バンコクのルーフトップバーで大人の楽しみを堪能!6選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バンコクのルーフトップバーで大人の楽しみを堪能!6選

バンコクのルーフトップバーで大人の楽しみを堪能!6選

更新日:2018/10/09 17:07

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

バンコクで夜の時間を楽しむなら“シーロム地区”と“スクンビット地区”がスタンダード。人気のルーフトップバーもこの2つのエリアに集中していて、一晩で何件かまわることも可能!そんな中で選りすぐりのルーフトップバー6選を紹介!

1.ムーンバー

1.ムーンバー
沢木 慎太郎

アジア初の絶景ルーフトップバー!バンヤンツリー・バンコクの楽しみ方by 沢木 慎太郎

地図を見る

ラグジュアリーホテルの“バンヤンツリー バンコク”にあるルーフトップバーが「ムーンバー」。61階にあるここではドレスコードが必要で、まさに大人の空間。360度に広がるバンコクの夜景は夜が深くになるにつれ色濃くなり、贅沢な時間を堪能!

写真提供:バンヤンツリー バンコク オフィシャルサイトこの写真の記事を見る ≫

2.バニラスカイ

2.バニラスカイ
沢木 慎太郎

タイ・バンコク穴場!安い!ルーフトップバー「バニラスカイ」by 沢木 慎太郎

地図を見る

スクンビット通りにある“プロムポン駅”から約200メートル南下し場所にあるのが“コンパス・スカイビュー ホテル”。36階にはルーフトップバーの「バニラスカイ」があり、料金が比較的リーズナブルなのが嬉しいポイント!陽が落ちてくるとバーカウンターが鮮やかなブルーに変わり、夜景と相まって幻想的な雰囲気に。この写真の記事を見る ≫

3.レッドスカイ

3.レッドスカイ
沢木 慎太郎

レッドスカイはバンコク絶景バー!タイ高級ホテル「センタラ・グランド・アット・セン…by 沢木 慎太郎

地図を見る

バンコクの中心地に位置している高級ホテル“センタラ グランド アット セントラルワールド バンコク ホテル”の屋上にあるバーエリアが「レッドスカイ」。バンコクの美しい夜景を望みながらいただくカクテルは格別!

写真提供:Centara Grand at Central World Hotelこの写真の記事を見る ≫

4.ズームスカイバー

4.ズームスカイバー
沢木 慎太郎

ZOOMルーフトップバーは安い!アナンタラ・バンコク・サトーンby 沢木 慎太郎

地図を見る

シーロム地区のラグジュアリーホテル“アナンタラ・バンコク・サトーン”の40階にあるのが「ズームスカイバー」。座席の配置が広々としていてプライベート感もあり、テーブルに灯るラタンがロマンチック!

写真提供:Anantara Sathorn Bangkok Hotelこの写真の記事を見る ≫

5.アティテュード

5.アティテュード
沢木 慎太郎

バンコク観光の新スポット!絶景スカイバー「アティテュード」をタイ旅行で楽しむコツby 沢木 慎太郎

地図を見る

チャオプラヤー川沿いに建つ“アヴァニ・リバーサイド・バンコクホテル”のルーフトップバーが「アティテュード」。バーエリアが屋内にもあり、天候に関わらず利用が可能!もちろん、屋外にも座席があり、悠々と流れる川やナイトマーケットの景観を楽しめます!

写真提供:AVANI Riverside Bangkok Hotelこの写真の記事を見る ≫

6.am Bar

6.am Bar
沢木 慎太郎

激安!バンコクで最もコスパな穴場ルーフトップバー「am Bar」by 沢木 慎太郎

地図を見る

スクンビット地区にあるホテル“フォーポイントバイシェラトン・バンコク スクンビット15”にあるルーフトップバーが「am Bar」。特徴はなんと言ってもインフィニティプールがあることで、夜にはライトアップされたプールが印象的。座席は基本的にソファで、ゆっくりとくつろぎながら大人の時間を楽しめる!

写真提供:フォーポイントバイシェラトン・バンコク,スクンヴィット15この写真の記事を見る ≫

バンコクで夜を楽しむならルーフトップバーで決まり!

カジュアルなルーフトップバーから、ドレスコードが必要なラグジュアリーなタイプと、それぞれのバーで楽しみ方に違いがある大人の場所。
バンコクへ訪れるなら一度は行っておきたい外せないスポットがルーフトップバーです!

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ