台北郊外に台湾桃園国際空港、台北市内に台北松山空港と、2つの国際空港があります。日本からは大半の便が台湾桃園国際空港に乗り入れていますが、羽田発は、台北松山空港行きの便もあり、移動時間を短く、効率的に観光したいなら台北松山空港行きが便利。この写真の記事を見る ≫

2.台湾旅行のベストシーズンは?

2.台湾旅行のベストシーズンは?
小林 里穂

グルメ街での夕食もおすすめ!台北の夜は活気ある「士林夜市」へby 小林 里穂

地図を見る

それでは、ここからはお役立ち情報をご紹介しますね。台湾に旅行するならいつがベストシーズンなのでしょうか?

台湾は、北回帰線の北部が亜熱帯、南部が熱帯に属しています。年中温暖な気候ですが、日本と同じく四季はあります。台湾の春(3月〜5月)は、晴れの日も多くなり、気温は30度を超える日も。ただ、寒暖差も激しいので羽織るものは必要。5月下旬に入ると梅雨の季節。6月下旬から7月上旬には明けますが、この時期に台湾旅行するなら傘は必須ですが、梅雨を避ければ街歩きや台湾名物の夜市巡りには最適な季節です。この写真の記事を見る ≫

2.台湾旅行のベストシーズンは?
鶴長 あき

台湾最大の湖「日月潭」を観光!レイクビュースポット5選by 鶴長 あき

台湾は夏(6月〜8月)になると、35度前後まで気温も急上昇。紫外線もきついので日焼け止めも忘れずに。街歩きにはちょっと辛い季節ですが、室内やMRTの車内などは冷房がよく効いているので快適。ショッピングモールやカフェなどで休憩をとりつつ散策すれば暑さもそれほど苦ではないかも。
また、標高2千メートルを超える阿里山は真夏でも20〜25度前後、日月潭も30度を上回ることがないので、避暑目的で阿里山や日月潭観光するのもオススメです。

秋(9〜11月)は、10月頃までの台風のシーズンを過ぎれば気温も25度前後まで下がってきます。台北、高雄、台南などの街を歩きながら観光するのにはちょうどよいベストシーズン。ただ、寒暖差も激しく30度ぐらいまで上がることがある一方、11月になると夜は肌寒く感じられます。昼間は半袖で大丈夫ですが、羽織るものは持参しておいたほうがいいでしょう。この写真の記事を見る ≫

2.台湾旅行のベストシーズンは?
田中 佐代子

台湾・十分の平渓天燈節。夜空に輝く圧巻のランタン飛ばしを体験by 田中 佐代子

地図を見る

台湾の冬(12月〜2月)は、20度前後まで気温が下がります。10度以下になることは滅多にありませんが、日本と同じで1月から2月は気温が一番低くなるのでコートなどの上着は必須。なお、旧正月の春節の期間(2019年:2月2〜10日)は帰省ラッシュとなり、交通機関の切符が取りにくくなると共に、道路も大渋滞。お休みになるお店も多い為、この期間の旅行は避けた方がいいですね。

旧暦1月15日の元宵節(2019年:2月19日)前後には、たくさんのランタンが空を舞う幻想的なお祭り「平渓ランタンフェスティバル」や広い会場に何千個というランタンが飾られる「台湾ランタンフェスティバル」が開催されますし、年末年始に台北101などで開催されるカウントダウンイベントは華やかで人気。イベント目当てで台湾旅行するならこの時期に。この写真の記事を見る ≫

3.台湾旅行は何泊する?

3.台湾旅行は何泊する?
MISAKI IIDA

昼の街探検!夜の幻想的な風景!魅力たっぷりの九フンへ行こうby MISAKI IIDA

地図を見る

都市での街歩きや景勝地巡りなど、その目的によって訪れる場所やルート、泊数も変わってきますが、ここでは一部プランをご紹介します。

■台北…2泊
台北市内には台湾で人気の観光スポットが集まっています。また人気の九フンも台北近郊に位置。台北を巡るだけでも十分満足する旅になるでしょう。2泊がオススメですが、朝早い便で着いて、夜の便で帰るなら1泊2日でも楽しめます。東京、大阪、名古屋から台北までは、約3時間〜4時間半。福岡から約2時間半、那覇から約1時間半。

■台北と台中…3泊
台中は彩虹眷村や宮原眼科、高美湿地などインスタ映えするスポットが人気。台北と高雄の中間あたりに位置し、台湾高速鉄道で45〜60分ほど。移動距離も短いので台北のプランにあと1泊追加すれば、十分台中を満喫できます。

■台北と高雄・台南…3〜4泊
台湾第2の都市、高雄と古都台南は台湾リピーターに人気。この2都市を日程に加えれば、より充実した台湾旅行になります。台湾高速鉄道だと、台北と高雄(左営駅)間は約1時間半〜2時間で、高雄と台南間は約13分と近いのですが、どちらか一方だけなら台北のプランにあと1泊、2都市も巡るならあと2泊は必要。この写真の記事を見る ≫

3.台湾旅行は何泊する?
渡部 洋一

龍から入って虎から出る!台湾南部、高雄の「龍虎塔」を昼も夜も楽しもう!by 渡部 洋一

地図を見る

■高雄…2泊
高雄は港町の雰囲気が漂い、台北とはまた違う魅力に溢れています。高雄だけを満喫する旅もオススメですが、台北から新幹線で移動するとなると、往復で4時間はかかりますので、最低でも2泊は必要。高雄だけなら成田、関空、那覇、福岡から直行便がある高雄国際空港にアクセスするほうが時間を節約できます。成田-高雄間は4時間半前後。

■高雄と台南…3泊
最近は高雄、台南などの台湾南部への観光も注目されています。高雄-台南間は台湾高速鉄道で約13分、台湾鉄道で35〜45分ほどと近いので、両都市の主要スポットを巡るだけなら3泊あれば十分。この写真の記事を見る ≫

3.台湾旅行は何泊する?
遠藤 まさみ

世界三大登山鉄道「阿里山森林鉄道」に乗って台湾最強パワースポット「阿里山」へ行こ…by 遠藤 まさみ

地図を見る

■台北と台中・日月潭…3泊
台湾でリゾート気分を満喫するなら、レイクリゾートの日月潭がいいでしょう。台中からバス1本とアクセスも便利。1日目は台北から台中に移動し、その日のうちに日月潭へ。湖畔のリゾートホテルで1泊して翌日は台中市内を観光し台北に移動し2泊。

■台北と嘉義・阿里山…3泊
嘉義から登山鉄道とバスで行ける阿里山は美しい日の出と森林散策が魅力。嘉義から阿里山行きのバスは13時ぐらいの便が最終ですので、1日目は台北か嘉義に泊まりましょう。嘉義から阿里山までは約3時間。ご来光を拝むなら阿里山駅周辺で1泊。3日目は、阿里山を観光し台北へ。阿里山だけなら2泊でも大丈夫。

■台北と太魯閣渓谷…3泊
台湾八景のひとつ太魯閣(タロコ)。台北からは特急列車で約2時間、花蓮駅でバスに乗り継ぎ約40分。往復で半日はかかりますので、太魯閣か花蓮市内で1泊しましょう。

■台湾一周…4泊〜6泊
台湾の主要観光地をすべて巡りたい場合は、4泊から6泊ぐらい見ておいたほうがいいでしょう。主要都市だけなら、台北⇒台中⇒台南⇒高雄と1泊ずつで4泊。自然やリゾートも楽しむなら、それに2泊ほどプラスして、日月潭、阿里山、太魯閣渓谷へ。この写真の記事を見る ≫

4.台湾旅行のルートは?

4.台湾旅行のルートは?
渡部 洋一

台湾3大観光名所!台北・中正紀念堂の美しさと迫力に圧倒される!by 渡部 洋一

地図を見る

台湾は日本の九州と同じぐらいの大きさです。まずは何が見たいか? どこに行きたいか? を考えて効率よく観光できるルートを考えましょう。

多くの人気観光スポットが集中する首都の台北だけを巡るなら、台湾桃園国際空港から入国し、桃園MRTに乗って台北市内へ。直達車(快速)なら約35分で台北駅に到着します。羽田発の台北松山空港行きの便なら着いたところがすでに台北市内。台北MRTに乗れば主な観光スポットにはすぐ行けますよ。

2泊3日で台北市内を巡るオススメのルートは、1日目に中正紀念堂、龍山寺、台北101などの有名観光スポットを巡り、昼食は台湾グルメの有名店が集まる永康街へ。そして、夜は、台北最大の士林夜市で人気グルメ屋台をはしご。

2日目は、国立故宮博物院で中国歴代王朝の歴史に触れたあとは、最新の若者文化発信地、西門町やそごうなどのデパートがあるおしゃれエリア、忠孝東路を中心とした東区をぶらぶらするのもいいですね。そして、夜は幻想的でノスタルジックな風景が広がる九フンへ。バスは忠孝復興駅を降りたところにあるそごう近くから出ています。

3日目は早起きして、人気の台湾風の朝食を地元客に混じって頂きましょう。忠烈祠で衛兵交代式を見学したあとは、レトロな街並みの迪化街で可愛い台湾雑貨を探してカフェで一服。時間があれば海沿いの淡水や北投温泉まで足を延ばしてもいいかも。松山文化創園区で最新の台湾カルチャーに触れるのも面白いですよ。この写真の記事を見る ≫

4.台湾旅行のルートは?
麻田 ユウミ

今も昔も最先端!台南のランドマーク「林百貨」で観光&ショッピングby 麻田 ユウミ

地図を見る

台中や高雄、台南を観光するなら、台北駅から台湾高速鉄道に乗車しましょう。バスもありますが、台湾の都市間を移動するには最も早い交通手段です。高雄(左営駅)には約1時間半〜2時間で到着。高雄では、左営駅に近いところにあるパワースポット龍虎塔へ。MRTに乗り世界で最も美しいと言われる美麗島駅を経て、かき氷ストリートで台湾スイーツに舌鼓。旗津半島で絶景の夕日を見て海鮮料理で晩ごはんというのはいかがでしょう。

レトロな街並みで美味しい台湾グルメが集まっている古都台南は、台湾高速鉄道で台北から入るか、もしくは、高雄を観光後に台南に移動というルートになります。高雄からは在来線の台湾鉄道で35〜45分ほど。レトロストリート安平老街を散歩して、台南2大B級グルメ、ちまきと担仔麺に舌鼓。日本統治時代の百貨店が観光名所になっている林百貨でお買い物。台南で宿泊してもいいですが、高雄に戻り、愛河で夜景眺めながらクルーズを楽しむというのもオススメです。この写真の記事を見る ≫

4.台湾旅行のルートは?
ミセス 和子

台湾八景、断崖絶壁が続く大自然!台湾・花蓮「太魯閣峡谷」by ミセス 和子

地図を見る

台湾で大自然を満喫したいなら、日月潭、阿里山、太魯閣渓谷へ。日月潭へは台中から、阿里山は嘉義から、太魯閣渓谷は台北から花蓮を経てアクセスできます。日月潭を楽しむなら台中も一緒に観光するのがオススメ。カラフルな虹の村 彩虹眷村や、まるでハリポタの世界を思わせる宮原眼科というスイーツ店、台湾のウユニ塩湖とも呼ばれる高美湿地など、インスタ映え必至の人気スポットが集まっているのが特徴。

ご来光や巨木の森、山岳鉄道が人気の阿里山も台湾高速鉄道を利用。台北駅から嘉義駅まで行き(最速1時間27分)、そこからバス、もしくは阿里山森林鉄道に乗車(約2時間半)。早朝にご来光を拝む為には阿里山駅周辺で1泊し、翌日は阿里山の大自然を堪能して下山。帰りに嘉義の街を観光するのもいいですね。

大理石の絶壁などダイナミックな景観が楽しめる台湾八景のひとつ、太魯閣(タロコ)渓谷へは、台北から特急列車で約2時間。花連駅からバスで約40分。早朝に出発すれば台北からの日帰りも可能ですが、太魯閣は見どころも多いですので、太魯閣か花蓮市内で1泊することをオススメします。この写真の記事を見る ≫

5.台湾でどこに泊まる?

5.台湾でどこに泊まる?
木内 つばめ

アクセス抜群の名門ホテル!「オークラ プレステージ台北」by 木内 つばめ

地図を見る

台北には国際ブランドの高級シティーホテルからリーズナブルに泊まれるホテルまで様々なタイプのホテルが揃っています。台北駅周辺、台北101周辺、西門町周辺など、夜も賑わっている場所や夜市の近くなら、食べ歩いて疲れても、すぐに戻れるので便利。

台湾が初めてな方や、言葉に不安な方には日系のホテルがオススメ。台北駅からも近いMRT中山駅から徒歩約3分のところに位置する「オークラ プレステージ台北(台北大倉久和飯店)」は、日本語が通じ、行き届いたサービスと設備で安心して滞在できます。台北101を望む屋上プールや、美しいパッケージで人気のパイナップルケーキのお店「The Nine」もありますよ。この写真の記事を見る ≫

5.台湾でどこに泊まる?
吉川 なお

ここは別天地!台湾・烏来温泉「ヴォランドウーライ」でオールインクルーシブの極上ス…by 吉川 なお

地図を見る

台湾には温泉がたくさんあり、まるで日本の温泉街のような風景が見られるのが魅力。台北郊外の北投温泉、烏來温泉、宜蘭の礁渓温泉、台南の関子嶺温泉などが特に有名。

中でも烏來温泉は、台北市内からバスでアクセスできる便利なロケーションにあります。台北だけを楽しむ旅行でも、1泊だけこちらに泊まって温泉を満喫! なんてことも可能。特に「ヴォランドウーライスプリングスパ&リゾート(馥蘭朶烏来渡假酒店)」は、夕食、朝食つきのオールインクルーシブの最高級ホテルで、プライベート感たっぷり。大浴場だけでなくお部屋でも温泉に浸かることができます。この写真の記事を見る ≫

5.台湾でどこに泊まる?
猫乃 みいこ

台南駅前5つ星「シャングリ・ラ ファーイースタンプラザ ホテル 台南」ホライゾン…by 猫乃 みいこ

地図を見る

3泊以上の台湾旅行なら、台北以外でも1泊したいですね。台湾の古都台南はレトロな街並みが魅力ですが、国際ブランドの5つ星ホテルもあります。それが「シャングリ・ラ ファーイースタンプラザ ホテル 台南」。駅前の便利な立地でありながら、ラグジュアリーな空間で極上ステイ間違いなし。

また、港町高雄に泊まるなら高雄のランドマーク高雄85ビルがあるエリアや、市内中心部を流れる愛河沿いにあるホテルがオススメ。愛河ではクルージング船からの夜景も楽しめますよ。この写真の記事を見る ≫

6.台湾での移動は列車が便利で楽しい!

6.台湾での移動は列車が便利で楽しい!
もんT

台湾中部・絶景レストランで新幹線を撮影しよう!…彰化県「銀河鐵道」探訪ガイドby もんT

地図を見る

台湾は日本と同じく鉄道網が発達しており、主要な都市へは列車で簡単に移動できます。システムも日本と似ており、漢字が通じることから利用方法はそう難しくありません。

台北市内の移動には、台北市内を縦横無尽に走る台北MRT(台北メトロ)が便利で快適。各路線が色で分けられ、駅名は漢字なので台湾初心者でも安心して利用できますよ。事前に空港の駅でプリペイド型の乗車券「悠遊カード(Easy Card)」を買っておくと、日本のSuicaやICOCAのように改札でかざすだけで乗車可能。コンビニなどの支払いにも使えるので1枚買っておくとすごく便利です。

また、台北〜高雄(左営駅)間には、台湾高速鉄道(台湾新幹線)の路線があり、両都市を最速約1時間半で結んでいます。日本の新幹線の技術が導入され、車両も日本製なので車内は日本の新幹線にそっくり。外国人専用で3日間乗り放題の「高鐵パス」を使うとお得に移動できます。この写真の記事を見る ≫

6.台湾での移動は列車が便利で楽しい!
高橋 しゅう

台湾鉄道旅行で乗り鉄三昧!鉄道ファン厳選おすすめエリア5選by 高橋 しゅう

地図を見る

台湾の鉄道は、山間部や海岸を走るローカル線も楽しい! 新旧様々な形式の車両があり、日本製の特急電車も走っています。また、日本統治時代の駅舎も多く残っており、どことなく日本を感じさせる光景は懐かしさを覚えます。

特にオススメなのが、台北から花蓮を経て台東に至る東部幹線。特急列車の太魯閣(タロコ)号や普悠瑪(プユマ)号などは台湾鉄道を代表する看板列車。ランタン(天燈)を飛ばしができる十分では、列車が線路脇のお店とギリギリのところを走る光景も見られます。この写真の記事を見る ≫

7.台湾で体験できるアクティビティは?

7.台湾で体験できるアクティビティは?
あく やん

願いを込めて飛ばそう!台湾・十分で世界に1つのオリジナルランタン(天燈)づくりを…by あく やん

地図を見る

台湾には台湾文化を体験できるアクティビティがいくつもあります。台北近くで手軽に楽しめてオススメなのは、人気観光スポットの九フンの近くにある十分(シーフェン)という場所でのランタン(天燈)を飛ばし体験。

4つの面からできていてカラフルな見た目が特徴なランタン。その面それぞれに願い事を筆で書いて、ランタンの中に火を灯して空に飛ばします。十分駅の商店街には多くのランタン屋さんがあり、中にはオリジナルランタン作りが体験できるお店もありますよ。台湾旅行の思い出作りに、是非チャレンジしてみてはいかがでしょう。この写真の記事を見る ≫

7.台湾で体験できるアクティビティは?
東郷 カオル

台湾茶を台北郊外の猫空で!山村にひっそり佇む「邀月茶坊」by 東郷 カオル

地図を見る

台湾といえば、お茶文化も外せません。台北市内などの茶芸館で楽しむのもいいですが、せっかくならお茶の栽培が行われているところを訪ねてみましょう。台北郊外の猫空(マオコン)は、鉄観音茶の栽培が盛んで、沢山の茶芸館が点在するエリア。

茶芸館では、一煎目はスタッフの方が淹れてくれて、本格的な作法に台湾茶の雰囲気を存分に楽しめます。二煎目からは自分で淹れます。猫空は山の上で見晴らしもよいところ。自分で淹れた美味しいお茶と景色に癒やされるとっておきの時間が過ごせますよ。この写真の記事を見る ≫

8.台湾で食べたいグルメ

8.台湾で食べたいグルメ
吉川 なお

「點水樓」の絶品小籠包が食べ放題!平日休日いつでもOK、コスパも最高!by 吉川 なお

地図を見る

台湾でグルメと言うと、夜市で手軽に食べられるB級グルメから、台湾料理店で食べられる小籠包に火鍋などバラエティーに富んでいます。あちこち巡って台湾の食を満喫しましょう。

まず台湾で外せないのが小籠包。人気なのは「鼎泰豐」「京鼎樓」「明月湯包」などの有名店ですが、最近は小籠包が食べ放題のお店も出現。台湾に7店舗ある人気のお店「點水樓(ティェンスェロウ)」では、SOGO復興店など3店舗で小籠包食べ放題を実施しています。他の点心やデザートも充実。台湾必食の小籠包を思う存分味わってくださいね。この写真の記事を見る ≫

8.台湾で食べたいグルメ
麻田 ユウミ

ハシゴして食べたい!古都・台南の絶品名物グルメ10選by 麻田 ユウミ

地図を見る

台湾で美味しいグルメ満喫したいという方には、台湾の古都台南がオススメ。台南発祥のグルメも多く、美味しい料理を求めてわざわざ台南にやってくる台湾人も多いという人気のグルメ都市なんです。

台南名物の代表「担仔麺」、「エビ飯」「蝦巻(エビ巻)」「肉粽(ちまき)」など、絶品グルメのお店が目白押し。台南でしか食べられないグルメも多く、今話題の台湾グルメスポット。是非台南で美味しいグルメを満喫してくださいね。この写真の記事を見る ≫

8.台湾で食べたいグルメ
浮き草 ゆきんこ

台湾で人気のスイーツ14選!グルメ女子納得のお店はココ!by 浮き草 ゆきんこ

地図を見る

台湾ではスイーツも人気で、スイーツ専門店も多数。中でも台湾スイーツを代表するのが「豆花」。大豆で作られた豆花は、シンプルなものからマンゴーやイチゴがトッピングされたものまで様々。

また、雪花冰は、牛乳を凍らせて削っている台湾ならではのふわふわのかき氷。台湾各地にお店があり、台湾名物の夜市でも食べられます。中でも、雪花冰の元祖「辛發亭」は、士林夜市のど真ん中にあり、夜市巡りでは外せない名店です。この写真の記事を見る ≫

9.台湾で買いたいお土産

9.台湾で買いたいお土産
鶴長 あき

「微熱山丘・サニーヒルズ」台北店でパイナップルケーキ!おもてなしも素晴らしい!by 鶴長 あき

地図を見る

旅行計画を立てるときには、お土産のチェックも忘れずに。街歩きのスケジュールに中には、有名なお土産のお店も入れておきましょう。

台湾のお土産といえばパイナップルケーキが定番。パイナップルケーキなんてどこでも売ってるし〜なんて思う人もいるかもしれませんが、日本人にも大人気の「微熱山丘(サニーヒルズ)」は、わざわざお店まで足を運んで欲しい名店。台北民生公園店では、公園の緑を前にした居心地の良いお店で、丸々一個パイナップルケーキを試食させてもらえます。台北観光に疲れたときにホッと一息つくのにもいいですよ。この写真の記事を見る ≫

9.台湾で買いたいお土産
中園 まりえ

金魚ティーバックで人気「子村莊園 CHARM VILLA」台北・中山にオープン!by 中園 まりえ

台湾土産としてお茶を持ち帰る人も多いと思いますが、人とはちょっと違うものをお探しなら観光に便利な台北中山エリアにある「子村莊園 CHARM VILLA」へ。職人さんがひとつずつ作る「金魚型のティーバック」は、見た目も可愛く、まるで芸術作品のよう。パッケージもおしゃれで、女性へのお土産にもオススメですよ。この写真の記事を見る ≫

9.台湾で買いたいお土産
Yui Imai

台北・永康街でかわいい台湾土産や雑貨をGET!「来好」by Yui Imai

地図を見る

台湾の雑貨もお土産には喜ばれます。台北の人気観光スポットで、台湾B級グルメのお店が集まる永康街にある「来好(旧:一針一線)」には、台湾全土からオーナーがセレクトしたセンスの良いお土産がずらりと揃っています。中でもバラマキ土産に最適なのが、台湾の人気観光地をあしらった柄が可愛い「あぶらとり紙」。中には烏龍茶の香りやパイナップルの香りがするものもあり、台湾土産として大人気です。この写真の記事を見る ≫

10.台湾旅行のツアーはどう選ぶ?

10.台湾旅行のツアーはどう選ぶ?

登る!見る!食べる!台湾ランドマークタワー「台北101」

地図を見る

台湾への旅行は、飛行機とホテルを別々で手配すると割高になるため、航空機と宿泊がセットになったパッケージツアーがおすすめです。

■条件
日程:2018年11月1日出発/11月3日帰着(2泊3日)
交通:成田空港出発 台湾桃園国際空港到着
   往復 エコノミークラス利用 LCC除く
宿泊:六福客桟 レオフーホテル(ツイン・朝食付)
※2018年9月14日 LINEトラベルjpで検索時の最安値から算出

<ツアー>37,800円
<別手配>50,480円

なんとツアーが12,680円も安くなりました!
(別手配の航空券は割引料金を利用した場合。)

※パッケージツアーは飛行機の時間帯やホテルグレードで金額が変わり、利用便が自由に選べない、変更ができないなど制限のあることが多いため、内容を確認して選びましょう。

このパッケージツアーの料金はLCCを除いたものですが、LCCも含めるとさらにお得、2万円台からの商品もありますよ。この写真の記事を見る ≫

次のお休みは台湾旅行へ

台湾は、食事も美味しく魅力的な観光地もたくさん。おまけに安く行けるとあってここ数年海外旅行先としての人気急上昇。台湾を思う存分楽しむ為にも、是非この記事を参考に、旅行計画を立ててみて下さいね。

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ