金沢一人旅1泊2日モデルコース!風情ある街並みを楽しもう

| 旅の専門家がお届けする観光情報

金沢一人旅1泊2日モデルコース!風情ある街並みを楽しもう

金沢一人旅1泊2日モデルコース!風情ある街並みを楽しもう

更新日:2018/11/29 16:42

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

金沢は、加賀百万石や小京都などと親しみを込めて呼ばれています。それは江戸時代からこの地を治めていた前田家が加賀漆器や、加賀友禅など工芸を推奨し、茶道文化が生んだ和菓子を育て、食文化を支えた加賀野菜などを保護したからです。他にも「兼六園」や「ひがし茶屋街」などが現代に文化の影響を色濃く残します。LINE トラベル jp ナビゲーターが現地徹底取材した、金沢一人旅におすすめのスポットをご紹介します。

1日目午前:日本三大名園のひとつ「兼六園」

1日目午前:日本三大名園のひとつ「兼六園」
藤田 聡

兼六園の紅葉ライトアップは入園無料!金沢城公園も同時開催by 藤田 聡

地図を見る

金沢といえば、1番に名前が挙がるのが兼六園と言われるほど、金沢観光地の代名詞。水戸の偕楽園、岡山の後楽園、そしてここ金沢の「兼六園」は日本三大名園と称されています。

なんと言ってもその魅力は、広大な敷地内で四季折々に変化するに花や緑の美しさ。旅行ガイドミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでも三ツ星に選ばれ大絶賛されています。ぜひ足を運んでみてください。

<兼六園の基本情報>
住所:石川県金沢市丸の内1-1
電話:076-234-3800
アクセス:バス停兼六園下から徒歩約3分
開園時間:3月1日〜10月15日  7:00〜18:00
     10月16日〜2月末日 8:00〜17:00
休園日:年中無休この写真の記事を見る ≫

1日目午後:伝統工芸に触れることのできる「石川県立伝統産業工芸館」

1日目午後:伝統工芸に触れることのできる「石川県立伝統産業工芸館」
島塚 渓

お土産にも最適!石川県の伝統産業を学んで、買える、ミュージアムby 島塚 渓

地図を見る

石川県を代表する工芸品の展示・販売を行っている少し珍しいタイプのミュージアムです。1階がミュージアムショップ、2階が展示室となっていて、元々は石川県立美術館だった建物なこともあり、吹き抜けのある明るくオシャレな内装となっています。

実演・体験をするプログラムもあり、作った作品は持ち帰ることができるので旅行の思い出にもなりますよ。開催日や時間は不定期で、事前予約が必要なこともあるので前もってチェックすることをおすすめします。

<石川県立伝統産業工芸館の基本情報>
住所:金沢市兼六町1-1
電話:076-262-2020
アクセス:バス停出羽町から徒歩約1分
開館時間:9:00〜17:00
休館日:4月〜11月 毎月第3木曜日
    12月〜3月 毎週木曜日及び年末・年始この写真の記事を見る ≫

1日目夕食:1年中あったかいおでんが食べられる「おでん居酒屋 三幸」

1日目夕食:1年中あったかいおでんが食べられる「おでん居酒屋 三幸」
Mayumi T

“カニ面”は期間限定!ハフハフ美味しい「金沢おでん」5店by Mayumi T

地図を見る

毎日予約でいっぱいになるほどの盛況ぶりをみせるのが「おでん居酒屋 三幸(みゆき)」です。金沢はおでんが人気の地域で、1年中おでんを出しているお店が非常に多く、一般のご家庭でもよく食べられているそうです。

おでんの具は、金沢ではポピュラーな「お麸」が人気。他にもおばんざいや、地酒も味わえ、店内は昭和的でなんだか懐かしく落ち着く雰囲気なこともあり、まるで家で寛いでいるかのようにリラックスできそうです。

<おでん居酒屋 三幸の基本情報>
住所:石川県金沢市片町1-10-3
電話:076-222-6117
アクセス:バス停片町中央通りから徒歩約4分。
営業時間:17:00〜24:00
定休日:日曜、祝日この写真の記事を見る ≫

2日目午前:「泉鏡花記念館」で近代作家・泉鏡花について考える

2日目午前:「泉鏡花記念館」で近代作家・泉鏡花について考える
新 直子

文学の街・金沢。主計町茶屋街を歩いて「泉鏡花記念館」へby 新 直子

地図を見る

明治、大正、昭和の作家・泉鏡花(いずみきょうか)の生まれた家の跡(生家は火災で焼失)に建つ木造二階建ての建物を改修した記念館です。

ここでは泉鏡花の生涯や、独特な美意識を知ることができる展示があったり、実生活で使用された小物、初版本などが展示されています。その他、作家や俳優の方が泉鏡花について語ってくれているインタビュー「鏡花の魅力」、アニメーション「絵本 化鳥」などで、泉鏡花の作品を知ることができます。

<泉鏡花記念館の基本情報>
住所:石川県金沢市下新町2-3
電話:076-222-1025
アクセス:バス停橋場町約2分
営業時間:9:30〜17:00
定休日:年末年始(12月29日〜1月3日)この写真の記事を見る ≫

2日目午後:情緒ある古い町並みをショッピングできる「ひがし茶屋街」

2日目午後:情緒ある古い町並みをショッピングできる「ひがし茶屋街」
きんぎょ 美歩

観る・食べる・感じる!どう歩く?金沢の3つの茶屋街by きんぎょ 美歩

地図を見る

古い街並みと美しい出格子と石畳の続く道が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、金沢を代表する観光地のひとつ「ひがし茶屋街」です。

和菓子、伝統工芸品、和雑貨などを扱うお店やカフェが充実。そんな風情ある街並みの中でショッピングや食事を楽しむことができます。趣ある町家作りの風景には和装がぴったり。着物のレンタルをしているお店もたくさんあるので、和装で街歩きを楽しむのも素敵な思い出になりそうです。

<ひがし茶屋街の基本情報>
電話:076-232-5555(金沢市観光協会)
アクセス:バス停橋場町から徒歩約3分この写真の記事を見る ≫

2日目午後:新鮮な湧水で作った和風スイーツが味わえる「東山 矢の根川」

2日目午後:新鮮な湧水で作った和風スイーツが味わえる「東山 矢の根川」
Mayumi T

義経と弁慶ゆかりの伏流水を満喫!金沢「東山 矢の根川」by Mayumi T

地図を見る

ギャラリーショップを併設し和風スイーツを販売、金箔でくるんだ団子が評判になり人気に火がついた甘味処「東山 矢の根川」です。矢の根川の水を使ったドリンクや季節の和菓子などがイートインスペースで味わえますので、ちょっと一休みしたいときなどにぜひご利用ください。

他にも、湧き水で占うガチャガチャタイプのおみくじや、ギャラリーショップでは九谷焼若手作家の作品などをセレクトしており、見て食べて楽しめるお店になっています。

<東山 矢の根川の基本情報>
住所: 金沢市東山1丁目31-15
電話:076-255-0086
アクセス:バス停橋場町から徒歩約6分
営業時間:11:00〜17:00
定休日:火曜・水曜この写真の記事を見る ≫

2日目夕方:可愛いお土産なら「加藤晧陽堂 麸焼き煎餅『園の四季』」

2日目夕方:可愛いお土産なら「加藤晧陽堂 麸焼き煎餅『園の四季』」
東郷 カオル

金沢土産の最新事情。金沢駅「あんと」で買える人気の金沢お土産by 東郷 カオル

地図を見る

古くから茶の湯文化が栄えた土地でもある金沢では和菓子作りがさかんで、長く受け継がれる職人技が極める味や、四季折々の風情を感じさせる美しい和菓子がたくさんあります。

その中でも、加藤晧陽堂(かとうこうようどう)の麸焼き煎餅『園の四季』は金沢の有名所を図案化し、サクサクとした軽い口当たりの麸煎餅に、甘い砂糖で絵が描かれたお菓子は優しい味わい。しかもこんなに綺麗だと食べるのがもったいないですね。女性やお子さんにも喜ばれる、金沢ならではの和菓子をお土産にいかがでしょうか。

<あんと内加藤晧陽堂の基本情報>
住所:金沢市木ノ新保町1-1「あんと」内
電話:076-260-3769
アクセス:JR金沢駅構内すぐ
営業時間:8:30〜20:00この写真の記事を見る ≫

金沢一人旅1泊2日モデルコースはここでキマリ!

「兼六園」も「ひがし茶屋町」もどこかしっとりとした風情があり、そんな慎ましやかなところが金沢のよいところのひとつとも言えます。綺麗な風景を見て、金沢の生んだ作家を知り、昔ながらの居酒屋でのんびりおでんをつつきながら地酒を飲んだりする。そんな文化的で大人な金沢一人旅のモデルコースはいかがでしょうか。

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ