韓国旅行を計画しよう!押さえておきたい10のこと

| 旅の専門家がお届けする観光情報

韓国旅行を計画しよう!押さえておきたい10のこと

韓国旅行を計画しよう!押さえておきたい10のこと

更新日:2019/04/23 10:28

LINEトラベルjp 編集部 新垣のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部 新垣

韓国は日本のお隣にある国でアクセス抜群。週末など短い日程でもショッピング、グルメ、エステなどを手軽に楽しめるのが魅力で、人気の観光スポットも目白押し!

旅行インフルエンサー「LINEトラベルjp ナビゲーター」が取材したスポットのなかから、韓国旅行に行くなら押さえておきたいおすすめ情報、計画に便利なポイントをお届けします。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

1.地図でご紹介!韓国ってどんなところ

1.地図でご紹介!韓国ってどんなところ

写真:LINEトラベルjp 編集部 新垣

韓国の正式名称は「大韓民国」で、首都は「ソウル特別市」。気候は、夏は暑く雨が多く、冬は寒く降水量が少ないのが特徴。

韓国の主な観光地は、大都市で歴史に触れられるスポットも多いソウル、半島南端にある港町の釜山(プサン)、新羅王朝の首都があった古都の慶州(キョンジュ)、半島の南に浮かぶリゾート地 済州島(チェジュ島)など。

韓国には、仁川国際空港・金浦国際空港(ソウル)・金海国際空港(釜山)・済州国際空港の4つの国際空港があり、日本の都市と多くの路線で結ばれています。ソウルへは、日本からは大半の便がソウルのお隣の仁川広域市にある仁川国際空港に乗り入れていますが、羽田発は金浦国際空港行きの便もあり、移動時間を短縮できます。

2.韓国旅行のベストシーズンは?

2.韓国旅行のベストシーズンは?
やま かづ

橋から噴き上がる噴水がロマンチック!ソウル「月光虹噴水」by やま かづ

地図を見る

それでは、ここからはお役立ち情報をご紹介しますね。韓国に旅行するならいつがベストシーズンなのでしょうか?

韓国は冷温帯気候で、四季がはっきりしているのが特徴。韓国の春は3月頃からですが、初旬はまだ寒い日もあり上着やセーターが必要。3月下旬頃から済州島で桜が咲き始め、4月中旬にはソウルで満開になります。5月にかけては長袖のシャツで過ごせる心地よい気候。6月下旬から7月中旬にかけては日本と同じく梅雨の季節。韓国旅行を計画するなら、ベストシーズンは4月から梅雨までの期間と言えます。

写真提供:韓国観光公社 この写真の記事を見る ≫

2.韓国旅行のベストシーズンは?

韓国の至宝!パワースポット昌徳宮で李朝の美にひたる

地図を見る

梅雨が明けた7月下旬から9月初旬までは本格的な夏。大陸性気候で日本と比べると湿気が低いですが、高温多湿の北太平洋高気圧の影響もあり蒸し暑い日が続き、韓国の定番デザート ハッピンスが美味しい季節。半袖シャツ1枚で過ごせますが、屋内は冷房がよく効いていますので、薄手の羽織るものがあれば安心。 この写真の記事を見る ≫

2.韓国旅行のベストシーズンは?
結月 ここあ

韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」のロケ地「昌徳宮」に行ってみよう!by 結月 ここあ

地図を見る

9月は台風シーズンですが、秋晴れの日も多く旅行には最適の心地よい気候。ただ、気温差が激しく、朝や夜は気温が下がり寒く感じます。薄手の上着を持参したほうがいいですね。10月中旬頃には紅葉が始まり、特に夜はかなり寒くなってきますので厚手の上着が必須。12月から3月初旬までは厳しい寒さが続き、氷点下になる日もしばしば。防寒対策はしっかりと。 この写真の記事を見る ≫

3.韓国旅行は何泊する?

3.韓国旅行は何泊する?

夕方から楽しむ!韓国・京畿道の世界遺産「水原華城」のライトアップ

地図を見る

■ソウル…1泊
ソウル市内には人気の観光スポットやグルメが楽しめるスポットがいっぱい。主要観光地を巡り、夜はグルメやショッピングを楽しむといった旅なら1泊2日でも楽しめます。往路はできるだけ午前中の早い便、復路は夜遅い便を選びましょう。東京からなら約2時間半、大阪からなら約2時間のフライトです。

■ソウル…2〜3泊
2泊すればソウル市内のほとんどの人気観光スポットを巡ることができます。夕食も2回楽しめますので、韓国料理を思いっきり堪能したい方には2泊をオススメ。また、3日あれば、世界遺産の水原華城がある水原(スウォン)まで足を延ばすことだって可能です。 この写真の記事を見る ≫

3.韓国旅行は何泊する?
やま かづ

トリックアートも跳ね橋も!釜山・南浦洞ユラリ広場周辺はぶらっと歩きが楽しいby やま かづ

地図を見る

■釜山(プサン)…1〜2泊
釜山の金海国際空港、または福岡からの高速船で釜山に入るなら、1泊2日でも十分楽しめます。ただしソウル経由だとKTXやSRTなどの高速鉄道で片道2時間半はかかるため、2泊は必要。

■釜山(プサン)と慶州(キョンジュ)…2泊
世界文化遺産に登録されている史跡が数多く点在する慶州。釜山からなら高速鉄道で約30分。十分日帰りできる距離ですが、見どころも多く観光には丸一日はみておいたほうがいいでしょう。2泊のうち1泊は慶州に泊まるのもいいかも。

■ソウルと釜山(プサン)…2泊〜3泊
ソウルと釜山の両都市を楽しむならソウルで1泊、釜山で1泊と2泊あれば楽しめますが、観光スポットはソウルのほうが多いですし、移動時間を考えるとできれば3泊はしたいところ。効率よく観光したいなら、帰路は釜山の金海国際空港発のフライトで。 この写真の記事を見る ≫

3.韓国旅行は何泊する?
泉 グルン

韓ドラ&歴史ファン必訪!世界遺産・百済の歴史遺跡地区で古代ロマンを満喫!by 泉 グルン

地図を見る

■ソウルと慶州(キョンジュ)…2泊
ソウルから慶州(キョンジュ)にある新慶州駅までは、高速鉄道で約2時間〜2時間半。慶州は日帰りでも行けなくはないですが、歴史的な見どころも多いところですので、ゆっくり楽しむなら慶州で宿泊しましょう。

■ソウルと慶州(キョンジュ)・釜山(プサン)…3〜4泊
韓国の主要な観光地をすべて巡りたいという方なら、この3箇所を巡るのがオススメ。それぞれ1泊ずつか、ソウルに2泊して4泊できればゆったり楽しめるでしょう。

■済州島(チェジュ島)…2〜3泊
東洋のハワイとも言われるリゾート済州島。日本から済州空港までは日本航空、大韓航空、ティーウェイ航空の直行便がありますが、到着時間が昼から夕方頃。ソウルや釜山経由でも夕方になりますので1泊では厳しいです。最低でも2泊、ゆっくりリゾート気分を満喫するなら3泊がオススメ。

■韓国一周…4〜5泊
ソウル、釜山、慶州に加え、百済の都だった扶余(プヨ)や全州(チョンジュ)、公州(コンジュ)、韓流ドラマ『冬のソナタ』のロケ地だった春川(チュンチョン)などを巡るなら、4泊から5泊は必要。 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

4.韓国旅行のルートは?

4.韓国旅行のルートは?
もんT

ソウル発・高速鉄道KTXを撮りに行こう!〜韓国・京釜電鉄線乗り撮り歩きby もんT

地図を見る

韓国は高速鉄道や高速バスが発達しており、鉄道だとソウルからはどこの都市も最短2時間以内で行けます。まずは何が見たいか? どこに行きたいか? を考えて効率よく観光できるルートを考えましょう。

人気の観光スポットが目白押しの首都のソウルだけを巡るだけなら、韓国の空の玄関口、仁川(インチョン)国際空港から入国し、空港鉄道 A’REXに乗ってソウル市内へ。直通列車なら約50分でソウル駅に到着します。羽田発の金浦国際空港行きの便なら、空港鉄道に加えソウル地下鉄も利用できます。すぐに市内の観光スポットに行くことができるので便利ですよ。

1泊2日でソウル市内を観光するなら、1日目に昌徳宮や景福宮、宗廟、北村韓屋村など、韓国の歴史に触れられるスポットを巡りましょう。北村はドラマのロケ地も点在しているので、韓流ドラマファンにも楽しめるところです。夜は南山の頂上に立つ高さ236.7mのNソウルタワーから夜景を鑑賞。ソウル最大の繁華街明洞を散策して夕食。

2日目は、おしゃれストリートの梨大や新村、若者で賑わう弘大、新沙洞カロスキルなどでショッピング。仁寺洞で韓国の伝統文化に触れてみるのもいいかもしれませんね。お子様連れなら人気の室内遊園地のロッテワールドへ。近くには高さ555m、123階建てのロッテワールドタワーもあります。韓国ー高いタワーの展望台から見るソウルの街は圧巻。インスタ映えを狙うなら梨花洞路上美術館もオススメです。

2泊3日ならこれらに加えて、ソウルから電車で約1時間の場所にある世界遺産水原華城まで足を延ばしてみましょう。3日間あれば、2日目の夜にはうまいもの通りで有名な広蔵市場の屋台で韓国グルメを堪能したり、漢江ナイトリバークルーズなども楽しめます。女性なら汗蒸幕やよもぎ蒸しなど、エステ・スパで癒やしの時間を過ごすのもいいでしょう。 この写真の記事を見る ≫

4.韓国旅行のルートは?
やま かづ

釜山国際映画祭は年に1回お祭り騒ぎ!BIFF広場は毎晩お祭り騒ぎ!by やま かづ

地図を見る

釜山を観光するなら、ソウルから高速鉄道の朝早い便に乗車、もしくは釜山にある金海国際空港からバスで市内へ。金海軽電鉄というライトレールと地下鉄で市内へ向かうこともできます。

釜山を1泊2日で楽しむオススメのルートは、1日目に釜山タワーと龍頭山公園を観光し、釜山一の繁華街南浦洞でショッピングを楽しみ、海産物のお店がずらりと並ぶチャガルチ市場で海鮮料理に舌鼓。釜山国際映画祭の特設会場となるBIFF広場と国際市場も外せません。インスタ映えを狙うならカラフルな家々が建ち並ぶ甘川洞文化村へ。

2日目は韓国を代表するビーチリゾートの海雲台エリアへ。夏は海水浴で賑わうところですが、海に沿って遊歩道があるので、美しい海を眺めながらぶらぶら散策するのも楽しいですよ。リゾート気分を満喫するならこのエリアに宿をとる手もあります。午後は釜山の最先端スポットのセンタムシティーへ。韓国最大の規模を誇る新世界百貨店を中心に様々な施設が揃い、韓国版のスーパー銭湯、新世界スパランドもあります。 この写真の記事を見る ≫

4.韓国旅行のルートは?
やま かづ

頂上を目指せ!韓国・済州島の「城山日出峰」は絶景かな〜by やま かづ

地図を見る

数々の世界遺産が点在する慶州へのアクセスは簡単。市内中心部には高速鉄道の新慶州駅があり、ソウルや釜山からも高速鉄道一本で行けます。ソウル観光、釜山観光とセットで楽しめますが、歴史ファンならこちらに滞在して2日間たっぷり楽しむのもいいでしょう。新羅王宮があった月城地区や古墳群がある大陵苑地区などの他に、吐含山中腹にある仏国寺、石窟庵も世界遺産で、どれも外せません。

成田からわずか3時間弱で行けるリゾート 済州島(チェジュ島)は、城山日出峰、萬丈窟などの世界自然遺産をはじめとした大自然が魅力。日本やソウル、釜山からの航空便が到着するのは午後から夕方にかけてなので、1日目は1、2箇所ぐらいしか観光する時間がありません。まずは、空港からも近い北部にある世界最長の溶岩洞窟 万丈窟を観光し、中心地の新済州市でショッピングやグルメを楽しみましょう。

2日目は、韓国で初めて世界自然遺産に登録された城山日出峰、天帝淵瀑布、正房瀑布、天地淵瀑布など南部にある観光スポットを巡りましょう。海を楽しむなら人気No.1のヒョプチェビーチへ。近くにはおしゃれなカフェや高級エステもありますよ。そして、3日目は、早朝から絶景スポットの漢拏山へ向かいトレッキングを。最後に新済州市の東門市場で韓国グルメを満喫して空港へ。 この写真の記事を見る ≫

5.韓国でどこに泊まる?

5.韓国でどこに泊まる?
松田 朝子

ルメリディアン・ソウルで斬新なソウルを体験しよう!by 松田 朝子

地図を見る

韓国の首都ソウルには様々なタイプのホテルが揃っていますが、どうせなら新しいホテルに泊まりたいもの。そこで、オススメなのが、2017年9月にソウルの江南地区に誕生した5つ星ホテル「ルメリディアン・ソウル」。ホテル前庭Maple Gardenには、様々な色に変わるオブジェ Gather + Buildがあり目を引きます。

淡いブルーの民族衣装を着たスタッフにモダンなインテリアの館内も素敵です。お部屋はミッドセンチュリーヨーロッパスタイルの落ち着いた色調。朝食は、自然光の差し込むスタイリッシュな空間で、和洋中韓のインターナショナルブッフェが楽しめます。 この写真の記事を見る ≫

5.韓国でどこに泊まる?
やま かづ

釜山旧市街のランドマーク!威風堂々の存在感コモドホテルby やま かづ

地図を見る

港町釜山(プサン)に泊まるなら、釜山の旧市街であるチャガルチ市場や南浦洞のどこからでも確認することができるランドマーク的な存在の「コモドホテル」がオススメ。外観は古い朝鮮の宮殿風のつくりで、内装も韓国の歴史を感じさせる雰囲気が漂っており、威風堂々たる存在感があります。

地下1階にある韓国レストラン「韓国館」では、韓国の伝統的な料理を味わうことができ、洋食レストラン「李将軍」では、韓国的なインテリアの中で一流の西洋料理が楽しめます。朝食はカジュアルなレストランでバイキング。釜山駅行き無料シャトルバスサービスもあるのでアクセスも便利。 この写真の記事を見る ≫

5.韓国でどこに泊まる?
やま かづ

韓国・済州観光の拠点に!旧市街の「チェジュKALホテル」by やま かづ

地図を見る

済州島(チェジュ島)の旧済州市街の中心に位置する「チェジュKALホテル」は、韓国を代表するエアライン、大韓航空(Korean Airlines)系のホテル。ハードもソフトも特1級、つまり5つ星の高級ホテル。そしてこのホテルをオススメする理由の一つが、カジノ。

日本では決して体験することができないカジノ。昼間は風光明媚な海や山で楽しみ、夜はカジノにチャレンジするのがリゾートアイランドの済州島の最高の楽しみ方です。 この写真の記事を見る ≫

6.韓国のインスタ映えスポットを巡ろう

6.韓国のインスタ映えスポットを巡ろう
松田 朝子

ソウルのフォトジェニックなアートスポット3選by 松田 朝子

地図を見る

韓国は、インスタ映えの宝庫。おしゃれで可愛いフォトジェニックなインスタ映えスポットがたくさんあるところとして最近注目されています。インスタ映えスポットばかりを巡る旅も面白いかも。特に女子旅にオススメ。

中でもソウルで人気なのが、清潭洞の「韓流スター通り」。カンナムドルと呼ばれるクマの形のオブジェが数メートルおきに並び、カラフルで個性的なビルがいっぱい。韓流スターになった気分でインスタ映えを狙いましょう。 この写真の記事を見る ≫

6.韓国のインスタ映えスポットを巡ろう

韓国・仁川の松月洞童話村で童心に返って楽しんでみる!

地図を見る

ソウルの中心から地下鉄で1時間、仁川市にある「松月洞童話村」は、テーマパーク?と思うほど、立体的なオブジェや壁画がいっぱいのインスタ映えスポット。ピーターパンと一緒に撮影出来る街角があったり、電信柱はジャックと豆の木だったり、とにかく生活者がいるエリアとは思えない仕掛けがいっぱい。 この写真の記事を見る ≫

6.韓国のインスタ映えスポットを巡ろう

韓国のマチュピチュ!釜山で今ホットな観光名所「甘川文化村」

地図を見る

韓国のインスタ映えスポットとして外せないのが、釜山(プサン)にある「甘川洞文化村」。韓国を代表するフォトジェニックな芸術村で、カラフルな色で塗られた家屋が、山肌にぎっしりと立ち並ぶ姿は圧巻。入り組んだ路地に入ると、アートオブジェや壁などに描かれたストリートアートなどSNS映えする光景があちこちに。 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

7.韓国で体験できるアクティビティは?

7.韓国で体験できるアクティビティは?
吉田 彩緒莉

緊張のJSA!板門店ツアーに参加。韓国と北朝鮮のボーダー北緯38度線に行ってきた…by 吉田 彩緒莉

地図を見る

韓国には様々なアクティビティが揃っていますが、韓国でしか体験できないのが、「南北境界線 板門店ツアー」。日本にとって近くて遠い北朝鮮との国境が板門店。映画『JSA』でも知られる軍事境界線です。ここを訪れると、グルメやコスメショッピングだけではわからない韓国のもう一面が見えてきます。

昨今は雪解けムードの韓国と北朝鮮ですが、今も休戦状態が続き、両国の軍隊が対峙している緊張感漂う場所。個人では立ち入ることのできないツアーだからこそ行ける場所も。 この写真の記事を見る ≫

7.韓国で体験できるアクティビティは?
やま かづ

『冬ソナ』で大ブレイク!ソウルから日帰り可「春川」を今だから訪れたいby やま かづ

地図を見る

冬のソナタにはじまった一時の韓流ドラマブームほどではないですが、今も韓流ファンにとっては人気の韓国のテレビドラマ。そのロケ地を訪ねる「韓流ドラマロケ地ツアー」で、感動に浸ってみるのはいかがでしょう? MBCの時代劇セットの龍仁大長今パーク(旧MBCドラミア)やテレビ局のMBCドリームセンターなどは、韓流ドラマファン必見ですよ。

また、テレビドラマ『冬のソナタ』の舞台となった春川を訪れるツアーも人気。不朽の名作の数々のシーンが蘇ります。ドラマの主人公。ジュンサン(ぺ・ヨンジュン)とユジン(チェ・ジウ)になったつもりで春川の街を歩いてみましょう。 この写真の記事を見る ≫

7.韓国で体験できるアクティビティは?
野山 苺摘

ソウル「WOOさんの家」でキムチ作り&チマチョゴリ撮影!特製チヂミも食せる充実の…by 野山 苺摘

地図を見る

お料理好きの女子なら「キムチ作り体験」はいかが? ソウル一の繁華街・明洞から歩いて数分の場所にあるWOOさんの家という名の体験施設では、白菜キムチ作り体験をはじめ、チマチョゴリの試着や写真撮影も体験でき、韓国文化を一度に色々と知ることができます。

帰国してからもキムチ作りに挑戦したい方は、特製の調味料を購入することもできます。また、ウさん一家が漬けた美味しいキムチをお土産として買うことも可能。自分で味付けしたキムチは、漬けてから数日後が食べ頃なので、ちょうど帰国したころに美味しく頂けるはず。 この写真の記事を見る ≫

8.韓国で食べたいグルメ

8.韓国で食べたいグルメ
河東 壁

おいしいものたくさん!マッコリ好きなら全州へ!by 河東 壁

地図を見る

韓国でグルメと言うと、ホットク、トッポッキ、キンパなど屋台で手軽に食べられるB級グルメから、焼肉やビビンパなど日本でもおなじみの韓国料理、そして、韓国食文化の集大成である宮廷料理などバラエティーに富んでいます。あちこち巡って韓国の食を満喫しましょう。

韓国を代表するグルメが「ビビンパ」。発祥の地である全州のビビンパは、真鍮の器に美しく盛りつけられ、ユッケが入っているのが特徴。臭みの無いユッケとひとつひとつ丁寧につくられたナムルを混ぜて食べます。食は全州にあり!といわれる全州は、マッコリの名産地でもあります。韓国グルメを制覇するなら全州は外せませんよ。 この写真の記事を見る ≫

8.韓国で食べたいグルメ

24時間弾丸ツアーも可能!1泊2日でソウルグルメ食い倒れ!

日本にいてはなかなか食べられないのが、「カンジャンケジャン(渡り蟹の醤油漬け)」。新鮮なワタリガニを醤油ダレに漬け込み、熟成させた料理です。トロトロのカニと濃厚なカニ味噌を楽しむことができ、足についている卵と身の部分にかじりつくと、濃厚なカニと卵が醤油ダレにからんで絶品。ご飯に合うので何杯でもいけてしまいます。

普段食べられない美味しいグルメに出会えるのも旅の楽しみの一つ。カンジャンケジャンなどの美味しい韓国料理を目当てに、韓国グルメ旅はいかがでしょう? この写真の記事を見る ≫

8.韓国で食べたいグルメ
やま かづ

韓国で手軽に食べたいかき氷「パッピンス」4選プラス・ワンby やま かづ

地図を見る

韓国の夏の風物詩といえば「パッピンス」。あずきの入ったかき氷のことですが、ロッテリアなどのファストフード店やバスキン・ロビンスなどのアイスクリーム店でも手軽に食べられます。最近ではあずきだけでなく、フルーツなどトッピングを豪華にした高級ピンスが主流。

中でも韓国でよく見かけるエンジェリナスコーヒーの高級ハッピンス、マンゴーベリーピンスが見た目も豪華でオススメ。マンゴーのコットンアイスにベリーとバナナ、そしてバニラアイス、甘くてほんのり酸っぱくて、一口食べると冷たいながらも口の中は味が七変化、不思議な風味が広がります。 この写真の記事を見る ≫

9.韓国で買いたいお土産

9.韓国で買いたいお土産
スノードロップ

韓国・釜山(プサン)で人気の韓国コスメをまとめ買い!by スノードロップ

地図を見る

旅行計画を立てるときには、お土産のチェックも忘れずに。街歩きのスケジュールに中には、有名なお土産のお店も入れておきましょう。

韓国のお土産で女性に人気なのが、プチプラでかわいく使えるアイテムが購入できる、韓国のコスメブランド。ザセム(The seam)のコンシーラー、ミシャ(MISSHA)のクッションファンデーション、韓流自然派コスメの先駆け「ネイチャーリパブリック(NATURE REPUBLIC)」の自然由来の成分を使用した化粧品など。

ソウルの明洞(ミョンドン)や釜山・南浦洞(ナンポドン)の光復路には、かわいいコスメブランドのショップがたくさんありますよ。 この写真の記事を見る ≫

9.韓国で買いたいお土産

ソウルの3大スーパーで買う!おいしい5つの韓国みやげ

地図を見る

韓国海苔も韓国土産の定番ですよね。定番中の定番だからこそ、質の良い確かなものを選びたいところですが、オススメはスーパーのロッテマートなどで買える「名品」という名の上質の海苔。軽い風味の油と程よい塩加減で調味した名品の名にふさわしい一品です。大判5枚入りの袋が5つセットになったものがポピュラーですが、バラマキ土産用に小判のものもあります。

大型スーパーマーケットは、品揃えも豊富で韓国のお土産が安く買えるのが魅力。店員さんにつきまとわれることなく、ゆっくり品定めできるのもいいですね。 この写真の記事を見る ≫

9.韓国で買いたいお土産
鶴長 あき

仁川空港4階グルメ!キンパや話題のコグマアイスにビジュンもby 鶴長 あき

地図を見る

空港でも買えるお土産用にオススメのお菓子が韓国のお餅。かぼちゃや黒米などを使った栄養たっぷりでほんのり甘さが美味しい「トック」や、ナツメや松の実などがたっぷり入ったシナモン香る「ヤクシク」、蒸しパンのような見た目の「ソルギ」などのお餅は、見た目も可愛くて味もバラエティーに富んでいます。

通常お餅類は、賞味期限が一日と短いですが、日持ちもして見た目も美しい韓国伝統菓子のセットなどもあります。仁川国際空港の場合は、出発ロビーすぐ上、一般エリアの4階部分にお餅の専門店があります。 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

10.韓国旅行のツアーはどう選ぶ?

10.韓国旅行のツアーはどう選ぶ?
菊池 模糊

何と無料!ソウル・仁川国際空港のトランジットツアーが面白いby 菊池 模糊

地図を見る

韓国への旅行は、飛行機とホテルを別々で手配すると割高になるため、航空機と宿泊がセットになったパッケージツアーがおすすめです。

■条件
日程:2018年11月1日出発/11月3日帰着(2泊3日)
交通:成田空港出発 仁川国際空港到着
   往復 エコノミークラス利用 LCC除く
宿泊:ホテルニューワールド(ツイン・朝食無し)
※2018年9月28日 LINEトラベルjpで検索時の最安値から算出

<ツアー>29,800円
<別手配>36,646円

なんとツアーが6,271円も安くなりました!
(別手配の航空券は割引料金を利用した場合。)

※パッケージツアーは飛行機の時間帯やホテルグレードで金額が変わり、利用便が自由に選べない、変更ができないなど制限のあることが多いため、内容を確認して選びましょう。

このパッケージツアーの料金はLCCを除いたものですが、LCCも含めるとさらにお得、2万円台からの商品もありますよ。 この写真の記事を見る ≫

次のお休みは韓国旅行へ

韓国は、最短1泊から手軽に行けて、インスタ映えする魅力的な観光スポットもたくさん。食事も美味しく、おまけに安く行けるとあって海外旅行先として人気。韓国を思う存分満喫する為にも、是非この記事を参考に、旅行計画を立ててみて下さいね。

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -