乳頭温泉郷の宿7選 それぞれ違った源泉の魅力を発見してみよう!

| 旅の専門家がお届けする観光情報

乳頭温泉郷の宿7選 それぞれ違った源泉の魅力を発見してみよう!

乳頭温泉郷の宿7選 それぞれ違った源泉の魅力を発見してみよう!

更新日:2019/01/17 09:22

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

秋田県仙北市の十和田八幡平国立公園内乳頭山の山麓に点在する温泉地、乳頭温泉郷。7湯と呼ばれるそれぞれの宿の温泉は雰囲気に溢れ、まさに秘湯感たっぷり。予約が取れづらいことで有名な鶴の湯温泉から懐かしい気分にさせてくれる大釜温泉、さらには黒湯、休暇村、妙乃湯、孫六、蟹場まで様々なタイプの温泉がありますよ。

今回は乳頭温泉郷のお宿7選をすべてお届けします!7湯めぐりが可能になる湯めぐり帖も要チェック!

1.鶴の湯温泉

1.鶴の湯温泉
藤田 聡

秋田「鶴の湯温泉」心に残る究極の宿の魅力〜乳頭温泉郷〜by 藤田 聡

「鶴の湯温泉」は秘湯として有名。歴史と伝統を誇る温泉宿で、外観からしてとても雰囲気があります。夜の風情は特に美しく、夜の混浴露天風呂は宿泊者のみ入ることができ、源泉は白湯でぬくもりのある色合いが特徴的。夕食の名物料理「山の芋鍋」は口コミやブログでも評判です。この写真の記事を見る ≫

2.大釜温泉

2.大釜温泉
Nami Kita

乳頭温泉郷・木造校舎移築の宿「大釜温泉」でノスタルジックなステイをby Nami Kita

「大釜温泉」は大自然の中で入る温泉が魅力的です。木漏れ日の中入る温泉はまるで、森のなかにいるようで、乳白色のお湯も雰囲気を醸し出しています。乳頭温泉で唯一足湯があり、無料で利用できますよ。夕食には山の幸を楽しめ、秋田の美味しいお米も味わえます。この写真の記事を見る ≫

3.黒湯温泉

3.黒湯温泉
阿部 吾郎

自然と調和した癒しの湯治場 秋田・乳頭温泉郷の秘湯「黒湯温泉」by 阿部 吾郎

「黒湯温泉」は乳頭温泉の中でも最も奥の源泉地帯に位置する秘湯。お風呂は混浴風呂と男女別風呂の2箇所があり、それぞれ別の源泉からお湯が惹かれています。混浴は単純硫黄温泉、男女別は単純温泉と泉質が異なるので、入り比べてみてはいかがでしょうか。

冬季は休業となりますので、ご注意ください。

写真提供:黒湯温泉この写真の記事を見る ≫

4.休暇村乳頭温泉郷

4.休暇村乳頭温泉郷
温泉ソムリエぐっち

秘湯なのに近代的?2種の湯を楽しめる・秋田「休暇村乳頭温泉郷」by 温泉ソムリエぐっち

地図を見る

「休暇村乳頭温泉郷」は乳頭温泉でひときわ大きいお宿。内湯の浴槽は2つあり、“乳頭の湯”と“田沢湖高原の湯”はそれぞれナトリウム−炭酸水素塩泉、硫黄泉と泉質が異なります。どちらも美肌美白効果が期待できます。露天風呂の周りには一面ブナの原生林が広がっていて、森林浴が楽しめますよ。この写真の記事を見る ≫

5.妙乃湯

5.妙乃湯
城旅人 ゆーか

女性でも安心!混浴でなくても楽しめる乳頭温泉郷「妙乃湯」「鶴の湯別館 山の宿」by 城旅人 ゆーか

地図を見る

「妙乃湯」の混浴露天風呂は景色が綺麗ということで有名です。目の前には滝が流れていて、ダイナミックな光景が楽しめます。2つの浴槽は“金の湯”、“銀の湯”といい、金の湯の泉質は酸性のマグネシウム・カルシウムで、銀の湯は単純泉。どちらのお湯もやわらかく、入りやすくなっています。この写真の記事を見る ≫

6.孫六温泉

6.孫六温泉

提供元:JTB

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/850403

「孫六温泉」は“山の薬湯”で有名なお宿。山の薬湯の泉質は単純温泉、ラジウム鉱泉で、皮膚病や胃腸病に効果があると言われています。冬に雪景色の中で入る露天風呂では、秘湯気分を満喫することができます。

7.蟹場温泉

7.蟹場温泉

提供元:JTB

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/848735/

「蟹場温泉」は付近の沢に蟹が多く住むところから蟹場温泉と名づけられたそうです。宿舎から50mほど離れた原生林の中に露天風呂があり、四季それぞれ違った魅力を感じながら温泉を楽しめます。泉質は重曹炭酸水素泉で糖尿病、皮膚病などに効果があるとされています。

乳頭温泉の宿はこれでキマリ!

ご紹介した7つの宿の温泉に入浴したい方におすすめなのが「湯めぐり帖」。7湯めぐりが可能です。詳しくは乳頭温泉のホームページを御覧ください。それぞれが雰囲気を持ち、泉質も異なる乳頭温泉の宿。一度訪れてみてはいかがでしょうか。

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ