センスが光る街ミラノをまるわかり!厳選観光スポット10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

センスが光る街ミラノをまるわかり!厳選観光スポット10選

センスが光る街ミラノをまるわかり!厳選観光スポット10選

更新日:2018/10/26 14:06

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

北部イタリア最大の都市ミラノ。古くからファッション関連の産業が盛んで、数多くのブランドを輩出してきました。工業や金融業も盛んであり、イタリア最大級の経済圏を創り出しています。

文化芸術面では世界最大級の大聖堂を中心とした数々の歴史遺産が、スポーツでもプロサッカーチームの拠点が置かれています。

そんな魅力あふれるミラノの街で見逃せないスポット10選を紹介します。

1.ミラノ鉄道中央駅

1.ミラノ鉄道中央駅
ネプフリン 由香

国内第二の規模を誇るイタリアの玄関口「ミラノ鉄道中央駅」by ネプフリン 由香

地図を見る

1931年に完成した、アイボリーの荘厳な外観を持つ「ミラノ中央駅」。駅舎の正面幅200m、高さ72mは当時の建物としては記録的な大きさでした。

正面入り口を入ると巨大なアーケードとなっており、アールデコ様式ならびにリバティー様式が採用され、レリーフ彫刻で装飾されています。

世界的建築家のフランク・ロイド・ライトにも『世界で最も美しい駅』と称賛したミラノ中央駅、必見です。この写真の記事を見る ≫

2.ミラノのドゥオーモ

2.ミラノのドゥオーモ
ネプフリン 由香

超圧巻!!世界最大級のゴシック建築、ミラノのドゥオーモby ネプフリン 由香

地図を見る

世界屈指のゴシック建築である「ミラノのドゥオーモ」。1386年に着工し、約500年の歳月をかけて完成された歴史的建築物です。

その外観は想像を超える大きさと、優しい白色をしており感動を呼びます。また、内部は大聖堂として体積と面積で世界2位を誇り、美しいステンドグラスで彩られています。

上階のテラスからは尖塔を間近に、ミラノを一望することができます。この写真の記事を見る ≫

3.ガッレリア

3.ガッレリア
ネプフリン 由香

幸せを招く!ミラノ、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアby ネプフリン 由香

地図を見る

ドゥオーモ広場とスカラ座をつなぐ「ガッレリア」。1877年に完成をしたこの建物は八角形の建物に十字型のアーケードを交差させた特徴的なつくりとなっており、天井はガラス張りです。

アーケード内の床は全面がモザイクで覆われています。特に、建物中央の八角形のドームの床面はイタリア各地の紋章が描かれており、印象に残る美しさです。この写真の記事を見る ≫

4.ミラノ・スカラ座

4.ミラノ・スカラ座
橘 凛

豪華絢爛!イタリアンオペラ最高峰「ミラノ・スカラ座」体験by 橘 凛

地図を見る

世界三大劇場に挙げられる「ミラノ・スカラ座」。1778年の設立以来、この舞台で数々の偉大なオペラ作品が初演されました。イタリア発祥のオペラに不動の地位を与えたともいえるスカラ座では、現在も毎晩のように世界最高峰のプログラムが催されています。

スカラ座には博物館が併設されており、劇場で使用された衣装や楽器、楽譜などの展示があります。ボックス席から舞台を眺めることもできますよ。この写真の記事を見る ≫

5.ナヴィリオ地区

5.ナヴィリオ地区

ミラノのお洒落スポット、ナヴィリオ地区をお散歩しよう!

地図を見る

運河がミラノの街に張り巡らされていた、大聖堂以前の名残を残す「ナヴィリオ地区」。中心部の統一感ある石造りの街並みとは対照的に、当時の運河の一部に沿って、色彩豊かな建物が立ち並び、セレクトショップやカフェが軒を連ねます。この写真の記事を見る ≫

6.サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

6.サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
Hiroko Oji

北イタリア・ミラノのぜひとも見ておきたい観光スポットby Hiroko Oji

地図を見る

レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』が描かれた食堂を敷地内に有する「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」。ルネサンス期最大の建築物として、壁画を含め、世界遺産に登録されています。

赤レンガと大理石を使用した建物は特徴的な多角形のドームを乗せた外観とルネサンスの香りが残る壮麗な内装が印象的です。閲覧には事前予約が必要で、時間は15分以内と決められています。この写真の記事を見る ≫

7.スフォルツァ城

7.スフォルツァ城
Hiroko Oji

見逃せない伊・ミラノの古城「スフォルツァ城」と寛ぎ公園センピオーネby Hiroko Oji

地図を見る

ルネサンス期に建てられた貴族の居城を増改築した、欧州有数の城が「スフォルツァ城」。城塞だった時期もある堅牢な造りの城ですが、内部はミラノ公国の歴史を伝える市立博物館となっています。

彫刻から楽器に至るまで膨大な数の絢爛豪華なコレクションを所蔵しており、実物大のレリーフが施された門と共に所蔵品が展示される、スケールの大きな展示室もあります。ミケランジェロやベッリーニなどの著名な芸術家の作品を見学できるのも、魅力のひとつです。この写真の記事を見る ≫

8.モンテナポレオーレ通り

8.モンテナポレオーレ通り
Etsuko Ciao

初めてのミラノ旅!王道観光スポットを巡る1日モデルコースby Etsuko Ciao

地図を見る

ファッションとデザインの街、ミラノを象徴するのが「モンテナポレオーレ通り」。プラダ、グッチ、フェラガモ、フェンディなどのイタリアを代表するブランドが勢ぞろいするハイストリートです。

おしゃれなミラノの人々が行きかい、華やかに演出されたショーウィンドウを眺めると心が弾みますよ。この写真の記事を見る ≫

9.ガリバルディー地区

9.ガリバルディー地区

ショッピングにおすすめ!ミラノ「ガリバルディー地区」はイタリアの魅力がぎっしり!

地図を見る

モードの発信しとして注目されてきた「ガリバルディー地区」は、近年再開発によってさらに進化を遂げたショッピングスポットです。

VOGUE元編集長がオーナーのセレクトショップ10コルソ・コモ、迷路のような店内にありとあらゆる雑貨が置かれた、お土産探しにも便利なHIGH TECH、さらに地元ならではの新鮮食材をイートインでいただける、食のテーマパークともいえるイタリア食材販売のEATALYなど魅力的な店舗が並びます。この写真の記事を見る ≫

10.サン・シーロスタジアム

10.サン・シーロスタジアム
橘 凛

サッカーの本場イタリアで観戦!聖地サン・シーロスタジアムby 橘 凛

地図を見る

イタリアサッカーの聖地と言っても過言ではない「サン・シーロスタジアム 」。閑静な住宅街に立つ、最大収容数8万人を超すイタリア最大級の競技場で、イタリアプロサッカーリーグ、セリエAの強豪・ミラノインテルとACミランのホームスタジアムです。

セリエAの開幕シーズン5月〜9月にはイタリアの熱狂的なサッカーファンが集い、地響きのような歓声が上がります。シーズンオフの時期ならば、サン・シーロ博物館を訪れてみましょう。トロフィーやユニフォームを見られますよ。この写真の記事を見る ≫

ミラノ観光はここで決まり!

ミラノはハイレベルな文化と経済、エンターテイメントが融合した、多面的に楽しむことのできる街で、古典とモダンの調和も見どころです。この記事で紹介したスポットを巡れば、多彩なミラノを体験できること間違いなしですよ。

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ