伊豆の玄関口・三島のオススメ観光地からグルメまで10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

伊豆の玄関口・三島のオススメ観光地からグルメまで10選

伊豆の玄関口・三島のオススメ観光地からグルメまで10選

更新日:2018/11/26 12:23

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

静岡県三島市は、富士山からの伏流水が豊富に湧いていて、駅から町中へと美しい川が流れています。レトロ感がある街並みと相まって、自然豊な風景は、どこか懐かしさを感じるほど。

伊豆の玄関ともよばれている三島には、観光スポットが充実しています。アクティビティーや体験型グルメ、パワースポットなど、行きたい場所がたくさん。子どもも大人も楽しめるスポット10選を紹介していきます!

1.スカイウォーク

1.スカイウォーク
泉 よしか

フォレストアドベンチャー・三島スカイウォークはジップライン×爽快絶景by 泉 よしか

地図を見る

日本一長いとされる“歩行者専用大つり橋”がある「三島スカイウォーク」。橋からの眺望は、駿河湾や市街地。そして空気の澄んだ日は、富士山までを見わたさせる絶景スポット!

充実のアクティビティーには、大自然の森をセグウェイで駆け抜けたり、生い茂る樹々と一体化したアスレチックで汗をながしたりと楽しみどころがたくさん。

<基本情報>
住所:静岡県三島市笹原新田313
電話番号:055-972-0084(代表)
 055-972-0053(フォレストアドベンチャー専用)
アクセス:新東名高速道路 長泉沼津I.C.より 約15分
三島駅南口5番バス乗り場「東海バス」に乗車後「 三島スカイウォーク 」下車この写真の記事を見る ≫

2.楽寿園

2.楽寿園
今村 裕紀

溶岩流の上に立つ庭園 三島「楽寿園」で大人も子供も楽しもう!by 今村 裕紀

地図を見る

国の天然記念物及び名勝に指定されている「楽寿園」。JR三島駅南口から歩いてすぐの場所にあるのが嬉しいポイント。

庭園には、1万4千年前に噴火した富士山の溶岩が広がり、春になると雪解け水がわき出て“小浜池”がお目見えします。そして、長い月日をかけ溶岩の上に樹木が生い立ち、ここならではの絶景は見ごたえあり。


また、子どもに嬉しい“どうぶつ広場”や、メリーゴーランドと豆汽車がある“のりもの広場”があるので、ファミリーでも楽しめる観光スポット!。

<基本情報>
住所:静岡県三島市一番町19-3
電話番号:055-975-2570この写真の記事を見る ≫

3.白滝公園

3.白滝公園
今村 裕紀

せせらぎが巡る水の廻廊都市「静岡三島」水辺のスポット5選by 今村 裕紀

地図を見る

JR三島駅の南口にある“楽寿園”の向かいにあるのが「白滝公園」。

駅前という立地ながら、自然豊かな風景がのぞめ、のんびりとした雰囲気が魅力の公園。三島は、富士山の雪解け水がわき出ることが有名で、白滝公園もその内の一つ。夏は木陰で涼みながら川をながめたり、冬はレトロ感ただよう周囲の町並みを散策したりと、季節ごとに変わる魅力があります!

<基本情報>
住所:静岡県三島市大宮町1-1
電話番号:055-983-2643この写真の記事を見る ≫

4.クレマチスの丘

4.クレマチスの丘
藤井 麻未

都心から50分!静岡・花と緑とアート溢れる「クレマチスの丘」by 藤井 麻未

地図を見る

JR三島駅から専用のシャトルバスで移動ができる「クレマチスの丘」。美術館をはじめ、美しい庭園やカフェ、レストランからなる複合文化施設。敷地内には4つの美術館があり、それぞれの佇まいもアーティスティック。彫刻や絵画、井上靖にまるわる資料と、趣旨の異なる展示物で見ごたえあり。

手入れの行きとどいた庭園も見どころで、四季折々の豊な自然で癒されます。

<基本情報>
住所:静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1
電話番号:055-989-8787
※IZU PHOTO MUSEUMは改修工事のため一時休館中になっています(2018年11月現在)。この写真の記事を見る ≫

5. 三嶋暦師の館

5. 三嶋暦師の館
sachie

日本最古の仮名文字暦が見られる!三島市「三嶋暦師の館」by sachie

地図を見る

2005年に資料館としてオープンし、国の登録有形文化財に指定されている「三嶋暦師の館」。日本最古といわれる、仮名文字で刷られた暦の“三嶋暦”を見ることができます。

展示物には、太陽暦の仕組みや日本各地の暦もあり、版木など、貴重な関連資料は、一度は見ておきたいものばかり。徳川家に献上したと伝えられている暦もあるので、歴史好きな方にもオススメのスポット!

<基本情報>
住所:静岡県三島市大宮町2-5-17
電話番号:055-976-3088
アクセス:JR三島駅から車で10分程この写真の記事を見る ≫

6. 伊豆フルーツパーク

6. 伊豆フルーツパーク
湯山 千里

静岡・三島「伊豆フルーツパーク」で旬のフルーツ&名産三昧!by 湯山 千里

地図を見る

年間を通してフルーツ狩りが楽しめる「伊豆フルーツパーク」。
四季折々で果物狩りは、1月〜5月頃はイチゴ狩り、6月〜9月頃はメロン狩り、10月〜12月頃はみかん狩り。そしてイチゴ狩りには“練乳”がついているのが嬉しいポイント。

お腹がすいたらレストランで伊豆の幸を使った御膳がいただけますが、まずはフルーツでできたスイーツを満喫したいところ。施設一階の奥に“スイーツコーナー”があり、伊豆フルーツパークで採れた果物でできたジュースや、季節限定のスイーツなど、飲みごたえ食べごたえ満点な品々があります!

<基本情報>
住所:静岡県三島市塚原新田181-1
電話番号:055-971-1151
アクセス:JR三島駅から車で15分程この写真の記事を見る ≫

7.三嶋大社

7.三嶋大社
大宮 つる

伊豆随一のパワースポット!「三嶋大社」のご利益&見どころby 大宮 つる

地図を見る

伊豆で随一のパワースポットとして呼び声高い「三嶋大社」。その広さは境内が4.6ヘクタールと広大。本殿の大きさにいたっては、高さが23メートル、鬼瓦の高さが4メートルと、“出雲大社”と並び国内最大級。

たくさんの見どころがありますが、中でも拝殿上にほどこされた彫刻は繊細なから厳かな雰囲気をかもしだし圧巻。大鳥居から本殿までの参道に建つそれぞれの門や建築物も見ごたえアリ!

<基本情報>
住所:静岡県三島市大宮町2-1−5
電話番号:055-975-0172
アクセス:JR三島駅から車で10分程この写真の記事を見る ≫

8.伊豆・村の駅

8.伊豆・村の駅
吉野 友梨

まるで玉子焼き?「タマゴヤーキ」を静岡・三島のTAMAGOYAで!by 吉野 友梨

地図を見る

食のテーマパークとばれている「伊豆・村の駅」。伊豆の新鮮な幸がいただける食事処や、お土産を買える専門店がいくつもあります。

中でもよく知られているのが“CAFE BRUNCH TAMAGOYA”。三島ブランド認定のたまご“日の出たまご”をふんだんに使ったメニューは魅力的!フワフワ感がたまらない“日の出プレミアムパンケーキ”や、きめ細やかな肉質で歯ごたえのある天城軍鶏がたまらない “天城軍鶏の親子丼”と、食欲をそそる品々が満載。

ほかにも、伊豆の特産物を使用したハンバーガーが人気の“THIS 伊豆 SHIITAKE バーガーキッチン”などがあり、何度おとずれても飽きないラインナップ!

<基本情報>
住所:静岡県三島市安久322−1
電話番号:0120-540-831
アクセス:JR三島駅から車で20分程

写真提供:TAMAGOYAこの写真の記事を見る ≫

9. PaRmoFuji(パルモフジ)

9. PaRmoFuji(パルモフジ)
大宮 つる

“マイPARM”を作れる!?静岡「PaRmoFuji」のアイスが話題by 大宮 つる

地図を見る

森永のアイスで人気の“PARM(パルム)”。そんなパルムを自分好みにデコレーションできるのが“PaRmoFuji(パルモフジ)”。

まずは、ベースとなるアイスを選び、次にコーティングするチョコレートの種類を選びます。ここでしか味わえない特別感を満喫できるのが、更にトッピングができるところ!アーモンドやチョコスプレーなど、トッピングの種類もおおく、自分だけのパルムを味わいましょう。

<基本情報>
住所:静岡県三島市大社町18−52
電話番号:055-972-1775
アクセス:JR三島駅三島駅から徒歩15分程この写真の記事を見る ≫

10.カフェ・バンマリ

10.カフェ・バンマリ
湯山 千里

体にも心にも優しい野菜だけの「カフェ・バンマリ」静岡・三島by 湯山 千里

心も体もほっこりする野菜料理専門店が「カフェ・バンマリ」。ひっそりとした場所に佇み、“欧風野菜料理”をいただくことができます。
ランチやディナーには、お得感あるコースメニューも魅力的。ベジタリアンやヴィーガン対応メニューもある本格派!

事前の予約でいただける、塩ケーキとよばれる惣菜パウンドケーキの“ケーク サレ プロヴァンサル”や、バターと季節の野菜をリッチに使った“キッシュ セゾン”など、お土産にもピッタリ。

<基本情報>
住所:静岡県三島市本町3−14 ビル101 KATO
電話番号:055-941-5022
アクセス:JR三島駅三島駅から徒歩9分程

写真提供:カフェ・バンマリこの写真の記事を見る ≫

三島を楽しみつくす!

魅力たっぷりの三島には、様々な観光スポットがあり、楽しみどころがたくさん。
「三嶋大社」を参拝したあとは「伊豆・村の駅」でグルメとショッピングなど、スポットの組み合わせ次第で幾通りもの観光プランができます。伊豆のグルメも外せないポイント。
子どもから大人まで楽しめる場所なので、ぜひ、足を運んでみてください!

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ