高知観光ココが定番!専門家が選ぶ人気観光スポットとグルメ19選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

高知観光ココが定番!専門家が選ぶ人気観光スポットとグルメ19選

高知観光ココが定番!専門家が選ぶ人気観光スポットとグルメ19選

更新日:2018/02/19 09:37

トラベルjp編集部 新垣のプロフィール写真 トラベルjp編集部 新垣

「四万十川」や「仁淀川」をはじめとした美しい清流に、「桂浜」「室戸岬」「足摺岬」など太平洋を望む絶景スポット。そして、幕末の志士である坂本龍馬や中岡慎太郎ゆかりの地が点在するなど歴史スポットも多い高知県。多くを太平洋に面していることから「鰹のタタキ」「清水サバ」といった美味しい海の幸も楽しめます。

そんな高知県の観光スポットとグルメを、トラベル.jp<たびねす>のナビゲーターが厳選してご案内!

目次閉じる

もっと見る

高知の旅、まずは「こうち旅広場」から!龍馬の生家を再現した施設も!

高知の旅、まずは「こうち旅広場」から!龍馬の生家を再現した施設も!
KISHI Satoru

高知駅前「こうち旅広場」アンパンマン&坂本龍馬がお出迎え!by KISHI Satoru

鉄道での高知の玄関口、JR高知駅前の「こうち旅広場」では、海援隊の前身・亀山社中を結成した坂本龍馬、陸援隊を組織した中岡慎太郎、土佐勤王党を組織した武市半平太、の三志士像が出迎えてくれます。幕末の志士たちが奮闘した高知、いや土佐の地に訪れた実感が高まりますね。

「こうち旅広場」には、高知の観光情報を発信している「とさてらす」や「龍馬伝 幕末志士社中」などもあり、高知の旅の初めに訪れるのにぴったりのところです。この写真の記事を見る ≫

高知の旅、まずは「こうち旅広場」から!龍馬の生家を再現した施設も!
KISHI Satoru

高知駅前「こうち旅広場」アンパンマン&坂本龍馬がお出迎え!by KISHI Satoru

2009年(平成21年)に放送されたNHK大河ドラマ『龍馬伝』の撮影に使用された坂本龍馬の生家を再現した施設「龍馬伝 幕末志士社中」は、坂本龍馬ファンや歴史ファンにはたまらない施設。

撮影時の秘話や見所などが記載された展示パネルもあり、細かい部分まで楽しめます。無料レンタル衣装もあるので、幕末気分を味わうにはうってつけ。この写真の記事を見る ≫

高知の旅、まずは「こうち旅広場」から!龍馬の生家を再現した施設も!
KISHI Satoru

高知駅近の必訪観光スポット!神様も三人のヒロインも登場!by KISHI Satoru

幼少期を高知県で過ごした高知とはゆかりのある人物、やなせたかしが生み出した『アンパンマン』の人気キャラクターが並んでいる施設が、高知観光情報発信館「とさてらす」。

観光情報が入手できるコーナーやお土産品店、豊富な伝統工芸品の展示がありますが、ここで必見なのが“べろべろの神様”。高知を代表するお座敷遊びの歌の中に出てくる神様で数々の御利益があります。特にお酒好きな方は念入りに参拝していきましょう。この写真の記事を見る ≫

日本にわずか12しかない現存の天守閣を誇る「高知城」で幕末の歴史を感じよう

日本にわずか12しかない現存の天守閣を誇る「高知城」で幕末の歴史を感じよう
渡部 洋一

坂本龍馬も見上げた!大河ドラマゆかりの高知城は現存12天守の一つ!by 渡部 洋一

地図を見る 地図を見る

四国随一の名城と謳われる「高知城」。日本にわずか12しかない現存の天守閣を誇るこの城は、近年の大河ドラマ『功名が辻』や『龍馬伝』の舞台としても脚光を浴びています。

1603年に山内一豊によって築かれた天守閣は、享保12年(1727年)火災により焼失しましたが、寛延2年(1749年)に築城当時のままに再建され、その姿を今に留めています。派手な装飾はありませんが、優雅な姿に気品が漂います。この写真の記事を見る ≫

日本にわずか12しかない現存の天守閣を誇る「高知城」で幕末の歴史を感じよう
渡部 洋一

坂本龍馬も見上げた!大河ドラマゆかりの高知城は現存12天守の一つ!by 渡部 洋一

地図を見る 地図を見る

「高知城」の美しい天守の手前の低い建物が、本丸御殿です。書院造りの建物で、築城当時の姿をほぼ完全に近い姿で今に留めています。実は、築城当時のまま残されている本丸御殿は、全国でも高知城だけと言われています。日本に唯一残る「完全な」本丸御殿なのです。

また、通常は天守閣とは別々に造られる本丸御殿が、天守閣と繋がっているのも大変珍しい造り。現存する城でこの造りを見ることができるのも高知城だけです。この写真の記事を見る ≫

よさこい節などで知られる恋物語の舞台「はりまや橋」と「高知よさこい情報交流館」

よさこい節などで知られる恋物語の舞台「はりまや橋」と「高知よさこい情報交流館」

提供元:高知市商工観光部 観光振興課

http://www.city.kochi.kochi.jp/life/3/

「土佐の高知のはりまや橋で・・」で始まるよさこい節や、歌謡曲『南国土佐を後にして』で有名になった、純信とお馬の恋物語で知られている「はりまや橋」。

江戸時代に堀川で隔てられていた豪商播磨屋と櫃屋(ひつや)が、互いの往来のため私設の橋を架けたことが「はりまや橋」の由来となっています。現在は川はなく、はりまや橋公園として整備され、純信・お馬のモニュメントも設置されています。

よさこい節などで知られる恋物語の舞台「はりまや橋」と「高知よさこい情報交流館」

提供元:高知市商工観光部 観光振興課

http://www.city.kochi.kochi.jp/life/3/

高知市といえば、毎年8月になるとよさこい祭りで市内は大賑わいになります。よさこい祭りがどういった祭りなのか知りたい方におすすめなのが「はりまや橋」のすぐ近くにある「高知よさこい情報交流館」。

よさこい祭りの歴史を振り返りながら、パネル等でわかりやすく解説するコーナーや150インチの大型スクリーンで迫力満点の映像を上映するシアターなどがあり、いつ訪れても臨場感たっぷりのよさこい祭りを体感できます。

鰹のタタキにどろめ、鯨も!「ひろめ市場」で土佐名物を堪能しよう

鰹のタタキにどろめ、鯨も!「ひろめ市場」で土佐名物を堪能しよう
大川原 明

鰹のタタキに鯨も!土佐名物を堪能できる高知「ひろめ市場」by 大川原 明

地図を見る 地図を見る

高知市内で土佐名物を堪能できる人気スポットといえば「ひろめ市場」。こちらでは、高知名物の鰹のタタキや鯨、土佐珍味の代表どろめなど、高知の名物料理が頂けます。

市場といっても屋台村のような形になっていて、食器の共同管理をしているために一つのテーブルで複数のお店の品を注文する事が出来るのが特徴。支払いは前払い制。複数人で行くのであれば、様々なお店の品を注文し、皆で共有すると良いでしょう。この写真の記事を見る ≫

鰹のタタキにどろめ、鯨も!「ひろめ市場」で土佐名物を堪能しよう
塚本 隆司

たたきにどろめ、高知・グルメ観光のド定番「ひろめ市場」で何食べる?by 塚本 隆司

地図を見る 地図を見る

土佐 高知の名物といえば、鰹のタタキ。店内でワラ焼きをしている店もあり、見ているだけでワクワクして期待が高まります。バリエーションも豊富で、たれと塩を付けて食べるものから丼や握り、土佐巻きなどがあります。

写真は、塩たたきの握り。しょうゆではなく、レモン汁で食べるとサッパリして食べやすくおすすめ。この写真の記事を見る ≫

鰹のタタキにどろめ、鯨も!「ひろめ市場」で土佐名物を堪能しよう
塚本 隆司

たたきにどろめ、高知・グルメ観光のド定番「ひろめ市場」で何食べる?by 塚本 隆司

地図を見る 地図を見る

土佐の珍味の代表といわれるのが「どろめ」。イワシの稚魚のことで、ポン酢や土佐ぬたで頂きます。土佐ぬたとは、すり下ろしたニンニクの葉と味噌、酢を混ぜて作った土佐伝統のタレ。ほのかな苦みがあり、土佐の地酒によく合います。

そして、「どろめ」と並び土佐2大珍味と呼ばれるのが「のれそれ」と呼ばれるアナゴの稚魚。食感はつるりとして「どろめ」とは違う味わいがあります。この写真の記事を見る ≫

400以上ものお店が並ぶ高知名物「日曜市」でお買い物を楽しもう

400以上ものお店が並ぶ高知名物「日曜市」でお買い物を楽しもう
凜風 杏花

なめたらいかんぜよ!!高知「日曜市」は一日中楽しめるワンダーランド♪by 凜風 杏花

地図を見る 地図を見る

高知市には300年以上続いている「日曜市」があります。しかもその規模は半端じゃない!400以上ものお店が並び、旬の野菜や果物だけでなく、金物や植木に至るまでの豊富な品揃え。一日に約15,000人が訪れるというビッグな青空市に、早速出かけてみましょう。

グルメのお店の中で長い行列が出来ているのが「大平商店」。天ぷらのお店で、中でも「いも天」という品が飛ぶように売れています。いも天はさつまいもを4〜5センチに切り、衣をつけて揚げたシンプルなもの。さつまいものホクホクの甘さと、カリカリの衣とのコラボで、いくらでも食べられそう。この写真の記事を見る ≫

400以上ものお店が並ぶ高知名物「日曜市」でお買い物を楽しもう
凜風 杏花

なめたらいかんぜよ!!高知「日曜市」は一日中楽しめるワンダーランド♪by 凜風 杏花

地図を見る 地図を見る

「日曜市」の多くのお店で販売されている果物が「フルーツトマト」。味を濃縮した糖度の非常に高いトマトのことで、その場で食べることもできます。

他にも、みょうが、たけのこ、手作りこんにゃくなどがのっている素朴な味わいの「田舎ずし」や、きびなごを味醂干にしたものなど、土佐沖でとれた海産物を扱っているお店も多く、高知のお土産をここで調達するのもいいかもしれません。この写真の記事を見る ≫

400以上ものお店が並ぶ高知名物「日曜市」でお買い物を楽しもう
凜風 杏花

龍馬もびっくり!!強力キャラ☆「カツオ人間」高知土産4選by 凜風 杏花

地図を見る 地図を見る

高知のお土産でインパクトを狙うなら「カツオ人間」!鰹の頭と人間の胴体をモチーフにした「カツオ人間」は、高知を代表するキャラクター。

趣味はサーフィンという「カツオ人間」がパッケージに描かれたお土産で人気なのが、カツオ人間ラーメン(カツオ辛みそ味)、カツオ人間。和風カレー、カツオ人間。バタークッキー、カツオ人間。ドロップス・ミルク味の4つ。お友達にあげればウケること間違いなし!この写真の記事を見る ≫

龍馬が愛した地、太平洋を一望できる高知県の名勝「桂浜」

龍馬が愛した地、太平洋を一望できる高知県の名勝「桂浜」
凜風 杏花

高知・桂浜で坂本龍馬に大接近!?「太平洋はまっこと広いぜよ!」by 凜風 杏花

地図を見る 地図を見る

高知といえば坂本龍馬。特に龍馬が愛したと言われている場所が太平洋を一望できる「桂浜」。民謡「よさこい節」では月の名所として歌われ「高知では必ず寄りたい観光地」と言われる魅力ある場所。ここからはるか太平洋の彼方を見つめている龍馬像は高知のシンボルでもあります。

龍馬像は、その功績を後世まで伝えようと高知県の青年たちの募金活動により昭和3年に建てられ、現在の銅像は平成11年に修復されたもの。凛とした姿が素敵です。この写真の記事を見る ≫

龍馬が愛した地、太平洋を一望できる高知県の名勝「桂浜」
凜風 杏花

高知・桂浜で坂本龍馬に大接近!?「太平洋はまっこと広いぜよ!」by 凜風 杏花

地図を見る 地図を見る

「桂浜」周辺は、土佐湾に向かって弓状にひろがる海岸を中心とした桂浜公園として整備されています。「日本の朝日100選」や「日本の渚100選」にも選ばれていて、初日の出にはたくさんの人で混雑する場所でもあります。

坂本龍馬像の他に、海の神様を祀る海津見神社、桂浜水族館、坂本龍馬記念館などもあり、いずれも歩いて見て周ることができます。高知に来たらぜひとも訪れて欲しい高知を代表する観光地です。この写真の記事を見る ≫

龍馬が愛した地、太平洋を一望できる高知県の名勝「桂浜」
凜風 杏花

高知・桂浜で坂本龍馬に大接近!?「太平洋はまっこと広いぜよ!」by 凜風 杏花

地図を見る 地図を見る

坂本龍馬ファンなら「高知県立坂本龍馬記念館」にも是非立ち寄ってみましょう。海援隊約規や坂本龍馬書簡、龍馬所持のピストルの模型など、龍馬に関する貴重な資料がいっぱい展示されている上、興味深い内容の企画展なども度々開かれています。

周辺には、坂本龍馬関連のお土産が揃っているその名も「龍馬の店」というお土産店や龍馬うどん、龍馬ラーメンといったメニューがある食堂も。坂本龍馬ファンにはたまらない場所です。この写真の記事を見る ≫

歴史ある温泉宿「三翠園」で高知の食と自然と歴史を満喫

歴史ある温泉宿「三翠園」で高知の食と自然と歴史を満喫
松田 然

高知城下の歴史ある温泉宿、三翠園。高知の食と自然と歴史を満喫する旅をここからby 松田 然

地図を見る 地図を見る

高知市街で唯一、自家源泉を有する天然温泉の宿として知られている「三翠園」。土佐藩主山内家下屋敷跡に建ち、約3,000坪の広大な敷地を誇る高知の歴史ある宿です。

高知市の中心地、高知城から徒歩7分。人気観光スポット「はりまや橋」や「ひろめ市場」からも近く、高知市内の観光にも最適のロケーションのところに位置。ゆっくり過ごすにも、高知を旅する拠点にも最高の宿です。この写真の記事を見る ≫

歴史ある温泉宿「三翠園」で高知の食と自然と歴史を満喫
松田 然

高知城下の歴史ある温泉宿、三翠園。高知の食と自然と歴史を満喫する旅をここからby 松田 然

地図を見る 地図を見る

「三翠園」の名は、土佐藩主山内家歴代墓所のある筆山の「緑」。平成の名水百選に選定された鏡川の「緑」。三翠園の広大な敷地にある日本庭園の「緑」。その三つの緑が由来で付けられています。

日本庭園は、推定樹齢600年の椋の木や藩政時代に全国の大名より寄贈された皐が彩られ、錦の鯉が群れ泳ぐ池は心を和ませてくれます。高知市唯一の天然温泉もあり、清流鏡川と名山筆山を望む絶好のロケーションで温泉を楽しめます。この写真の記事を見る ≫

日本三大鍾乳洞「龍河洞」には世界唯一の神の壺が!

日本三大鍾乳洞「龍河洞」には世界唯一の神の壺が!
岡本 大樹

世界唯一!?高知県香美市「龍河洞」へ神の壺を見に行こうby 岡本 大樹

地図を見る 地図を見る

高知市中心部から車で約1時間、高知龍馬空港からは車で15分ほどのところに、日本三大鍾乳洞の一つ「龍河洞(りゅうがどう)」があります。

総延長4kmの鍾乳洞は見応えたっぷり。龍河洞の中でも最も迫力を感じることができるのが、こちらの天降石と絞り幕といわれる鍾乳石。洞内最大の11mもの高さがあり、右にある絞り幕と共に一見奇怪とも言える景観を造り出しています。この写真の記事を見る ≫

日本三大鍾乳洞「龍河洞」には世界唯一の神の壺が!

見て学んで大冒険!!弥生人が暮らした「龍河洞」(高知)

地図を見る 地図を見る

そして、この「龍河洞」で一番の見どころで、龍河洞のシンボルとも言えるのが「神の壺」。約2000年前の弥生式土器が鍾乳石と一体化しているもので、このような現象のものは他にはなく世界で唯一の貴重な考古資科となっています。

近くには「龍河洞珍鳥センター」もあり、特別天然記念物に指定されている高知県原産の尾長鶏をはじめ30羽ほどの特殊な鶏を集められています。こちらも必見です。この写真の記事を見る ≫

まるで南の島の風景!太平洋を一望「室戸岬」

まるで南の島の風景!太平洋を一望「室戸岬」
岡本 大樹

景色がまるで離島のよう!高知室戸岬で自然パワーを感じようby 岡本 大樹

地図を見る 地図を見る

高知県の東部に位置し、徳島との県境にも近い「室戸岬」。見どころはやはりその荒々しい自然の姿。海からの風や潮によって形成された数々の岩はとても迫力があります。

巨大な岩が並ぶ奥には太平洋が広がり、亜熱帯性植物を見ることもでき、まるで南の島のような印象。日本国内でもなかなか見ることのできないその自然は世界ジオパークに認定され、ガイドツアーも用意されています。この写真の記事を見る ≫

まるで南の島の風景!太平洋を一望「室戸岬」
岡本 大樹

景色がまるで離島のよう!高知室戸岬で自然パワーを感じようby 岡本 大樹

地図を見る 地図を見る

室戸岬の先端には中岡慎太郎像が建てられています。坂本龍馬とともに幕末で活躍した土佐藩の志士ですが、安芸市の生まれということもありこちらに建てられています。

土佐藩の志士と言えば坂本龍馬の名が一番に挙がりますが、この中岡慎太郎も坂本龍馬と同じくらいの功績を遺した人物で、坂本龍馬の人生を華やかと言うなら、中岡慎太郎のそれはどっしりとした質実剛健という言葉がぴったりであるといえます。この写真の記事を見る ≫

まるで南の島の風景!太平洋を一望「室戸岬」
KISHI Satoru

高知・室戸岬「御厨人窟」弘法大師・空海が開眼したパワースポット!by KISHI Satoru

「室戸岬」には「御厨人窟(みくろど)」と呼ばれるパワースポットもあります。平安時代初期に弘法大師・空海が修行をしたという伝説が残る、海水の侵食によりできた洞窟で、当時青年だった弘法大師はこの地で開眼し、洞窟の中から見えた風景が“空と海”だったので「空海」の法名を得たと言われています。

「御厨人窟」は、四国八十八箇所の番外札所、日本の音風景100選のひとつにもなっています。この写真の記事を見る ≫

靴が鳴る♪ 春よ来い♪ 作曲家弘田龍太郎の出身地 童謡の里「安芸市」

靴が鳴る♪ 春よ来い♪ 作曲家弘田龍太郎の出身地 童謡の里「安芸市」
KISHI Satoru

高知・安芸「弘田龍太郎の曲碑」巡り!作曲家の歴史も辿るby KISHI Satoru

「靴が鳴る」「春よ来い」「鯉のぼり」と言えば、誰でも知っている有名な童謡ですが、これらを作曲したのが安芸市生まれの作曲家・弘田龍太郎です。

安芸市は、高知県の東部、高知市と室戸岬の中間あたりにあり、“童謡の里”として知られています。弘田龍太郎の曲碑が旧跡や名所に点在し、安芸駅前広場にも、名曲“お〜てぇてぇ〜♪つ〜ないでぇ〜♪”で始まる「靴が鳴る」の曲碑が建てられています。この写真の記事を見る ≫

靴が鳴る♪ 春よ来い♪ 作曲家弘田龍太郎の出身地 童謡の里「安芸市」
KISHI Satoru

高知・安芸「弘田龍太郎の曲碑」巡り!作曲家の歴史も辿るby KISHI Satoru

安芸市立の「書道美術館」と「歴史民俗資料館」が隣接する安芸城跡から南へ約400メートルのところに位置する溝ノ辺公園には“甍(いらか)の波と〜♪雲の波〜♪”と始まる「鯉のぼり」の曲碑が建てられています。

この他に、「浜千鳥」、「咲いた桜に」、「お山のお猿」、「雨」、「雀の学校」の曲碑が安芸市の旧跡や名所にあります。“童謡の里”高知県安芸市で童謡を巡る旅を、その風土と共に楽しんでみるのもいいかも。この写真の記事を見る ≫

太平洋をのぞむ展望列車「土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線」

太平洋をのぞむ展望列車「土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線」
もんT

高知発“展望列車”で太平洋をのぞむ旅〜土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線乗り撮り歩…by もんT

地図を見る 地図を見る

高知県には、土佐くろしお鉄道という鉄道会社が、ごめん・なはり線と中村・宿毛線の2つの路線に列車を走らせています。高知県南国市から安芸市を経て奈半利町までを結ぶのがごめん・なはり線で、今や観光路線としても注目されています。

車窓からは、太平洋をはじめ、高知県の美しい風景を存分に楽しむことができ、さながら“走る展望台”。車両デザインもユニークで、阪神タイガースが安芸市で毎年春期キャンプを行うことから、“虎色”のディーゼルカーも運行中。この写真の記事を見る ≫

太平洋をのぞむ展望列車「土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線」
もんT

高知発“展望列車”で太平洋をのぞむ旅〜土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線乗り撮り歩…by もんT

地図を見る 地図を見る

後免駅から5駅目のあかおか駅にさしかかると、進行方向右手に太平洋が見えてきます。この辺りから唐浜(からはま)駅の手前まで、およそ40分間、ほぼ太平洋に沿って列車は軽快に走ります。

ずっと高架上を走るので見晴らしは抜群。どの駅も高架なのでホームそのものも展望台のようなもの。大半の列車はJRに乗り入れ、高知駅発着なので、室戸岬方面や安芸市に向かう際には是非利用してみましょう。この写真の記事を見る ≫

まるでギリシャのエーゲ海!高知県土佐市「ヴィラサントリーニ」

まるでギリシャのエーゲ海!高知県土佐市「ヴィラサントリーニ」

まるでギリシャ!? 高知県土佐「ヴィラサントリーニ」で絶景を楽しもう

地図を見る 地図を見る

高知市の市街地から車で約1時間のところに、ギリシャのサントリーニ島にでも旅した気分を味わえるリゾートホテル「ヴィラサントリーニ」があります。

ギリシャ・サントリーニ島と高知県は、どちらも海岸線が弧を描き、三日月のような形をしています。ヴィラサントリーニから室戸方面を望む景色は、サントリーニ島の中心部から北西部の地形を望むよう。特に夕暮時は空が薄紫色に染まり、黒潮ラインを照らす光と相まって大人びた雰囲気を醸し出します。この写真の記事を見る ≫

まるでギリシャのエーゲ海!高知県土佐市「ヴィラサントリーニ」
おけい

まるでエーゲ海のリゾート地?ヴィラサントリーニで過ごす休日【高知・土佐市】by おけい

地図を見る 地図を見る

サントリーニ島は断崖絶壁に数多くのホテルが立ち並び、洞窟内にお部屋のある形式になっています。このホテルのお部屋もそれを忠実に再現。天井は弧を描き、窓の数は必要最小限になっています。

サントリーニ島は猫がたくさんいることでも有名。部屋には猫ちゃんやエーゲ海の素敵な写真集がさりげなく置いてあります。こんなリゾート気分たっぷりの「ヴィラサントリーニ」で素敵な休日を過ごしてみませんか?この写真の記事を見る ≫

鳥だしスープが絶品!高知県須崎市のB級グルメ「鍋焼きラーメン」

鳥だしスープが絶品!高知県須崎市のB級グルメ「鍋焼きラーメン」
永家 伊織

鍋焼きラーメンの町 高知県・須崎を歩くby 永家 伊織

高知市から西方向に車で40分ほどのところにある須崎市は「鍋焼きラーメン」が名物。寒いイメージとはほど遠い、南国の高知県に「鍋焼きラーメン」というのはちょっとミスマッチ?とも思えますが、この街ではラーメン屋さんはもちろん、喫茶店などでも食べられるポピュラーなメニューだというから驚き。

スープは鳥のおだしが効いたしょうゆ系。具のおや鳥も含めてしっかりとしたお味になっていて、最後までおいしく頂けます。溶き卵にしたものに麺をつけて食べるという「すきやき風」もあります。この写真の記事を見る ≫

絶品のサバが捕れる街、土佐清水へ「清水サバ」を食べに行こう

絶品のサバが捕れる街、土佐清水へ「清水サバ」を食べに行こう
羽生 環

プロも認める!土佐清水・究極の絶品「清水サバ」を食べに行こう!by 羽生 環

地図を見る 地図を見る

高知県、四国の最南端でもある土佐清水市は、絶品のサバが捕れる街として知られています。足摺岬沖は、黒潮の流れにもまれて身の引き締まった魚が住む好漁場。

高知県土佐清水の魚を知り尽くした漁師たちの間で「こんなにも旨いサバの刺身は食べたことがない!」という声から「清水サバ」としてブランド化されました。プロの料理人も「これぞ、究極の清水サバ!」と絶賛するほど。この写真の記事を見る ≫

絶品のサバが捕れる街、土佐清水へ「清水サバ」を食べに行こう
塚本 隆司

凄いサバに出会える街。土佐清水で食す「清水サバ」料理5選by 塚本 隆司

地図を見る 地図を見る

高知で思い浮かぶ料理といえば「カツオのたたき」ですが、土佐清水では、サバもたたきで食べられます。魅力は、驚きの食感にあります。「プリプリ」(弾力があって)「コリコリ」(身が締まっていて)「モチモチ」(脂がのっていて)で、「こんなサバは初めてだ」と驚く人が多いとか。

旬は秋から春先の寒い時期。港町だから味わえる、絶品のサバ料理を食べに土佐清水へ行ってみましょう。この写真の記事を見る ≫

地球は丸い!青い海と空が美しい四国最南端絶景スポット「足摺岬」

地球は丸い!青い海と空が美しい四国最南端絶景スポット「足摺岬」
永家 伊織

黒潮とどろく四国最南端 足摺岬by 永家 伊織

地図を見る 地図を見る

土佐清水市から、美しい海を随所に見つつ車で走ること約30分。灯台をかたどった四国最南端の碑がお出迎えしてくれます。温暖な気候から、1〜2月には自生の「ヤブツバキ」の花が満開になって、椿のトンネルができます。

碑の隣で太平洋の遥か彼方を見つめているのは、「足摺岬」の中浜という集落で生まれた「ジョン万次郎」。江戸時代に日本人で初めてアメリカに渡った後に帰国し、幕末の日本に大きな影響を与えた人物。そんな彼が、銅像になって太平洋の遥か彼方を見つめています。この写真の記事を見る ≫

地球は丸い!青い海と空が美しい四国最南端絶景スポット「足摺岬」
LUI

一面の青!四国最南端、足摺岬のグルメと名所巡り!by LUI

地図を見る 地図を見る

四国最南端の碑から数分歩くと「足摺岬」が見える展望台があります。太平洋に面したこの岬は青い海と空に白い灯台と岬の自然が美しく、おいしい海の幸にも恵まれた絶景スポット。

灯台ではなく展望台から眺めるのがおすすめ。一面の太平洋の水平線を見ると地球は本当に丸いということを身をもって実感することができます。この写真の記事を見る ≫

地球は丸い!青い海と空が美しい四国最南端絶景スポット「足摺岬」
LUI

一面の青!四国最南端、足摺岬のグルメと名所巡り!by LUI

地図を見る 地図を見る

「足摺岬」の近くには、道具なしでダイビング気分を味わえる「足摺海底館」があります。展望塔の7mのらせん階段を下りていくと海底にたどり着き、360度いたるところに付けられた大きな海中窓からはテーブルサンゴやカラフルな魚、大きな魚を見ることができます。

足摺岬周辺には他にもジョン万次郎の資料館や最南端の四国霊場38番札所金剛福寺などもあり、シーズンにはホエールウォッチングも楽しめます。この写真の記事を見る ≫

まるで沖縄のような青い海!高知西部にある「柏島」

まるで沖縄のような青い海!高知西部にある「柏島」
別司 道三

ここが四国?まるで沖縄のような青い海、高知・柏島by 別司 道三

地図を見る 地図を見る

高知県土佐清水市から西へ車で約1時間。宿毛市の南にある「柏島」。四国本島との距離はわずか数十メートルで、橋がかかっている島ですが、ここから見る海がまるで沖縄のように美しく、ダイビングスポットとしても有名。

浅い所はそこにまるで水が無いようで、深い所は美しいエメラルドグリーンの色を見せてくれます。そして何より、海の底がはっきりと見えます。宝石のような色の海に包まれた港の散策は、まるで沖縄の離島に来たかのような気分にしてくれます。この写真の記事を見る ≫

高知の自然が生んだ神秘!仁淀ブルーという青の絶景「仁淀川」

高知の自然が生んだ神秘!仁淀ブルーという青の絶景「仁淀川」
平井 翔子

大自然が生んだ奇跡の青!高知県「仁淀川」は美しすぎる川by 平井 翔子

地図を見る 地図を見る

高知には青い海だけではありません。青い川だってあるのです。高知というと四万十川が有名ですが、四万十川よりもはるかに美しい川が、近年メディアでも取り上げられ、一躍話題となった清流「仁淀川」。四万十川、吉野川と並び四国三大河川の一つで、水質調査で日本一に輝くくらいきれいな川なのです。

仁淀川の中でも一番美しいとされる安居渓谷にある水晶淵は、まるで時が止まったかのように静かに水が佇み、川の透明度を実感できます。川底の石の色の違いや、沈んでしまった落ち葉の色までくっきりとわかります。まるで絵に描いたような風景を見ることができますよ!この写真の記事を見る ≫

高知の自然が生んだ神秘!仁淀ブルーという青の絶景「仁淀川」
岡本 大樹

仁淀ブルーという青の絶景!高知県仁淀川町の安居渓谷へby 岡本 大樹

地図を見る 地図を見る

水中でもその青さが一目でわかります。川底にある石もカラフルなものが多く、一層彩りを増しています。これも「仁淀川」の特長の一つ。

安居渓谷を訪れる際は、是非水中でも撮れるカメラを持参して、この仁淀ブルーと称される青の絶景を写真に収めてみましょう。この写真の記事を見る ≫

高知の自然が生んだ神秘!仁淀ブルーという青の絶景「仁淀川」
津田 泰輔

これだけは押さえておきたい安居渓谷の仁淀ブルースポット5選!by 津田 泰輔

地図を見る 地図を見る

水晶淵が安居渓谷で最も深い仁淀ブルーを堪能できる場所ですが、実はあまり知られていない絶景スポットがもう一つあります。それが、水晶淵から遊歩道をさらに上流へと進んだところにある水の溜まり場。こここそ最大の仁淀ブルースポット。

まるで珊瑚礁の広がる南国のビーチのようなブルーの水を湛えた場所にめぐりあうことができます。この写真の記事を見る ≫

日本三大清流の一つ、高知県の西部を流れる「四万十川」

日本三大清流の一つ、高知県の西部を流れる「四万十川」
風祭 哲哉

JR予土線の絶景車窓は四万十川が左へ右へ!by 風祭 哲哉

四万十川(しまんとがわ)は、高知県の西部を流れる一級河川で、全長196km、流域面積2270平米。四国内で最長の川で、流域面積は吉野川に次ぎ第2位。静岡県柿田川、岐阜県長良川とともに「日本三大清流の一つ」とも呼ばれています。

この四万十川の絶景を車窓から楽しめるのが、愛媛県の宇和島駅と高知県の窪川駅を結ぶローカル線のJR四国予土線。最近ではトロッコ列車やホビートレインなどの観光列車が走ることでも人気です。車窓からは四万十川を象徴する風景としても有名な沈下橋もよく見えています。この写真の記事を見る ≫

日本三大清流の一つ、高知県の西部を流れる「四万十川」
永家 伊織

沈下橋を見に行く 四万十川爽快サイクリングby 永家 伊織

地図を見る 地図を見る

沈下橋を間近で見るには、サイクリンクがおすすめ。JR中村駅から徒歩5分程度の四万十市の観光協会さんで自転車を借りて、四万十川爽快サイクリングへと出かけましょう。

沈下橋とは、川の水位があがっても橋が流されないように、欄干がない橋。つまり、橋ごと水中に沈んでしまうのです。四万十川には全部で47の沈下橋がありますが、この佐田沈下橋がもっとも下流にあり、全長約300メートルに及びます。この写真の記事を見る ≫

日本三大清流の一つ、高知県の西部を流れる「四万十川」
塚本 隆司

四万十川の幸と清流を望む露天風呂に感激「ホテル松葉川温泉」by 塚本 隆司

地図を見る 地図を見る

四万十川の幸と清流を望む露天風呂が自慢の「ホテル松葉川温泉」は、四万十川観光におすすめの宿です。

清流と美しい森の風景に、BGMは川のせせらぎ。最高の贅沢を楽しめる露天風呂がここにあります。太平洋と四万十川と山の幸が同時に味わえるのもこちらの宿の魅力。名物は「子持ちアユの塩焼き」。他にも「四万十ウナギ」や「窪川黒毛和牛」「天然アユ」など四万十の幸が味わえるコースがあります。この写真の記事を見る ≫

日本三大カルストの一つ、ラピュタのような天空の大地「四国カルスト」

日本三大カルストの一つ、ラピュタのような天空の大地「四国カルスト」
別司 道三

まるでラピュタのよう!天空の大地「四国カルスト」by 別司 道三

地図を見る 地図を見る

山口県秋吉台、福岡県平尾台とならぶ日本三大カルストの一つ「四国カルスト」は、比較的低地にある他のカルストとは違い、標高1400メートル付近、四国の深い山奥に広がります。

雲の上に広がる風車が立ち並ぶ草原に立つと、まるで空の上に浮かんでいるかのような錯覚の連続。風車がゆっくりと回る下で、大草原に放たれた牛たちがとてものんびりとくつろぐ姿はまるでスイスのハイジの世界。まるで『天空の城ラピュタ』のような風景が広がっています。この写真の記事を見る ≫

日本三大カルストの一つ、ラピュタのような天空の大地「四国カルスト」
別司 道三

四国カルスト穴場観光スポット「大野ヶ原」で絶景を楽しもう!by 別司 道三

地図を見る 地図を見る

「四国カルスト」にある穴場観光スポットが大野ヶ原。四国でも有数の豪雪地帯であるここには牧草地が広がり、サイロや木造の小屋が立ち並ぶ風景はまるで北海道を思わせてくれます。

大野ヶ原には、動物たちと触れあえるポニー牧場や、山の上にありながら漁業や海の神を祀る珍しい龍王神社、濃厚ソフトクリームやチーズケーキなどが自慢のカフェなどもあるので、是非立ち寄ってみましょう。この写真の記事を見る ≫

日本三大カルストの一つ、ラピュタのような天空の大地「四国カルスト」
松田 然

今話題の「隈研吾」設計。雲の上のホテルは木の香り漂う高知の隠れ家by 松田 然

地図を見る 地図を見る

「四国カルスト」の麓、梼原町にある「雲の上のホテル」は、その名の通り山の上に佇むデザイナーズホテル。設計は新国立競技場のデザインを手掛けることが決まった話題の建築家 隈研吾氏。

部屋には、四万十川の支流の流れを見渡せる大きな窓があり、内装には地元産の木材をふんだんに使用。洗練されたデザインのインテリアが大人の雰囲気を醸し出しています。レストランでは幻の和牛と言われる土佐あかうしも堪能できます。この写真の記事を見る ≫

高知観光の魅力は、絶景・歴史・海の幸

高知県の厳選観光スポットとグルメ、いかがでしたか?

高知には、絶景が楽しめるスポットや美味しい名物料理がいっぱい。また、歴史にまつわる名所も多く、NHK大河ドラマ『龍馬伝』の舞台にもなったことから、特に坂本龍馬のファンなら一度は訪れて欲しい場所でもあります。

最近は高速道路も延長され、四国南部にある高知県へのアクセスもグッと便利になりました。飛行機だと「高知龍馬空港」が玄関口。
南国土佐の明るい陽射しを浴びながらの高知観光で、心も体もリフレッシュしてみませんか?

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

この記事の目次