「バス一日券」で京都をお得に満喫!日帰り旅行モデルコース

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「バス一日券」で京都をお得に満喫!日帰り旅行モデルコース

「バス一日券」で京都をお得に満喫!日帰り旅行モデルコース

更新日:2018/11/08 15:03

やた 香歩里のプロフィール写真 やた 香歩里 鈍足の旅人、地域の魅力発掘人、駅徒歩絶景ハンター

京都市内はバス網が充実していて、ほとんどの観光名所はバス路線で繋がっています。なので、京都市営バス(以下市バス)と京都バスの均一運賃区間内なら一日乗り降り自由な「バス一日券」は、京都観光の強い味方。

料金は、大人用600円、子供用300円。均一区間の1回の運賃が230円なので3回乗ればもうお得。市バス・地下鉄案内所などのほか、バス車内でも買えますが、売切れていることもあるので事前購入が安心です。

午前:バス利用必須な「上賀茂神社」からスタート!

午前:バス利用必須な「上賀茂神社」からスタート!
佳後 マリ子

実は意外に知られていない!世界遺産、京都・上賀茂神社の最強パワー&ご利益スポット…by 佳後 マリ子

地図を見る

バス移動はちょっと時間がかかるのが難点。一日を有効に使うために、朝9時頃にはスタートしておきたいところです。京都駅から出発するとして、まずは「上賀茂神社」に向かいましょう。こちらは京都市内でも北の方にあり、京都駅から約1時間かかりますが、市バス4号系統なら乗り換えなしで到着できます。

世界文化遺産に登録され、国宝と重要文化財の宝庫でもある「上賀茂神社」。京都でも最古とされる歴史と格式を誇る神社で、京都の春の風物詩“葵祭”でも有名です。近年はパワースポットとしての人気も高まっています。

<基本情報>
住所:京都市北区上賀茂本山339
電話番号:075-781-0011
アクセス:京都駅前バス停より市バス4号系統にて約60分、上賀茂神社前下車すぐこの写真の記事を見る ≫

午前:「今宮神社」で玉の輿&無病息災祈願

午前:「今宮神社」で玉の輿&無病息災祈願
堤原 順二

京都で玉の輿祈願!「今宮神社」は幸せを願う女性に人気のパワースポットby 堤原 順二

地図を見る

上賀茂神社の次は、神社前のバス停から市バスで10分ほどの「今宮神社」へ行ってみましょう。

「今宮神社」は別名“玉の輿神社”とも呼ばれ、玉の輿の夢を叶えたいという強い願いを持ち続けている女性に大人気! 社務所には玉の輿守(お守り)も用意されています。門前には無病息災のご利益があるという名物あぶり餅のお店もあるので、そちらにもぜひお立ち寄りください。

<基本情報>
住所:京都市北区紫野今宮町21
電話番号:075-491-0082
アクセス:上賀茂神社前バス停から市バス46号系統にて約10分、今宮神社前バス停下車すぐこの写真の記事を見る ≫

ランチ:こんな京都もあったの?ノスタルジックな「船岡温泉街」

ランチ:こんな京都もあったの?ノスタルジックな「船岡温泉街」
ぐれい サクミ

昭和モダンな銭湯とカフェが面白過ぎる!京都「船岡温泉街」by ぐれい サクミ

地図を見る

今宮神社を出るころには、そろそろお昼どきになっているはず。神社周辺にも食事処はありますが、ここはちょっと個性的な「船岡温泉街」でランチはいかがですか?

京都の通りといえば祇園や先斗町などがイメージされますが、それ以外にも素敵な街並みがあります。「船岡温泉街」もその1つ。元料理旅館の銭湯、元銭湯のカフェなど、ノスタルジックなお店が並びます。さすがに銭湯に入る時間はなさそうですが、個性的なカフェやミシュランにも掲載された蕎麦屋でランチをどうぞ。

<基本情報>
アクセス:今宮神社前バス停から市バス46号系統にて約5分、千本鞍馬口バス停下車、徒歩約5分この写真の記事を見る ≫

午後:京都観光の王道「金閣寺」へ

午後:京都観光の王道「金閣寺」へ

「足利義満」が築いた荘厳で優美な北山文化。 金閣寺を楽しむための5つのポイント

地図を見る

ランチのあとは、千本鞍馬口から再び市バスに乗り、「金閣寺」へ向かいます。59号系統に乗れば、金閣寺最寄りのバス停・金閣寺前に到着します。

京都で行きたい観光スポットとして1,2位を争う「金閣寺」。正式名称を「鹿苑寺」といい、そのきらびやかで美しい姿は海外からの観光客にも大人気です。今も昔も、多くの人を魅了する「金閣寺」をぜひご堪能ください。

<基本情報>
住所:京都市北区金閣寺町1
電話番号:075-481-0013
アクセス:千本鞍馬口バス停より市バス59号系統にて約7分、金閣寺前バス停下車すぐこの写真の記事を見る ≫

午後:世界遺産「二条城」で寺社だけでない京都を

午後:世界遺産「二条城」で寺社だけでない京都を
堤原 順二

京都が誇る世界遺産!「元離宮二条城」は見どころたっぷりの観光名所by 堤原 順二

金閣寺の次は「二条城」へ。金閣寺周辺には龍安寺や仁和寺など、魅力的な寺院がたくさんありますが、今回は「バス一日券」を有効に使うということで、いろんなエリアに移動しつつ名所を回ります。なお、「二条城」に向かうバスに乗るには、到着したときの金閣寺前バス停ではなく、徒歩5分ほど離れた金閣寺道バス停から乗車してください。

「元離宮二条城」は江戸時代に建てられた東京ドーム約7個分もの広さを持つお城です。幕末の歴史の舞台として有名で、皇室の別邸としても使われました。世界遺産に指定されており、壮麗な二の丸御殿に和洋折衷の庭園(清流園)など、見応えはたっぷり!神社仏閣に偏りがちな京都で、貴重な寺社以外の観光名所です。なお、入城時間は夏場を除き16時まで(17時閉場)なので、ご注意ください。また、桜の時期と紅葉の時期にライトアップも実施されます。

<基本情報>
住所:京都市中京区二条通堀川西入二条城町541番地
電話番号:075-841-0096
アクセス:金閣寺道バス停より市バス12・急行101号系統・〈二条城・金閣寺Express〉にて約20分、二条城前バス停下車すぐこの写真の記事を見る ≫

夜:京都の花街「祇園」周辺を散策

夜:京都の花街「祇園」周辺を散策
木村 優光

京の風情を静かに堪能したい人必見!祇園の「花見小路」界隈by 木村 優光

地図を見る

二条城のあとは、急ぐなら京都駅までの直通バスに乗ることもできますが(二条城前バス停から市バス9・急行101号系統・〈金閣寺・二条城Express〉にて約15分)、時間が許すなら、京の風情溢れる「祇園」周辺を散策していきませんか? 神社仏閣は17時頃に閉門してしまうところが多いですが、街並み散策なら夕方以降でも大丈夫。灯りをともした町は昼間とはまた違った趣きがあります。

アクセスはいずれも、二条城前バス停から市バス12号系統に乗り約20分、四条京阪前バス停で下車。それぞれの通りの入り口まで徒歩3〜5分程度です。

【花見小路】

京都市街の四条通を南北に貫く「花見小路」は、祇園のメインストリートと呼ばれています。こちらはメジャーなだけあって連日多くの観光客で賑わっていますが、小路へ1本入ると喧騒が嘘のような静寂空間が広がっています。花見小路から東側に広がる料亭街は、非常に静かな空間の上、京の風情を肌と目でじっくり感じることができます。この写真の記事を見る ≫

夜:京都の花街「祇園」周辺を散策
島塚 渓

花街祇園の雰囲気を堪能!京都情緒あふれる「白川」を優雅に散策by 島塚 渓

地図を見る

【祇園白川】

白川(しらかわ)は京都市を流れる鴨川の支流の1つ。その流域には情緒あふれる京都らしい佇まいがたくさん残されています。「祇園白川」の町並みは、白川の清澄な雰囲気と相まって京都ムード全開! 夜には通りに並ぶ料亭やお茶屋さんに灯りがともり、花街の趣きがたっぷり味わえます。この写真の記事を見る ≫

夜:京都の花街「祇園」周辺を散策
万葉 りえ

歩けば ほろ酔い気分〜千鳥が誘う 京都・先斗(ぽんと)町by 万葉 りえ

地図を見る

【先斗町】

祇園とは鴨川を挟んで対岸にある「先斗町」も、京都の花街の1つです。四条通の鴨川を渡る橋の北西のたもとに小さな交番があり、その横にある細い通りが「先斗町」の入り口。うっかりしていたら見逃してしまいそうな細さですが、たまに舞妓さんや芸妓さんをお見かけできる通りです。夕暮れ時ともなれば、店々の軒先に先斗町のシンボルである千鳥の提灯に明かりがともり、ますますこの町らしさが出てきます。この写真の記事を見る ≫

夜:京都旅の締めくくりは“京の味”を堪能

夜:京都旅の締めくくりは“京の味”を堪能
堤原 順二

京都で人気の和スイーツ!「抹茶パフェ」おすすめ5選by 堤原 順二

地図を見る

祇園や四条河原町付近は京都市内きっての繁華街。カフェや居酒屋などの気楽な店から、ちょっと敷居の高い料亭まで、さまざまなお店が集まっています。最後は京都を味わって旅を締めくくってください。

【スイーツ:茶寮都路里(祇園辻利本店)】

江戸時代創業の宇治茶の老舗・祇園辻利本店にある「茶寮都路里」では、名物・都路里パフェが食べられます。抹茶アイス・抹茶ゼリー・ほうじ茶ゼリー等、古都京都らしさいっぱいの素材が使われている抹茶パフェ。器の下の方には抹茶みつも入っており、食べ始めから食べ終わりまでお茶の風味が堪能できる逸品です。

<基本情報>
住所:京都市東山区祇園町南側573-3 祇園辻利本店2・3階
電話番号:075-561-2257
アクセス:四条京阪前バス停から徒歩約3分この写真の記事を見る ≫

夜:京都旅の締めくくりは“京の味”を堪能
けいたろう

京都観光地のど真ん中にディープな秘宝館?「壱銭洋食」by けいたろう

地図を見る

【軽食:壹錢洋食】

京都のイメージと言えば、上品ではんなりとしていて、しっとりと妙なる雰囲気が一般的。そんなイメージとは一線を画すお店が「壹錢洋食」。「壹錢洋食」はメニューの名前でもあり、これはお好み焼の原型というか簡易版のようなもの。水溶きの小麦粉にキャベツや天かす、玉子なんかの具材をドバっと入れて鉄板で焼いた料理で、庶民的な食べ物です。店内の怪しいオブジェやインテリアも魅力。

<基本情報>
住所:京都市東山区祇園町北側238
電話番号:075-533-0001
アクセス:四条京阪前バス停から徒歩約2分この写真の記事を見る ≫

夜:京都旅の締めくくりは“京の味”を堪能
うまりーの 三都

五感で楽しむ至福の一品!京懐石「祇園丸山」by うまりーの 三都

地図を見る

【京懐石:祇園丸山】

いやいや、せっかくだから最高の祇園らしさを味わいたい!という方は、京懐石の「祇園丸山」はいかがでしょう。“お料理で景色を表現する”ことにこだわるご主人による、京都の四季の移ろいを表現した、美しい懐石料理に出会うことができます。お料理で景色を表現するためには、食材だけでなく、器や生け花、お軸などお料理の後ろにあるものも大切。空間全体で味わっていただきたいというご主人の気持ちが伝わる、ミシュランで二つ星として掲載されたお店です。

<基本情報>
住所:京都市東山区祇園町南側(祇園石段下・祇園ホテル裏側)
電話番号:075-525-0009
アクセス:四条京阪前バス停から徒歩約7分この写真の記事を見る ≫

「バス一日券」での日帰り京都旅はこれでキマリ!

このあと京都駅に向かうには、四条京阪前バス停からだと意外に直通バスが少ないので、祇園バス停(八坂神社の前あたり)から乗るのがおすすめです。市バス206号系統は本数も多く、京都駅まで約20分です。急行100・110号系統もありますが、18時台に終了してしまいます。また、土・休日のみ運行の京都駅行きバスもあります。大阪方面に向かうなら、徒歩で京阪電車の祇園四条駅や阪急電車の河原町駅へ行き、電車を利用した方が早いこともあります。

お得な「バス一日券」ですが、あまり遠くのスポットばかりを選んでいると、移動に時間がかかり1日に2ヵ所くらいしか回れなかった…ということもありえます。移動時間と見学時間を考えながら、バランスよく利用してくださいね。

2018年11月現在の情報となりますので最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ