福岡観光1泊2日モデルコース パワースポット&グルメ&海を満喫!

福岡観光1泊2日モデルコース パワースポット&グルメ&海を満喫!

更新日:2018/11/14 11:38

瀬田 エリーのプロフィール写真 瀬田 エリー 親子旅&女子旅ライター、ホテルライター

常に進化をし続ける人気の都市・福岡。都会の街並み、自然、海といった様々な見どころを持ちあわせた魅力的な場所です。

今回は、有名な太宰府天満宮を訪れたあと、福岡の中心である博多・天神の名所、そしてベイサイドもおさえた王道モデルコースをご紹介します。

福岡空港から電車で40分、博多駅からはバスで約45分の太宰府から旅をスタートしましょう。


昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

【1日目:午前〜昼食】太宰府天満宮

【1日目:午前〜昼食】太宰府天満宮

名物梅ケ枝餅も味わえる福岡・太宰府天満宮で合格と厄除け祈願

地図を見る

まずは、誰もが一度は行きたい福岡の名所「太宰府天満宮」を参拝。

学問・至誠・厄除けにご利益があるとされる人気のパワースポット「太宰府天満宮」は、有名な梅の花のほかにも桜、菊など、四季折々の花たちも美しい場所。有名な"御神牛"や、絶好のフォトスポットの"太鼓橋"など見どころたっぷりです。

参拝した後は、土産店やお茶屋さんなど数多くのお店が並ぶ参道へ。食べ歩きとランチを楽しみましょう。

太宰府名物の梅ヶ枝餅は、表面がパリっとしているのにもちもちな薄い皮のお餅の中に、おいしい粒あんがつまっています。ぜひ焼きたてを食べてみてくださいね。おしゃれな外観のスターバックスもありますよ。

<基本情報>
住所:福岡県太宰府市宰府4-7-1
電話番号:092-922-8225
アクセス:西鉄太宰府駅から徒歩5分 この写真の記事を見る ≫

【1日目:午前〜昼食】太宰府天満宮
広島 らっこ

梅が枝餅だけじゃもったいない!太宰府のおすすめグルメ5選by 広島 らっこ

地図を見る

太宰府周辺のおすすめランチのひとつは、「筑紫庵(つくしあん)本店」の太宰府バーガー。

特製の大きな唐揚げをサンドしたハンバーガーが人気で、太宰府名物の梅と自家製タルタルが絶妙なバランスです。他にも博多めんたい唐揚げや、自家製の黒柚子の唐揚げなど、食欲をそそるメニューが揃っています。

<基本情報>
住所:福岡県太宰府市宰府3-2-2
電話番号:092-921-8781
アクセス:西鉄太宰府駅から徒歩2分
営業時間:10:00〜18:00 この写真の記事を見る ≫

【1日目:午後】九州国立博物館

【1日目:午後】九州国立博物館
万葉 りえ

初めての「太宰府天満宮」におすすめ!半日で周る王道コースby 万葉 りえ

地図を見る

せっかく太宰府に来ているのだから、あわせて是非訪れたいのが「九州国立博物館」。

山並みをイメージした曲線的な大屋根と、特殊なガラスの外壁で覆われた外観が特徴的で、規模としては国立博物館最大。"日本文化の成り立ちをアジア史的観点から捉える博物館"がコンセプトになっています。近代的でおしゃれな外観とは裏腹に、展示物は日本だけでなく近隣諸国のものも数多く揃い見応えあり。

入場無料の体験展示室「あじっぱ」では、アジアの国々の屋台が並び、民族衣装を体験できるスペースも。家族連れでも楽しめるスポットです。

<基本情報>
住所:福岡県太宰府市石坂4-7-2
電話番号:092-918-2807
アクセス:西鉄太宰府駅から徒歩10分
観覧料:大人430円/大学生130円(特別展は別料金)
開館時間:日・火〜木曜日9:30〜17:00/金・土曜日9:30〜20:00 この写真の記事を見る ≫

【1日目:午後】櫛田神社

続いては、博多エリアのパワースポットへ。

博多の総鎮守として地元民から“おくしださん”の愛称で親しまれている「櫛田神社」。博多の夏の風物詩として全国的にも有名な、博多祇園山笠が奉納されているスポットです。

ほかにも、飲むと長生きができるという言い伝えの残る霊泉や、縁結び・夫婦円満のご利益があるご神木の大銀杏など見どころがたくさん。お土産にお守りも人気です。

<基本情報>
住所:福岡県福岡市博多区上川端町1-41
電話番号:092-291-2951
アクセス:地下鉄祇園駅から徒歩8分、西鉄福岡(天神)駅から徒歩15分

【1日目:午後】警固神社

【1日目:午後】警固神社
ふるかわ かずみ

福岡・天神の街中の意外なオアシス「警固神社」で足湯も堪能by ふるかわ かずみ

地図を見る

天神の中心にある穴場的スポットでちょっぴり休憩を。

「警固神社(けごじんじゃ)」は、にぎやかな天神の街中にひっそりと佇む癒しのスポット。かつて九州の防衛拠点としての役割を担った場所といわれており、厄払いの神として市民になじみのあるパワースポットです。境内には足湯がありますので、こちらで一休みするのもおすすめです。

<基本情報>
住所:福岡県福岡市中央区天神2-2-20
アクセス:西鉄福岡(天神)駅から徒歩1分 この写真の記事を見る ≫

【1日目:夕食】天神〜もつ鍋〜

福岡を訪れたらやっぱり食べたいのが「もつ鍋」。天神駅周辺には、地元民もおすすめの有名なもつ鍋店が多くあります。

その中でも、特に地元民や食通から絶大な支持をされているのが「やま中」。とろみのある濃厚なスープ、新鮮な野菜、厳選された国産牛のぷりぷりなもつのハーモニーが絶妙で、リピーターも多い一軒です。店内もラグジュアリーで大人向けの雰囲気。ぜひ事前に予約をしてくださいね。

ほかにも雑誌に掲載されている名店、スープにこだわりのあるお店など、特色はそれぞれ。お好みのお店に出会えるといいですね。

<基本情報>
「やま中 赤坂店」
住所:福岡県福岡市中央区赤坂1-9-1 サニー赤坂店2F
電話番号:092-716-2263
アクセス:地下鉄赤坂駅から徒歩5分、地下鉄天神駅から徒歩約10分
営業時間:17:00〜23:30(水曜定休)

【1日目:夜】福岡市赤煉瓦文化館

【1日目:夜】福岡市赤煉瓦文化館
万葉 りえ

あの人と歩きたい!宵闇せまる福岡天神リバーサイドby 万葉 りえ

地図を見る

お腹いっぱいになったあと、時間や体力に余裕があれば、繁華街・天神を歩きながら那珂川方面へ移動しましょう。

那珂川沿いに建つ「福岡市赤煉瓦文化館」は、明治時代の日本を代表する建築家・辰野金吾と片岡安の設計により、日本生命保険株式会社九州支店として建てられた国の重要文化財です。芸術的な尖塔、ドーム、赤煉瓦と白い花崗岩の外壁はクラシカルで荘厳な雰囲気。夜にライトアップされた姿は特に抜群の美しさです。

<基本情報>
住所:福岡県福岡市中央区天神1-15-30
電話番号:092-722-4666
アクセス:地下鉄天神駅から徒歩5分 この写真の記事を見る ≫

【1日目:夜】中洲屋台

【1日目:夜】中洲屋台

駅直結コスパ最高!福岡博多観光の拠点に「ファーストキャビン博多」

地図を見る

やっぱり最後は"締め"を楽しみたい!中洲の屋台へ行きましょう。

中洲に並ぶ屋台はそれぞれのお店が個性的。ラーメンやおでん、天ぷら、餃子、串焼きなど、様々なメニューが楽しめます。中洲ならではの雰囲気と美味しいグルメの数々に、福岡に来たことを実感するはず。

<基本情報>
住所:福岡県福岡市博多区中洲
アクセス:地下鉄中洲川端駅周辺 この写真の記事を見る ≫

【宿泊】博多駅・天神周辺のホテルがおすすめ

【宿泊】博多駅・天神周辺のホテルがおすすめ
浮き草 ゆきんこ

100種類超のビュッフェ or 地産地消の和朝食のどちらがお好き?ホテルニューオ…by 浮き草 ゆきんこ

地図を見る

夜遅くまで遊んでも、スポットが凝縮された福岡ではすぐにホテルに帰れるのが嬉しいですね。

ラグジュアリーなホテルでおすすめするなら、博多と天神の間に位置する「ホテルニューオータニ博多」。100種類を超えるバラエティー豊かな料理が楽しめる和洋中ビュッフェ、もしくはホテル最上階から絶景を見ながら九州名産の数々を楽しめる和定食、いづれかを選べる朝食が人気のホテルです。

写真提供:ホテルニューオータニ博多 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見る
【宿泊】博多駅・天神周辺のホテルがおすすめ
堀内 京子

福岡観光に便利な「ホテルマイステイズ福岡天神南」はミニキッチン付き客室も完備by 堀内 京子

地図を見る

リーズナブルに、お手軽に宿泊できるカジュアルなホテルなら、おすすめは「ホテルマイステイズ福岡天神南」。中洲から徒歩圏内という便利な立地が最大の魅力。また、ダブル、クイーン、ツインから、家族連れに嬉しいミニキッチン付きまで、客室のバリエーションも豊富。豪華な和定食が楽しめる朝食も人気です。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見る

【2日目:午前】マリンワールド海の中道

【2日目:午前】マリンワールド海の中道
下川 尚子

博多湾をバックにイルカがジャンプ!福岡「マリンワールド海の中道」は見どころだらけ…by 下川 尚子

地図を見る

2日目は、博多港のあるベイサイドエリアへ足を延ばしましょう。

様々なレジャー施設が揃った"海の中道海浜公園"内にある水族館「マリンワールド海の中道」。博多湾をバックに繰り広げられる迫力のイルカショーや幻想的なイワシのショーなど、多数のショーが魅力の水族館です。

また、「九州の海」をテーマにした様々な水槽は、照明や映像、音響にもこだわった幻想的な雰囲気を楽しめます。

ちなみに、おすすめは船でのアクセス。博多や天神からバスで約10〜15分ほどの"ベイサイドプレイス博多ふ頭"または"ももち(マリゾン)"から、高速船で20分で行くことができます。

<基本情報>
住所:福岡県福岡市東区大字西戸崎18-28
電話番号:092-603-0400
アクセス:博多駅から香椎駅でJR香椎線にのりかえ海ノ中道駅下車、またはベイサイドプレイス博多ふ頭・ももち(マリゾン)から高速船で約20分
入館料金:大人・高校生2300円/中学生1200円/小学生1000円/幼児(4歳以上)600円 この写真の記事を見る ≫

【2日目:昼食】ベイサイドプレイス博多

【2日目:昼食】ベイサイドプレイス博多

都心から10分のウォーターフロント、福岡市「ベイサイドプレイス博多」

地図を見る

博多ポートタワーが目印、博多港の新名所であるおしゃれな商業施設「ベイサイドプレイス博多」。

寿司、ステーキ、洋食など様々なジャンルのレストランが揃っており、海を眺めながら食事ができるレストランもあります。夏はふく小屋、冬はカキ小屋が期間限定で開催されていることもあるので、こちらを楽しむのもおすすめ。

福岡や九州産の食材を使ったメニューを、開放的な空間で楽しんでください。

<基本情報>
住所:福岡県福岡市博多区築港本町13-6
電話番号:092-281-7701
アクセス:博多駅からバスで約15分、天神からバスで約10分 この写真の記事を見る ≫

【2日目:午後】福岡タワー

【2日目:午後】福岡タワー
権丈 俊宏

福岡タワーは冬が一押し!展望室とイルミネーションが超絶ロマンチックby 権丈 俊宏

地図を見る

旅の締めくくりは「福岡タワー」へ。

「福岡タワー」はウォーターフロントに建つ高さ234mの海浜タワー。福岡のシンボル的存在であり、最上階の展望室からは、博多湾や天神の街並みから脊振山地(せふりさんち)まで、360度大パノラマの絶景を眺めることができます。

外観も、スタイリッシュでフォトジェニック。展望室だけでなくタワーと周辺の情景も合わせて楽しめるスポットです。

<基本情報>
住所:福岡県福岡市早良区百道浜2丁目3番26号
電話番号:092-823-0234
アクセス:博多駅からバスで約25分
営業時間:9:30〜22:00
展望料金:大人800円(65歳以上は500円)/小中学生500円/幼児(4歳児以上)200円

※2019年1月4日〜1月31日まで休館。同年2月1日リニューアルオープン予定。 この写真の記事を見る ≫

【2日目:午後】福岡空港・博多駅でお土産探し

【2日目:午後】福岡空港・博多駅でお土産探し

メディアでも話題!福岡空港グルメ土産厳選5

地図を見る

銘菓や名産品が揃い、お土産探しを楽しめるのも福岡の魅力。福岡空港なら国内線旅客ターミナル2階、博多駅ならさくっと立ち寄れるキヨスクから、博多マイング、JR博多シティ内の博多デイトス、博多阪急など、お土産スポットが数多くあります。

福岡空港限定“ひよ子のあまおうピィナンシェ”をはじめとする、あまおう関連のスイーツは安定の人気。また、めんたいこでも、チューブタイプのものやめんたいこの加工品は、年齢層を問わず喜ばれます。

もちろん定番の"博多通りもん"や、ラーメンなどもおすすめ。目移りしてしまうほどの魅力的なラインナップが揃ったお土産ショッピングを、ぜひ楽しんじゃいましょう。 この写真の記事を見る ≫

福岡観光1泊2日おすすめモデルコースはこれでキマリ!

福岡のパワースポットと、博多・天神の人気スポットを網羅したモデルコースをご紹介しました。空港や博多駅から街中へのアクセスが良く観光しやすい福岡。パワースポットと美味しいグルメで、元気になれる旅になること間違いなしですよ!

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -