カニの季節がやってきた!おすすめカニ情報エリア別まとめ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カニの季節がやってきた!おすすめカニ情報エリア別まとめ

カニの季節がやってきた!おすすめカニ情報エリア別まとめ

更新日:2018/12/10 11:53

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

日本海の冬の味覚の代表、カニ。毎年11月上旬にズワイガニ漁が解禁され、翌年3月までカニのベストシーズンを迎えます。

この時期の日本海側の魚市場はカニでいっぱい!旬のカニ食べ放題のある日帰りツアー、カニを満喫できる宿泊プランも登場します。松葉ガニや越前ガニといったブランド蟹を楽しめるツアーもありますよ。

日本海側のエリアを中心に、カニの名産地別おすすめ情報をご案内します。

    旬のカニ、どうやって楽しむ?

    旬のカニ、どうやって楽しむ?
    泉 よしか

    バイキングにカニがドーン!あわら温泉「清風荘」は家族旅行にもby 泉 よしか

    11月〜3月がカニのベストシーズン。冬を代表する味覚の1つであることから、カニを目当てに冬の旅行を企画する人も多いはず。旅行先でカニを楽しむには以下の3つの方法があります。

    1.日帰りツアー
    西日本を中心に各旅行会社がカニを楽しむ日帰りツアーを一斉に発売します。その規模は旅行会社の店頭や駅構内がカニが表紙の旅行パンフレットで真っ赤に染まってしまうほど。ツアーのほとんどがカニ食べ放題やカニをメインに味わう豪華な昼食と温泉や観光がセットになっています。気軽にカニを満喫したい方におすすめです。

    2.宿泊プラン
    カニの産地である日本海側にはあわら温泉、城崎温泉、香住温泉など名湯も多数。カニを満喫できるお食事が用意された宿泊プランも多数登場します。カニの産地は冬の寒さが厳しい地域が多く、昼間の観光ですっかり冷えてしまうことも。ゆっくり温泉に浸かって温まりましょう。

    3.直接魚市場へGO!
    もちろん各名産地の魚市場へ行くのものおすすめ。産地ならではの新鮮なカニをその場で食べたり、お土産として購入したりできますよ。この写真の記事を見る ≫

    旬のカニ、どうやって楽しむ?
    Happy ブンブン

    デザイナーズ旅館で越前がに!福井「うおたけ 新館」で贅沢の極みを味わうby Happy ブンブン

    地図を見る

    また厳しい条件を満たしたズワイガニは「ブランド蟹」として認定されます。例えば山陰地方、京都の「松葉ガニ」、福井県の「越前ガニ」など。特に松葉ガニは産地や港によって「間人(たいざ)ガニ」「津居山ガニ」「柴山ガニ」「香住ガニ」のように細かくブランドとタグが付けられています。

    ブランド蟹のタグがついたカニは大人気!特に間人ガニは希少価値が高いことから「幻のカニ」とも呼ばれています。この写真の記事を見る ≫

    松葉ガニ×兵庫県、京都府、鳥取県ほか

    松葉ガニ×兵庫県、京都府、鳥取県ほか
    SHIZUKO

    カニの王者・松葉ガニだけを目いっぱい食べに兵庫・香住温泉へby SHIZUKO

    地図を見る

    カニの中でも特に人気の高いズワイガニ。特に京都・兵庫といった山陰地方で水揚げされるズワイガニは「松葉ガニ」と呼ばれ高い人気を誇ります。

    兵庫県の城崎温泉はカニの水揚げ漁港に近く温泉街が充実していることから、カニと温泉を楽しむ日帰りツアーが多数発売されています。また香住温泉の「旅籠さどや」はカニすき発祥の地として知られ、かに三昧の夕食をいただくことができます。この写真の記事を見る ≫

    松葉ガニ×兵庫県、京都府、鳥取県ほか
    SHIZUKO

    ちょっと贅沢に蟹三昧〜夕日ヶ浦温泉郷でカニを食べつくすby SHIZUKO

    地図を見る

    夕日ヶ浦温泉郷にはちょっと足が欠けているなど、何らかの理由でブランド蟹としてのタグはつけられないものの、その分水揚げされたばかりの活け地ガニを安く食べさせてくれる旅館が多数あります。お腹に入ってしまえば見た目は関係ナシ!新鮮なカニをお得にいただくチャンスです。この写真の記事を見る ≫

    加能ガニ、香箱ガニ×石川県

    加能ガニ、香箱ガニ×石川県
    Mayumi T

    冬の金沢グルメ!「加能ガニ」大満喫スポット5選by Mayumi T

    石川県内で水揚げされるズワイガニは「加能ガニ」と呼ばれており、気軽に入れる回転寿司から、温泉旅館でいただく豪華なお食事まで加能ガニが登場します。おすすめは加賀野菜や日本海の魚介類が豊富に入った「金沢おでん」のメニューのひとつ「カニ面」。ズワイガニの雌「香箱(こうばこ)ガニ」のカニの身、内子、外子などを甲羅からいったん外し、さらに甲羅に詰めたものを蒸しあげて、おでんの出し汁で煮ています。

    金沢の台所と呼ばれる「近江町市場」ではカニがたくさん入った海鮮丼を食べたり、お土産用のカニを購入したりすることができます。金沢を訪れたらぜひ寄ってみましょう。この写真の記事を見る ≫

      越前ガニ×福井県

      越前ガニ×福井県
      Mayumi T

      最上級ブランド「極」も!福井で「越前ガニ」を満喫しようby Mayumi T

      福井県もズワイガニの名産地。特に三国港、越前港、敦賀港、小浜港で水揚げされるズワイガニは「越前ガニ」と呼ばれています。中でもさらに厳しい審査を通った越前ガニは最高級ブランドの「極(きわみ)」に認定されています。
      写真提供:福井県観光連盟この写真の記事を見る ≫

      越前ガニ×福井県
      Shinkurou

      敦賀に来たら外せない日本海最大級の海鮮市場「日本海さかな街」by Shinkurou

      「極」は超高級品なのでリーズナブルに、とはいきませんが、福井県にはおいしい旬の越前ガニをいただけるお食事処や旅館が多数。観光名所である東尋坊やあわら温泉でもカニを楽しめます。北陸最大級の海鮮市場「日本海さかな街(まち)」へ足を延ばすのもよいでしょう。ここではとてもリーズナブルに新鮮な魚介類を満喫できます。カニ好きの方におすすめしたいのが「味世司(あじよし)」の漁火丼。カニ味噌の風味を満喫できるおすすめの一品です。この写真の記事を見る ≫

      紅ズワイガニ×富山県、新潟県

      紅ズワイガニ×富山県、新潟県
      藤谷 ぽきお

      紅ズワイガニの旬は9〜12月!富山「新湊きっときと市場」by 藤谷 ぽきお

      紅ズワイガニは富山県、新潟県を中心に水揚げされるカニ。甘みが強く茹でる前から赤いことからこの名前が付きました。富山湾の味覚の女王とも呼ばれています。通常のズワイガニに比べて旬が異なり、9〜12月がベストシーズンとなります。

      富山県射水市にある新湊フィッシャーマンズワーフ「新湊きっときと市場」は、白エビをはじめ、紅ズワイガニ、ほたるいか、ブリなど新湊漁港で獲れた海の幸が豊富に提供される海鮮市場。買ったズワイガニをその場でいただくこともできますよ。この写真の記事を見る ≫

      紅ズワイガニ×富山県、新潟県
      羽生 環

      名物・紅ズワイカニの食べ比べも!新潟県「マリンドーム能生」by 羽生 環

      地図を見る

      新潟県にある「道の駅マリンドーム能生」は日本海に面し、能生漁港に近く獲れたてのカニをすぐに水揚げできることから、新鮮な紅ズワイカニを味わうことができます。

      かにや横丁と名付けられたカニの直売所が軒を連ねるエリアでは「おまけ合戦」が繰り広げられています。船主の家族が直売所を運営していることもあり、気前よくおまけの紅ズイワイカニがどんどん追加されていくことも。お得に紅ズワイカニをゲットしましょう。この写真の記事を見る ≫

      旅行先でカニを満喫しよう!

      松葉ガニ、越前ガニを始めとするカニの名産地周辺には、有名温泉地や観光スポットが多数。兼六園の雪吊りなど冬にしか見られない光景もありますよ。旬のグルメはもちろん、冬の観光も楽しんでくださいね。

      掲載情報は2018年12月時点のものとなります。詳しくは旅行会社、宿泊施設、観光スポットへ直接お問い合わせください。

        - PR -

        条件を指定して検索

        LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

        - PR -

        旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
        この記事に関するお問い合わせ