鳴門市観光で外せない観光スポット5選 お遍路さんからアートまで

| 旅の専門家がお届けする観光情報

鳴門市観光で外せない観光スポット5選 お遍路さんからアートまで

鳴門市観光で外せない観光スポット5選 お遍路さんからアートまで

更新日:2019/04/04 07:35

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

鳴門市といえば何が頭に思い浮かびますか?徳島県の北東端に位置し、鳴門海峡をのぞむこの街は、有名な渦潮以外にも魅力的な観光スポットがあります。

今回は、鳴門市観光の鉄板、渦潮の他、四国八十八ヶ所霊場巡りのお寺から、穴場のスポットまで鳴門市で欠かせない観光スポットを5つ厳選してご紹介します!

1.大塚国際美術館

1.大塚国際美術館
今村 裕紀

人々を惹きつける理由はこれ!徳島「大塚国際美術館」の魅力by 今村 裕紀

地図を見る

大鳴門橋の近くに位置する「大塚国際美術館」。大塚グループが創立した、世界中の美術館が所蔵する名画1,000点以上をオリジナルと同じ大きさに再現して展示する陶板名画美術館です。名だたる名画の数々と間近で対面することで、新たな感動や発見を得ることも可能です。

写真提供:大塚国際美術館

<基本情報>
住所:鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
電話番号:088-687-3737
アクセス:JR鳴門駅から「鳴門公園行」路線バスで約15分この写真の記事を見る ≫

2.鳴門海峡

2.鳴門海峡

巨大渦潮や燃えるような夕陽も!感動の渦巻く徳島「鳴門海峡」

地図を見る

「鳴門海峡」の渦潮は世界三大潮流の一つに挙げられ、最大級の渦潮が発生するのはよく知られています。ただ、いつも轟音を立てながら地の果てまで切り揉むような大迫力の渦潮が見られるわけではありません。春と秋の大潮の時に最強と呼ばれる巨大渦潮が発生します。詳しくは潮見表で発生時間をご確認くださいね。展望室や遊覧船からの眺めをお楽しみください。

<基本情報>
住所:鳴門市鳴門町土佐泊浦
アクセス:鳴門駅からバスで20分この写真の記事を見る ≫

3.霊山寺

3.霊山寺
凜風 杏花

四国八十八ヶ所第1番札所「霊山寺」“逆打ち”遍路はご利益3倍!?by 凜風 杏花

地図を見る

開創から1200年の歴史がある四国八十八ヶ所霊場。お遍路のスタートとなる1番札所「霊山寺(りょうぜんじ)」は、“一番さん”の呼び名で親しまれている鳴門市のお寺。88番札所から巡る逆打ちの際は結願のお寺ともなります。

<基本情報>
住所:鳴門市大麻町板東字塚鼻126
電話番号:088-689-1111
アクセス:JR板東駅から徒歩で10分この写真の記事を見る ≫

4.鳴門ドイツ館

4.鳴門ドイツ館
Shinkurou

鳴門ドイツ館!バルトの楽園に描かれた俘虜収容所の生活とは?by Shinkurou

地図を見る

第一次世界大戦時に捕虜となったドイツ兵が収容されたのが、模範収容所といわれた板東俘虜収容所。そこでの当時の捕虜たちの生活の様子や様々な活動の記録、地元の人たちとの交流を展示した史料館が「鳴門ドイツ館」です。なかでもおすすめは、第九交響曲ががアジアで初演されたエピソードが語られる“第九シアター”。鳴門市に残る歴史の証人を見学しにきてください。

<基本情報>
住所:鳴門市大麻町桧字東山田55-2
電話番号:088-689-0099
アクセス:
1.JR板東駅より徒歩25分
2.板野ICより車で10分
3.藍住ICより車で15分この写真の記事を見る ≫

5.アオアヲナルトリゾート

5.アオアヲナルトリゾート
桜木 小春

リピーター続出「ルネッサンスリゾート鳴門」は子連れ&孫連れに大人気!by 桜木 小春

地図を見る

「アオアヲナルトリゾート」は、渦潮の町鳴門、瀬戸内海国立公園内に位置する徳島を代表する南欧風リゾートホテルです。食事、アクティビティ、ホスピタリティと、家族連れにはおすすめポイントが盛り沢山。大切な人と楽しい時間を過ごしたい方には一押しのホテルです。この写真の記事を見る ≫

鳴門市観光はここにキマリ!

鳴門市観光で外せない観光スポット、いかがだったでしょうか?鳴門といえば渦潮や金時だけではありません。大塚国際美術館で世界中の芸術作品を身近に感じたり、ドイツ館でドイツ兵と板東の人たちとの交流の歴史を学んだりと、ここだけでしか味わえない感動体験の場が盛りだくさん。鳴門市を訪れたら、今回ご紹介したスポットを参考に、ぜひご自身の旅行の目的にあった観光を楽しんでくださいね。

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ