イタリア旅行を計画しよう!押さえておきたい10のこと

| 旅の専門家がお届けする観光情報

イタリア旅行を計画しよう!押さえておきたい10のこと

イタリア旅行を計画しよう!押さえておきたい10のこと

更新日:2018/12/03 12:50

LINEトラベルjp 編集部 新垣のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部 新垣

イタリアは、長い歴史と文化が息づく美しい国で、世界遺産の数も世界一。ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノ、など、人気の観光地が数え切れないほどあり、芸術、エンターテインメント、グルメも魅力的。

旅行インフルエンサー「LINEトラベルjp ナビゲーター」が取材したスポットのなかから、イタリア旅行に行くなら押さえておきたいおすすめ情報、計画に便利なポイントをお届けします。

1.イタリアってどんなところ

1.イタリアってどんなところ
阿部 美寿穂

観光の満足感が100倍に!ローマの絶景が楽しめるスポット5選by 阿部 美寿穂

地図を見る

イタリアは、南ヨーロッパの地中海に面するところに位置。イタリア半島とその北部、地中海に浮かぶシチリア島、サルデーニャ島などからなる国で、フランス、スイス、オーストリア、スロベニアと国境を接しています。国名は「イタリア共和国」、首都は「ローマ」。地中海気候に属し、温暖で過ごしやすく四季もあります。公用語はイタリア語で通貨はユーロ。

イタリアの観光地は、古代遺跡と近代的な姿が共存する首都のローマ、ルネサンス時代の建築物が残る古都フィレンツェ、水の都のヴェネツィア(ベネチア)、トレンド発信地でファッションの街ミラノなどが有名。また、地中海最大の島シチリアは美しい海と自然が魅力で活火山もあります。

日本との直行便がある空港は、首都ローマにあるフィウミチーノ空港(レオナルド・ダ・ヴィンチ空港)と北部ミラノのマルペンサ国際空港の2つ。2018年11月現在、イタリアのフラッグキャリア、アリタリア‐イタリア航空が成田空港との間で直行便を運航しています(ANAコードシェア便)。所要時間は約13時間。イタリアとの時差は−8時間(サマータイムは−7時間)。この写真の記事を見る ≫

2.イタリアのベストシーズンは?

2.イタリアのベストシーズンは?
ナカヤ アキ

イタリア・ローマで映画のヒロイン気分。「ローマの休日」の舞台を巡るホリデーby ナカヤ アキ

地図を見る

それでは、ここからはお役立ち情報をご紹介しますね。イタリアに旅行するならいつがベストシーズンなのでしょうか?

イタリアの気候は、日本と同じく四季の区別がはっきりしている地中海気候で、年間を通してのローマの気温は東京とほぼ同じ。また、縦に長い形をした地形の為、南北で気候の差は大きく、北部はアルプス山脈があるため夏はあまり暑くならず、冬は寒さが厳しいのが特徴。フィレンツェなどの盆地の街は、夏場は蒸し暑くなります。この写真の記事を見る ≫

2.イタリアのベストシーズンは?
中山 久美子

イタリア旅行、目的別のベストシーズン教えます!by 中山 久美子

地図を見る

春の訪れはミモザの花を見かけるようになる3月頃ですが、ローマの平均気温は11℃ぐらいとまだまだ寒く、4月に入ると徐々に暖かくなっていき復活祭(イースター)で街が賑わいます。5月〜6月には平均気温は20℃ぐらいまで上昇し、街歩きに適した過ごしやすい気候に。6月、7月は雨も少なく旅行にはベストシーズンと言えます。

7月に入ると日差しが強くなり、8月、9月には日中の気温は30℃近くになることもありますが、湿度が低くからっとしている為日本の夏よりは過ごしやすいのが特徴。この時期が最も観光客が多く、7月上旬から8月末までは夏のセールが行われるので、ショッピング目的ならこの時期を狙ってもいいですね。なお、イタリアは3月の最終日曜から10月の最終日曜まではサマータイム。電車やフライトの時間を間違えないようにしましょう。この写真の記事を見る ≫

2.イタリアのベストシーズンは?
渡部 洋一

ベネチアのおすすめ観光名所5選!イタリア屈指の世界遺産の魅力を堪能しよう!by 渡部 洋一

地図を見る

9月はまだまだ残暑が続きますが、朝晩は15℃ぐらいまで気温が下がり肌寒く感じられます。10月に入るとローマの平均気温15℃前後とだいぶしのぎやすくなってきます。秋は各地で収穫祭が行われ美味しいものが出揃うので、グルメ目的ならこの頃がベスト。世界的に有名なヴェネツィア国際映画祭も8月末から9月初旬にかけて開催。

11月は一年で最も雨が多い季節で、北部のミラノは最低気温が3℃にもなり日本の真冬のような気候に。12月に入るとトラモンターナという冷たい風が吹き、北部は雪が積もり厳しい寒さに。1〜2月が最も寒い時期ですが、地中海のシチリア島は2月でも最高気温が15℃と比較的暖かく、冬は南部中心に観光するのもいいでしょう。また冬は、クリスマス、ニューイヤー、エピファニアなどのイベントが続き、冬のセールも1月1週目の土曜日頃から2月中旬まで開催。イベントやお買い物目当てならこの頃がおすすめ。この写真の記事を見る ≫

3.イタリア旅行のルートは?

3.イタリア旅行のルートは?
大里 康正

ローマ観光で必見の世界遺産コロッセオ内部とライトアップby 大里 康正

地図を見る

イタリアの首都ローマから各地への移動手段は、高速鉄道やバスがメイン。北部のミラノへは日本からの直行便もあります。まずは何が見たいか? どこに行きたいか? を考えて効率よく観光できるルートを考えましょう。

人気の観光スポットが目白押しの首都ローマの観光。まず、イタリアの空の玄関口、フィウミチーノ空港(レオナルド・ダ・ヴィンチ空港)に着いたらローマ中心部のテルミニ駅までレオナルド・エクスプレスという鉄道で移動します。所要時間は約30分。

1日目は、人気観光スポットのコロッセオ、パラティーノの丘、フォロ・ロマーノ、真実の口、パンテオン、スペイン広場、トレビの泉などを徒歩や地下鉄を使って巡りましょう。そして2日目は、バチカン美術館、サンピエトロ大聖堂などがあるバチカン市国を観光。丸2日あれば主要な人気観光スポットはすべて観光できます。この写真の記事を見る ≫

3.イタリア旅行のルートは?
藤井 麻未

元添乗員直伝!とびきりフォトジェニックなヴェネツィアに出会う方法by 藤井 麻未

地図を見る

ローマに加えフィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノなどを周遊するなら、高速鉄道のユーロスターで。フィレンツェへは約1時間40分、ヴェネツィアへは約3時間48分、ミラノへは約3時間。ヴェネツィア、ミラノへは飛行機だと約1時間で到着します。まずは、訪れてみたい都市を決めて、地図を見ながら効率よく移動できるルートを考えましょう。

芸術の都フィレンツェは、旧市街に観光スポットが集まっています。サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオモ)、ウッフィツィ美術館、ヴェッキオ橋などを1日かけて巡り、最後にミケランジェロ広場からの絶景を楽しみましょう。

水の都ヴェネツィア(ベネチア)は、サン・マルコ寺院があるサン・マルコ広場から観光スタート。ランチには名物のシーフードをいただいて、水上バスでブラーノ島へ。40分ほどでカラフルでフォトジェニックなかわいい島に到着。そして夕方は憧れのゴンドラで水路巡り。ゴンドラに乗るなら幻想的で美しい夕暮れ時がおすすめです。この写真の記事を見る ≫

3.イタリア旅行のルートは?
Etsuko Ciao

初めてのミラノ旅!王道観光スポットを巡る1日モデルコースby Etsuko Ciao

地図を見る

最先端ファッションの発信地でもあるミラノは、ローマとは632km離れた北部にあります。ミラノ〜ローマ間をノンストップで結ぶ高速鉄道ユーロスターのアルタ・ヴェロチタ・ファストなら約3時間で到着。できるだけ朝早い便に乗車し、午前中に世界最大級のゴシック建築ドゥオーモとガレリアを見学。午後は、スフォルツェスコ城を観光して、ブランド店が並ぶモンテナポレオーネ通りでショッピング。朝早く到着すれば、丸1日で観光できますよ。

イタリアでリゾート気分を楽しみたいなら、イタリアきっての高級リゾート地、地中海に浮かぶシチリア島へ。ローマからは、島内にあるパレルモ・ファルコーネ・ボルセリーノ空港、カターニャ・フォンタナロッサ空港行きの飛行機で約1時間。シチリア島ではリゾートムード溢れるタオルミーナの街やバロック様式の建物が多く残る世界遺産の街カターニアへ。主要スポットだけなら1日あれば観光できますが、リゾート地なのでできれば2泊してゆっくり楽しんでもいいでしょう。この写真の記事を見る ≫

4.イタリア旅行は何泊する?

4.イタリア旅行は何泊する?
二宮 うらら

ミケランジェロも称賛!ローマ観光では古代ローマの建築「パンテオン」を見逃すなby 二宮 うらら

地図を見る

■ローマ…2〜3泊
首都ローマの観光は、バチカン市国も含めて丸2日はみておいたほうがいいので最低2泊は必要。日本からのフライト時間は約13時間。1日目の夜に到着する便なら3泊となります。航空便の到着時間、出発時間によって滞在時間、宿泊日数が変わってきます。ゆっくり楽しみたいなら、行きは朝に到着する便を利用しましょう。この写真の記事を見る ≫

4.イタリア旅行は何泊する?
渡部 洋一

ガリレオの伝説を追え!世界遺産、ピサの斜塔と1つのランプby 渡部 洋一

地図を見る

■ローマ+フィレンツェ・ヴェネツィア・ミラノなど2都市周遊…3〜4泊
ローマに他の都市を加えて2都市を周遊するなら、3泊から4泊は必要。ミラノは成田からの直行便もありますが、他の都市はローマから高速鉄道か飛行機乗り継ぎとなりますので、移動時間を考慮して何泊するか決めましょう。ちなみに、有名なピサの斜塔はフィレンツェから鉄道で約1時間。観光時間等も入れると3時間は必要ですので、ピサの斜塔目当ての方はフィレンツェに2泊するなど余裕をもったスケジュールで。

■ローマ+3都市以上周遊…5〜8泊
ローマに加え、フィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノ、ナポリ、ピサ、アルベロベッロ、アマルフィ、シチリア島などローマ以外の観光スポットを3ヶ所以上観光するなら、5泊以上は必要。航空便の到着時間や周遊する場所の数によっては6〜8泊で。この写真の記事を見る ≫

4.イタリア旅行は何泊する?
中山 久美子

フィレンツェの観光スポットを1日で周る!王道1日モデルコースby 中山 久美子

地図を見る

■ミラノ…3泊
ミラノだけを観光するなら、成田発のアリタリア‐イタリア航空の直行便が便利。ミラノ・マルペンサ空港には18時頃に到着(2018年11月現在)、出発が15時頃となるので、丸2日ミラノを観光するとして最低3泊は必要です。

■フィレンツェ・ヴェネツィアなど1都市…2〜3泊
日本からの直行便がない都市を1都市観光するなら、ローマ到着後に国内線に乗り継ぐか、高速鉄道で移動。朝に到着する便ならすぐ移動し、午後に観光して現地に2泊でも大丈夫ですが、ゆっくり観光したいなら3泊は必要。また、中東系の航空会社を利用してドーハで乗り継ぐという手も。カタール航空ならヴェネツィア、ピサ行き、エミレーツ航空ならヴェネツィア、ボローニャ、ミラノ行きの便が出ています。この写真の記事を見る ≫

5.イタリアでどこに泊まる?

5.イタリアでどこに泊まる?
阿部 美寿穂

窓から遺跡が!ローマ中心部で観光に最強なコルベホテルローマby 阿部 美寿穂

地図を見る

ローマに泊まるなら、空港から直通でイタリア各地と鉄道路線で結ばれているテルミニ駅周辺、トレビの泉やパンテオンなども徒歩圏で、繁華街コンドッティ通りにも近いスペイン広場周辺、5つ星ホテルが集中しているナヴォーナ広場周辺がおすすめ。

また、歴史的な遺産が数多くあるローマの街は、お部屋から美しい遺跡を眺められるホテルも人気です。4つ星ホテルの「コルベ ホテル ローマ」は、パラティーノの丘の遺跡を眺められるお部屋があり、素晴らしいパノラマが楽しめます。主要な観光スポットを日本語ガイド付きで廻ることができるサービスがあるのもいいですね。この写真の記事を見る ≫

5.イタリアでどこに泊まる?
花村 桂子

クーポラビューのテラス席で最高の朝食を!フィレンツェ「ホテル ローラス アル デ…by 花村 桂子

地図を見る

フィレンツェというと、大聖堂ドゥオモの八角形のクーポラが有名。そのクーポラが目の前に広がるテラスの特等席で朝食を楽しめるのが「ホテル ローラス アル デュオモ」。フル・ブレックファーストのブッフェスタイルで、イタリアの美味しいハムやチーズ、あたたかいベーコン、卵料理などを絶景の中でいただけます。

トスカーナ地方名産オリーブオイルから作られた、香り豊かなアメニティ・グッズのIdea Toscana(イデア・トスカーナ)を楽しめるのも魅力。ドゥオモ広場から徒歩1分、旧市街の中心に位置する抜群のロケーション。夜中11時でも観光客が歩いている治安のよさも安心です。この写真の記事を見る ≫

5.イタリアでどこに泊まる?
橘 凛

ミラノ貴族の豪華な元邸宅に泊まる!『カンペリオ・ハウス』by 橘 凛

地図を見る

ミラノは、イタリア貴族の元邸宅が多く残るシックな街。現在では、そんな邸宅がホテルやアパートメントに変貌し人気を博しています。「カンペリオ・ハウス スイーツ」もその一つ。元々は修道院で、貴族一家によって代々大切に使用されてきた由緒ある建物がホテルになっています。

外側からは見えない中庭が広がり、今も貴族の邸宅を訪問しているかのような感覚が味わえるのが魅力。また、一部屋ごとに内装やインテリアが変わり、イタリアならではのセンスを感じさせてくれます。市内中心地にあり、ドゥオモからもスフォルツェスコ城からもすぐの便利な立地。この写真の記事を見る ≫

6.イタリアでは映画の舞台を巡ろう

6.イタリアでは映画の舞台を巡ろう
ナカヤ アキ

イタリア・ローマで映画のヒロイン気分。「ローマの休日」の舞台を巡るホリデーby ナカヤ アキ

地図を見る

イタリアは、有名な映画の舞台になったところが多く、映画好きな方にもおすすめの観光地です。主人公になった気分で、映画のワンシーンを思い浮かべながらロケ地巡りの旅はいかがでしょう。

ローマは、オードリー・ヘップバーンの代表作『ローマの休日』の舞台でロケ地があちこちに。真実の口、スペイン階段、サン・ピエトロ広場、サンタンジェロ城、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂などは定番の観光名所でもあります。特に、オードリー演じるアン女王がスペイン階段でジェラートを食べるシーンは有名ですが、ジェラートをスペイン階段で食べることは法律で禁止されていますので、ご注意を。この写真の記事を見る ≫

6.イタリアでは映画の舞台を巡ろう
藤谷 愛

伊・フィレンツェ「ヴェッキオ宮殿」で映画『インフェルノ』を体感できるスポット4選by 藤谷 愛

地図を見る

イタリアの世界遺産、フィレンツェ歴史地区にあるヴェッキオ宮殿は、映画『インフェルノ』のロケ地で、『インフェルノ』以前にも多くの映画で登場。ルネッサンスの芸術溢れる内装で、ミステリアス且つ画になる宮殿は、フィレンツェで必見の観光スポット。展望台になっている塔からは、バディア・フィオレンティーナ教会、サンタ・マリア・デル・フィオーレや、ピッティ宮殿など、『インフェルノ』に登場するスポットが一望できます。

フィレンツェにはこの他に、映画『冷静と情熱のあいだ』に登場のドゥオモのクーポラ、映画『ハンニバル』に登場のシニョリーア広場などもありますよ。この写真の記事を見る ≫

6.イタリアでは映画の舞台を巡ろう
大里 康正

ポジターノを通り世界一美しいアマルフィ海岸へ!絶景が続く世界遺産巡りby 大里 康正

地図を見る

イタリアには日本映画のロケ地も。織田裕二、天海祐希主演の映画『アマルフィ 女神の報酬』公開以来、日本人観光客が増えているのが、ユネスコの世界文化遺産に登録されているアマルフィ海岸。映画のなかでも美しい海岸のシーンが何度か登場しました。

アマルフィには海岸以外にも、見どころがたくさん。海の門をくぐったところにあるドゥオモ広場には、威風堂々とした石造りの大階段があり、その上にはモザイク模様の壁やアーチが美しいアマルフィ大聖堂があります。アクセスはバスでナポリから約2時間。映画好きでなくても、ぜひ訪れてみたい人気の観光スポットです。この写真の記事を見る ≫

7.イタリアで体験できるアクティビティは?

7.イタリアで体験できるアクティビティは?
橘 凛

最高にロマンチック♪夜のベネチアとっておきの過ごし方4選by 橘 凛

地図を見る

イタリアには様々なアクティビティが揃っています。中でも人気があるのがヴェネツィアのゴンドラ、カプリ島の青の洞窟、ポンペイ遺跡。どれも現地発のオプショナルツアーだと、時間も節約できて効率的に観光できます。

ヴェネツィアの名物といえば「ゴンドラ」。日中の明るい陽射しを受けて水面がきらきらと輝く様子が見られるゴンドラも良いですが、一番のおすすめは、カナル・グランデ(大運河)がだんだん薄いピンク色に染まっていくサンセットタイム。現地発のゴンドラクルーズなら、夜のディナー付きプランやロマンチックなセレナーデ生演奏付きプランもありますよ。この写真の記事を見る ≫

7.イタリアで体験できるアクティビティは?
大川原 明

この世の楽園!イタリア・カプリ島「青の洞窟」は大感動間違いなしby 大川原 明

地図を見る

イタリア南部ナポリから近いカプリ島は、神秘的な雰囲気漂う「青の洞窟」がある事で有名なリゾート地。世界各地から「青の洞窟」目当てに、多くの人々がカプリ島にやってきます。ベストシーズンは、洞窟入場の確率が高まる5〜8月。

ローマからは、ナポリまで約70分かけて高速鉄道ユーロスターで移動、その後、モロ・ベヴェレッロ港かメルジェッリーナ港から高速船に乗船してカプリ島へ。さらに小型ボートに乗り込み「青の洞窟」へ。乗り継ぎが多く結構大変ですが、現地発のオプショナルツアーなら日本語ガイド付きで無駄なく効率的に観光できます。この写真の記事を見る ≫

7.イタリアで体験できるアクティビティは?
Hiroko Oji

2000年前にタイムスリップ!南イタリア「ポンペイ遺跡」by Hiroko Oji

地図を見る

ヴェスヴィオ火山噴火により2000年以上も前に栄えた町が一夜にして火山灰の下に埋もれてしまった世界遺産の「ポンペイ」。近くのエルコラーノ遺跡の発掘に続き1748年に再発見され、その広大な町の遺跡内を歩き回ることができるように整備。計画的に設計された都市の様子をタイムスリップした気分で見学できます。

ローマからポンペイへは、ナポリを経由して鉄道を乗り継いで行くことになりますが、ポンペイ遺跡周辺には3つの駅があり、初めて訪れる観光客は戸惑うことも。現地発のオプショナルツアーであればバス一本で行くことができ安心。ご当地ランチ付きのツアーもあります。この写真の記事を見る ≫

8.イタリアで食べたいグルメ

8.イタリアで食べたいグルメ
Etsuko Ciao

テルミニ駅近!人気の「トラットリア・デローモ」でローマ名物“カチョ・エ・ペペ”by Etsuko Ciao

地図を見る

イタリアはグルメの宝庫。日本でもお馴染みのイタリア料理と言えば、ピザ(ピッツァ)、パスタが有名ですが、他にも本場でしか食べられない美味しいグルメがたくさん。本場のイタリアグルメを食べ尽くしましょう。

まずはなんと言っても「パスタ」は外せません。ローマのテルミニ駅から徒歩2分の便利なところにあるトラットリア・デローモは地元客にも旅行者にも大人気のイタリアンレストラン。カルボナーラがローマ名物として知られていますが、カチョ・エ・ペペもおすすめの名物パスタ。チーズと胡椒だけのシンプルパスタで素朴な味わいが◎。店内には日本の国旗が飾られ、日本語表記付メニューも用意されています。この写真の記事を見る ≫

8.イタリアで食べたいグルメ

コロッセオを一望!ローマで1番贅沢なレストラン「アローマ」

地図を見る

イタリア伝統料理の「ミラノ風リゾット」もイタリアに来たら食べる機会が多いポピュラーなメニュー。いろんなお店で出されていますが、ローマのコロッセオ駅から徒歩約5分のところにあるアローマのリゾットは、チーズの風味が豊かで日本人でも食べやすい食感。上に乗っているお肉もとてもジューシーで食べごたえがあります。

アローマは、ホテルパラッツォ マンフレディの最上階にあり、人気観光スポットのコロッセオをテラスから見下ろしながら一流のイタリアンを味わえるお店。可愛らしい盛り付けのデザートも充実していますよ。この写真の記事を見る ≫

8.イタリアで食べたいグルメ
さとう みゃーお

美味しすぎる!本場イタリア・ローマのジェラートおすすめ3店by さとう みゃーお

地図を見る

イタリアの名物スイーツと言えば「ジェラート」。世界中で食べることができますが、本場イタリアのジェラートの名店で頂く味は格別。全く違う食べ物と言っても過言ではないほど美味しいんです。

数多くあるイタリアンジェラートのお店の中でも、ローマにある超有名店ジョリッティは、1900年に創業の老舗ジェラート店。ここでのおすすめはピスタチオ。濃厚ですが甘すぎず、これぞ本場のジェラートと言えるような代表的なフレーバー。他に、ロレンゾ広場にあるチャンピー二、サン・ピエトロ大聖堂をバチカン美術館方面へ歩いていくとあるジェラテリア オールドブリッジもおすすめ。この写真の記事を見る ≫

9.イタリアで買いたいお土産

9.イタリアで買いたいお土産
Etsuko Ciao

世界1位!トスカーナ州「イル・フィオリーノ」はペコリーノチーズ界の王者by Etsuko Ciao

地図を見る

旅行計画を立てるときには、お土産のチェックも忘れずに。街歩きのスケジュールに中には、有名なお土産のお店も入れておきましょう。

イタリアのお土産と言うと、チョコレート、イタリア伝統菓子のドラジェ、パスタ、パスタソース、チーズ、パルマハム、ドライトマト、オリーブオイル、バルサミコ酢、イタリアンワイン、ヴェネツィアンガラスなどが定番。これらは空港をはじめ様々なお店で購入できますが、ここでは現地でしか買えない本場ならではのお土産をご紹介。

まず、美しい自然とワインやチーズの生産地としても有名なトスカーナ州を訪れたら、マレンマ地方にあるチーズ工場イル・フィオリーノへ。多くの賞を受賞しているチーズ界の王者です。ここで作られている羊乳が原料の「ペコリーノチーズ」は40種類。一番のおすすめはリセルヴァ。口の中でほんのりとしたミルク感と塩味が味わい深さを引き立たせる絶品のチーズです。この写真の記事を見る ≫

9.イタリアで買いたいお土産
Etsuko Ciao

ミラノで買いたいお土産!喜ばれる老舗菓子3選by Etsuko Ciao

地図を見る

ミラノを訪れたら外せないのが、ジョバンニ・ガッリの人気菓子「マロン・グラッセ」。ジョバンニ・ガッリを代表するシンボル的なお菓子で、大きさが1粒4cm程で非常に大粒。カンパーニャ州モンテッラ産の良質なマローネ(栗)を使用しています。

濃厚な味わいなのにお酒が一切使用されておらず、砂糖とバニラのみのシロップには、合成保存料も使われていません。そのクオリティの高さから、1942年にサヴォイア王室御用達の称号である上皇資格認定書が授与されました。他には、コ―ヴァのチョコレート菓子ジャンドゥーヤ、マルケージの菓子類なども有名で、実店舗はミラノにしかありません。この写真の記事を見る ≫

9.イタリアで買いたいお土産
橘 凛

イタリアンスピリット溢れる☆おしゃれなイタリアみやげ5選by 橘 凛

紙製品もイタリアの特産物。雑貨店やデパートでは、靴やバッグなどのユニークな柄や愛らしい模様のメモパッドやカードセットを見つけることができます。どれもデザインが光っていて、ついついたくさん欲しくなるものばかり。

中でもフィレンツェでしか買えないサルヴァトーレ・フェラガモ本店の限定グッズは、フェラガモの代名詞である靴が一面に描かれたロマンチックなデザインでセンス抜群。女性にプレゼントすればきっと喜ばれることでしょう。この写真の記事を見る ≫

10.イタリア旅行のツアーはどう選ぶ?

10.イタリア旅行のツアーはどう選ぶ?
平川 郁世

ローマは1日でこれだけ回れる!初心者におすすめの1日王道モデルコースby 平川 郁世

地図を見る

イタリアへの旅行は、飛行機とホテルを別々で手配すると割高になるため、航空機と宿泊がセットになったパッケージツアーがおすすめです。

■条件
日程:2019年2月1日出発/2月5日帰着(3泊5日)
交通:成田空港出発 フィウミチーノ空港到着
   往復 エコノミークラス利用 直行便
宿泊:ホテル ミラニ(ツイン・朝食付き)
※2018年11月28日 LINEトラベルjpで検索時の最安値から算出

<ツアー>101,000円
<別手配>145,926円

なんとツアーが44,926円も安くなりました!
(別手配の航空券は割引料金を利用した場合。)

訪れたいスポットが具体的に決まっている場合は、入場料や移動費が含まれる観光付きツアーを選ぶとお得になることも。添乗員同行ツアーは、各旅行会社が見どころを効率よく回る行程を組んでいるので、旅慣れない方やどこを観光すれば良いか悩んでいる方におすすめです。

※パッケージツアーは飛行機の時間帯やホテルグレードで金額が変わり、利用便が自由に選べない、変更ができないなど制限のあることが多いため、内容を確認して選びましょう。この写真の記事を見る ≫

次のお休みはイタリア旅行へ

イタリアは、世界遺産や風光明媚な観光スポットが多く、リピーターの観光客が多いのも特徴。何度訪れても飽き足らない魅力満載の国です。イタリアを思う存分満喫する為にも、是非この記事を参考に、旅行計画を立ててみて下さいね。

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ