カフェ文化の本場パリ、とっておきのカフェ12選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カフェ文化の本場パリ、とっておきのカフェ12選

カフェ文化の本場パリ、とっておきのカフェ12選

更新日:2018/10/24 15:51

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

パリといえばカフェといってもいいくらい、パリに生きるフランス人にとってカフェは生活とは切り離せないものです。パリの生活に根差したカフェは多種多様。美術館の中にあるカフェ、豪華ホテルでリッチな気分を味わえるカフェ、インスタ映えのするカフェ、パリの景色が楽しめるカフェ、さらにはモスクにあるカフェもあります。今回は、カフェ文化の本場パリから選りすぐりの12店を紹介します。

1.ル シエル ド パリ

1.ル シエル ド パリ
ろぼたん

エッフェル塔を眺める特等席!「Le ciel de Paris」で絶景朝食をby ろぼたん

地図を見る

パリのシンボル、エッフェル塔。パリの展望スポットは数多くあれど、エッフェル塔を眼下に見下ろしながら食事ができる場所があるのををご存知ですか?
モンパルナスタワーの最上階にある「パリの空」を意味する「Le ciel de Paris(ル シエル ド パリ)」は、パリの街を眺めながらカフェができます。特に朝とカフェタイムはリーズナブルで人も少ない穴場の時間帯ですよ。この写真の記事を見る ≫

2.カフェ・ド・フロール

2.カフェ・ド・フロール
藤井 麻未

パリのエスプリを感じるなら!絶対に訪れるべき絵になるカフェby 藤井 麻未

地図を見る

パリきってのオシャレなエリア、サンジェルマン・デ・プレ。ここで最も有名なのがここカフェ・ド・フロールです。1887年創業のフロールは100年以上の歴史をもつ老舗です。草花でデコレーションされたクラシックかつ華やかな外観はサンジェルマン・デ・プレを象徴しています。

フロールは現在でもフランスを代表する名店。日中はこのカフェの空気を味わってみたいと大勢の人々が訪れます。観光客で混み合うのが嫌な方は、オープンしたての早朝か19時〜20時のアペリティフの時間に訪れることをおすすめします。この写真の記事を見る ≫

3.レ・ドゥ・マゴ

3.レ・ドゥ・マゴ
藤井 麻未

パリのエスプリを感じるなら!絶対に訪れるべき絵になるカフェby 藤井 麻未

地図を見る

サンジェルマン・デ・プレから、もう一軒、「カフェ・ド・フロール」と隣り合うようにしてある老舗カフェが「レ・ドゥ・マゴ」。こちらもフロールと同じく100年以上の歴史を持ち、集った顔ぶれもサルトルやボーヴォワールを始め、ピカソやヘミングウェイ、シュールレアリズム文学を代表するルイ・アラゴンなどフロールと重なる錚々たる面々です。深緑のひさしが目をひくテラス席はサンジェルマン広場に面する一等地。ここで朝のコーヒーを一杯飲み、気分良く一日をスタート。パリ観光の朝にふさわしいカフェです。

写真提供:wikimedia commonsこの写真の記事を見る ≫

4.カレット

4.カレット
ネプフリン 由香

芸術的なケーキにうっとり、パリのマダム御用達「カレット」by ネプフリン 由香

地図を見る

エッフェル塔を見下ろせる絶景スポット、トロカデロ。その半円状のトロカデロ広場を囲うようにカフェやレストランが多く立ち並んでいます。その中の一つに宝石の様にキラキラした絶品スイーツで有名な、パリのマダムやビジネスランチにやってくるパリジャンたち御用達のサロン・ド・テ「カレット」があります。上品な雰囲気でいただくコーヒーとエレガントで美しいケーキ、そしてエッフェル塔の近くというとから何度でもリピートしたくなる場所です。舌に残る思い出は、後にフラッシュバックさせる香りや音楽に似た感覚を記憶させるはずですよ。この写真の記事を見る ≫

5.ラデュレ

5.ラデュレ
藤井 麻未

パリのエスプリを感じるなら!絶対に訪れるべき絵になるカフェby 藤井 麻未

地図を見る

パリのサロン・ド・テといえば日本でもよく知られているのが色とりどりのマカロンで有名な「ラデュレ」でしょう。ソフィア・コッポラ監督の映画「マリーアントワネット」の撮影に使われるお菓子を監修したことでも知られています。
ラデュレは1862年創業と正真正銘の老舗。製粉に携わっていたルイ・エルネスト・ラデュレがブーランジェリー(パン屋)としてオープンしたのが始まりです。現在のような優雅なサロン風になったのは、彼の妻の発案なのだとか。

20世紀初頭のパリは上記二軒のような男性中心の文学サロンとしてのカフェが主流でした。そんなカフェとパティスリーとを合体させ、女性の社交の場として今のラデュレのスタイルが誕生したのです。優雅な内装、見た目も美しいスイーツの数々、凝ったパッケージなど女心をくすぐられる工夫が満載なカフェです。この写真の記事を見る ≫

6.ル グラン コロナ

6.ル グラン コロナ
ShinYah シンヤ

「クレープ・ヌテラ」が絶品!パリのカフェLE GRAND CORONAby ShinYah シンヤ

地図を見る

美味しいクレープが食べられるカフェ「ル グラン コロナ」は、パリにあるセーヌ川の畔、シャンゼリゼ劇場の近くにあります。ここはシャンゼリゼ通りからも徒歩10分程と近く、観光客も非常に多い所です。

店は落ち着いた深緑の外壁を持つオシャレな外観で、大人気のテラス席からはセーヌ川も臨めて開放感は抜群です。

フランス・パリのカフェで出されるコーヒーはどこも非常にレベルが高く、ここル グラン コロナも例外ではありません。絶妙な苦味と渋み、そして深い余韻は最高の贅沢です。カフェで定番の「カプチーノ」は、泡立ったミルクがコーヒーの香り立ちそのままに苦味を押さえ、とてもまろやかな味わいで美味!付属のシュガーを入れずに、ミルクの甘さを感じて飲むのがおススメです。この写真の記事を見る ≫

7.クチューム・カフェ

7.クチューム・カフェ
Ai Mo

CA御用達!パリ・サンジェルマンデプレ地区で賑やかグルメ散歩by Ai Mo

地図を見る

サンジェルマンデプレ地区は、パリ屈指のグルメエリアとしても知られ、パリを代表する老舗カフェも集中するこの地区です。
「クチューム・カフェ」では、ブルーボトルコーヒーなどの進出で日本でも流行となっているサードウェーブコーヒーがいただけます。

豆の個性を最大限に引き出す淹れ方を追求する新しいコーヒーカルチャーであるサードウェーブコーヒー。パリではまだ浸透していませんが徐々に広がり始め、今ではパリで最も美味しいコーヒーが飲めるカフェとして話題となっています。化学の原子記号のような図が描かれたメニューなど遊び心もたっぷり。旅の疲れも丁寧に淹れられたコーヒーで癒えることでしょう。この写真の記事を見る ≫

8.パビヨン・デ・ラ・レイン

8.パビヨン・デ・ラ・レイン
さかた のぞみ

パリde女子旅するなら!「パビヨン・デ・ラ・レイン」でラグジュアリーな休日を!by さかた のぞみ

地図を見る

優しい緑に覆われた「パビヨン・デ・ラ・レイン」。外観は、まるで映画のワンシーンに出てきそうなかわいらしさです。窓を開いて顔を出せば、もうそれだけで素敵な写真のようです。ドアを開けると、クラシックな本棚が美しいラウンジが皆さんをお出迎えしてくれます。ここでコーヒーを飲みながらのんびりと本を読んでみてはいかがでしょうか。
贅沢な時間は旅の思い出の一つになることでしょう。この写真の記事を見る ≫

9.ル・ボナパルト

9.ル・ボナパルト
藤井 麻未

パリのエスプリを感じるなら!絶対に訪れるべき絵になるカフェby 藤井 麻未

地図を見る

サンジェルマン・デプレ教会のすぐ裏手にある「ル・ボナパルト」はとりわけ絵になるカフェです。フランス国旗を思わせるトリコロールのひさしがトレードマークです。上階のアパルトマンにはかつてサルトルが住んでいたのです。コーヒーだけでなくオーガニックな食材を使った食事類も充実しています。美味しいコーヒーだけでなく、パリらしいカフェ飯を食べたい方にもおススメです。この写真の記事を見る ≫

10.レストラン・ミュゼ・ドルセー

10.レストラン・ミュゼ・ドルセー
さとう みゃーお

パリ「オルセー美術館」で優雅、手軽に絶品フレンチを楽しむ!by さとう みゃーお

地図を見る

オルセー美術館の中階にある「レストラン・ミュゼ・ドルセー」は、1900年に「オルセー駅」として建築された当時に併設されたホテルのダイニング・レストランだった場所です。天井画も素晴らしく、内装は、ご覧のように宮殿内のような豪華さ。そして、レストランとしてでなく、火・水・金・土・日曜日の 15:30〜17:30分の時間帯(2018年7月現在)は、サロン・ド・テとしてコーヒーやスイーツの利用が可能です。オルセー美術館内には、こちらのレストランと「ザ カフェ カンパーナ」があります。美術鑑賞を楽しんだ後は館内のカフェ・レストランで一休みしてくださいね。この写真の記事を見る ≫

11.カフェ・デ・ドゥー・ムーラン

11.カフェ・デ・ドゥー・ムーラン
かわい ゆうこ

映画『アメリ』の舞台。パリ「カフェ・デ・ドゥー・ムーラン」でクレーム・ブリュレを…by かわい ゆうこ

地図を見る

2001年に公開されたフランス映画『アメリ』。ちょっと風変わりな主人公アメリを中心に、パリで暮らす庶民の人間模様をコミカルに描いたこの作品は世界中で大ヒットしました。そんな映画の舞台となった場所が、モンマルトルに実在する「カフェ・デ・ドゥー・ムーラン」です。そこでクレーム・ブリュレを食べれば、愉快な映画『アメリ』の世界でパリの下町情緒を満喫できるでしょう。この写真の記事を見る ≫

12.グランド・モスケ・ド・パリ サロン・ドゥ・テ

12.グランド・モスケ・ド・パリ サロン・ドゥ・テ
Chiharu

パリ・モスクのサロン・ド・テで人気のミントティーやタジン鍋を!by Chiharu

地図を見る

パリ5区には、フランスで最も有名なモスク「グランド・モスケ・ド・パリ」があり、併設のサロン・ド・テ(ティールーム)ではミントティーといったお茶のほか、モロッコ・チュニジア・アルジェリアなどのマグレブ料理も楽しめます。イスラム教徒以外でも自由に利用できるので、地元のフランス人に人気のお店です。異国情緒あふれる空間も一見の価値ありです。この写真の記事を見る ≫

パリのカフェ巡りでお気に入りの一軒を見つけよう。

パリのカフェおすすめ12選、いかがでしたか?フランスのパリ観光で至る所に見つかるカフェ。休憩や電車の待ち時間にコーヒーを飲むにもよし。さくっと地図を広げて、明日の予定をたてるのもよし、また、映画や美術館、博物館の後に大切な人と感想を語り合うのもよいですね。気軽に利用できるところがカフェのいいところ。今回紹介した記事を参考に、ぜひお気に入りの一軒を見つけ、奥深いパリのカフェを楽しんでください。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ