世界屈指の高級リゾート地!モナコの満喫観光スポット10選

世界屈指の高級リゾート地!モナコの満喫観光スポット10選

更新日:2018/12/17 20:07

Akiko Nilsenのプロフィール写真 Akiko Nilsen 世界遺産検定2級

地中海に面した小国、モナコは世界中から富豪が集う、国中が言わずと知れた高級リゾート地です。世界で2番目に小さい国家でそのサイズは何とディズニーリゾートとほぼ同じ。そのため、1日あれば十分に観光ができるので時間の限られた海外旅行にうってつけの場所なのです。

今回は、そんなモナコで外せない、観光スポットを10選に厳選してお伝えします。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

1.グレースケリーの大聖堂

1.グレースケリーの大聖堂
まつり はるこ

世界中のセレブが愛する!華麗なるリゾート地『モナコ』by まつり はるこ

地図を見る

高級ブランド、エルメスのケリーバッグの名称にもなった元ハリウッド女優のグレース・ケリー王妃、そして歴代のモナコ大公が眠る大聖堂がモナコ大聖堂です。グレース・ケリーの結婚式もこちらで行われました。

近くで見れば見るほど、装飾の精巧さやスケールの大きさに驚きを隠せなくなるでしょう。賑わいを見せるモナコ市内の中でも、ひときわ静けさを優雅さを保っている場所ですので、観光後は周辺でひとやすみするのもおすすめです。

<基本情報>
住所:4 Rue Colonel Bellando Castro, Monaco-Ville 98000, Monaco
電話番号:+377-93-30-87-70
アクセス:モナコ モンテカルロ駅から徒歩12分。 この写真の記事を見る ≫

2.大公宮殿

2.大公宮殿
Hiroko Oji

お洒落な高級リゾート地「モナコ」モナコヴィル地区の見所by Hiroko Oji

モナコヴィル地区の岩山の上に建てられた大公宮殿は、夏季のみ内部を見学することができます。多くのフレスコ画や肖像画で彩られた宮殿内は見ごたえ抜群です。

大公宮殿に隣接する歴史博物館は11月を除きオープンしていますので、モナコやナポレオンについての貴重な資料を見ることができます。また、宮殿前の広場では、毎日11時55分から行われる衛兵交代式も時間が合えばぜひ見学しましょう。

宮殿は坂の上にありますので、徒歩で訪れる場合は歩きやすい靴で行くことがおすすめです。坂が急な分、宮殿から一望できるモナコ市街の景色は素晴らしいですよ!

<基本情報>
住所:Place du Palais, Monaco-Ville 98015, Monaco
電話:+377-93-25-18-31
アクセス:モナコ モンテカルロ駅から徒歩20分 この写真の記事を見る ≫

3.モナコ海洋博物館

3.モナコ海洋博物館
Hiroko Oji

お洒落な高級リゾート地「モナコ」モナコヴィル地区の見所by Hiroko Oji

1910年にオープンした海洋博物館は、当時のモナコ大公アルベール1世によって建築されました。アルベール1世は自身も海洋学者であったことからこの建設には熱心で、他ではなかなか見られないような展示物が目を引きます。

館内に入ると、大きなクジラの骨が観光客を出迎えます。

<基本情報>
住所:Avenue Saint-Martin, Monte-Carlo 98000
電話:+377-93-15-36-00
アクセス:鉄道 モンテカルロ駅から徒歩15分 この写真の記事を見る ≫

4.熱帯植物園

4.熱帯植物園
Hiroko Oji

地中海の絶景を一望!モナコの熱帯植物園&鍾乳洞by Hiroko Oji

町中を走る市街バスに乗って終点まで行くと、モナコの町を見下ろすことができる高台に到着します。ここに、1933年に作られた熱帯植物園があります。この植物園には、その名の通り、サボテンに代表される、熱帯地方に生息する「多肉植物」が所狭しと栽培されています。

<基本情報>
住所:62 Boulevard du Jardin Exotique, 98000
電話:+377-93-15-29-80
アクセス:2番の市街バス(Jardin Exotique行き)で終点下車 この写真の記事を見る ≫

5.カジノ

5.カジノ
Akiko Nilsen

セレブだけの国じゃない!誰もが満喫できるモナコの楽しみ方by Akiko Nilsen

地図を見る

富豪が集まる地に必ずと言ってよいほどあるのが「カジノ」です。実際にギャンブルを行うだけでなく、モナコのメインカジノ「Casino de Monte-Carlo(カジノドモンテカルロ)」はその外観や内装を見るだけでも十分価値があります。内部はサンダルやショートパンツでは入れないなど、入場するにもドレスコードが必須です。

もう少し気軽に体験したいという方は、Casino de Monte-Carloの隣に位置する「Casino Café de Paris(カジノカフェドパリ)」で入場料無料のカジノを楽しむことが出来ます。 この写真の記事を見る ≫

6.モナコ港

6.モナコ港
まつり はるこ

世界中のセレブが愛する!華麗なるリゾート地『モナコ』by まつり はるこ

地図を見る

モナコの中心部に位置する「モナコ港」には、大きな豪華客船やクルーザーがたくさん停泊しており、ラグジュアリーな雰囲気を醸し出しています。

また、このモナコ港は「F1モナコグランプリ」のスタート地点でもあり、F1好きの方にも堪らないスポットです。 この写真の記事を見る ≫

7.日本庭園

7.日本庭園

セレブでリッチな国、モナコ公国で贅沢な気分を満喫しよう!

故モナコ王妃、グレース妃が大の日本好きであったことから妃を偲んで建築された日本庭園が、現在も人々の心を癒しています。

日本の造園業者によって作られた本格的な庭園は、地中海沿岸に居ることを忘れさせてくれるような雰囲気で、旅の疲れを取るのにも最適です。

<基本情報>
住所:5 Avenue Princesse Grace, Monte-Carlo 98000,
電話:+377-98-98-83-36
アクセス:鉄道 モンテカルロ駅から徒歩20分 この写真の記事を見る ≫

8.モナコ旧市街

8.モナコ旧市街
Akiko Nilsen

セレブだけの国じゃない!誰もが満喫できるモナコの楽しみ方by Akiko Nilsen

地図を見る

モナコに訪れたならぜひ散策してほしいのが旧市街です。街並み全てがどこを切り取ってもオシャレでまるで映画のセットのようなこのエリア。綺麗に整備されており旧市街のような雰囲気はないですが、要塞跡や細い小径などが古くから栄えたモナコの歴史を物語っています。 この写真の記事を見る ≫

9.スターバックス コーヒー

9.スターバックス コーヒー
西藤 カオル

世界で一番エレガント!モナコのスタバは夕暮れ時がロマンチックby 西藤 カオル

F1ファンのみならず世界中で知られているモナコGPの舞台、モナコ市街地の中でももっとも有名なポイントの一つが「ロウズヘアピン」カーブです。

時速300q近くで走り抜けるF1カーが最も低速になるこのカーブの向かいにある商業施設「Nibox」の屋上にはスターバックス コーヒーがあります。オーダー内容などは他のスターバックス コーヒーと変わりませんが、特別なチャージ料もなしに地中海の絶景が楽しめるお得なスポットとなっています。

<基本情報>
住所:Ni Box, 35 Boulevard Louis II, 98000 Monaco
アクセス:鉄道 モンテカルロ駅から徒歩20分 この写真の記事を見る ≫

10.入国スタンプ

10.入国スタンプ
Akiko Nilsen

セレブだけの国じゃない!誰もが満喫できるモナコの楽しみ方by Akiko Nilsen

地図を見る

海外旅行で楽しみなのは、パスポートにスタンプが増えていくこと。ですが、モナコへは基本的にスタンプ無しで入国できます。ですが、せっかくなのでスタンプが欲しい!そんな観光客の願いを叶える場所が用意されています。

スタンプが押せる場所は【鉄道駅】【観光案内所】【市庁舎】の3箇所ですが、人が少なくお勧めなのは市庁舎です。

<基本情報(市庁舎)>
住所:Place de la Mairie, 98000 Monaco
電話:+377-93-15-28-63
アクセス:鉄道 モンテカルロ駅から徒歩22分 この写真の記事を見る ≫

観光しやすいモナコでのんびりとステイ

モナコは隣国のフランスやイタリアから日帰り旅行も可能です。特にフランスのニースからだと電車で約30分で到着しますので、フランスの旅行でもぜひ観光プランに組み込んでみてはいかがでしょうか。

大富豪が集まる世界屈指のリゾート地ですからその警備も抜群で、治安の良さも問題ありません。また、英語も通じるところがほとんどですので海外旅行に不慣れな方や言語に不安のある方でも安心して観光できるでしょう。

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -