北九州・小倉のおすすめ観光スポット12選 歴史も自然も満喫!

| 旅の専門家がお届けする観光情報

北九州・小倉のおすすめ観光スポット12選 歴史も自然も満喫!

北九州・小倉のおすすめ観光スポット12選 歴史も自然も満喫!

更新日:2018/10/18 12:33

瀬田 エリーのプロフィール写真 瀬田 エリー 親子旅インフルエンサー、ホテルステイ研究家

福岡県北九州市は、山や海などの自然、歴史的な産業遺産、ユニークな体験型スポットなどがそろう注目のエリア。なかでも、旧大阪商船、旧門司三井倶楽部などかつての趣を残す建物が並ぶ「門司港レトロ」は有名です。

そんな風情漂うクラシカルな北九州、そして古くは城下町として栄え、今と昔の文化が見事に調和したにぎやかな町・小倉のおすすめスポットをあわせてご紹介しましょう。

1.門司港レトロ展望室

1.門司港レトロ展望室
岡本 大樹

実は夜景スポットの宝庫!福岡「門司港」のオススメ夜景4選by 岡本 大樹

地図を見る

関門海峡や門司港レトロの街並みを見渡せる絶景ポイントといえばここ、「門司港レトロ展望室」。建築家・黒川紀章氏が設計した高層マンションの31階に位置し、高さ103m。

特に夜景は格別の美しさでデートスポットとしても人気。館内にはカフェもあり、ゆっくりと過ごせるスポットです。

<基本情報>
住所:北九州市門司区東港町1-32
電話番号:093-321-4151
アクセス:JR門司港駅から徒歩約10分
営業時間:10:00〜22:00
料金:大人300円/小中学生150円この写真の記事を見る ≫

2.関門海峡ミュージアム

2.関門海峡ミュージアム
浮き草 ゆきんこ

門司港・関門海峡ミュージアムで関門海峡をまるごと体感!by 浮き草 ゆきんこ

地図を見る

関門海峡の過去から現在までを楽しみながら学べる「関門海峡ミュージアム」。海峡にまつまる歴史を音と光の映像で体感できる"海峡アトリウム"や、大正時代の街並みを再現した"海峡レトロ通り"など見どころいっぱい。

最上階からは、関門海峡や門司港を一望できます。名物のふく(フグ)や門司港名物の焼きカレーなどが食べられるレストランも人気。
※平成30年4月1日より、リニューアル工事のため約1年半休館。

<基本情報>
住所:北九州市門司区西海岸1-3-3
電話番号:093-331-6700
アクセス:JR門司港駅から徒歩6分
営業時間:9:00〜17:00この写真の記事を見る ≫

3.関門トンネル

3.関門トンネル
肥後 球磨門

福岡と山口の県境を歩いて渡りませんか?「関門トンネル」人道by 肥後 球磨門

地図を見る

関門海峡を徒歩で渡ることのできる、「関門海底トンネル人道」。全長780メートルのトンネルは、上が車道、下は徒歩で通行できるようになっており、海底を歩くというユニークな体験ができるスポット。トンネルの中ほどには福岡県と山口県の境い目があり、めずらしい"海底の県境"としても有名になっています。

<基本情報>
住所:北九州市門司区門司(門司側入り口)
アクセス:JR門司港駅からバスで約15分
通行可能時間:6:00〜22:00この写真の記事を見る ≫

4.JR門司港駅

4.JR門司港駅
凜風 杏花

ラッキースポットが3つも!北九州「門司港駅」by 凜風 杏花

地図を見る

「JR門司港駅」は九州で最も古い木造の駅舎。国の重要文化財に指定されています。佇まいは、まさにレトロでクラシカルな雰囲気そのもの。青銅製の手水鉢や大理石の洗面所も、重厚さとモダンさを物語っています。

※現在改修工事中・2019年春新駅舎完成予定(列車は通常通り運行しており、手水鉢、トイレ、洗面所も見学可能)

写真提供:門司港レトロインフォメーション

<基本情報>
住所:北九州市門司区西海岸1-5-31
電話番号:093-321-8843
アクセス:JR小倉駅から電車で約15分この写真の記事を見る ≫

5.ブルーウィングもじ

5.ブルーウィングもじ
花村 桂子

女子が絶対喜ぶ夜景スポット!北九州市「門司港レトロ」で最高の夜をby 花村 桂子

地図を見る

「ブルーウィングもじ」は、日本最大級の歩行者専用のはね橋。 関門海峡、関門大橋を見渡せるこの橋は、1日6回、水面に対し60度の角度に跳ね上がります。

橋が閉じて最初に一緒に渡った二人は一生結ばれると言われる、カップルにも人気のスポット。夜のライトアップもロマンチックでムード満点です。

<基本情報>
住所:北九州市門司区港町4-1
アクセス:JR門司港駅から徒歩約5分この写真の記事を見る ≫

6.九州鉄道記念館

6.九州鉄道記念館
添田 春斗

全国の鉄道ファンの聖地!北九州市門司区「九州鉄道記念館」by 添田 春斗

地図を見る

「九州鉄道記念館」は、鉄道の歴史・魅力をぎゅっと凝縮したテーマパーク。実際に走行していた蒸気機関車や客車が見られるほか、当時の乗客や車掌、弁当売りなどの光景を人形で再現したもの、歴代の制服、駅弁ラベルなどまで展示されており、鉄道ファンでなくても楽しめるスポット。本格的な運転体験もできます。

<基本情報>
住所:北九州市門司区清滝2-3-29
電話番号:093-322-1006
アクセス:JR門司港駅から徒歩3分
入館料:大人300円/中学生以下150円/4歳未満無料この写真の記事を見る ≫

7.洞海湾

7.洞海湾

昔は陸地と島だった北九州!命を吹き返した「洞海湾」

地図を見る

「洞海湾」は幅数百メートル、奥行き10キロメートルほどの細長い入り江。かつて石炭が運び出され多くの船が行き交っていた場所で、当時工業がさかんだった北九州を支えたシンボルともいえるスポット。

洞海湾と、その上に架かる長さ627mの赤い吊り橋"若戸大橋"は、地元民からも親しまれているフォトジェニックな風景です。

<基本情報>
住所:北九州市戸畑区〜北九州市若松区
アクセス:JR小倉駅から車で約15分この写真の記事を見る ≫

8.皿倉山

8.皿倉山
岡本 大樹

華やかな北九州の夜景を一望!新日本三大夜景「皿倉山」by 岡本 大樹

地図を見る

北九州の絶景を見渡せる「皿倉山」。九州最長のケーブルカーと、北九州から関門までの大パノラマが望める、全面ガラス張りのスロープカーを乗り継ぎ、頂上まで行くことができます。山頂からの夜景は、港や工業地帯の光もあいまって抜群の美しさ。

ハート型モニュメントや天空ドームのある展望台はカップルにはもちろんのこと、芝生広場もあり家族連れにも人気のスポットです。

<基本情報>
住所:北九州市八幡東区大字尾倉1481-1
アクセス:JR八幡駅から徒歩25分
料金(ケーブルカー・スロープカー往復通し券):大人1200円/小人600円この写真の記事を見る ≫

9.河内藤園

9.河内藤園
嶋長 幸浩

目を奪われる絶景!北九州市「河内藤園」の藤棚が世界中で話題by 嶋長 幸浩

地図を見る

「河内藤園」は、アメリカCNNの『日本の最も美しい場所31選』に選出されたことで注目を集め、国内外から多くの観光客が訪れる名所。

毎年4月下旬〜5月中旬頃、22種類の藤の花が咲き乱れ、その美しく艶やかな色彩と香りに圧倒されます。また、11月下旬頃からは約700本の紅葉も楽しむことができます。

※開園時期は年によって異なりますので来園前にご確認ください。

<基本情報>
住所:北九州市八幡東区河内2丁目2-48
電話番号:093-652-0334
アクセス:JR八幡駅から車で約20分
入園料:500円〜1500円変動制(高校生以下無料)この写真の記事を見る ≫

10.小倉城

10.小倉城

憧れの大名かごに乗れるの!?小倉城は面白くって学べる城

地図を見る

小倉の街のどこからでも見える、まさにシンボルともいえる「小倉城」。4階より5階が大きい"唐造り"が特徴の天守閣は、迫力満点。また、城の石垣は切り石を使わない"野面積み"とされるもので、素朴さの中にも豪快さが感じられる唯一無二の城。桜の時期は特ににぎわいを見せます。

※平成31年3月31日(予定)まで、エレベーター設置工事と館内展示リニューアル工事の為休館。外観は見学可。

<基本情報>
住所:北九州市小倉北区城内2-1
電話番号: 093-561-1210
アクセス:JR小倉駅より徒歩約20分この写真の記事を見る ≫

11.森鴎外旧居

11.森鴎外旧居
KISHI Satoru

北九州市「森鴎外旧居」は小さな文学館!森鴎外の素顔に迫るby KISHI Satoru

地図を見る

「森鴎外旧居」は、軍医として小倉に赴任した森鴎外が過ごした場所。美しい庭のある日本家屋で、のちに執筆した小説「鶏」の舞台にもなっています。入館料は無料ですが、森家の家系図、著作、関連書なども展示されており、音声ガイダンスもあります。観光の合間にふらっと立ち寄りたい、心落ち着けるスポットです。

<基本情報>
住所:北九州市小倉北区鍛冶町1-7-2
電話番号:093-531-1604
アクセス:JR小倉駅から徒歩約10分この写真の記事を見る ≫

12.千仏鍾乳洞

12.千仏鍾乳洞
ShinYah シンヤ

地下水に浸って地獄トンネルの先へ!北九州「千仏鍾乳洞」by ShinYah シンヤ

地図を見る

カルスト台地の雨水によってつくられた「千仏鍾乳洞」。国の天然記念物に指定されています。洞内は年間を通して気温15〜16度、夏は涼しく冬は暖か。幅の狭い峡谷状の岩のすき間をくぐり抜けながら、時に足元に流れる地下水をジャブジャブ進む体験は、まるで探検家の気分。照明が一切なく、懐中電灯を使って四つん這いで進むエリアもあります。

<基本情報>
住所:北九州市小倉南区平尾台3-2-1
電話番号:093-451-0368
アクセス:JR小倉駅より日田彦山線で石原町駅まで約30分、石原町駅前よりタクシー利用で約20分
入洞料金:大人800円/高校生600円/中学生500円/小学生400円この写真の記事を見る ≫

北九州・小倉のおすすめスポットはこれでキマリ!

博多とはまったく違った魅力を持つ北九州。ふぐやウニ、カキ、たけのこ、小倉牛など気になるグルメもたくさんあります。風情のある街並み、そして訪れる人を飽きさせないユニークなスポットが目白押しで、女子旅やカップルにもおすすめです!

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ