海外で年越し!カウントダウンが最高に盛り上がる都市8選

海外で年越し!カウントダウンが最高に盛り上がる都市8選

更新日:2019/09/11 20:25

トラベルjp 編集部のプロフィール写真 トラベルjp 編集部

年末年始で海外に行くのならその都市のカウントダウンに参加してみるのはいかがでしょうか?豪華な花火に華やかなイルミネーション、そして地元の人々と迎える新年……日本とはまた違った思い出深いカウントダウンが体験できるハズ。ここではLINEトラベルjp ナビゲーターがおすすめする8つの都市のカウントダウンをご紹介します。

海外渡航情報については、各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

1.チェンマイ/タイ

1.チェンマイ/タイ
吉田 彩緒莉

チェンマイの年越しはカウントダウンのコムローイ上げが最高!by 吉田 彩緒莉

地図を見る

タイ北部の古都チェンマイ。毎年11月中旬から下旬に行われる、ランタンに灯をともし、一斉に空へ放つ「イーピン祭(コムローイ祭り)」で有名ですが、混んでいることと、お休みが取れないことで行けないという人も多いでしょう。

実はチェンマイでは年末のカウントダウンもコムローイ上げをやるって知っていました?イーピン祭ほどではないですが大変な盛況ですよ。 この写真の記事を見る ≫

2.シンガポール

2.シンガポール
ミセス 和子

シンガポールで「マリーナ・ベイ・ナイト」を満喫しよう!by ミセス 和子

シンガポールに来て、誰もが一度は行ってみたい場所がマリーナ・ベイ・サンズ。大晦日のカウントダウンの日に、マリーナベイを訪れれば、花火は対岸に近い海上から打ち上げられますので、シンガポールフライヤーの大観覧車から1周(30分)すると、迫力ある花火を鑑賞することができますよ。

提供元:シンガポール政府観光局 この写真の記事を見る ≫

3.ラスベガス/アメリカ

3.ラスベガス/アメリカ

豪華すぎる!ラスベガスの年越しカウントダウン完全ガイド

地図を見る

ラスベガスといえば、アメリカの砂漠の中に作られた世界有数のカジノ街。パリやNYなど世界の各都市をモチーフにしたホテルが軒を連ね、ラスベガスの街を歩けば世界中の観光スポットに訪れた気分になれます。

そんな、眠らぬ街ラスベガスで行われる、年越しカウントダウンは花火や噴水、ネオンが使われ大盛り上がり。カジノの街だからこそ楽しめるゴージャス過ぎるカウントダウンが体験できますよ。 この写真の記事を見る ≫

4.ニューヨーク/アメリカ

4.ニューヨーク/アメリカ

初めてのニューヨークならまずはここへ!NY定番の観光地5選

地図を見る

カウントダウンイベントといえば、世界中から多くの観光客が訪れるニューヨーク!毎年大晦日には盛大なカウントダウンが行われることでも有名なのは、テレビでもよく中継されるタイムズスクエア。有名アーティストのライブが行われたり、花火や紙吹雪が吹き出るボールドロップなど、見どころも満載です。 この写真の記事を見る ≫

5.オタワ/カナダ

5.オタワ/カナダ
バレンタ 愛

夏と冬に開催!カナダの国会議事堂を彩るライトショーby バレンタ 愛

地図を見る

カナダの首都オタワで、毎年12月上旬〜1月始めにかけて開催されるのが「Christmas Lights Across Canada」。カナダの自然や気候、文化などをテーマにしたものが国会議事堂にプロジェクションマッピングで映しだされる光と音のショーです。

大晦日の12月31日は特別に23:59までショーを上映。新年になり花火が上がるまで、光と音楽のショーは続きます。 この写真の記事を見る ≫

6.ロンドン/イギリス

ロンドンの年末年始の恒例行事は“テムズ川沿いのド派手な花火”。大観覧車であるロンドン アイやテムズ川から打ち放たれる花火は、度肝を抜く華やかさです。

12月31日の23:59になるとロンドン アイの後方にあるビルにカウントダウンの数字が表れ、秒読みが開始されます。そして1月1日になったと同時に花火がスタート!怒涛の様な15分間は最高にエキサイティングな光と音楽の祭典となります。

提供元:Ben Sutherland

7.パリ/フランス

7.パリ/フランス

すごい!パリ・凱旋門で最高の年越しカウントダウン完全ガイド

地図を見る

芸術の街パリで約200年もの歴史を誇る凱旋門とプロジェクションマッピングという近代技術の調和によって生み出される一年に一度だけのスペシャルイベント。

凱旋門から打ち上がる大きな花火とフランス語で「あけましておめでとう」を意味する“Bonne annee(ボナネ)”の声で会場は大盛況。シャンパンなどの酒を片手にもった人も多く、近くにいる人と新年を迎えられたことを喜ぶフランスらしい雰囲気の中で、新年を迎えることができます。 この写真の記事を見る ≫

8.マドリード/スペイン

12月31日大晦日、スペインでは遠くに住んでいる家族や親戚がやってきて久々の再会を楽しんだ後、街へ。首都マドリードにあるプエルタ・デル・ソル広場では、夜9時を過ぎる頃から年越しを祝おうと地元の人も観光客も集まってきます。

年が明けると同時にスペインのスパークリングワイン、カバで乾杯!新しい年を迎えた後は、それぞれクラブへ繰り出して踊ったりバルへ行ってお酒を飲んだりとフィエスタは朝まで延々と続くのです。

海外で日本では味わえない年越しを!

アメリカやヨーロッパのカウントダウンは、豪華な花火やイルミネーションで街が盛り上がる一大イベントです。日本の静かな年越しもいいけれど、この時期に海外旅行に出かけるのならカウントダウンに参加してみるのはいかがでしょうか?

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -